管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

趣味

February 05, 2017

感無量です!

 あっという間に、コンサート当日を迎えました。

サントリーホールは、30周年を記念して、明日から改修工事のため約半年間の
休館に入ります。

前にも書きましたが、昔からパイプオルガンの音色が好きだったので
いつかパイプオルガンだけのコンサートが来ないものかと...

密かに狙っていたのですが、今日がその日でした!

 

しかもこのコンサート、演奏時間が4時間という長丁場でしたが
複数のオルガニストがリレー形式で何曲も演奏してくれて
それに加えて、パイプオルガンに関するトークも加わって
滅多に実現しない、珍しいコンサートのようでした。


Img_3350_1

コンサートのチケット発売後、1ヵ月近く経ってからこのコンサートのことを
知ったので、私がチケットを押さえたときには2階の両サイドしか
空きが残っていませんでした。


Img_3359_1

でも、サイドからパイプオルガンを見ると、パイプが突き出しているのが
見えて、これは「水平トランペット」と言うそうです。
通常、パイプオルガンのパイプは上に向いていて、音が一度天井に
ぶつかってから客席に聴こえるようになっているそうですが
サントリーホールの場合は、この水平トランペットがあることによって
客席に直で音が届くそうです。

横浜にある「みなとみらいホール」にもパイプオルガンがあるそうですが
そこのパイプオルガンには、水平トランペットはないそうです。


Img_3358_1

演奏の休憩時間になると、不安になって合唱の楽譜を眺めていた私・・・(笑)

Img_3356_1

4時間という長丁場のコンサートだったので、最初から最後まで
通しで聴く人がどれだけいたかわかりませんが
けっこう入れ替わり、立ち替わりしていたように思います。
後半はけっこう満席に近かったです。

 実際、今回のコーラス隊はどれだけの人が歌うのかなと思ってましたが
100名の枠に対して、250名の応募があったそうです。

すべての演奏が終わったら、場内アナウンスが流れて
コーラス隊員はパート別に呼ばれると聞いてはいましたが
最後の1曲の演奏が始まる前に、ソワソワして集合場所に出向いてしまいました(笑)

そうしたら、サントリーホールの人に「まだ、ちょっと早いですね」と言われましたが
同じようにソワソワして早く集合している人が他にもいたので、助かりました。

おそらく、今日一緒に歌った人は100名以上いたのではないかな?
本日限りの、一期一会の合唱ではありましたが
他の人たちもみんな楽しそうで「ここで歌うの夢だったんですよ」と
私と同じようなことを言ってる人が何人もいました。

舞台に上がって、母が座っている方を確認すると、母もこちらに向かって
全力で手を振っているのが見えたりして
なかなかおもしろかったですね。

事前練習とかもなく、ぶっつけ本番だったので、果たしてうまくいくのかと
かなり不安でしたが、サントリーホールの舞台に立つことは
長年の夢だったので、今日はそれだけで感無量です。
たとえ1日限りのコーラス隊だったとしても(笑)

 

 本番で舞台に立つと、頭上からパイプオルガンの重厚な
音色が聞こえてきて、圧倒されてしまいました。

 

リニューアルオープンは9月1日だそうです。
さらにパワーアップしそうなサントリーホールが楽しみです。

February 04, 2017

いよいよ明日が本番です。早っ!

 いよいよ明日は、サントリーホールのステージで合唱の本番です。

今回は募集→応募締切→当選発表→本番・・・までの
スケジュールがとてもタイトだったことに加えて

※事前練習日はございません
※楽譜の指定はございません。各自でご用意ください
※衣裳の指定はございません。私服でお越しください


・・・という超アバウトな設定での本番となります。

さすがに一度も合わせることなく、本番を迎えるのは私も初めてです。
しかも、歌う曲も明日が初めてです(笑)


Img_3272_1


音取りは、youtubeを見ながら、約3週間ほぼ毎日練習してきました。
ただ、当選するかどうかわからなかったので、楽譜は当選が決まったら
買うつもりでいました。

とはいえ、当選確定後、仕事のあとに銀座まで楽譜を買いに行こうと思っていたものの
残業が続いてなかなか買いに行くことができず
結局、昨日の仕事帰りにようやく山野楽器へ行くことができました。



Img_3270_1

山野楽器本店ということで、合唱のみならず、管弦楽とか和楽器とか
とにかくここに来ればどんな楽譜でも揃いそうなくらいの品揃えでした。
さすがだわ~、千葉には(というかうちの近所には)ここまでの品揃えの店はないと思いました。


さて、肝心の楽譜ですが、サントリーホール側からは特にどの楽譜を用意してください、
という指定はないものの、事前の情報で以下のことだけは知らされていました。

<曲目> ヘンデル:「ハレルヤ」コーラス(オラトリオ『メサイア』から)
※『メサイア』第2部最終曲ハレルヤコーラスを全て歌います
(調性=ニ長調・歌詞=英語)
※4つのパート(ソプラノ・アルト・テノール・バス)を募集します



いつもなら、大抵のものは通販で済ませてしまうところですが
さすがに楽譜だけは、中身を見て確かめてからでないと買うのも危険なので
合唱曲集の売り場を、じっくりチェックしました。

有名な曲だからすぐ見つかるかと思ったけれど
全曲集はすぐに見つかったものの【※『メサ
イア』第2部最終曲ハレルヤコーラス」】
この部分だけの楽譜というのが見つかりません!


というのも、ハレルヤは「メサイヤ」という全250ページもある、ものすごく分厚い楽譜の中の、
約8ページ分のみなのです。
250ページというと、厚さにして2.5センチくらいあります。

お店の人にも聞いてみたけれど、8ページ分のみの部分売りの楽譜も2~3日前までは
あったけれど、売れてしまったとのこと。
明日、一緒に歌う人が買って行かれたのかしら???

 「学校などの文化祭などで歌う用の曲集ならあります」とお店の人に言われて
その楽譜も見せてもらったのですが、楽譜の中にデカデカと日本語訳が書いてあって

「ぜんのうの~かみ~」とか書いてあるので、日本語が邪魔に思えて
その楽譜は書くのをやめました(笑)


たった1日のために、250ページもある全曲集を買う必要がある???と
一瞬迷いましたが、暗譜している第九とは違って、ハレルヤはまだまだ不安が残るので
やはり買うことにしました。

ただ、この分厚さだと当日この楽譜を持って歌うのも厳しいので
今日はコピーを取りに行き、見やすいように書き込みしてMy楽譜を作りました。
いくら音取りしているとはいっても、やはり4つのパートが同時に見られる楽譜でないと
自分がどこで歌うのかわかりません。。。


Img_3299_1_2

Img_3300_1

「エレキトリカルパレード風」と書きましたが、正しくは「エレクトリカルパレード」みたいです。
ここの小節の部分が、なぜかディズニーっぽい音楽に聴こえるので
自分の中では目印になっています。


Img_3301_1


明日はどうなることやら・・・と思いますが
何よりも、パイプオルガンの演奏を4時間も聴けるのが一番の楽しみです。

合唱はその4時間の演奏後、アンコール曲なので、先は長しです(笑)

April 02, 2005

ちょっとのつもりが・・・

今日は私が通っているピアノ教室の発表会の日でした。(ただし今はピアノのレッスン自体はお休みしています。)先生や一緒に習っている高校時代の友達(→先日ららぽーとで会った友達とは別人)から「もし副作用が大丈夫だったら、聴きに来て来て!」と言われていました。本来であれば今頃は副作用の一番ひどい時期で、行けるはずもなかったのですが、風邪のため点滴が延期になったので、まず副作用自体がなし。そして風邪もほぼ治りかけなので、友達が演奏する時間帯にちょっとだけ聴きに行こうといそいそと出かけてきました。私は今回は不参加なのであくまで聴衆として行ったのですが。

ピアノ教室のほかの生徒さんとは、普段はなかなか会う機会がありません。それは個人レッスンだからです。年に1度の発表会は、他の生徒さんとも交流を深めるチャンスでもあり、今は何の曲を練習しているのか、この曲を弾くときどこのあたりで苦労したのか、などといろいろと話が盛り上がります。1年ぶりに再会した人も多くて、以前連弾を一緒にやったことがある年下の友達からは、会った瞬間両手を広げて、ハグで迎えられてしまいました(笑)

その年下の友達は、今回はショパンの「革命のエチュード」を演奏。音大の入試でよく使われている曲です。あとかなり昔の話になりますが、以前「少女に何が起こったか」というドラマで小泉今日子が弾いていたのも確かこの曲だったと思います。左手の動きが非常に難解で、たぶん私には一生弾けない大曲です。また、友達はソロでドビュッシーの「アラベスク第一番」という曲を、連弾ではバッハの「主よ人の望みの喜びよ」という曲を演奏していました。本人は「あまり練習していなかったから・・・」と謙遜していましたが、よく弾けていました。

さらに以前私が途中で挫折してしまったシューベルトの「即興曲OP142-4」という曲を演奏している人がいたのですが、しっかりと弾きこなされていたその曲を聴いて、私ももう一度その曲に挑戦したいと思いました。最後のほうが激しい曲で、今回その曲を演奏した人は腱鞘炎と戦いながらの演奏となったそうです。

発表会後は私はすぐ帰るつもりでいたのですが「これから打ち上げをやるからおいでよ~!」と誘われ、迷う間もなく強制参加することに・・・!!!でも打ち上げまで1時間半くらい間が空いているので、その高校時代の友達に「じゃあそれまで、うちに遊びにおいでよ」と言われて、お言葉に甘えて彼女の家にお邪魔することに・・・。

この友達は昨年12月に結婚したばかりの新婚さん。披露宴にも呼ばれていたのですが、私は退院直後だったので行けませんでした。それでも特にぎくしゃくすることもなく、これまでどおり普通に接してくれるので感謝です。結婚と同時に購入した一戸建てで、建築業をしているお父さんの設計だそうです。「ここなの」と連れて行かれた家はまるで豪邸。「うわー、おっきな家だねー。」と驚嘆の声をあげる私。「散らかってるけど、入って入って。」と言われて中に入りました。実家から連れてきたという柴犬は、この日午前中だけ仕事だっただんなさんが、家に戻ってすぐ散歩に連れて行ってました。

新築の家独特の香りがして、本当に素敵なおうちでした。リビングにはピアノも置いてあり「ここで練習してるんだね」と言ったら「音出しても周りから苦情もこないし、助かってるよ」とのこと。しばらくしたら、だんなさんが犬の散歩から帰ってきて、玄関の音がした途端に彼女が「おかえりー。」そしてだんなさんの「ただいまー。」いいな、なんか新婚家庭という感じ(笑)「今日はお嬢様が来てるよ。」「お嬢様?」「そう。高校時代の友達なんだけどね。」そこでようやく玄関からだんな様が登場。「突然おじゃましちゃってすみません!」「いえ、ゆっくりして行ってください」すると彼女が「このあと打ち上げで飲みに行くから、車で送ってほしいんだけど」「うん、いいよ。」「あと帰りも迎えに来て欲しいんだけど」「え、帰りもかい(笑)」「ねえぇ~いいでしょ~、お願い♪」「私、お酒飲むから運転できないし~」「わかった、わかった」と、終始こんな感じで、ずっと当てられっぱなしでした。最近は年上女房が流行ってるみたいですが、この彼女のところも姉さん女房。だんなさんは犬の散歩から帰ってきて、スウェット姿だったので「ねぇ、せっかくお友達が来てるんだから、もっと男前な服装に着替えてよ。」「元々男前だからいいんだよ。」「だめ、なんか髪がぼさぼさだよ。ジェルとかつけてさ~」と言いつつ、彼女はだんな様の髪の毛を触ったりしてました。内心(もう~、見せつけすぎだよう!)と思いながらも、ほのぼのしている2人を見ていて、改めて結婚っていいな~と思いました。血縁関係がないのに、お互いのことを思いやって2人で生活して行くこと、それがきっと結婚なんだろうな。

そのあとは彼女のお願いどおり、だんな様に打ち上げ会場の飲み屋さんまで一緒に車で送ってもらい、トータル10名での飲み会となりました。私はもともとお酒に強いのですが、術後お酒を飲んだのは昨日が初めてでした。髪はウィッグだけだったので、多少の抵抗はあったのですが、このところ家の近所も帽子無しで歩いていたので、私自身の抵抗がなくなったのか、昨日は終始ウィッグ姿で通しました。みんな気づいていたのかいないのか、誰も何も言いませんでした。口ではもちろん言わないだろうけど、何かを思っている人は目を見ればわかるので、私は他の人の目も観察していたのですが、目で訴えてくる人もいなかったので嬉しかったです。

打ち上げも楽しかったけど、やっぱり今日の一番の収穫は大好きなピアノの音色を聴いて、心が休まったことです。ましてや自分の好きな曲や気に入ってる曲が演奏されたときは、すっかりのめりこんで曲に浸っていました。治療がひと段落したら、きっとレッスンを再開するぞと心に誓い、楽しい1日が終わりました。


piano2piano1





今回は参加しない代わりに、発表会のプログラムは私が作成しました。

February 05, 2005

渋谷をブラブラ

昨日はモニターの会場調査のため渋谷へ行きました。うちからだと1時間20分くらいかかるのですが、私の場合、通勤&通院も同じくらいかかるのでこれはあまり気になりません。

(企業の人は消費者の声をこういう形で取り入れていくのかなぁ?)なんて思いながら、アンケートに答えていきました。時間は45分程度という簡単なものなので、これはあっさり終了。

会場調査が始まるまで少し時間があったので、チョコレート売り場でロイズのチョコを買ったり、書店へ寄って欲しい本を買ったり、CDショップへ行ってCDを視聴したり、何かめぼしいものは発売になっていないかなぁ?なんて思いながら広い店内をウロウロしていました。

この日は「オペラ座の怪人」のサントラCDと、パーフェクトガイドブック(特別DVD付)を購入。さらに店内にこの映画絡みのフリーペーパーが置いてあったのでそれもいただいて帰ってきました(笑)
コレです↓
phantom1phantom2

この日は彼が仕事が早めに終るかもしれないというので、帰り道、連絡を待っていましたがなかなか来ず…。しばらくして、書店で立ち読みしているときに着信に気づきましたが切れたあとでした。コールバックすると「明日は予定通り(私の家に遊びに)行くよ。」という返事。彼は土曜日にうちに遊びに来ることになったのですが、「明日は明日でいいけど、そうなると今日は無しなわけ?(←挑戦的だな~^^;)」と聞くと「いや別にそうじゃないんだけど、今日も会いたいの?明日も会うでしょ」「だって今日仕事が終わるって言うから、この時間まで待ってたんだよ。明日は仕事がどうなるかわからないって言ってたじゃない。」と言うと「明日は休みとれたから。とにかくわかった。じゃあ○○駅で待ち合わせしよう。」ということになり、その駅まで移動。 

asakusa

会った途端に私は「ね~ちょっと、私おなか空いたよ。何か食べようよ。」と大騒ぎ。そのまま浅草方面へ移動し、雷門の前を通り、近くで中華を食べて帰ってきました。その帰り道。彼がクイックイッと「腕を組んだら?」という仕草をしてきたけど、一旦無視。そして「その腕はなあに?」と言うと「いいから。」「組まないもん。」さらにクイックイッとするのでとぼけた振りをしていたら、彼のほうが先に私のコートのポケットに手を入れてきました。意外と温かかったので、ようやく私もここで腕を組ませました。彼は「ひねくれてるな~^^;」と言ってましたが。