管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

映画・テレビ

November 14, 2016

週末はのんびりできました

 週末はのんびり過ごすことができました。

本を読んだり、DVDを観たり・・・。
観たのは「エヴェレスト 神々の山嶺」と「オデッセイ」です。

 前者は阿部 寛と岡田准一が主演。
以前小説で読んで、内容は知っていましたが
映像でも観たいな~と思っていたのです。
昔から、山岳ものには目がなくて。

阿部 寛がハマリ役で驚きましたが
実在の人物と絡めたストーリー展開は
「永遠の0」と同じ形式かな?と思いました。

作品の最後に「喜びのシンフォニー」という、ベートーベンの第九をモチーフにした曲が 流れるのですが、
イル・ディーヴォという男性4人組によるいい曲でした。
  第九は合唱で過去に3回歌ったので、個人的にも思い入れがあるから
余計にそう感じるのかもしれませんが・・・。

 

 後者の「オデッセイ」は、事故で一人だけ火星に取り残されてしまった
宇宙飛行士の物語。
昔から、SFものには目がなくて・・・(笑)

ふつうの人だったら速攻で息絶えてしまいそうな境遇の中、
マット・デイモン演じる主人公が、あの手この手で
過酷な火星での毎日を乗り越えていきます。

・・・っていうか、マット・デイモンってまだ30代のイメージがあったんですが
実際には、とっくに40代半ばを過ぎてると知ってまたびっくり!
彼の作品をじっくり観たのは、今回が初めてかもしれません。

 そしてこの作品のラストで「I will survive」という曲が流れるのですが
これがまた、こういう生死をかけた闘いのあとに流れる曲としては
最高でした。この曲は、今までにも他の映画とかで聴いた記憶がありましたが
1978年にヒットしたということで、随分前の曲だったのですね。

映画の最後に流れる曲で、その映画の印象もだいぶ変わりますね。
今回はどちらも映画の内容にマッチしていて、余韻が残りました。

 今日からまた仕事が始まりましたが、やることが多すぎて
「うそでしょー!!!」って叫びたくなりました。
明日も忙しい1日になりそうで、心配です・・・(笑)

November 29, 2015

下町ロケット ガウディ編

 今週も見ました『下町ロケット ガウディ編』。

前半が面白すぎたので、今回はまだそこまで「おもしろい!」とは思えないのですが
今回もまた、敵対する相手が曲者ぞろいで、そのあたりは見ごたえがありますね。

吉川晃司の出番が少なくなってしまいましたが、来週は登場するみたいですし・・・。


ただ、今回のは医療関係の話ということもあって、手術シーンや病室が映ったシーンでは、
点滴の薬剤が入った袋が見えて
自分が抗がん剤をやったときのことがまざまざと思い出され、
私にしては珍しくフラッシュバックというか、ちょっと心臓がバクバクしてしまいました。

来週以降はどうなっていくんでしょうかね。
貴船教授は悪そうな顔をしてますね(笑)

さて、先週は転職活動の面接をけっこう連チャンで入れていたこともあって
この週末は家でのんびりして、体力回復に努めました。

中途採用とはいっても、最初から1:1の面接があるところや
新卒のときさながら、会社説明会をじっくりとやってくれて、そのあとに
希望者は面接・・・というパターンなどいろいろです。

会社説明会があったほうが、こちらとしても事前に大まかなところがわかるし
ミスマッチが少ないような気がしています。

今週もまた面接の予定を入れているので、あと1ヵ月、やれるところまで
やろうと思ってます。


 職場の話ですが、ボスが他の派遣仲間たちから疎まれるようになりました。
少し前に、彼女は隣りの部署に異動になったのですが
そこにいる派遣社員と合わないから、今までどおり、
こちらの派遣メンバーたちと「お昼を食べたい」と言って食べていますが

もともと、ボスを嫌っている人がほとんどなので
みんな聞こえよがしに「ボスさんは、もう今度からは異動先の派遣さんと
お昼に行くんですよね~?」と言ったり

内輪でやろうとしていた飲み会に、ボスが途中から加わってきて
それを知った派遣社員の何人かが「(ボスが来るなら)私は抜ける!」と
本人の目の前で抜ける宣言をしたりしました。

それでも、お昼は今まで通りの派遣メンバーで行ってるわけですが
「抜ける宣言」をした派遣仲間とボスも同じテーブルで食べてるわけですから
お昼のときなんて、その二人はまったく口を利かないし
なんだか嫌な空気の中で、休憩をとっている感じです。

まあ、私はあと2週間くらいだし・・・と、素知らぬ顔をしていますが
こんなに空気が悪いなら、みんな無理して一緒にランチをとる必要もないのに・・・と思います。

極めつけは、最近ある社員の人が異動するため、送別会があったのですが
そのとき、ボスも参加したのですが、派遣は派遣同士で近くに座るものの
ボスは対人関係のトラブルを抱えている人が多すぎて、誰もボスの近くに座らなかったのです。

1人だけ、全然違う場所に座る羽目になり、他の派遣社員たちも
もちろんそれには気づいていましたが、誰も彼女を呼ぶこともなく

「ああやって、最後の最後で仲間外れにされるのは、彼女が他の人にしたことが
自分に跳ね返ってきているのだから仕方ない!」と
話している人の話を聞き、確かにそうだよな~と思ってしまいました。

大の大人が、他の人から仲間外れにされるって、相当だと思います。

私も、彼女には今まで散々、嫌なことを言われまくってきましたから
こうなってしまったのは、やっぱり彼女のこれまでの言動に問題があったから
仕方ないと思ってます。

 

また明日から1週間が始まりますが、いろいろと気苦労が多いです^^;

 

November 15, 2015

下町ロケット

 毎週日曜日『下町ロケット』を楽しみに見ています!

原作は、ものづくりの専門用語がたくさん出てくるので、途中でやめてしまったのですが
テレビはわかりやすいので面白いです。

やっぱり、こういう企業ものが好きです。
阿部ちゃんもいいんですが、何よりも吉川晃司の演技が光ってる気がします。

私、吉川晃司って「モニカ」を歌ってたときくらいしか知らないんですよ~。
かなり大昔な話ですけど・・・(笑)

いつの間にか、こんな素敵な俳優さんになっていたので驚いています。
表情をあまり変えない、大企業の部長役で出ていますが
スーツを着ているときの姿勢が背筋がピンッ!としていて、本当にきれい。

来週からは、原作本だと(最近出版されたばかりの)「下町ロケット2」にあたる
「ガウディ計画」というのが始まるみたいです。
これまでも、周りは怪優ぞろいでしたが、予告を見たら来週からも面白そう。

ドラマと例えるのも変かもしれませんが、私も、仕事に関しては自分の好きなことを
追いかけたい派です。
今は「仕事があるだけでもラッキー」と思うこともありますが
1日の大部分を過ごす、貴重な場なので、やはり興味のない分野を仕事にすることは
できそうにありません。

この週末は、先日受けた会社の「パソコンスキルチェック」や「適正検査」などを
自宅でやっていたので、意外と気が休まりませんでした。

なので、週末の最後に「下町ロケット」のように、夢を追いかけるドラマを見たら
元気が出ました。

明日からは(仕事はそこそこ暇なんですが)仕事の終わった後が
転職活動やら、同僚たちとの飲み会などで
いろいろと忙しくなりそうなので、体調管理に気をつけながら乗り切りたいと思います。

August 30, 2015

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』

 公開されてからしばらく経ちましたが、ようやく今日観に行くことができました。

イオンシネマで観たのですが、イオンカードを持っていると、
20日と30日は割引が効く日なので、今日を狙って行きました。

日曜日だったこともあり、けっこう人も入っていましたね~。
私も、第1作目からずっと欠かさず映画館で観ております(笑)

ほとんど予備知識なしで観たのですが、スタントマン無しでトムが自分で体を張って
撮影に挑んだということだけは、職場のトム様ファンから聞いてましたので
とても楽しみにしていた甲斐がありました。

今回の映画には、ボールドウィン兄弟のうちの1人が出演していましたが
あの兄弟は顔がみんな似ているので(はて?この人は、誰だったかしら?)と考えながら
観てしまいました。

私の場合、映画にちょい役で出ている俳優さんとかでも、知っている人を見つけると
ついつい嬉しくなってしまいます。
(ちなみに、今回出演しているアレック・ボールドウィンは、ちょい役ではございません)

このシリーズは、毎回いろいろな国へ行って、ミッションを遂行してくれるので
今回もまた、自分が行ったことのない国ばかりが出てきて、おもしろかったですね。

次に観たいのは、ダニエル・クレイグ主演の「007シリーズ」の新作です。
昔はこういうスパイものは全然観なかったのですが、ここ何年かは「MI:シリーズ」と
「007シリーズ」にすっかりハマっています。
こういう映画は、大画面で見るに限りますね。

June 01, 2015

映画の日『ラン・オールナイト』

先週金曜日の時点で、今日は「有休をとる!」と会社に宣言しておいたので
この3日間は心置きなく休むことができました。

土曜日・日曜日と体調が絶不調で、ほとんど寝込んでいたのですが
今日はさすがに回復してきて、先週までの変な疲れも抜けた気がします。
そしてこれさえ乗り切れば、また体調もすこぶる良くなると思います。

明日くらいまではロキソニンが手放せませんが
やっぱり、たまにはゆっくり休養することも大切ですね。


さて、今日は1日で「映画の日」です。
もともと映画が好きな私ですが、最近は以前に比べて映画館に足を運ぶ機会も
めっきり減りました。

でも今日は、地元の映画館でも「映画の日」の割引が効いたので
ラン・オールナイト」という映画を観てきましたよ。
 ↑クリックすると音が出るので注意!


主演は96時間シリーズのリーアム・ニーソンと、演技派俳優のエド・ハリスが親友かつ
敵役とし出演しています。
この2人、しぶくて好きなんですよね~。

リーアム・ニーソンは「96時間」を観てから好きになった俳優さんですが
エド・ハリスは、「ザ・ロック」という1996年に上映された映画を観たときから
密かに気に入っている俳優さんです。(このときの主演はショーン・コネリー。)

その後エド・ハリスは「スターリングラード(原題:Enemy at the Gates」という戦争映画で、
ジュード・ロウ演じるロシア人の天才狙撃手を、最後まで追い詰めるドイツ人の狙撃手(敵役)として再び出演しています。

「スターリングラード」は2001年制作の映画で、これはアメリカへ旅行したときの飛行機の中で観ました。
確か(今はなき)ノースウエスト航空だったと思いますが、映画のプログラム数は多かったのに、
言語は英語のみで、字幕は日本語ではなく中国語でした。
だから、あまり混み入った内容の映画だと観ても全然わからなかったのですが
「スターリングラード」は、映像さえ見ていればなんとかわかる内容だったので
太平洋横断中、この映画ばかり3回も観てしまいました。

戦争映画なので、かなりきついシーンもありましたが、このときのエド・ハリスの役が
またよかったんですよね~。

ちょっと前置きが長くなりましたが、お気に入りの俳優さん2人が出ている「ラン・オールナイト」、舞台はニューヨークの裏社会、かつ、殺し屋の話なので、どちらかというと男性向けの映画だと思います。

でも、こてこてのラブストーリーより、こういうドキドキする映画のほうが
昔から好きなんですよね。

なんとなく、「レオン」に通じるものがあったような・・・。


ただし「夜」に撮影されたシーンが多いため、映画も全編に渡って暗いシーンがほとんどでした。
明るい映画が好みの人にはおすすめできませんが、私としては「演技派俳優2人が激突する映画だった」ということで、おもしろかったです。

ちなみに、今日の映画を観ていたら、エド・ハリスがやや小柄に見えたのですが
実際は身長が175㎝あるらしく、むしろ長身なのに・・・と思っていたら
リーアム・ニーソンが190㎝超えだと知って、納得しました。
エドが小さいんじゃなくて、リーアムが大きいんですね(笑)



3日間しっかり休んだので、また明日から気を取りなおして働こうと思います。

社員さんから「6月は、残業ががっつり入るので、よろしく頼むね」と言われているし
今週と来週は、また送別会が2件も入っているので、ダウンしている場合ではありません。

July 10, 2013

「半沢直樹」の第1話を見ました

 ここ最近は連日のように残業が続いていました。日曜日から始まったドラマ「半沢直樹」、録画したもののなかなか見る時間がなかったのですが、今日ようやく見ることができました。 

 職場でも見た人が多くて「久々にあんなにおもしろいドラマを見たわ」とか「ななこさん、例の上司によく似たキャラクターの人が出ているから、絶対見て!」とか言われていた意味がよくわかりました(笑)

そしてドラマ上の話とはいえ、あることがきっかけで社内的に追い詰められていく主人公を、同期入社の仲間たちがそれとなくサポートしていくあたり、妙に共感してしまいました。何よりも、自分の保身にばかり走り、主人公に全責任をなすりつけようとしていく上司は、会社員なら誰でも経験があることだと思います。

実生活で、ああいうキャラクターの主人公がいたら真っ先に切られそうですが、これから主人公がどういう風に反撃していくのか、楽しみが増えました。初回を見逃してしまった方も、再放送があるみたいなのでぜひ!

August 11, 2009

試写会:96時間

今日は会社帰りに、またまた試写会へ行ってきました。リュック・ベッソン監督の「96時間」という映画。(←クリックすると、予告編が流れるので、音が出たら困る環境の方はご注意ください。)少し前に、別の映画を観に行ったときに予告編で見て(うわ、ちょっと怖そうだけど見たい・・・)と思ったんです。

 リュック・ベッソンといえば「レオン」があまりにも有名ですが、この「96時間」はどちらかというと「24」に似ているかも!?でも、映画全体のどこか荒廃とした雰囲気は、レオンのときと相通じるものがありました。1人娘がフランスへ旅行に行った先で、誘拐されてしまい、アメリカから単身フランスへ渡って、悪の組織をどこまでも追い詰めていくという父親が主役のストーリー。ちなみに、誘拐された娘役は(あれ?なんかこの人見たことあるな~)と思っていましたが、「LOST」というTVドラマにも出ていた女優さんでした。(LOSTを見たことがある人なら、すぐピン!とくると思います)それと、父親役のリーアム・ニーソンという俳優は「シンドラーのリスト」や「ラブアクチュアリー」にも出ていた有名な人でした。しかし内容は麻薬絡みというストーリーために、今、大騒ぎされている「のりピー」のことが頭をかすめた人も多かったと思います・・・。

映画自体は、1時間30分ほどで、映画としては短い方に入りそうですが、ずっとドキドキしっぱなしだったので、これくらいの長さでかえってよかったのかもしれませんcoldsweats01 
ちなみに、少し前に観た別の映画というのは「そんな彼なら捨てちゃえば?」こちらも人気のある俳優・女優がたくさん出演していて、楽しめました。「SATC」と「ラブアクチュアリー」を足して2で割ったような映画で、私はこういう映画、とても好きですねheart04

April 01, 2009

ゴシップガール

月曜日は、仕事のあとに『ゴシップガール』という海外ドラマのプレミア試写会に行ってきました。(ココログのブロガー対象で試写会参加者を募集していたので、応募したら当選しました!)会場は、丸ビル内にある丸ビルホールで、初めて行きましたが、普通の試写会に比べるとスクリーンの大きさは半分くらいしかありませんでした。

『ゴシップガール』はアメリカはニューヨーク州の、セレブな高校生の人間模様を描いた作品で、「高校生版 SEX AND THE CITY」という位置づけのようです。日本ではまだDVD化などされておらず、今月半ばから「スーパー!ドラマTV!」という海外ドラマ専門チャンネルで放映されるのが、最初です。

セレブな高校生のストーリー・・・!?私くらいの年齢になると、そういうドラマを見てももう楽しめないかもしれない・・・って思っていましたが、実際はものすごくおもしろくて、早くもハマりそうです。試写会後、周りの人たちも「予想以上におもしろかった!早く続きが観たいね!」と言ってる人が多くて、「24」や「LOST」に続いて、ヒットしそうな気がします。ただ出演者たちがどう見ても高校生には見えない(笑)

試写会もおもしろかったのですが、それ以上におもしろかったのが、試写会開始前に行われた、トークショー。吉川ひなのちゃん、驚異の8頭身で見事なプロポーションは健在。顔なんてものすごく小さいっっ!!!
そして、この日は上から下まで「ディオール」で決めたと話していました。
それよりも何よりも、司会者の「身近な人のゴシップをこっそり教えてください!」という質問に対して、「他人のことは話したらまずいので、今日は自分のことを話させてください。実は私・・・今好きな人がいます。そしてそのメンズと住んでいます!」とひなのちゃんが爆弾発言!会場は一気に静まり返りました。でもその後、よくよく話を聞いてみるとそのメンズとは「ずっと飼っている、おじいちゃんワンちゃん」だったことが判明(笑) あ~びっくりした。そんな重大発言、みんなの前でするわけないよな~と一瞬たりとも引っかかった自分がバカでした(^o^;

これからも試写会当てて、いろいろな映画を観に行きたいです。今の会社、残業はまずないので、時間通りに上がれるので、猛ダッシュすれば試写会の開演時間にもギリギリ間に合うんですよね~♪

10358

※写真は関係者以外撮影禁止だったので、この写真はネット上の画像を拝借しました。顔が小さくてスタイル抜群で、まるでお人形さんみたいでした~!

October 13, 2008

マンマ・ミーア試写会

先日、映画『マンマ・ミーア』の試写会へ行ってきました!

ニフティの「ブロガー様ご招待」というので応募して当選したのですが、リピートしたくなる映画でした^^ そして試写会の感想をブログでぜひアップしてください・・・とのことでしたのでアップしちゃいます♪

■公式サイトURL : 
http://www.mamma-mia-movie.jp/(日本語)
http://www.mammamiamovie.com/main.html(英語)
※予告編で音が出ますので、静かな環境の方は要注意★

■公開表記 : 1/30(金)全国ロードショー

※先日まで、英語版の予告編しかありませんでしたが
ようやく日本語のサイトもできたんですね(^o^;
両方を見比べてみると、おもしろいかも!?

ミュージカルでも有名なので、すでに何度も観たことがある方も
多いことでしょう。私はミュージカルも観たことがなかったので
今回が初めてでしたが、映画ならではの楽しみ方ができる作品だと思いました。

まず、ギリシャの美しい島々が舞台になっています。
絵画のような風景の連続に、思わずため息が出そうになってしまいました。

そして、ABBAの音楽がまた素晴らしい♪
私、ABBAが好きでCDは以前から何度も聴いていたのですが
今回は映画に合わせてそれらの曲が使われているわけで
映像と音楽のダブルで堪能できました。

主演のメリル・ストリープはもちろんのこと
『007シリーズ』で有名なピアース・ブロンナンや
『ブリジット・ジョーンズの日記』で
主人公の相手役を務めていたコリン・ファースが
3人の父親役で出ていたのもGOODでした。
主役の女優さんがまた、とても可愛かったです♪
ミュージカル映画なので、終始、歌って踊って・・・という感じです。

ちなみにこの映画、エンドロールが出る最後の最後まで、楽しめます。ABBAの曲で特に好きな「Thank you for the music」が最後に流れますが、これは主役の女優さんが歌っているようです^^

Mamma_mia01_5

Mamma_mia02

August 05, 2008

ハムナプトラ3 ジャパン・プレミア

今日は仕事のあとに『ハムナプトラ3』のジャパン・プレミア(試写会)へ行ってきましたhappy01 このシリーズ、いつの間にか3作目・・・なんですねぇ。そして前作から7年経っていたというのも、びっくりです。場所が東京国際フォーラムだったのですが、ここは映画を観るにはあまりいい会場とは言い難いのですが、それでも出演者の舞台挨拶があって、楽しい時間を過ごすことができました。ストーリーの予備知識なしで行ったのですが、今回の舞台は上海。オリンピックの影響もあるのかもしれませんね。ますますド派手なアクション全開でしたが、ものすご~くおもしろかったので、おすすめです^^

それから、オフ会の日程ですが今月23日(土)の午後、銀座・丸の内界隈を考えています。すでに数名の方から参加希望のご連絡をいただいておりますが、まだ若干余裕がありますので、今からでも希望の方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。

2008年~上高地への旅(2)~更新しました☆