管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« コントロールできないことで悩まない | Main | 面接の前に・・・! »

November 06, 2016

今の会社で頑張ります!

 金曜日に契約社員の登用試験(筆記)を受けてきました。

昨年までは面接のみだったそうですが、今年から筆記試験も加わりました。
面接じゃないから、スーツじゃなくてもいいかと思い

上はジャケット、下はパンツというスタイルで出勤したのですが
早々に、もうじき辞める派遣の人から突っ込みが入り
「あら?ななこさん、今日はお出かけ?」と言われました。

隠すのもおかしいし、いずれは周囲にわかることなので
「今日は筆記試験なのよ」と答えると
彼女は一瞬ポカンとした表情になり

「筆記って何の?・・・あ、もしかして(登用試験に)申し込んだの!?」と言われたので
「うん」とだけ答えました。

 前にも書いたかと思いますが、各自のスケジュールは社内LANで見られるようになっているので
例えば「ななこ」と書いてあるところをクリックすると
私のスケジュールが月別・日別に見ることができます。

ただスケジュールの内容は「公開」と「非公開」の設定がかけられるので
例えば今回のように「契約社員登用・筆記試験 ○時~ 非公開」で設定しておくと

他の人からは「○時~予定あり」としか見えません。

ただ、その派遣の人は、他の人のスケジュールを細かいところまでよくチェックしているので
筆記試験とはわからないまでも、何かあるとはわかっているかなと思ってましたが
さすがにそこまではチェックしていなかったみたいです。

 お昼の休憩後、試験を受ける人だけ別室に集められて、筆記試験を受けてきましたが
事前に部長からは「一般常識なので、問題なく答えられるレベル」と聞いてました。

でも実際は、マークシート方式で設問は100問。
試験内容は、英語・数学・理科・社会・国語」の5科目で
私にとっては何より、数学がダメダメでした~!
昔から、数字には弱いのだ・・・。

 私の部からは、私ともう一人の派遣社員が受けましたが、他の部からの受験者を
合わせると、全部で20人くらいが受験してました。

この次は、週末に面接が控えてます。

もう一人の派遣の人と「筆記がダメダメだったので、面接で挽回しよう!」というところで
落ち着きました(笑)

事前情報によると、面接は5:1で、1人あたり30分間の予定です。
30分も何聞かれるんだろー。と少々不安ではありますが
まあ、去年の今ごろから今年の2月くらいまでは、ずっと就活で面接を受けまくっていたので
そのときの苦労を思えば、今回はそんなに緊張しなくてすむかもしれません。

 先週金曜日、もうじき辞める派遣の人が
「なんで私が切られるのかわからない。仕事ができないからなんだろうけど。
それに、ゴン課長の態度が私に対して風当たりが強くてやりづらい」などと
私ともう一人の派遣の人に、いろいろ言ってきたけれど

仕事ができる、できないの問題ではなくて、派遣社員である以上は
自分の意見をガンガン押し通す以前に、頼まれた仕事は口答えせずに
受ける、社員の人とうまくやる・・・のが前提だと思うのです。
私も、25歳さんとは(仕事をやりづらいな。)と思うことも多いけれど
最近はアドバイスを求められることも増えてきたので
少しはこちらの意見も言えるようになり、前よりはやりやすくなってきました。

周りから仕事を振られるたびに「それは契約にありません」とか
「派遣の営業担当に確認してからでないと、受けていい仕事かわかりません」とか言ってたら
それは、頼む方としては「なんだろう、この人は。こんな面倒くさいことばかり
言う人は、仕事を頼みづらいな。」と思われても仕方ないだろうに
そのことがわからないみたいなのです。


 彼女としては、今月末までは契約期間が残っているから、
次が決まるまでは最後まで来るつもりだと言ってましたが
「私から辞めると言ったわけではなくて、ここの会社が契約更新してくれないから
辞めるわけなので、
周囲にはぎりぎりまで(退職のことは)伏せておくことにする」と言ってるのを聞くと
(少し前までは「この会社にいてもキャリアアップは望めないし、辞めてやる!」とか言ってたのになぁ)
などと思い出してしまい、なお一層、複雑な気持ちになりますね。


 私は、今の会社で(当面は)頑張ると決めたから、まずは面接試験を頑張るのみです。

 
 ここからは余談ですが、芥川賞を受賞した『コンビニ人間』読了しました。
私はどちらかというと直木賞作家の作品が好きなので、芥川賞作家の本は
今回はじめて読みましたが、なかなか興味深くてよかったです。

 コンビニで働いたことはないけど、学生時代にスーパーでレジ打ちのバイトをしていたことがあり
そのときの人間模様や、お客さんのことを思い出しました。

『コンビニ人間』に出てくる、主人公の女性はちょっと世間ずれしているところがあり、
さらにそれに関わってくるある男性はもっとずれているのですが
私もちょっと変わっていて、主人公の女性に通じるところがあるので
この作品の独特の世界が「おもしろい」と感じました。

でも、たぶん世間一般で言う「普通の人」が読むと、読後に気分が悪くなったりするみたいですよ。
(Amazonのクチコミを読んだ限りでは・・・ですが。)
私は「コンビニ人間」的な要素を持ち合わせているのかもしれないな~と思ったくらいなので、
気分が悪くなったりはしませんでしたよ。

 最後に。今日は北海道がすごい大雪で大変だとニュースで見ました。
いくら北海道の方が雪に慣れているとはいえ、季節外れの大雪は
日常生活や交通に影響が出て、大変だと思います。

関東もまた明日からは気温がグッと下がり、寒くなりそうです。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので、風邪などひかないように
乗り切っていきましょうね!

 別ブログもちょくちょく更新しています。
今回の記事でちょっとだけ顔出ししてますが、どこにいるでしょうか?(笑)

« コントロールできないことで悩まない | Main | 面接の前に・・・! »

「仕事」カテゴリの記事

Comments

お疲れさま(^^)

登用試験、良かったと思います!

組織は集団での力学も働くので、25歳さんとうまくいかなくても、
真面目に仕事してれば、部長さんとかが見ててくれて、外野に
味方ができれば、2人の関係も変わりますよ(^^)

風通しの良さそうな、少なくとも、お互いの予定や、働きぶりが
視界に入る職場のようなので、周囲からの評価も得やすいんじゃないかな。
まだ1年も経っていないことを考えても、風当たりが良くなって来たのなら
いい兆候では?

私も直属の上とはソリが合わないです。というか、男社会で
ガラスの天井?未だに?というのに悩まされています。
派閥争いに巻き込まれないといえば気楽ですが、
蚊帳の外感があります。難しいです。

でも、学外含めて、外から認められて、信頼を勝ち取っていくしかないかな、と。
こんなに仕事バリバリやるつもりもなかったんだけどな〜と思いながら
業績とにらめっこしています。

毎日の生活がかけがえのない、自分の人生。
追い詰めることなく、自分を褒めてあげながら、頑張りましょう!

関係ないかもしれませんが、お父様の療養の悲しみもあるんだと思います。
弱っていく親を受け入れるのって辛いですよね。お母様も辛いかと思います。
側に娘がいるって本当にありがたいし、ずいぶん前の、子供を産んで〜の
話は、あなたを生んで育てた事が私の人生の誇りよ、って伝えたかったんじゃないかな、
と思っています。

★ココナツさんへ

おつかれさま~!いつもコメントありがとう(^^)

登用試験は、25歳さんとの関係もあって、受けるのを迷ってました。
前の会社と違って、正社員と派遣社員の業務の明確な線引きがないので
これで契約社員になったら、今よりももっと荷が重い仕事が
まわってくるのでは?って考えたりしてました。

でも元はといえば、転職したのは長く働ける職場に入りたかったからなわけだし
今年は登用試験があったけど、来年もあるとは限らないので
やっぱりタイミングとかもあるから、受けるだけ受けようと思いました。

今までいろんな会社で働いてきたけど
今の会社は、今までいた会社とはまた全然違うタイプの会社なので
これから先どうなっていくのか、ちょっと楽しみな部分はあるかな~。

 私は今までは女社会の会社が多かったので、
独特のドロドロした雰囲気とかはよく経験したんだけど
男社会の中にも、また違った苦労があるんだろうね。

FBでのご活躍も拝見していますよ~。
ごめん、コメントも残さずで。

>でも、学外含めて、外から認められて、信頼を勝ち取っていくしかないかな、と。

わかる~!
私はあまり大したことはしていないけど、取引先が官庁なのですごく気を遣います。
やりとりしている窓口の人が2人いるんだけど
1人がすごく神経質な人で、気が短いので、対応に悩むことがありますが
とにかくその人と、なんとかうまくやっていければ。。。と思ってます。

一方で、もう1人の担当の人はすごく癒し系の人なので
それでバランスがとれてる感じです(笑)

 父の状態は「現状維持」というか、とにかく後遺症が重く残ったので
母の負担は大きく、日に日に疲れが溜まっていくようです。
私も週末は極力手伝うようにしているけど
普段会社に行ってるときは、ほとんど手伝えないのでそこが歯がゆいかな。

 母は今もときどき「私には孫が1人しかいないから・・・」とか言ってきますが
まあそれは事実だから、私も「そうよね~。」と適当に流しています。
でもその孫が可愛くて仕方ないみたい。毎日電話で話してるよ。

>ずいぶん前の、子供を産んで〜の話は、
>あなたを生んで育てた事が私の人生の誇りよ、って伝えたかったんじゃないかな、

そうか~!
母に言われたときは、なんだか責められたような気がしていたので
そういう風に言ってもらえると気が楽になったよ(^。^)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« コントロールできないことで悩まない | Main | 面接の前に・・・! »