管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« August 2016 | Main | October 2016 »

September 2016

September 30, 2016

お知らせ(更新履歴)

最新のお知らせ
ようこそ「もしかして負け犬?な私の日常」へ。
このサイトは32歳@独身で乳がんになり、10年目に突入した
管理人ななこの日々の気持ちを綴っています。
(現在は定期検診のみで無治療です。)

初めてお越しの方はプロフィール(2015.1.11更新)からどうぞ。
私の自己紹介と略歴、病気の状況などを書いてあります。
※自分の病状の覚え書きということで、今後も時々更新します。


化学療法中に役立つリンク集(ウィッグや髪の毛付帽子サイト)
乳がん術後用下着のページ を更新しました。(最終更新:2015年1月)


別サイトのお知らせ
ななこのくつろぎカフェ(停止中) 
旅行記ブログ(たまに更新中)

落ち込んだときはこちらで癒されてください
書家による素敵な言葉の数々(1)(2)

★このブログのコメント欄について。
コメントを入力する際、メールアドレスを入力する欄が必須となっておりますが
入力するのが嫌な方も多いと思います。その場合ダミーのメールアドレス(適当)で
かまいませんので、形だけ入力していただければ大丈夫です。
ココログブログの設定上、そういうシステムになってしまっているようです。


September 28, 2016

性格がきつい人

 さすがに今日は休めない・・・と思い、まだ本調子ではありませんが
なんとか出勤してきました。

今の職場は若い人が多いので、全体的に元気な人が多く
体調を崩して休んだりすると、正直かなり目立ちます。

怖いと思ったのは、もうすぐ辞める!と連呼している派遣の人。

昨日の夜、メールが来たのですが
「体調はどう?まだ治っていないなら、風邪をうつされたくないので
完全回復するまで、出勤しないでくださいね!
いっそのこと、今週全部休んだら?」と書いてあり

(はあぁぁ~?なんじゃこのメールは・・・!?
普通、もし内心そう思っていたとしても、本人にわざわざ言うかね?)と
思いました。

確かに、風邪で病み上がりの人が会社に来たら
周りの人はイヤだと思うけど、嫌な書き方に感じられて、気が滅入りそうだったので
返信しないままに出勤しました。
(周りにうつしたら大変なので、もちろんマスクはずっとしていましたよ。
 今日は咳は一度も出なかったけれども・・・。)

あ、でも、わかった!
もしかしたら、彼女が水面下でしている転職活動の面接の日が近いから
だから、うつされたくない、とかストレートに書いてきたのかな?と
思いましたが、今日出社したら、自ら

「実は昨日、1社面接受けてきたのよ。
でもハイレベルな受験者が多かったから、私には合わない会社な気がしたわ。
それに、その会社がもし不採用でも、他からもいろいろお声がかかっているから
どっちみち、ここの会社とは11月末の契約が切れたら、辞めると思う。」

と言ってきたので(そんなに辞める、辞める言うなら、辞めてもらって
全然かまわないし、やっぱりこの人、空気読めない系で
基本なんでも『私が、私が!』な人だから
今の会社の雰囲気にはそぐわない気がする。)と思いました。

 未だに、周りから何か頼まれると「それは契約に入っていない」とか
ブーブー言い始めるので、周りも仕事を頼みづらくて仕方ないみたいです。

辞めた方が、お互いのためかもよ!と思う今日この頃です。

September 27, 2016

結局またしても・・・

 今日は会社へ行く気満々でしたが
昨夜は熱が出ていて、全然眠れず、ずっとウトウト。

朝目が覚めたら、体調が昨日より悪くなっていました。

(なんてことだ・・・。また休むのイヤなんだけど・・・)と思いつつも
もう声は全然出ないし、咳も出ているしで、結局また休む羽目に・・・。

 会社に連絡するときも、1日目はまだしも、2日連続となると
休みの連絡を受ける人も、なんだか微妙な感じだし(え?今日もですか?)みたいなね。

 今日は耳鼻科へ行く気力もなくて、薬を飲んで温かくしてひたすら寝てましたが
母は「なんであなたはすぐ具合が悪くなるの?」とあきれた感じでした。
まあ、仕方ない!自分でも免疫力なさすぎるな~!と思うもの。。。

 それでも、夕方になってもまだ熱が抜けきらず、水分補給しようと
ふらふらと起き上がったところ「本当に、具合が悪いのね。」と
ようやく納得したみたいで、それまでは私の気力と体力のなさを
疑ってかかっているようでした。まあ、それも仕方ない。
自分でも、弱すぎるな~と思うもの。。。

結果的に土日から引き続き、月・火と休んだおかげで
さすがに夕食を取り終わったあたりから、だんだん体調も回復してきました。

まだ声がおかしいですけど、これで明日は会社に行けそうです。
(今朝は、具合が悪くて会社に行く気力が起きず、2日連続で休むなんて
精神的に参っているんじゃないか?と思ったくらいでしたが、違ったみたいです!)

とにかく、回復してきたのでよかったです!

September 26, 2016

ダウンしてました

 今日は体調不良につき、会社を休んでしまいました。

いつもだったら、多少無理してでも行く方ですが
今の仕事は対外的な電話応対業務も多いので

声はガラガラ、多少咳も出ているこの状態では
行ったところで、仕事にならないな~・・・と思い
目が覚めた瞬間に、休もうと決めました。

でも今ダウンしている場合ではないのですが・・・
明日も休みたいところですが
そうも言ってられないので、明日は出勤すると思います。

 ノドの状態が悪化していたので、また耳鼻科へ行ったのですが
待合室にいたとき、隣りに座っていた男性が看護師さんから

「今日はどうしましたか~?」と聞かれ

「あ、あの、耳の中に虫が入っちゃったんです」
「どんな虫でしたか?」
「それはわからないんですが、あっ!と思った瞬間に
耳の中に入ってしまって・・・。」
「虫の大きさはわかりますか?」
「それもわからないんですが、入ってしばらくは暴れてました。
その暴れ方からすると、かなり大きな虫かなと思ったんですが・・・」

「でも、耳の穴より大きい虫はたぶん入らないですからね」
「あ!そうですよね~。そのあと、なんとか自力で取れないかと思って、
サラダ油を差してみたんですが、取れなくて・・・」
「今は虫は暴れてませんか?」
「今は・・・おとなしいですね。」

え~っ!その虫はどうなったの???
と、隣りで聞いてて、怖くなってしまうような会話でした・・・。
サラダ油なんて差してしまって、中耳炎になったりしないんだろうか???
それに耳に虫が入るなんてことあるんだ~!

 私の方が先に診察が終わったので、その人の虫がなんだったのか
結局わからないままに帰ってきましたが、ほんと、生きていると
いろいろなことが起こるものなんだな~と思った瞬間でした。

明日に備えて、今日は早く休みまーす!

September 22, 2016

タイミングが悪い!

 考えてみれば、去年まで勤めていた会社は休みが取り放題だったけど
今の職場はちょっと取りづらい感があります。


 本当は、明日は休みたいと思っていました。
シルバーウィークだからではなく「東京国際ブックフェア」の
林真理子さんの講演会に行こうと思っていたからです。

少し前に講演会のお知らせがメルマガで届き
先着順だったこともあって、お知らせが届いたその日に申し込んだら
余裕でOKでした。


で、明日を休めば4連休だな~・・・なんて思ってましたが
明日休むと、結局は自分の首が絞まる仕事があるので
結局、休まず出勤することにしました。
あ~残念!好きな作家の講演会はなかなか行く機会もないので
この大事な機会を逃してしまい、残念です。

そして、久しぶりに「のど風邪」になってしまったみたいで
早目に常備薬を飲んで様子を見てはいますが
考えてみれば、この約半年間はカレンダー通り以外の休みは
とっていなかったので、そろそろ疲れが溜まってきたのかな?と
思っています。
(本当は今日は久しぶりに会う友人と約束をしていたのですが
体調が悪かったので、泣く泣くキャンセルさせていただきました・・・。)


さらに、別の友人からはこの週末の「ツーリズムEXPOジャパン2016」のお誘いがあり
こちらも行ったことないので、今回は行ってみたかったんですけど
体調が戻らなければ、ちょっと無理かな~と思ってます。


偶然にも、東京国際ブックフェアも、ツーリズムEXPOジャパンも、会場が同じ場所みたいなので
行こうと思えば両方一気に行けましたね~。


私の一番の趣味は、本と旅行なので、この2つが同時に体験できるなんて
すごい偶然だとは思いますが、こんなときに体調を崩すなんて
またなんてタイミングが悪いんでしょう・・・。


 でも来月取る、夏休み前でよかったのかも。
もう航空券を押さえてしまっているので、変更が利かないので・・・coldsweats01

来月は約6年ぶりに、台北へ行きますよ~。
今年最後の旅行(の予定)です。

September 20, 2016

それがこの病気なのです

 小林麻央さんがブログを始められるまで、
自分の中では割と病気を忘れているというか、あまり意識しない日が続いていました。
(それでも、忘れることはありませんが・・・。)

でも、彼女がブログを始められてからは、発症時の年齢が自分のときと
同じだったということもあって、ついつい、ブログを読みに行き
その内容に一喜一憂しています。

私も、初診時に「脇のリンパ節に転移している可能性が高い」と言われて
実際その通りだったので、麻央さんがつづられている内容が
まるで自分のことのように、思い出されます。

 海老蔵さんの会見や、その後のちょっとしたブログの記事を読み

・息切れがする
・痛み止めを使っている

との記載に、大変な状況だろうというのは推察していましたが
今日の麻央さんご本人が書かれた病状についての記事を読み
自分が考えていたのと全く同じだったので、言葉を失いました。

乳がんは、肺・骨・肝臓・脳に転移しやすい病気なので
ひとたび発症すると、全身病であるとも言われているようです。
他のがんと違って、5年間無病だとしても、その後も再発のリスクは付きまとうので
何年にも渡って経過観察することが多いのはそのせいです。

発症時の年齢によっても異なるのかもしれませんが
当時、若年性での発症だったこともあり
主治医の先生から「15年間はしっかり経過観察していきましょう。」と言われ
(長い付き合いになる病気なのだ)と思って、気が遠くなりそうになった覚えがあります。
何年経っても、付きまとってくる、それが乳がんという病気なのだと
認識しています。

美しい人、どうかどうか、気持ちの上でも負けないで、と毎日のように祈ってます。

それにしても、麻央さんのブログは文章が簡潔でとても読みやすいです。
私のブログは、1つの文章が長すぎて、読む方は読みづらいだろうと思ってます。
次回から、もう少し簡潔に書けるようになりたいものです。

September 19, 2016

頭の中を整理する

 連休中にまで、仕事中のモヤモヤを引きずるなんて最低だな・・・と
昨夜の自分のブログを読み返していて思いました。

この3連休は、またまた妹たちが帰省していましたが
今回は友人と会うことを優先して

初日は、ピアノ好きの友人と会い、都内でスタジオを借りて
2時間、2人で(連弾で)無我夢中で弾きまくりました。
全部、クラシックの曲ばかりですけど、7曲くらい弾いたかな~。
やっぱり音楽をやると不思議と心が落ち着きます。


普段、あまり練習している時間がないので
私の下手なレベルでスタジオを借りてまで練習するのは
どうなの???とも思いましたが

ピアノを弾くときって、仕事をしているときとは
頭を使う場所が違うので、かなりリフレッシュできました。

今でも、右手と左手がなぜ別々に動くのか、自分でもよくわかりませんが
利き腕が右手だからか、左手はやっぱり練習がおろそかになるらしく
つっかえるのは左手が多いです^^;

日曜日は、完全に中休みというか、疲れを癒す日に充てて
部屋の中を掃除したり、本を読んだりして過ごしました。

そして、3連休最終日の今日は
5~6年前から親しくなった友人と会い、なんと店を2軒ハシゴして
半日くらい、おしゃべりしまくりました。

晴れていたら、本当は明治神宮へお参りへ行こうと思っていたのです。
これは、別に今回の仕事の件が関係しているわけではなくて
その友人とたまたま話していたら、何かの拍子に神社へ行くのが
好きだという話になり、明治神宮へはあまりゆっくり参拝したことがない、
となった時点で、では行ってみましょうか、となったのでした。

でも、今回は台風の影響で、雨が降り続いていたので参拝は延期して
おしゃべりタイムに切り替えました。

その人は自営業なので、あまり私の身近にはいないタイプの方で
話をするといろいろと勉強になることが多いです。
そして驚いたことに「実は、今月で住宅ローンを完済したので
少しだけ気が楽になりました!」と聞き、思わず「素晴らしいですね!」と
言ってしまいました。

その人(43歳)は、30歳くらいでだんなさんと結婚し、結婚とほぼ同時期に
マンションを購入したそうなのです。
彼女は1人で自営業をしていて、だんなさんは会社員なのですが
2人で頑張って働いて、なんと13年で住宅ローンを完済したと聞きました。

けっこう、周りで家を買った人って、70代半ばまでのローンを組んだから
これからずっと大変!!!と話している人もいて
(定年退職後は、どうやって返していくんだろう??)と他人事ながら
思うことも多かったので、40代前半で完済したという話は、私もかなり驚きました。

それはさておき、今日はその人にもいろいろ話を聞いてもらいながら
私も自分の頭の中を整理することができました。

「働き始めて半年で愚痴が出るのは、相当まずい」と自分でも思いますが
もう少し、打開策を探るというか、やられっぱなしなのも悔しいので
なんとか突破口を見つけたいと思ってます。

September 18, 2016

そうは言いましても・・・

 

先ほどは、かなりヒートアップして記事を書いてしまいましたが
そうは言いましても、すぐに辞める!とかそういうことは考えていません。

40歳越えでの転職活動の厳しさは、身をもって体験しましたし
いちいち辞めてたら、あとがありませんから・・・。

少しずつ、抵抗を試みるというか
言いやすい雰囲気のときに、流れを変えていくしかないのかな?と。
辞めるかどうかはそれからです。

ただ、先日前の職場の派遣仲間と会ったときに
いろいろ話していて思ったのですが
今は、同じ派遣会社から、同じ派遣先で5年以上は働けないという
法律ができたらしく、例えば、3年満期で契約終了となって
同じ会社の中で次のポジションを紹介してもらうにしても
「残り2年しかない人より、丸々3年働ける人がほしい」と
言われるので、実質1回転しか雇ってもらえない傾向になる、と聞きました。

それも40代後半とか50歳に差し掛かった人から
言われているそうなので、来年3月で3年満期を迎える人は
「次は紹介できません。」と言われて、今から途方に暮れているみたいです。

そういうのを聞くと、何も改善の努力をしないままで辞める選択肢を
加えるのもどうかと思うし、どこで働こうと、必ず何か問題はある!と思えば
そう簡単にはまた転職とは思えません。

 他にもいろいろ考えることがあるんですよ~。
前々から書いてましたが、このブログの移転とか、
来月(遅い)夏休みを取るので、そのこととか・・・。
今回が3連休でよかったです。考える時間が普段よりあるし
今週は外勤と残業がガッツリあったおかげで、かなり体力消耗していたので。

最後の転職のはずが・・・

 今の会社で働き始めて、約半年。
はじめのうちは(いいところに決まってよかったぁ~。)と思っていたけど
最近はそうも思えなくなってきました。

ペアの25歳の社員が、仕事をとにかく丸投げしてくるのです!!!
彼女は営業、私は営業アシスタントなのですが
彼女が担当している取引先は、大きな1社のみ。

なのに、そこの1社のことすら、全然把握していないのです。
スケジュール管理は私の仕事ということになっていますが
やることが多すぎて、すべてには目が行き届きません。
(なにせ、まだ半年なので、今の時点でも初めてぶつかる事象も多いです。)

「ななこさん、○○の期限はいつでしたっけ?」
「△△の進捗はどうなってます?」
「あと、◎◎を追加で頼まれたんですけど、それもお願いできますか?」

先に頼まれていた仕事も「急ぎ」だと聞いていたのに
彼女は自分が別のことを頼まれると、そっちを優先でやれと言ってきます。

「今、○○の期限が明日までなので、そちらを先にやってるので
いっぱいいっぱいなんですけど。」

と言っても

「あ~・・・・。それは別にそこまで急ぎじゃないので、私が今頼んでいる方を
先にやってもらえますか?」

え~!!!
でも、私が今手をつけている方も、期限を決められているから
そっちを遅らせるのもまずいんですけど・・・。

と思っても、彼女がそのことで先方と納期の調整をしてくれるわけでもなく
あくまで、自分が頼まれた仕事を先に片づけてほしい。。。と
毎回のように、後出しじゃんけんみたいに頼んできます。

これは派遣の仕事だから・・・
これは正社員の仕事だから・・・

という言い方はあまりしたくないのですが

彼女は、ちょっと面倒な仕事とか、細かなチェックが必要な仕事は
本当に完全に丸投げしてきます。

その取引先のトップに提出するような、最終的な報告書とかも、私に作らせます。

今まで、派遣社員としていくつかの職場を経験してきましたが
そういう、報告書まで作成させられるのは初めてですし
丸投げしたら、しっぱなしで、その後は一切そのことに関わってこようとしません。

報告書に限らず、本当に、細切れ的な業務も、どんどんどんどん、丸投げしてきます。


私の感覚では、営業担当者=その企業の担当者であり
何か重要な書類や、報告書を提出するときには
最終的にはその担当者が必ず目を通し、最後のチェックをするものだと
思ってましたが、その彼女にはそういう感覚が全くありません。

「作ったのでチェックをお願いします。」と言うと
露骨に嫌そうな顔をします。それを見るのもイヤです。

あくまで、自分の仕事は企業に提案とかすることで、
その後の事務的な作業や業務は、ほとんどすべて、アシスタントに押し付けているんですね。

だから、私の前任の派遣社員が、これまで1年も続かず、
クルクルと4人も入れ替わってきたんだと思います。

でも、たぶん、彼女だけではなく、今の職場の全体的なスタイルというか
考え方がそういう考え方なんだと思います。

一番わけがわからないのは、彼女はその取引先の担当者となってから
3年経っていますが、事務的な作業は派遣社員に丸投げしていたから
未だにわかっていない部分も多く、取引先や社内の他部署に
根回しが必要なことも、全然理解していなくて、
前回、私が社内の他部署の人に教えを乞いながら、なんとか間に合わせた案件が
ありました。

そのときは、なかなか要領を得なくて、他部署の人に半ばキレ気味に言われながら
なんとか間に合わせた感じです。

その業務は、季節ごとに年4回必要なので、前回は夏バージョンの仕事でした。
今回は秋バージョンのことで、また取引先や社内の他部署への根回しが必要で、
書類を作ったり、細かな確認作業が多くてあたふたしていたのですが

金曜日に、彼女から「そういえば、あの件(秋バージョン)ってどうなってますか?」と聞いてきたので

「今回は、問題もなく、スムーズに終わりました。」と伝えると

「あれ、普通はそんなに苦労しない仕事ですよ(笑)」と言ってきたので
本気で頭にきました。

人に丸投げして、自分は、今回も今までも、その仕事には一切タッチしていないくせに
本当によく言うわ!と思ってしまいました。


 
 なんだか、営業アシスタントの使い方をはき違えているような・・・。
取引先や、他部署とぶつかる可能性のある仕事は、彼女は絶対に手を出しません。
前回、他部署の人との根回し時に、きついことを言われて嫌な思いをしたときも

「あ~・・・あの人は、うるさくて有名な人なんで、あまり気にしない方がいいですよ~」

と言ってきたので、唖然としましたが

本来は、あなたがしておくべき根回しだったのに、それをし損なっているから
それをフォローするときに、私が怒られたのではないか・・・!と思いました。


最近、万事そんな感じです。


指示の仕方もいろいろおかしいし、先日、派遣会社の営業担当者が様子伺いに
来たときに、思わず今起きていることを話したら
かなり唖然としていました。

「そんな、報告書とか、社員がやるべき仕事までななこさんに
やらせているんですか?
女部長さんに、相談してみましょうか?」とも言ってくれましたが

私が見ている限り、女部長も、同じ感覚なのです。
以前、他の営業マンが部長に何かの最終チェックをお願いしたときに
「今見ている時間がないから、そのままGOしちゃっていいわよ!」
と言ってたから、訴えたところでダメ
なんじゃないかと思っています。


次の仕事を探している例の派遣の人とも

「残業が多くて疲れる・・・とかならまだわかるんだけど
そういう、会社のスタイルが違っていて、なんでも派遣に押し付けてくる人と
これから先も仕事を続けていくのは、別の苦労が続きそう・・・。


派遣社員のときでこれなら、この先契約社員になって、直接雇用になったら
きっともっと、なんでもあれやって、これやって!になると思うよ。」


と話していて、私もそうだな~と思っています。

10月くらいに、来年度の契約社員の募集がかかる予定なのですが
正直言って、躊躇し始めています。

「あなたは今何の仕事を抱えているのですか?
そのくらい自分でやってもらえますか?」

とズバッと言えたら、どんなにいいか。。。


今回を最後の転職にしたい気持ちは変わりませんが
何でもかんでも、丸投げする体制は一体何なのかなと思っています。

まあ、どこの会社にいったところで
多かれ少なかれ、あることだとはわかっています。
前の職場みたいに、派遣のボスみたいなのが仕切っていて
いろいろ苦労するケースもあれば

今回の会社みたいに、本来は営業担当者が相手先と折衝したり
自分が確認して、派遣社員に振らなければいけない仕事を
何でも「直でやりとりしてください」と言って
自分はのらりくらりと、そのことに関わらないように逃げていくので
そういうのを見ているのが、すご~く嫌です。

働く以上、使われる以上、忍耐や我慢が必要な局面があることも
もちろんわかっていますし、今までにも修羅場はくぐってきたはずなのに
今回は、今までとはちょっと系統の違う悩みです。

なんなのだ!
それはあなたの仕事でしょう!?

と毎日のように心の中で叫んでいます。

私もだいぶ、忍耐力がなくなってきたな~・・・と思う今日この頃です。

September 13, 2016

眠すぎる・・・

 昨日・今日と2日間外勤だったので、立ちっぱなしだったということもあって
疲労感がハンパないです。先ほどからすごい眠気なので今日は早めに休みます・・・。


 外勤先が、目白近辺だったのですが、JR目白駅って初めて降りました。
そして「学習院」が駅の改札出てすぐ隣りにあるというのも初めて知りました。
今日は幼稚園の入園説明会開催日だったようで
入口に「幼稚園説明会」の看板が出ていました。

若いママさんたちが、ゾロゾロと中に入っていく姿を見かけましたが
驚いたのは、みなさん、申し合わせたかのように紺のワンピース姿で、
リクルートスーツ姿の就活生の姿とかぶりました。

学習院に幼稚園から通うとなると、
最終的に大学まで道が開かれているということもあって
私立だし、かなりの財力が必要なのかなと思いましたが
そのママさんたちのワンピースが、高級感たっぷりの高そうな素材だったんですね。
変な言い方ですけど、お受験だし、そのへんにある幼稚園とはやっぱり違うんだな~
お母さんたちの服装からして、こんなに違うものなのね~・・・と思いました。

豊島区や文京区は都内でも有名校が多いので、この2日間、いろいろな学校の
学生を見かけて、何気におもしろかったです。

20160913_1

 仕事の方は、まぁいろいろ問題が起きてますけど
それはまた改めて書きます。(今日は詳しく書く気力がない・・・。)

それから、小林麻央さんのブログも引き続き読んでいます。
(うん、うん、私もそうだった・・・!)とか
自分でも当時の忘れかけていた感情を思い出したりしています。
今日の記事は、仕事帰りに電車の中で読んで
本当に泣きそうになりました。

わかる、わかる・・・!

周りの音や声が遠ざかっていく感覚、わかる、わかる・・・。

 私は「左側は・・・悪性です」と告げられたときの、医師の表情も
なぜかそこだけは、未だに鮮明に覚えています。

September 11, 2016

忙しくなってきました

 今月は人と会う機会が多いです。仕事でもプライベートでも。

9日の金曜日は仕事のあとに飲みに行き、2軒ハシゴしたからか
土曜日の朝はなかなか起きることができませんでした。

明日・あさってとまた外出業務があるので
内勤のときとはまた違った難しさがあります。

残業も増えてきたので、外勤と内勤のバランスを考えないと
全然仕事が終わらないです。

でも今日あたりからようやく涼しくなってきたかな?という感じで
明日からはスーツでもあまり汗をかくこともなさそうです。
外勤のときはどうしてもスーツなので、真夏は汗だくで大変でした。

 そういえば、以前チラッと書いた「大妖怪展」へ行こうと思っていたら
8月中にすでに終わっていました。行けなくて残念でしたが
8月の土日は、平日の外出勤務が多かったこともあって
週末はすっかりダウンしていたから、いつまで開催されているのかを
すっかり失念していました。次は大阪で開催されるみたいです。

そして、このあと気になっているのは「
マリーアントワネット展」です。
10月末から来年2月まで開催されるので、これは行く時間ありそうです。

それと9月の4週目に開催される「東京国際ブックフェア」。
これも、ほぼ毎年行ってますが、今年もぜひ行けたらな・・・と。
本には目がありません(笑)


明日からまた忙しくなりそうですが、仕事を楽しみながら
頑張りたいと思います。

来月取る予定の、遅~い夏休みまであと一息!!!




September 08, 2016

仕事中にがんの話題が出た

 昨日は仕事で落語の講演会を聴きに行ったんですけど
そのときに、なぜか「がん」の話題が出ました。

自分の中では、12年も前のことなので
記憶の中で忘れかかっている部分も多いのですが
どういうわけか、無防備な状態でいるときに
突発的に「がん」の話題が出ると
(なんでこのタイミングで、その話題???)と思って
ガクッときました。

落語家が演じた以下の小話。

患者「先生、私の本当の病名は一体なんなんですか?教えてください」
医者「あなたの本当の病名は・・・『ガン』です」
患者「ええええええーっ!」

落語家「『ガン』という言葉は、病気の中でも特に重くて深刻な言葉ですが
もし『ガン』が『ポン』という言葉だったら、どうでしょう。
言葉の語感から受ける印象が、全然違うと思いませんか」

患者「先生、私の本当の病名は一体なんなんですか?教えてください」
医者「あなたの本当の病名は・・・『ポン』です」←会場内、大爆笑
患者「ええええええーっ!ポン!ですか~っ!!!」

他の人は、みんな爆笑していたけど、私はガンの話題のときだけは
どうしても笑うことができません。
それどころか(この会場の人数だったら、他にもガンの治療をしたことが
ある人がいるに違いない。私のように、病気ネタで笑えない人もいるのでは???)
と思ってしまいました。

今は、それでなくても、テレビやネットで毎日のように
小林麻央さんや、梅宮辰夫さんのガン闘病の話題があふれているので
がんの話題を目にしない日はありません。
あのときの、つらかった記憶がよみがえってくるので
できれば、普段の生活の中ではがんの話題からは離れたいところですが
今回みたいに、仕事で行った先でそういう話題が突然出てくると
本当に困ります。
でも、麻央さんのブログは気になって読みにいってます。


ところで、病気の話題を書いたのでもう1つ書きます。
しばらく、放射線科の診察を受けてないな・・・と思い出したので
そろそろ次の予約を入れようかなと思って、主治医がいる大学病院の
ホームページで診察時間を確認しようと思ったのです。

そうしたら、なんと主治医の名前が消えてましたーーー!!!

突然のことでびっくり。。。


私が乳がんの確定診断を受け、入院+手術+化学療法+放射線治療+ホルモン療法までやった、
文京区のT大学病院(バレバレですが・・・)の放射線科の先生です。


その後、乳腺科の主治医の先生はその大学病院から、別の私立大学病院へ
転院というか、異動されることになり
私は乳腺科だけは、私立大学病院へ、その乳腺科の先生を追いかけて転院しましたが
放射線科の先生は、ずっとT大学病院にいらっしゃったので
おかしな言い方ですが、これからもずっとT大学病院にいらっしゃるものだと
信じて疑わなかったのです。

それが、別の大学病院に転院されたことを知り、さてどうしよう・・・と考えています。

 転院先の病院も、通えなくはないのですが、同じ都内とはいえちょっと遠くなるので
現在進行形で、治療をしているのならともかく、1~2年に一度診察を受ける程度ならば、
わざわざ追いかけて転院はせずに、T大学の別の先生に診ていただくことにするか。

それとも、わざわざ都内まで行かなくとも、千葉県内の別の大学病院で診てもらうことにするか・・・とか。

はたまた、乳腺科で転院した私立大学の放射線科で診てもらうか。


でも、ずっと経過観察していただいていた先生に診ていただくのが
やっぱり心強いかなという気もしています。
あと、これはあまり考えたくないことですが、自分の身にまた何か起きたとき
T大学病院に何もつながりがなくなってしまうのは、困るな~という思いも
ずっとありました。
特にお世話になった病院なので、特別な思い入れがあるみたいです。

前回、放射線科で診察を受けたのは、約2年前が最後です。
このくらいの通院ペースなので、正直どこの病院で診てもらうとしても
あまり変わらないような気もしますが、カルテとかはT大病院にあるので
いずれにしても、そのうち一度放射線科に連絡して確認しようと思います。

September 04, 2016

自分の気持ちを吐き出す場所があることは大切

 3日ほど前に小林麻央さんがブログを開設されたことを知りました。
マスコミの報道がどんどん過熱して、海老蔵さんが「取材を自粛してほしい」と言うまで
ずっと追いかけられていたので(なぜ病気でつらい思いをしている人を
あそこまで追いかけて、報道するのだろう。)とずっと思っていました。

麻央さんも若くして乳がんになられたので、つらい気持ちは本当によくわかります。
今回、ご本人がブログを開設して、自分の言葉で発信されていくのを見て
ずっとずっと、自分の思いを直接伝えられなくてつらかったんだろうな・・・と思いました。
自分の病気のことを、周りから勝手に憶測されるなんて本当に嫌なものですからね~。


 私も、発覚してから最初の3年間くらいは毎日つらくてたまらなかったけど、
ブログに記事をアップして、読者の方や同病の方と交流できたことは、
大きな励みになっていました。
自分の病気を受け入れるまでには(程度の差はあれど)時間がかかると思うし
麻央さんが、ブログで発信しようと思えるようになったことは、ただただすごいと思います。

 でも、かつらをかぶっている写真を見たときは、さすがに自分のときを思い出してしまい、涙がこぼれました。
脱毛は(今思い出しても)本当につらかったの一言に尽きます。
あれよりつらいことは、今まで他に経験したことがありません。

 ここのブログも、「乳がん かつら」とか「乳がん ウィッグ」という検索ワードで
たどり着いてこられる方も多いようです。
私は、脱毛の時期はかつらを3つくらい、使いまわして生活していました。

★セミロングのかつら(黒)
★おかっぱのかつら(黒)
★おかっぱのかつら(やや茶髪)


おかっぱの髪型が、今も昔も一番本来の髪型に近いので
当時は、セミロングのかつらをかぶっているのが特に気に入ってましたね。
「髪の毛が肩より長くて嬉しい~!」なんて感じでした。

 来月はまた例のごとく「乳がん月間」なのでしょうか。
私は32歳の、その年の10月に発覚したので、気が付けばもう12年も
経つんですね~。

当時のことや、その後の治療で大変だったことはもう思い出したくもないけど
いつのまにか12年も経ったことに、驚いています。

母はときどき毒を吐く

 昔からなので、もう慣れましたが。。。

うちの母は、私にときどき毒を吐きます。
それも「痛いところを突く」なんてレベルではありません。


今朝、リビングでテレビのCMが流れていたときのことです。
モッくんと、宮沢りえが2人で並んだCMがやっていて
私が「モッくんは、昔から全然変わらないね~」と言うと

母は「宮沢りえも、ますますキレイになったというか・・・。
子供を産んでから『しっとり』したわね。
やっぱり女の人生は子供を産まないと意味がないわね」と言ったのです。

私が「え?何それ、私に対するイヤミ?」と聞き返すと

「やあね~、イヤミじゃなくて本心で思ってることよ。
宮沢りえは離婚してるけど、子供を一人でも産めたことは幸せよ。
これから子供と助け合って生きていけるわけだし。」

「でも子供が欲しくてもできない人もいるわけだし
私だって子供のいる人生を望んでいたけど、結果的には
そういう人生にできなかったから、そういう人の前で
その言い方はないと思うけど」

と言うと

「まあ、あなたに言ってはいけないセリフだったかもしれないけど
実際、子供がいない人生なんて、私にはあり得ないことだから・・・」

はあ~、ダメだこりゃ・・・。
母が持論を展開し始めると、どこまでも止まらないし
最後には私と口げんかになっていくので、私は聞くにとどめましたが

挙句の果てには

「前に、お父さんの親友のお見合い話がきたときに、もし受けていたら
あなただって子供をもてたかもしれないのに、断るから・・・」と言うので
内心では(好きでもない男と、結婚できるか!)と思ってしまいました(笑)

 私がそういうことを言われるのを一番嫌っているのを知っているくせに
ときどき思い出したように言うので、自分の母親ながら
本当に性格が変というか、イヤな思いをすることがあります。

というか、こういう言い方をする人が一番身近にいたなんて・・・愕然!

今までも「産まないより、産む人のほうがえらい。
産める人にはどんどん産んでもらいましょう。」みたいなことを
何度も言ってきたので、イラッとさせられることもありましたが
イヤ~、私に毒を吐くのは仕方ないとしても、
頼むから同じことを、私以外の人には言わないでよ!と思いました。

まあ、母も孫が1人しかいないので「○○さんちは4人もいる!」とか言ってくることもあるので
羨ましさの裏返しかもしれませんが。
もしくは、日頃思っていることを、何かのタイミングでドカン!と言いたいだけなのか。


子供がいる人には、何をどう言ったところで、このもどかしい気持ちはわからないだろうとはいえ
自分の母に言われると、さすがにガクッときますよね。


September 01, 2016

転職して7ヵ月目に突入しました

 今日から9月に入りましたね。

今の会社で働き始めて半年が過ぎ、今日から7ヵ月目に突入です。
ようやく有休も付与されたので、気持ちが多少楽になりました。

正社員だったときは、有休はたくさんあっても毎年9割方捨てるばかり
だったので、あって無いようなものでした。

でも派遣社員になってからは、どこの会社で働いても、
有休だけはしっかり取らせてもらえたので、その点だけは(すごいなぁ)と
よく思ったものです。
転職活動中はなかなか決まらずきつかったけど、働きはじめると早いです。

 先月半ばから今月いっぱいくらいまでは、仕事が本当に忙しくて
職場でもてんてこ舞いしてますが、明日は午後から社員に同行する
外出業務が入ったため、会社には午前中しかいられません。
やらなければならない事務処理がまだいろいろ残っているんですけど・・・。

 今の仕事で、今までと一番大きく異なるのは、細かなスケジュール管理が
必要な点です。
これまでに働いた職場でも、もちろん納期に追われることも多かったのですが
今の仕事は、同時並行で進める業務も多く、それぞれの取引先に対して
細かくスケジュール管理しておかないと、自分でも何をどこまでやっているのか
進捗状況がだんだんわからなくなってきます。

 社内のイントラネット上に、各自のスケジュール管理のページがあり
そこに、どんどん「To Do リスト」みたいに、やるべきことや納期の締切日、
外出の予定などを、どんどん打ち込んでおかないと
どこかで漏れが発生してしまいそうな勢いです。

 例の「辞める」と言ってる人は、書類を何社か送ったそうですが
なかなか通過せず「思ったよりも厳しい」と話してくるようになりました。
今年の4月から働き始めた彼女は、転職活動の際に1社受けただけで
決まったので、もっと簡単に先に進めると考えていたみたいです。

この時期に転職活動をするのは、時期的にタイミングが悪いというのも
あるのかもしれませんが。

 ただ、彼女が辞めるにしても続けるにしても、その人に合った職場でないと
ずっと働き続けるのはつらい・・・という気持ちもわかるので
最終的には彼女が満足できる環境で働ければ、それがベストだと思います。

 彼女は、正社員での仕事を探す傍ら、派遣会社からのお仕事紹介も
受ける設定にしているそうなのですが、最近事あるごとに
「派遣会社の○○から、お仕事紹介メールがきたんだけど
旅行関係だから、私よりもななこさんのほうが合っている気がするの。
○○は、ななこさんも登録している派遣会社でしょう?
時給もここより高いし、エントリーしてみたら?」と言ってくるので

「旅行関係なのに、時給がそこまで高いというのは、何かウラがある気がする(笑)
なんでも仕事を丸投げされる、とか、
残業がハードで人の入れ替わりが激しい、とかじゃないかな。
それに、今のところ転職は考えていないわよ。」と言うと
ちょっとガッカリした顔をされました。

 一緒に転職活動する仲間が欲しいのかなぁ?と思いましたが
転職活動は、できることなら本当にもう2度とやりたくないです・・・(苦笑)

« August 2016 | Main | October 2016 »