管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 上司に話は通しました | Main | 行ってきます »

October 04, 2016

任せてください!と言われた件

 今日、社員旅行へ行ってた人たちが出勤してきました。

みんな、楽しい思い出を抱えて帰国した中
1人だけ「最後の最後に、楽しい思い出が悪夢に一変した」という人がいて


本人があまりの衝撃で、周りにカミングアウトしまくりだったので
私にまで聞こえてきました。


25歳さんの同期の男性社員が、ニューハーフショーに行ったときに
なんと、現地のお姉さまに2万円近く、ボラれてしまったそうなのです。

そのニューハーフショーは、バンコクのガイドブックには
必ずと言っていいほど登場している某劇場。

ニューハーフのお姉さまたちのショーが終わると
出口付近で、そのお姉さまたちが観客と一緒に写真に写ってくれます。
ただし、その際ほぼ確実に、チップを要求されます。

下っ端のお姉さまだと、数バーツのチップで納得してくれるものの
女性も顔負けなくらい、美人のお姉さまだと
野太い声で「100バーツ!」と日本語で要求してきます。

100バーツって、今の為替レートだと大体300円相当ですが
例えば、私1人が3人のお姉さまと一緒に、写真を撮ったとしましょう。
1人あたり、100バーツずつ要求してきます。

今回、25歳さんは同期の同僚たちと4~5名で行動を共にしていたそうなのですが
その5人と、ニューハーフのお姉さま数名が
一緒に写真におさまった瞬間、お姉さまたちは、それぞれがその5人、
1人1人に対して100バーツずつ要求してきたそうです。

その5人のうちの1人(男性)が、「チップ!」と言われるたびに
お財布からお金(バーツのお札)を抜いて渡していたところ
突然、1人のお姉さまから、力づくでお財布から6000バーツを
引き抜かれてしまったそうです。

6000バーツって、約18000円です。

お姉さまは、見た目は女性でも、元は男性ですから
力づくではかなわなかった、と言ってました。
「自分はまだ20代で若いから、なめられたのかも・・・。」と言ってましたが。

ニューハーフショーでチップを要求されるのは、昔からあったので
けっこうえげつないことをしてくる人もいると、聞いたことはありましたが
まさか、こんな身近で被害に遭う人がいるとは、驚きました。

・・・ただ、外国で、人前で、お財布の中身が見えるような行動は
自殺行為というか、抜き取られたとしても、
それは彼の行動に隙がありすぎだとも思いました。

外国にいるときは、日本にいるときと同じ感覚では絶対にだめです!
人前で、お財布の中身をさらすなんて本当に危険すぎです。

やられた本人は、ずっと落ち込んでましたが
周りからは「勉強代だと思って、あきらめなさい。お金だけで済んで
よかったんだよ。」と言われてました。

 バンクーバーで日本人女性が事件に巻き込まれてしまいましたが
知り合ってからそんなに経っていない異性と2人きりになる瞬間があったことが、今回の事件につながってしまったのかなと思います。
まさかこんな結果になるなんて、亡くなられたご本人ですら思わなかったのかもしれませんが
慣れない外国では、ちょっとしたことが、取り返しのつかない結果になってしまうこともあるので
今回の、バンコクでの話を聞いて、私も旅先ではくれぐれも気をつけようと思いました。


 前置きでさらっと書くつもりが長くなってしまいました。

さて、今日は25歳さんに例の話をしました。
そのときは、ちゃんと話を聞いてはくれていましたが
彼女的には、やはり今まで通りのやり方を崩したくないようで

「それなら、次回からその仕事は私がやりますよ。」とは言ってましたが
取引先と直でやりとりをさせてもらう方向に持っていく話は
どうも立ち消えになりそうです。

それというのも、25歳さんと課長の間でもこの件について2人で話し
「もうこの件については、自分(25歳さん)がなんとかしますので
このあとのことは任せてください」という結論に至ったらしく

私には「このあとのことは、課長とも話しましたが、私が対処しますので
あとは任せてください」と帰り際に言われて、今日は終了。

自分の中では不完全燃焼な部分もありますが
「次回は自分でやる」とか「あとは任せてください」と言ってもらえたので
もうこのあとは、私は手を引かせていただこうと・・・。

たぶん、またなし崩し的に私に丸投げしてくるような気もしますが
このあと、彼女がどう対処していくのか、お任せしようと思います。

« 上司に話は通しました | Main | 行ってきます »

「仕事」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 上司に話は通しました | Main | 行ってきます »