管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 今日は金曜日だったんですね! | Main | 行きも帰りも遅延とは・・・ »

March 06, 2016

医療費控除 終わらせました

 4日間働いた金曜日の夜。

22時を過ぎる頃には疲れがMAXに達して、起きていられなくなり
横になったら朝まで爆睡。次に起きたら10時になってました。
信じられない、12時間眠り続けていたらしい・・・(笑)

 働くまでの2か月間は、通勤時の疲れなどがないこともあって
寝ようと思ってもなかなか寝付けないことも多かったのですが
働き始めた途端にストン!と眠りに落ちるようになりました。

 たっぷり睡眠をとったおかげで疲れもとれて
この週末にやろうと思っていたこと・・・それは確定申告(医療費控除)。

毎年やっていることなのに、毎年やり方を忘れてしまう私。
どんだけ忘れっぽいんでしょう。

 

もしまだやっていない方がいたら、国税庁のここから書類をダウンロードして
オールアバウトのここのサイトがとてもわかりやすかったので、参考にしてみてください。

 
 そして今日は、地元の河津桜がけっこう咲いているという話を聞いたので
自転車を飛ばして見に行ってきました。


Dsc08991_1

7分咲きくらいですかね?
曇り空で小雨がパラついていたので、全体的に暗めですが
桜を見るとパワーをもらえる気がします。


Dsc08945_1

 毎年、河津桜の木には大小様々な鳥が寄ってくるのですが
この写真には、1羽背を向けて写っている鳥がいますがわかりますか?

動きが早くて、人の気配を感じると向きを変えたり、飛んで行ってしまうので
正面から撮るのはなかなか難しそうでした。
来週、もし天気がよければまた行ってみようかなと思ってます。

 

 ところで、昨日、親戚の叔母さん(母の妹)から電話がかかってきて、
かなり動揺した口調で「叔父さんにガンが見つかったの!」と言われました。

叔母夫婦は昔から病気とは無縁の人たちで、ガン検診も今回初めて受けたそうなのです。
そうしたら、叔母も引っかかったのですがグレーゾーン、叔父は大腸がんの疑いがあり
精密検査を受けたところ、確定診断がついたそうです。

叔母夫婦は子供がいないこともあり、私や妹を自分の子供のように可愛がってくれて
叔父に至っては、私が乳がんの手術で入院していたときに、何回もお見舞いに来てくれて
感謝してもしきれないくらいです。

 叔母は叔父の病状を説明し始めたら、涙声になってしまい、私が

「叔父さんは?今どうしているの?」と聞いたらハッと我に返ったように

「あ、すぐ横にいるのよ。今代わるからちょっと待っててね。」

「ななこか?オレオレ。大腸がんだって言われたよー。
まあなってしまったものは仕方ないよなー。オレよりあいつの方が参ってるよ。
先生から説明受けるときも、診察室で泣き出したから困っちゃったよ。

また今週、もっと細かい検査をして、その後手術とか抗がん剤とか
やることになるみたいなんだけど、その他に、あえて治療をしないという道を選ぶ人も
いるらしいよー。」

「えっ!治療をしない、というのはさすがになしでしょう~。
例えば高齢者が前立腺がんになったら、治療しないというケースを
当の本人から聞いたことはあるけど大腸がんはどうなんだろう?
手術ができない状態・・・とかじゃないのなら、まずは手術が第一優先なんじゃないのかな?」

「オレは手術なんて今までにしたことがないから、できればしたくないんだけどな。
だってどこも痛くもかゆくもなくてピンピンしてるんだよ!
これで抗がん剤なんてやったら、それで具合が悪くなりそうだよ。」

と言うので、「とにかくこれから主治医の先生とよく相談して、治療をしない、というのは
お願いだからやめて。」と言ってしまいました。

「そういえば、私も乳がんが見つかったとき、どこも痛くもかゆくもなくて
自分が病気とは思えなかったよ。」と言ったら
さすがに叔父に「そうか~、そうだよな。どこも悪くなさそうだったもんな。」と
言われました。

 叔母さんや私を動揺させないためか、叔父は努めて明るく話していたけど
ガンだと言われたら誰だって動揺するし、私も話を聞いていたら胸が痛くなりました。 

 ガンの治療は、部位や発覚時の進行度によって、千差万別ですが
個人的には初期治療はやはり一番大切だと思っています。

特にガンのように命に関わる病気の治療は、一発勝負みたいなところがあるので
病状が進むと、途中からやり直しが利かない、厳しい面もあります。

 叔父さんには、しっかりと治療を選んでほしいけど、いくら姪っ子とはいえ
病気・・・ましてや治療というデリケートな部分に、口出しして欲しくないだろうから
検査がすべて済んで、連絡が来るまでは様子見するにとどめるつもりです。

« 今日は金曜日だったんですね! | Main | 行きも帰りも遅延とは・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 今日は金曜日だったんですね! | Main | 行きも帰りも遅延とは・・・ »