管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 待ったなしかも? | Main | 上司に話せました »

April 08, 2017

悔し泣きしてしまいました

 休みの日くらい朝寝坊したいところですが、下腹痛がおさまらないので
予約外で大学病院へ行ってきました。


今週はずっと痛みがあったのですが
社員研修が数日間あったので、どうしても外せないと思って
無理やり出勤し続けてましたが、けっこうきつかったです。

社員研修では、就業規則の確認などもあったのですが
そのときに「もし病気になって休むことになった場合」などの話もありましたが

今の職場は、うつで休んだ人は何人かいても、身体の不調で長期で休む人というのは
ほとんどいませんね~・・・という話が出て
そんな話を聞くと、なんだか余計に言いづらいと思ってしまいます。

それにしても、今朝は母が「あなたはすぐ『仕事の休みがとりづらい』と言うけど
例え仕事をクビになったとしても、まずは体を治すことが大事。
仕事はどうにでもなるんだから。」と言い出して、口論になりました。

母が言っていることはもちろん正論なのですが
身体が思うようにいかないというのは、本当に歯がゆいです。
ましてや、最近は症状が出てきて断続的な痛みが続いていたこともあったので
朝からいろいろ言われて、思わず「悔し泣き」をしてしまいました。

母は私が悔し泣きをしたのを見て、絶句してましたけど。
比べても仕方ないことですけど、ある意味乳がんの治療を始めることになったときよりも
悔しいというか、歯がゆいというか。

歯がゆい思いの方が強いかな・・・。
そこまで仕事人間はないはずなのに、私にとって仕事は命綱だし、
なんだかんだ言っても好きなんでしょうね。

昨年、大苦戦の末に仕事が決まり、この1年自分なりに頑張ってきて
なんとか契約社員になって、派遣のときに比べたら多少は生活が安定するな~と思っていた矢先に、また手術で1ヵ月休まなければならない事態になり
これからまた、職場で休職に向けて上司に話したり、
周りに根回ししなければならないのかと思うと、気持ちも沈みます。
元気な人が多い職場だと余計にそう感じます。

 ちなみに、大学病院へ行って内診した結果ですが、
またまた「ちょうど排卵期なので、それで痛みもより強いのでしょう。
歩けないほどの痛みや、吐き気が出て来たらまた来てください」と言われました。
ただ、痛み止めとしてはすでに服用している「ロキソニン」が最強なので
これ以上の痛み止めは出せない、ということで、ロキソニンと胃薬を処方されました。

帰宅後、追加で出されたロキソニンを飲んだら急に眠くなってきたので
気が付いたら、また4時間くらい昼寝してしまい、
また一番やりたくなかった週末パターンとなりました。
でも寝たらすっきりして、下腹部の痛みも少し和らぎ、気持ちも上向きになってきました。

毎度のことながら、ジタバタしても状況は変わらないし、身体が不調ならば
やはり治療して治すしかありません。
仕事も大事だけど、私がいなくても会社はまわっていくものだ・・・と気持ちを切り替えるしかないですね。

ちなみにリュープリンを打つのはあくまで「手術までの一時しのぎ」なので
3~4ヵ月打って、手術に臨む人が多いと今日の診察のときに聞きました。
まだ何とも言えませんが、下腹痛がコントロールできるのであれば、
8月までには手術かな~・・・と勝手にイメージしています。

« 待ったなしかも? | Main | 上司に話せました »

婦人科系疾患」カテゴリの記事

Comments

ななこさん

朝から大変でしたね。
お母様の言葉は、確かに正論ですけど、タイミングよくなかったですね。
でも、お母様も心配なんだろうな~。

歯がゆい気持ち、なかなかコントロールできませんよ~。
気持ちに身体がついていかないことも、大きな病を経験したりすると、よくありますし。
ここは初心に戻って、働けるだけでも幸せなんだっ、って気持ちを切り替えるしかないのはわかっていてもなかなか難しい・・・。

ななこさんもお気づきの通り、職場はなんだかんだいって、まわっていくもんですよ。
今できることを精一杯するしかないのかな~。
ほんとに、いろいろ思うようにはいかないもんですね~。

★さくらたんへ

コメントありがとうございます。

そうですね、母も心配みたいで、昨日私が泣いて以降は
またピタリと何も言わなくなりました。

歯がゆい気持ちって本当にきついですね。
自分の力ではどうにもできないというか、働く気持ちがあっても
身体がついていかないので、周りに迷惑がかかるのが容易に想像つきます。

そもそも、私のポジションは、出張や立ち仕事もいとわないということで
採用されたポジションなので、他の人に代打を頼みたくても
なかなかそれができない状況です。

それに加えて、今ですら人手が足りなくてみんなアップアップしているのに
これで私が1ヵ月も休みを取るなんて、怖すぎる・・・(>_<)
・・・と言ってみたところで、どうしようもないんですけどね。

次、大学病院へ行くのは2週間後の週末なので
それまでに上司や関係ある人たちに話をして
手術の日程をある程度、伝えられる状況にしておかなければなりません。

乳がんのことを報告するときもそうでしたが
周囲の反応でまたこちらも落ち込みそうになったりするので
とにかくここを早く乗り切りたいと思ってます。

もう、なるようにしかなりませんね~^^;


ななこさんのがんばりが実って契約社員になれた矢先に子宮筋腫…
大変なことと思います。
そして家族の一言ってなんであんなに刺さってスルーできないんでしょうね。

わたしはまだホルモン治療中ですが、やはり結構な大きさの筋腫がありまして、
治療中だから大きくはなってないけど、経過観察が必要です、
と婦人科の先生に言われています(^^;

生きていくには身体が資本、とわかっていても、
実際に目の前に仕事があると、気持ちも割り切れないこともありますね。
まずは下腹痛が少しでも和らぎますように。
(勝手に聞こえるかもしれませんが、)
最終的にはななこさんにとってきっといい方向へ行く気がします。

★おマメさんへ

コメントありがとうございます。
これから先のことを考えると、さすがにこの週末は凹んでおりました…。

家族の言葉は、痛いところを突いてくるというか
去年あんなに苦労して今の会社に入ったのを間近で見ていたはずなのに
「クビになってもいいから・・・」とか言われて、本当にグサッときました。

私は乳がんが発覚したとほぼ同時期に、子宮筋腫があることも
指摘はされていたのですが、そのときは3~4㎝くらいだから
経過観察で大丈夫!と言われ、さらにその後ホルモン療法でリュープリンを5年くらい
打っていたこともあって、むしろ小さくなったと言われていました。

去年の検診では「5㎝になった」と言われたものの
このときも「このくらいなら経過観察で大丈夫」と言われてましたが
この1年で急激に大きくなったみたいです。

今の職場でなかなか大変な思いをしながらも
ようやく周りの信頼を得られるようになってきたな…と思い始めたと同時に
今回のようなことになり、正直私もまだまだ動揺が隠せません。

今日、職場の上司や一部の社員の人には状況を話しましたが
まだまだこれからが本番かなと思ってます。

下腹痛は昨日と今日は痛みに波がありますが
なんとか手術まで、薬でコントロールできますように。。。と願ってます。

おマメさんがおっしゃったように、いい方向にいければいいなと思います。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 待ったなしかも? | Main | 上司に話せました »