管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 宮崎旅行2日目(3) | Main | 私より後に入ってきた人が、辞めると決めたらしい »

July 31, 2016

今週はハードでした

 今週は勤務が本当にハードでした。

今の仕事は、基本は内勤ですが、たまに外勤があることも書いたと思います。
外勤で何をやっているのかというと、簡単に言ったら添乗員みたいな仕事です。
旅行業ではないので、厳密に言ったら添乗員ではないのですが
何に一番近いかと言ったら、やはり添乗員が一番近いと思います。


 昨日は休日出勤で、まれに見る晴天の炎天下の中、野外に近い場所で
ほぼ1日立ち仕事でした。
朝、8時半の時点で、すでに気温は30度を超えていたこともあり
汗だくとなり、水分補給をしても、全然追いつかない感じでした。

 取引先のスタッフの方が「熱中症予防の飴」というのをくれたのですが
その飴を渡されるときに「この飴は、本来はものすごく酸っぱい飴で
健康な人が食べると、普通にマズイ!と感じますが
大量に汗をかいたりして、脱水症状を起こしかけている人が食べると
とてもおいしく感じます。」と言われました。

私と、一緒に仕事していた社員の人が、その飴を口に入れたその瞬間・・・。
2人とも「おいしい!」と叫び、脱水症状を起こしかけていたことがわかりました。
昨日は、ペットボトルを3~4本飲みましたが、水やお茶を飲むだけではだめで
ちゃんと、塩分も補給しないと、熱中症になって突然痙攣を起こしたりするそうなので注意が必要だと聞きました。

 昨日は隅田川の花火大会だったので、仕事帰りにちょっと見に行こうかな?とも思いましたが
早朝から、1日立ち仕事をやったあとでは、とてもそんな気力はなく、
勤務終了後はサッサと帰宅して休みました。
 
 それにしても、このところガンで亡くなる有名人の方が多くて切ないですね。
ピアニストの中村紘子さん、そして、元千代の富士 九重親方・・・
中村紘子さんは、随分前ですが、オーチャードホールにコンサートを聴きに行ったことがあり、
終演後に近くのカフェに行ったら、そこに中村さんもいらしたのです。
なんとなく、忘れられない思い出です。


そして、九重親方・・・子供の頃、千代の富士が大好きでした。
貴花田との対戦で、あの強い千代の富士が負けたときは本当にショックでした。
膵臓がんの闘病中だということは知ってましたが、あまりに早い逝去で
残念としか言いようがありません。

 そして、東京都知事は小池氏が当確のようで・・・。
千葉県在住とはいえ、20年以上東京で働いている身としては
投票に行きたかったくらいの心境ですが、決まったからにはしっかりと任務を
全うしていただきたいです。
 

子供の保育園問題や高齢者対策にばかり目がいきがちですが、
まずはまじめに働いている人が、長く安心して働ける社会になってほしいと常々思っています。
よくわからない、ばらまき政策はやめてね、って感じ。

 日本人の平均寿命がまた延びた・・・と知って、正直ゾッとしています。
延びればいいってもんじゃないし、健康な状態で長生きできれば
それは素晴らしいと思うけれど、実際は「ただ生きているだけ」「生かされているだけ」という状態の人も、たくさんいると思います。

祖母が入院していた病院で見た、意識もなく、寝たきりの状態で
入院していたたくさんの高齢者の方たちの姿が、何年経っても忘れられません。

また、妹や従姉妹を始め、友人にも医療系で働いている人がいて
そういう人たちから話を聞くと「本来の寿命以上に、延命措置すると
人間の肉体はどういう状態に陥るのか」というのを何度となく聞いたことがあり
果たしてその状態になってまで、生きるのはどうなのか?と考えることがあります。

 おそらく、大きな病気もしたことがなく、普通に元気に暮らしている人だったり
身内が重篤な病気になって、何年も闘病を続けたりしたのを見たことない人だったら

「死にそうになったら、延命措置をするのはごく当たり前のことで
それ以外の選択はありえない」となるのかもしれませんが
私は、そこまでは望んでいないし、今後自分の身に何か起きて
延命措置をするかどうか、という状況になったとしても、延命措置はしないように
と家族(妹)に伝えています。
一筆必要なら、書類にサインしておきますけどね。
 
 さすがにそんな話は両親にはできないので、看護師でもある妹にだけ伝えていますが。。。

・・・なんでこんな話になったんでしょう???
今週は仕事がハードだったという話だけにするつもりだったのに。
某都知事候補が「高齢者の健康寿命を延ばします!」って言ってたのを聞いて
違和感を感じたからかもしれないです。

 8月も同じように忙しい月になりそうなので、体調管理には気を付けて
夏バテしないように乗り切っていきたいと思います。

« 宮崎旅行2日目(3) | Main | 私より後に入ってきた人が、辞めると決めたらしい »

「仕事」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 宮崎旅行2日目(3) | Main | 私より後に入ってきた人が、辞めると決めたらしい »