管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« February 2016 | Main | April 2016 »

March 2016

March 31, 2016

一ヶ月目、終了!

  新しい職場での一ヶ月目が終わりました。
最初は雰囲気に慣れるので精一杯でしたが、なんとな〜く慣れてきた感じです。

 

本格的な業務はこれからですが、徐々に慣れていければいいかな?と。

 

  昨日、今の職場の飲み会に初めて参加してきました。

 

部の人が全員参加なのにも驚きましたが、
当日になって、参加者の中に、1人だけ知らない人の名前が入っているのに気が付きましたが
以前、この部で働いていたOBとかかな?と思い、あまり気に留めてませんでした。

 

そうこうするうちに、飲み会が始まり、席をシャッフルしていくうちに
そのOBっぽい方から「ななこさん、これから一緒に頑張りましょう。よろしくお願いしますね。」
と言われ、(あら?この人はOBではないぞ。仕事で関わりのある別の部署の人かな?)と
思っていたのです。

 

すると、進行役の人が「最後は、社長のご挨拶で締めていただきましょう」
と言った瞬間、その人が前に出て行って話し始めたのでビックリ!

 

なんと、社長だったのですね…!(驚)

 

さらに、部長よりさらに上の役職の方も話しかけてくれて
「ななこさんの仕事は、おもてなしの心が必要な仕事だけど
以前、そういう仕事に関わった経験はありますか?」と聞かれ

 

最初に長年働いた職場がホテルだったことを告げると
「どこのホテル?」と聞かれたので、ホテル名を告げたところ

 

「私は、そのホテルの総支配人をよく知ってるんですよ。
そうか〜、あの総支配人のもとで働いていたなら、大丈夫ですね。」

 

「もう現場を離れて久しいので、どこまで出来るかわかりませんが
頑張ります。」とだけ答えました。

 

  この一ヶ月間は、内勤のみでしたが
これから少しずつですが、外勤も入るので、また違った環境で
仕事をする機会も増えそうです。

 

   あまり前職場と比べるのもおかしいですが、前職場では
所属長クラスが派遣社員の名前まで把握していることはなかったので
今は毎日、ちょっとしたことでも新鮮に感じたり感動したりしています。

 

  明日からは新年度で、また体制やメンバーが一部変わったりしますが
私は例のごとく、マイペースでやっていくつもりです。

 

そろそろ都内の桜が満開になりそうなので、明日は出勤前に
ササッとお花見をしてから、会社へ行く予定です。
晴れるといいなぁ〜。

 

 

March 29, 2016

居場所はそこではない

  昨日は、前職場の解散会へ行ってきました。
立食形式とは聞いておらず、仕事のあとに3時間近く立ちっぱなしは
かなりきつかったです。

 

  辞めて以来、約3カ月ぶりに会う人が多く
仕事で関わりがあった社員さんたちからは声をかけてもらったりしましたが、
終始違和感を感じていました。

 

その理由は、もうこの会社で働いているわけではないので
私の居場所がない、というのが一番の理由ですが
部署が解散するため、社員は他の支社や関連会社に異動となり、
派遣社員は、同じ会社の別の部署に残る人、関連会社で派遣として働く人、他社へ転職する人、
などなど本当にバラバラです。

 

そのうち、同じ会社にそのまま残る派遣仲間といろいろ話をしたのですが
みんな新しい部署での仕事が、同じことの繰り返しで本当につまらない!
とか、
関連会社で働き出した人も、親会社で同じ仕事をしてたなら、教えなくても
わかるでしょ!と見られ、仕事をたくさんまわされているから、仕事量がハンパない!…と文句タラタラでした。

 

今度の職場は、一週間という休みを取るのも難しい、時給も上がらない…などなど
ひたすら不満を並べているので、

 

「それがどうしても耐えられない…というなら、転職するしかないんじゃない?」
と言ってみたところ、
「会社なんて、どこに行っても同じだし、今さら転職活動をするというのも…なんたらかんたら…」と始まったので

 

まあ結局のところは、文句は言うけど行動にはうつさない、というか
現状維持派な人がほとんどなんだよなぁ…と思い至り、それ以上はただの愚痴だと
思って聞き流しました。

 

今の会社に不満があって、ちょっとやそっとのことでは改善されそうにないなら
手っ取り早いのは部署異動か、転職しかないと思いますが
派遣の場合は異動は普通ないはずなので、そうなると転職かな?と。

 

でも40過ぎてからの転職は、本当に大変なので、おいそれとはオススメはしませんが
環境や待遇をガラッと変えるには、一番大きな力をもっているのも確かです。

 

   前職場で仲良くしていた派遣仲間数名で、先週末、飲みに行ったのですが
実はこの時点で、すでに(あれ?なんか話が合わないなぁ)と思ってましたが
辞めてからたった3カ月しか経ってないのに、なんでだろう?
と気になっていたのです。

 

  私とほぼ同じタイミングで転職活動をして、再就職が決まった従姉妹にこの話をしてみたところ
「今回、私たち、お互いに転職活動でかなり苦労したじゃない?
派遣仲間の人たちは、そういう大変な思いをせず、そのままでいい、と
その場にとどまることを好んでいるわけだから、仕事だって選んで行ってるわけじゃないし
自分が考えていたのと違った、なんてことも当然起こり得ると思うよ。

 

前は話が合っていたのに、今は話が合わなくなってきたというのは
今のななこ姉さんには必要じゃなくなってしまった人たちなんじゃないかな?
精神的なレベルが変わった、というか。」

 

同じ会社で働いていたからこそ、話も合っていたんだと思いますが
これからもちょくちょく飲もうね!なんて言われてるのに
また愚痴を聞くのもな〜…と思うと、やはり自分のなかで何かが
変わりつつあるのかな?と思ってます。

 

私自身は、新しい仕事と環境に慣れるのに必死で
愚痴は今のところ何もありません。

 

ちなみに、明日は今の職場の飲み会があり、初参加します。
年度末の打ち上げとのことです。
私がいる部は20名いますが、なんと全員参加するそうです。
不参加の人がいないって、ある意味すごい…。

 

月曜も飲み、明日(水曜)も飲み、
それでもまだ週の真ん中なので先は長いですね(笑)

 

今回もスマホからの更新です。
パソコンが治るまで、文字や改行の位置がしばらく読みづらくてすみません。

 

 

March 27, 2016

検査結果、OKでした!

  パソコンの調子が悪いので、スマホから更新します。
フォントの調整が出来ないので、いつもより文字が小さめで読みづらいかも…。

 

昨日、泌尿器科へ行ってきました。
詳しい検査の結果、細菌が膀胱内に入ったことによる
膀胱炎とのことで
最初の数日間は潜血あり、痛みありで参りましたが、
それはこの細菌が悪さをしていたからだそうです。

 

先生いわく「細菌にもいろいろな種類がありますが、
今回の細菌は、痛みが出るタイプだったので
症状もつらかったのでしょう。

 

先日出した抗生物質が効いて、今は細菌はいないので
このあとは大丈夫だと思いますが、もし心配なら
漢方薬をお出ししますよ。」と言われ、念のため漢方薬をいただいてきました。

 

幸い、昨日は女性の患者さんも多かったので、気が楽でしたが、
頻尿(←と書くこと自体が屈辱的ですが…)も改善されたので本当に助かりました。

 

家にいるときはともかく、職場でトイレが近いのはすごく困りました。
ひどいときには、1時間起きくらいに行ってましたし、
今の職場は、仕事中に席を立つ人が少ないので、
私ばかりが何度も席を立っていたので、やたらと目立ってたんですよね。

 

明日は、仕事のあとに前職場の解散会(大飲み会)があるので
久々に懐かしいメンバーと集まります。
楽しみなような、ちょっと怖いような…(笑)
また報告します!

March 24, 2016

お昼休憩の謎

 東京もようやく桜の開花宣言がありましたが、今日はグッと冷え込んだので
いきなり満開になるようなことはなさそうですね。
 
今の職場は(いろいろな意味で)お昼がかなり自由なのですが
来週あたり、近くの公園の桜が咲いたら、みんなでレジャーシートを広げて
お昼を食べよう!ということになっています。

 前の職場のときは、お昼を食べるメンバーが固定で決まっていました。
もちろん、他の人と食べに行くのもありなのですが
そんなときは「今日はちょっと別で行くので・・・」とメンバーに言いにいってました。
あと時間もほぼ決まっていて、毎日決まった時間に決まったメンバーで行くのが普通でした。

でも今の職場に入ってからは、ちょっと休憩時間のスタイルが違っています。
最初の3日間は、同じく営業アシスタントの4人のうちの2人から
「お昼に行きましょう」と誘われたので、いそいそと着いて行きましたが

4日目は、特に何を言われるわけでもなく、気付いたら1人は先に休憩に入っていて
もう1人も「もしかして、お昼(私と一緒に行こうと)を待っててくれてる?
今日は買ってきちゃったんだよね。」と言われて、てっきり今日も一緒に行くもんだと思っていた私は、
慌てて1人で休憩に入ったこともありました。

(あれ?私、4日目にしてすでにハブられた?)と思ったけど
(まあ、これからは好きな時間に1人で行ってくださいね!ってことかな?)と思い
そのへんは、どうなってるのかよくわからないながらも、あえて突っ込まずにいました。

すると、その後も「今日は一緒に行く~?」と言われて3人で一緒に行く日もあれば、
隣りの課の人も加わって大勢で外に食べに行くこともあれば、本当にバラバラで予測不可能なのです。

おそらく、いちいち「基本、同じ課の人同士で食べに行く」という暗黙の了解があると
やりづらい部分があるから、バラバラで行きたい日でも、あえて
「今日は私は別で行くね!」とかにはならないんだと思います。

一応、席を外すときにはホワイトボードに「ななこ ランチ 13:30(に戻り)」という風に
所在を書くことになっているので、今日はみんな一緒なのか、バラバラなのかを確認するときは
ホワイトボードを見て判断するようにしています。
面倒くさいといえば、面倒くさいですが(笑)

私を含めた3人はそんな感じなのですが、あとの1人は大抵1人で、かなり早い時間に休憩に入っているし、
そうかと思えば、気が付けば4人で食べることもあるし、お昼休憩の流れが
いまいちまだよくわかっていない私です。

いつ行くか、誰と食べるか、決まっていない方がお互い気楽なのかもしれませんが、この点はなかなか慣れませんね~。
ちなみに、お昼休憩をいつとるかは(余程大幅にズレない限りは)何時でも大丈夫です(笑)

March 23, 2016

3連休を満喫!

 おとといは友人とアフタヌーンティーへ行ってきました。
汐留(しおどめ)のホテルへ行ったのですが、なにせ私はものすごく方向音痴なので
昨日もGoogleMapを起動させて、間違った方向に歩いていないか ちょくちょく確認しながら歩きました。

はい、JR新橋駅から徒歩7分ほど歩いたのは私です。
都営大江戸線なら、最寄り駅と直結だったということをあとから知って愕然(笑)

(どうも詰めが甘いんだよな~)と思う今日この頃です。

大きな写真を載せますが、このビル↓近未来的ですごくないですか?(iPhoneにて撮影)

Img_0695_1

いつの間にできたのかわかりませんが、似たような外観のビルが他にもありました。
※今回行ったホテルではありません。右下の黒いモノレールは「ゆりかもめ」です。


 下の写真はラウンジのメニューですが、ホテルの客室の写真が表紙で使われていてお洒落でした。Dsc09015_1_2

もともと、私の再就職が決まって落ち着いたら「アフタヌーンティーへ行こうね」と
なんとなく約束していたのですが、体調不良や疲れがひどくてなかなか日程が
決められなかったのです。

ようやく「よし行くか!」と行く気になったのが3連休の直前で、いざ予約をしようと思っても
どこもかしこも満席でなかなか予約が入れられませんでした。
いろいろ探して、ようやく(ここはよさそう!)と思うところで予約が取れました。

 2時間制だったので、ちょっと慌ただしい感じはしましたが、ソファー席だったのでゆっくりできたし、
天井は10階分がドーン!と吹き抜けになっていたので
開放感もあってよかったですね。


Dsc09004_1


今回会った友人も、同じ病気を経験していて、話をしているうちにわかったのですが
やはり「私も土曜日=通院デーになってるよ。日によっては同じ日に2つ行くこともある。」 と聞きました。

年齢とともに、ただでさえいろいろ出てくる(であろう)年代なのに
自分では気を付けてはいても、次から次へとあちこち不調が出てくるので
これからも体調管理には気を配りたいと思います。

 友人はゴールデンウィークに旅行に行くそうで、と~っても羨ましいのですが、
私は今後の旅行計画は全くの白紙です。

なぜなら今の職場は、基本的には月~金勤務で土日休みではありますが
今後、業務の関係でたまに土日出勤が発生する予定なのです。

ただ、現時点ではいつその土日出勤が入るのかわからないので
下手に予定を入れられないんですよね~。
これからどんどん忙しくなってくるそうですし、どうなることやら???

 去年のゴールデンウィークは、日帰りで茨城のひたち海浜公園へ行きましたが、
前から見たかったブルーのネモフィラを見ることができて楽しかったな・・・。

March 20, 2016

医療費がすごいことになってる・・・

 先日、医療費控除の確定申告を済ませたばかりですが
今年に入ってからの通院の領収書の数が増えてきたので、気になってここまでの分を集計してみたのです。

そうしたらすでに通院が15回を超えてました・・・。
健康な人からしてみたら、あり得ない数字だと思いますが
まだ3月なのにこの回数って一体何なんでしょうねweep

まず、無職期間だった2ヵ月の間に、扁桃腺を腫らしてしまって
風邪の症状がひどく、治るのに時間がかかりました。
このときは耳鼻科に1日おきくらいに通っていました。

また2月下旬にはインフルになってそこでも耳鼻科へ行く回数が増えました。
さらに、乳腺科で久しぶりの定期健診をやったり
先週は婦人科検診をやったりしたので

その度に、1回数千円が飛び、めまいがしそうでした。

そうしたら、今週になってまた不正出血があったのです。
でもよくよく考えたら、婦人科検診では問題なかったのに
まだ出血しているということは、これはおかしいのは婦人科ではないということだと思い
(じゃあ、なんなの?不正出血じゃなくて、もしや血尿???)と思い

ネットでいろいろと症状を調べてみたところ
こういう場合は「泌尿器科」が一番よさそうだったのです。

でも泌尿器科って・・・。
自分の人生の中では、生涯関わることがない科だと勝手に思ってたのですが・・・。

とにかく背に腹はかえられない・・・ということで
覚悟を決めて、土曜日でも開いている病院(クリニック)を調べて、昨日行ってきました。

そして、そのクリニックへ足を踏み入れたその瞬間、早速後悔することにcrying
入口を入ってすぐが、もう待合室なのですが、15人くらいいた患者さんは全員男性!

女性はあまり来ないのか、珍しそうな目で見られました。
まるで女性専用車両に間違えて乗ってしまった、男性のような心境になりました。

「今日は週末で混みあっていますので、待ち時間が1時間超えると思います。」と
受付の人から言われ(まるで罰ゲームだわ。この待合室で1時間か・・・)と思ったら
なんだか撃沈したような心境になりました。

そして、尿検査をするためのトイレが男女兼用だったのですが
わかります?あの男性が使ったあとの便座が上がりっぱなしだったときの
嫌な感覚・・・weep

男性側からしてみたら、あれが普通だと思うので、仕方ないと思うのですが
なんかもうそれを見ただけで(あぁもう帰りたい・・・、でも帰れない。)と思いながら
待合室の隅っこのほうに座って、なんとか1時間を耐えしのぎました(←大げさですが)。
 

そして、ようやく私の名前が呼ばれて、お医者様とご対面。
感じのいい先生でよかった!

でもふと診察室の壁を見たら「前立腺の検査をするときの体位」というのが
妙にリアルなイラスト入りでバーンと張り出されていて、それを見たら
なんだかまた絶望的な気分に・・・。(私はなぜここにいるの???)

 尿検査の結果「膀胱炎が疑わしいけど、膀胱炎の場合は白血球が増えるはずなのに
あなたの場合は増えていないし、下腹部痛が左側だけに限定されているので
膀胱炎ではなく、他の原因も考えられます。

今日、採取した尿でさらに詳しい検査をしておきますので、また来週、結果を聞きに
きてください。」

(また来週???またあの待合室???)と一瞬気が遠くなりかけましたが
自分の体のことですから、仕方ないですね。

毎度のことながら、どんな結果を告げられても今さら驚きませんけど
とにかく、あの待合室の独特の雰囲気だけは、屈辱的と考えてしまいます。
考え過ぎかな???

でも意外と驚いたのが、患者さんは高齢者か若者のどちらかしかいなかったんですよ。
高齢者は前立腺かな?と思ったけど、若者はなんなんでしょうね?
母に言ったら「若い人は性病じゃないかしら?」と言ってましたが
若者が7~8人はいたので、私としてはちょっとびっくりでした。
(なんだかんだ言って、けっこう観察してしまいました。)

とにかく、今年に入ってからは毎週土曜日で、病院に行かない日はありません。
土曜日=病院デーなので、人との約束も入れられないし
でも体のことなので、やはり病院が最優先になってしまいます。

今年は少しでも医療費を減らせることが目標なのですが、
もう今の時点で、次回の確定申告もほぼ確実と思われます。

ちなみに、3連休中日の今日は、友達とアフタヌーンティーに行ってきましたので
次回はその話題なんぞを書きたいと思います。
ありがとう、3連休!(笑)

March 19, 2016

ようやく部長と話せました

 3週目が無事に終わりました。

日々の仕事を教えていただいている25歳の方から
「不平・不満があったら遠慮なく言ってくださいね~。」と言われたり

派遣会社の担当者からも「お仕事の調子はいかがですか?どんな些細なことでも
構いませんので、気になることや確認したいことがあったら、いつでも相談してください。」と
気に掛けていただいているのですが、特に不満はありません。

 ただ、働き始めて3週間、1つだけ気になっていることがありました。
前にも書きましたが、私の座席は部長(女性)の横で、課長(男性)とは真向かいに座っています。

 で、席が近いのにも関わらず、このお2人とはほとんど会話がありません。
そもそも、このお2人は外出や会議も多いし、部下から報告を受けたりして
その後の指示出しをしたりするのがメインなので

私と会話がないのは当然といえば当然なのですが
でも1日を通して、朝と帰りの挨拶するときくらいしか話すこともないので
(う~ん、この状況がこれからも続くのだとしたら、ちょっときついかな?)とは思っていました。

 そして、部長はとても独り言が多いのですが、それが独り言なのか、
それとも誰かに向けて話しているのか、よくわからないのです。
 

「私はこれから何をしようとしていたんだっけ?」
「2時間も話したら、疲れちゃったわ・・・」
「今日の○○社の来社時、私も立ち合うんだっけ???」

それとか

「あっ!」
「えっ!?」とか、素っ頓狂な声を上げられることが多いので

そのとき部長と同じシマに座っているのが私だけだったりすると
(なになに?これって、何か相槌を打つべき?
私に話かけられいるわけではなさそうだけど、聞こえてるのにスルーしたら
なんか感じ悪くない?)と

 このところずっと悶々としていました。

すると、昨日、働き始めて初めて部長に話しかけられ

「ななこさん、今日の分の仕事はもらっている?
もらっているならいいんだけど、ななこさんが来てからずっとバタバタしていて
ほとんど話もできなくてごめんなさいね。

今の時期、年度末ということもあって特に忙しいんだけど
競合他社に勝って獲得した大きな案件があって、失敗は許されないので
詰めることがいろいろあって、大変なのよ~。

私、忙しくなると独り言が多くなるから、うるさいでしょう~?」

「いえ、そんなことないです。
すごく忙しいんだろうな・・・というのが隣りで見ていてよくわかっていたので。
ただ、部長が何かおっしゃったとき、私が話しかけられているのか
そうではないのかがわからなかったので、そのときは(これはたぶん、心の声~)と
思って、相づちとかは打たずに黙っていました。」

「そう!心の声が出ちゃうのよ!(笑)」

・・・ということで、下手に相づちとか打たなくて正解だったようです。

 昨日は(短い時間ではありましたが)部長と話ができたことで
少し場が和んだような気がしました。

別に何か意地悪されている・・・というような意味ではなく、席が隣りであっても
本当に会話がなかったので、なんとなく(自分の中で)気まずかったのです。

今日から3連休が始まりましたね。
ちょっと体調に問題があって、不覚にもまた病院へ行く羽目になりましたが
(というか、今日はそのことを記事に書こうかと思ってましたが)
今回の記事を昨日から書きかけていたので、先にこちらをアップすることにしました。

March 17, 2016

あっという間に3週間

 あっという間に木曜日です。

ずっとブログ更新しよう、更新しよう・・・と思いつつも
帰宅すると疲れてしまって、睡眠時間の確保を優先していました
coldsweats01

新しい職場で働き始めて、約3週間が経ちました。
今の職場は、毎日、朝礼と終礼があるので
同じ課の人たちと顔を突き合わせることが多く
業務上、あまり関わりがない人とも、不思議な連帯感が生まれてきます。

 私の担当業務は、昨日まではいろいろやることがありましたが
このあとはしばらく暇になるとのことで、代わりに他の人の業務で手伝えることを
手伝っています。

 業務の割合で言うと、パワポ8割、エクセル2割という感じですかね。
私は営業アシスタントなので、営業担当の人に「これこれ、こういうイメージで
パワポで資料を作ってください」と言われることが多いのですが
すごく漠然とした感じで口頭で言われたことを、パワポでレイアウトを考えて作っていく感じなので
相手が考えているように作れるか?と言うと、まぁまだまだです。

私の他に、同じ課に営業アシスタントがあと3人いるのですが
この3人はセンスといい、デザインといい、パワポがプロ級にうまいので、
どうしても困ったときは、アドバイスを求めています。

あとは印刷物や資料の校正チェックもちょくちょくやっているのですが
誤字脱字を見つけるのも、実はけっこう好きなので苦にならずにやっています。

内勤の仕事はこんな感じですが、このあとは外勤も入ってくるので
暇なのはたぶん今の時期だけかもしれません。
ただ外勤といっても、営業ではなく、外でも「営業担当者のサポートやアシスタントをする」という点では同じですが。

 4人の営業アシスタントのうち、2人は完全に内勤のみ、私ともう1人は
外勤もあるという役割分担になっています。
もう1人の人は、すでに外勤業務もこなしていますが、その人はまだ入ってから
3ヵ月くらいということですが、とてもフレンドリーですごく職場に溶け込んでいます。
だんなさんの転勤で、海外に長く住んでいたということなので、
フレンドリーさはそういうのも関係しているのかな?と勝手に思ってますが
周りの人たちいわく「元々の性格よ、きっと!」とのことなので、きっとそうなんだろうと思います。

 全体的に、クセのある人はいなさそうなので(よかった~)と思ってます。
あと、会社としての飲み会は滅多にないそうなので、その点もよかったです(笑)
前は1週間に1回、とか普通にあったのと「ノミニュケーション」が重要視される環境だったので
大勢でガヤガヤするのが苦手な私にはけっこうきつかったです。

 前職場を退職後も、実は会社の大きな飲み会に何度か誘われたのですが
就活中の面接の予定とぶつかったり、一番近いところでは、
インフル発症と、在職中にお世話に
なった社員さんの送別会とが重なってしまい、
泣く泣く断念したこともありました。

でも今月末に、前職場の大きな飲み会があってまた声をかけていただいたので
それには参加するつもりでいます。
その飲み会は、いわば「解散会」。
私が働いていた部署は、今月末で解散してしまうため、その部署で働いたことが
ある人が大勢集まるようです。

 それから、話は変わって、がんが見つかった叔父の話。
病状説明に付き添った妹の話では「ステージ的には末期の一歩手前だったけど
転移は見つからなかったので、手術と抗がん剤で何とか逃げ切れるんじゃないか?
あと少し発見が遅かったら、腸閉そくを起こして大変なことになるところだった」ということでした。

 叔父と叔母は、主治医が「ここまでの説明で何かわからないこととか、
聞いておきたいことはありますか?」と聞かれても
叔父は「難しい話はわからないので、先生に、すべてお任せします!」を繰り返すし
叔母は「なんで、この人ががんになってしまったのか・・・」とオイオイ泣いてしまい
(主治医から)これでは一向に話が進まない・・・と思われたらしく「今度は『術式をどうするか』の説明にも
(妹には)必ず付き添ってほしい」と叔父の主治医から言われたそうです。

 叔父の手術は4月はじめに決まったそうなので、そのときにはお見舞いに行くつもりです。
私が入院していたときには、2日おきくらいに見舞いに来てくれた叔父なのですweep

March 13, 2016

今日はのんびりできました

 この週末は妹と甥っ子が遊びに来ていました。

妹のだんなさんは転勤族なのですが、東京にもう4年もいるので
「そろそろヤバい・・・」と聞いてました。

妹夫婦は東京で落ち着くまで、3・4回転勤しているので
「そろそろかなり遠くに飛ばされる」と危惧していたのですが、これでまた1年は安心です。
ただ今年が転勤なしということは、来年はほぼ確実になりそうです。

 少し前の記事で書いた、大腸がんが見つかった叔父の病状説明には、明日妹が付き添ってくれることになりました。
叔父曰く「肝メタ」の疑いがあるということで、叔母が相当動揺していたのはそれも理由の1つなのですが
妹は現役の看護師なので、私が付き添うよりも冷静に聞いてくれると思います。

 ところで5歳の甥っ子は、相変わらずやんちゃで甘えん坊です。
夕食のあと、ラムネ味のガリガリ君を1本食べているのを見たのですが
それから1時間もしないうちに、私が買っておいたアイスの「ピノ」を食べてしまった、と
本人から報告を受けました(笑)

 私が「こら~!勝手に人のアイスを食べないでよ!さっきガリガリ君も食べてたでしょ!」と言うと
「ごめんね~、ななちゃん!」と私の首まわりにまるでダッコちゃん人形(←死語)のように
まとわりついてきて、怒られないようにしようとしているのがわかりました。

するとそれを見ていた妹から「おねえって、5歳児に対していじわるだよね。
普通だったら、食べたから怒るのではなく『また買っておくからね♪』でしょ。」と
言われてしまいました。

でもね~、私もピノを買ったのかなり久々だったから、食べられてしまって
ちょっとがっかりだったのよね~(笑)

 また明日から1週間が始まりますが、今週頑張れば3連休ですね。
公開されたばかりの映画「
エヴェレスト 神々の山嶺」が気になっているので
これを観に行こうかな~と思っているのと

久々の美術展では「
カラヴァッジョ展」というのが気になっています。
国立西洋美術館(上野)なので、行きやすいですし・・・。
これが国立新美術館(六本木)とかだとちょっと遠いので、休みの日に出かけよう・・・
という気にはなかなかならないんですよね。
美術館の名前が似ているので、最初は(うわっ、六本木か!)と思いましたが
行きやすい方でよかった。。。

エヴェレスト 神々の山嶺」については、タイトルのごとく山岳ものなので、
それで見たいと思いました。
昔から、山岳ものが好きで映画館で観ることが多いのですが、「クリフハンガー」とか
「バーティカル・リミット」とかですね。
「クリフハンガー」なんてもう20年くらい前の映画!?と思いますが、なぜか好きな映画でした。

さて、また明日から頑張りますよ~!

March 12, 2016

春眠暁を覚えず

 春になったからなのか、新しい職場で働き始めて、まだまだ気疲れしているからなのか
このところ毎日眠くてたまりません。

 

 この週末は(たっぷり睡眠をとろう)と思っていましたが、おととい不正出血っぽいのがあったため
今朝は早起きして、地元の大学病院へ行ってきました。

 今まで、不正出血というのはほとんど経験がなかったのと
(せっかく再就職したばかりなのに、今度は婦人科で何かがあったら嫌だよう~。当分休めないよう~。)と思いつつ、
でもここ3年ほど婦人科検診を受けていなかったこともあり、やっぱり行くしかないような・・・と観念した感じです。

 最初から大学病院じゃなくてもいいのかもしれませんが、クリニックとかで検査して
もし何か見つかった場合、また大きな病院へ行かなければならないことを考えると
もう最初から大学病院へ行ってしまった方が早いな・・・と考えました。

 診察・内診・そして超音波をやったところ、特に問題はありませんでしたが
30代の頃にすでに見つかっていた、子宮筋腫がやや大きくなっていると言われました。

乳がんの治療のため、約5年ちょっとリュープリンを打っていた影響で、7年近く閉経状態だったときは、
筋腫のサイズは変わりませんでしたが、5年前に生理が復活したこともあって
その間に、また筋腫が徐々に大きくなったのではないか、ということでした。

 日常生活に支障をきたすような症状があったり、筋腫のサイズが大きい場合は
手術の対象になるそうですが、私の場合は、半年ごとの経過観察でいいと言われたので少し安心しました。
というよりも、子宮筋腫の場合はとりたてて治療法がないのかもしれませんね。
あえてやるなら、またリュープリンを打って閉経状態にすることかしら?とも思いますが
そこまではしなくていいとも言われたので、やはり経過観察するだけで終了みたいです。

念のため、子宮がんの検査も受けてきましたが、もう今さら何が見つかっても
正直驚きませんよ~。

ただ、元気に働くためには、体に不安材料があると落ち着かないため
今日は病院で診てもらって安心することができました。

  こうしてブログを書きながらも、眠くてたまらないので、今日も早く休もうと思います。

March 08, 2016

1週間経ちました

 今日は早起きして早めに家を出たので、電車の乗り換えも比較的スムーズにいき
ところどころ座れました。昨日は会社へ着いた時点でグッタリでしたが
今日は大丈夫だったので、明日からも今日と同じ電車で行くことにします。

 今の職場で働きだして1週間経ちましたが、周りの人の名前と顔が一致しないことも多く
いちいち配席表を見ながら、確認しています。

今までと決定的に違うのは、女性の上司(部長)に男性の部下が従っている姿です。
私は部長の隣りの席なので、部下がホウレンソウしにくる姿がよく見えますが
テキパキと指示を出して仕切っている姿には、ただただ脱帽です。

 ゴン課長もよく部長に相談していますし・・・。
そして私の右隣りの女性社員に日々仕事を教えてもらっていますが
これまた指示が的確で、仕事が出来てキレッキレなので(30代前半くらいかな???)と思いきや

「今、入社3年目です」と聞いてびっくり!大卒なので25歳ですかね?
彼女は部長や課長からも一目置かれている感じで
すごく可愛がられて、頼りにされています。

 で、そんな風にできる彼女の隣りにいる私は「あれはできますか?」「これはできますか?」という感じで、
仕事が飛んでくるので「休みながらでも大丈夫ですよ」と気遣ってくれるものの
指示されたことについていくのに必死で、なかなか気が抜けません(笑)

 できる彼女の真向かいには、若手の男性社員が座っているのですが
今朝私が出社したとき、ゴン課長がその若手社員に

「・・・けっこう年上だけど、そういうのは気にせずに、どんどん指示していいからね。」

とコソコソッと話しているのが聞こえ(けっこう年上って、あ、私のことを言ってるんだな・・・)と思いましたが、
聞こえないふりをしておきました。
まだどこまで絡んでいいのかわからないので、とりあえず聞こえないふり~。

暇な時期のはずなのに、私だけがあたふたしている感じですが
1ヵ月もすれば多少は慣れるのでしょうか。

明日は大丈夫かな・・・?^^;

March 07, 2016

行きも帰りも遅延とは・・・

 新しい通勤ルートは遅延が多いため、会社の最寄り駅には30分前に着くようにしています。

ところが今日は、週明け早々の大幅遅延で約25分も列車が遅れたために
始業開始まであと5分しかなく、駅から会社までは猛ダッシュで駆け込みました。

30分の余裕を持ってもほとんど歯が立たないほどの遅延って一体・・・。
しかもほぼ毎日のように、遅延しまくりなので、
他の人たちは、その遅延を見越してかなり早くオフィスに入っているようです。

私がオフィスに着いたとき、ほとんどの人はすでに着席していました。。。

今日みたいに30分近くも遅延するのはさすがに珍しいそうですが
毎回こんな感じでは落ち着かないので、明日から45分~1時間前に着くようにするしかないな~。


 そんな感じで、今朝は出だしから調子が狂ってしまいましたが
今度は帰る時間になったとき、またもや同じ路線の列車が大きく遅延している、と周りの人から聞きました。

 

しかも今度は遅延だけではなく、一部区間が列車運休しているため、
仕方なく、別の地下鉄に乗って、遠回りして帰ってくる羽目になりました。

まさか同じ日に、往復とも遅延するとは一体どうなっているのか・・・。
ただでさえ、朝が弱い私ですが、明日からは30分早起きすることにしました。

遅延しなければ、前の職場よりも通勤時間が少し短いはずなのに
乗り換え時の接続が悪かったり、度重なる遅延で、すごく遠くまで通っている気がします。

明日はジャスト1時間で着きますように・・・。

March 06, 2016

医療費控除 終わらせました

 4日間働いた金曜日の夜。

22時を過ぎる頃には疲れがMAXに達して、起きていられなくなり
横になったら朝まで爆睡。次に起きたら10時になってました。
信じられない、12時間眠り続けていたらしい・・・(笑)

 働くまでの2か月間は、通勤時の疲れなどがないこともあって
寝ようと思ってもなかなか寝付けないことも多かったのですが
働き始めた途端にストン!と眠りに落ちるようになりました。

 たっぷり睡眠をとったおかげで疲れもとれて
この週末にやろうと思っていたこと・・・それは確定申告(医療費控除)。

毎年やっていることなのに、毎年やり方を忘れてしまう私。
どんだけ忘れっぽいんでしょう。

 

もしまだやっていない方がいたら、国税庁のここから書類をダウンロードして
オールアバウトのここのサイトがとてもわかりやすかったので、参考にしてみてください。

 
 そして今日は、地元の河津桜がけっこう咲いているという話を聞いたので
自転車を飛ばして見に行ってきました。


Dsc08991_1

7分咲きくらいですかね?
曇り空で小雨がパラついていたので、全体的に暗めですが
桜を見るとパワーをもらえる気がします。


Dsc08945_1

 毎年、河津桜の木には大小様々な鳥が寄ってくるのですが
この写真には、1羽背を向けて写っている鳥がいますがわかりますか?

動きが早くて、人の気配を感じると向きを変えたり、飛んで行ってしまうので
正面から撮るのはなかなか難しそうでした。
来週、もし天気がよければまた行ってみようかなと思ってます。

 

 ところで、昨日、親戚の叔母さん(母の妹)から電話がかかってきて、
かなり動揺した口調で「叔父さんにガンが見つかったの!」と言われました。

叔母夫婦は昔から病気とは無縁の人たちで、ガン検診も今回初めて受けたそうなのです。
そうしたら、叔母も引っかかったのですがグレーゾーン、叔父は大腸がんの疑いがあり
精密検査を受けたところ、確定診断がついたそうです。

叔母夫婦は子供がいないこともあり、私や妹を自分の子供のように可愛がってくれて
叔父に至っては、私が乳がんの手術で入院していたときに、何回もお見舞いに来てくれて
感謝してもしきれないくらいです。

 叔母は叔父の病状を説明し始めたら、涙声になってしまい、私が

「叔父さんは?今どうしているの?」と聞いたらハッと我に返ったように

「あ、すぐ横にいるのよ。今代わるからちょっと待っててね。」

「ななこか?オレオレ。大腸がんだって言われたよー。
まあなってしまったものは仕方ないよなー。オレよりあいつの方が参ってるよ。
先生から説明受けるときも、診察室で泣き出したから困っちゃったよ。

また今週、もっと細かい検査をして、その後手術とか抗がん剤とか
やることになるみたいなんだけど、その他に、あえて治療をしないという道を選ぶ人も
いるらしいよー。」

「えっ!治療をしない、というのはさすがになしでしょう~。
例えば高齢者が前立腺がんになったら、治療しないというケースを
当の本人から聞いたことはあるけど大腸がんはどうなんだろう?
手術ができない状態・・・とかじゃないのなら、まずは手術が第一優先なんじゃないのかな?」

「オレは手術なんて今までにしたことがないから、できればしたくないんだけどな。
だってどこも痛くもかゆくもなくてピンピンしてるんだよ!
これで抗がん剤なんてやったら、それで具合が悪くなりそうだよ。」

と言うので、「とにかくこれから主治医の先生とよく相談して、治療をしない、というのは
お願いだからやめて。」と言ってしまいました。

「そういえば、私も乳がんが見つかったとき、どこも痛くもかゆくもなくて
自分が病気とは思えなかったよ。」と言ったら
さすがに叔父に「そうか~、そうだよな。どこも悪くなさそうだったもんな。」と
言われました。

 叔母さんや私を動揺させないためか、叔父は努めて明るく話していたけど
ガンだと言われたら誰だって動揺するし、私も話を聞いていたら胸が痛くなりました。 

 ガンの治療は、部位や発覚時の進行度によって、千差万別ですが
個人的には初期治療はやはり一番大切だと思っています。

特にガンのように命に関わる病気の治療は、一発勝負みたいなところがあるので
病状が進むと、途中からやり直しが利かない、厳しい面もあります。

 叔父さんには、しっかりと治療を選んでほしいけど、いくら姪っ子とはいえ
病気・・・ましてや治療というデリケートな部分に、口出しして欲しくないだろうから
検査がすべて済んで、連絡が来るまでは様子見するにとどめるつもりです。

March 04, 2016

今日は金曜日だったんですね!

 新しい職場で働き始めて、最初の週が終わりました。
実は、今日の今日まで自分の中では「木曜日」のつもりだったのですが

会社で周りの人たちが「今日は金曜日だからね」と言ってるのが聞こえてきて
(えっ?そうだったっけ?)と初めて気が付いた次第です(笑)
火曜日から働き始めたので、まだあと1日残っている感覚だったんだと思います。

 まだたったの4日しか働いていませんが、一言で言うとしたら
人間関係がさっぱりしている会社だな・・・と毎日感じています。

例えば、前の職場では、正社員・派遣社員問わず
その人の年齢・結婚の有無・家族の状況(だんなさんや奥さんは何の仕事をしているか、
とか子供のことまで)などが(例え本人が言わなくても)
お互いに筒抜けの環境でした。

また飲み会の頻度もとても多くて、誰かが辞める、とか異動する・・・とかなる度に
飲み会の招集がかかり、特に上の人が異動するときなどは
よほどの用事がない限りは、強制参加みたいなところもあって
大変な部分もありました。

でも新しい職場では、お互いに我関せずの人が多いからなのか
年齢も聞かれなければ、結婚しているのかどうかも聞かれなければ
ましてや家族の話題も全く出ません。

今日は同じフロアーの派遣社員や契約社員の人たち数名で
お昼の休憩をとりましたが、ボスとかBGさんみたいに、
他人のバックグラウンドを根ほり葉ほり聞いてくる人も
今のところ皆無なので、なんて気楽なんでしょう(笑)

 あと正社員は50代前後と、20代の人がほとんどなのですが
30代と40代の中堅層がすっぽり抜けているそうなのです。

中堅層が抜けている理由は、数年前に親会社が分社化したときの名残だそうで
当時30代後半~40代で今の会社に移った人たちが、今50代前後になり
その後は新卒採用をメインに続けていたので、中堅層が空洞化してしまったとのこと。
 

なので、その年代の人を派遣で採用して、その後契約社員や正社員に切り替えて
全社的に年齢的なバランスがとれるように、しているという話をチラッと聞きました。

実際に、派遣社員→契約社員に切り替わって働いている人も数名いて
登用試験のことなども聞くことができました。
チャンスは年に1回だけとのことなので、お声がかかったら率先して応募するように!と
教えてもらいました。

 今の会社は、社員と派遣で区別されることがありません。
例えば、前職場では会議や打ち合わせに派遣が出席することはなく
仕事に関する重要な議事録や資料なども、見せてもらえませんでした。

名刺はもちろんなかったし、会社用のメールアドレスも、一目で派遣社員とわかる
独自の共有アドレスでした。

 新しい職場はその逆で、派遣も会議や打ち合わせに同席するし
議事録や資料も、社員と同じように見せてもらえます。
もうすぐ名刺もいただけるそうですし、会社のメールアドレスも共有ではなく
自分用のメールアドレスです。

 実は昨日、1つ失敗をやらかしました。
「今日、○○会社の人が来るので、打ち合わせにななこさんも同席してほしい。」と言われ
「もちろん、入ったばかりなのでまだ何もわからないと思うけれど
こういうことをやるんだ~、というのをわかってもらえればいいから。」と言われて
会議室へ向かいました。

 会議室へ一歩足を踏み入れたその瞬間、自分の足元に目が留まり
(しまった!お客様に会うのに、オフィスサンダルのまま来てしまった・・・)と
気付き、でも履き替えに行く時間もなかったので、そのまま会議室へ入りました。

その会議室が、会議室というより応接室のようなソファになっていて
座ると、お互いの足元がよく見えるのです。

(あ~、オフィスサンダルのまま来てしまったのは、私だけだよ。)
しかも、黒のタイツを履いていたのですが、つま先のあたりに小さな白い毛玉みたいなのが
ブツブツといくつか付着しているのが見えて、ますます恥ずかしくなってしまいました。

何とか他の人から見えないように、つま先を隠せないかと試みましたが
隠しようがないし(今度から気をつけよう)と思うしかありませんでした。


 夕方には、派遣会社の営業マンが様子を見に来てくれて
「職場の雰囲気はどうですか?まだ4日間だけだから慣れないでしょうけど。」と言われ
「働き始めたばかりで気が早いですけど、初回の2ヵ月契約が終わる前に
次の更新の確認をしたいんですけど、続けられそうですか?」と聞かれたので

「ぜひ、更新をお願いします。」と伝えておきました。
そして「いいところを紹介してくださって、本当にありがとうございました。」とも。

 とはいえ、さすがに今週はちょっと「新しい環境で気疲れ」してしまったので
週末はしっかり休もうと思ってます。
 

March 02, 2016

そして2日目

 通勤時間は、以前とほぼ変わらず約1時間ちょっとなのですが
今度の通勤ルートは、乗り換えが2回あることと電車が激混みで身動きが取れないので
読書が全くできません!

通勤時間に読書するのは一番の楽しみだったのですが、これができないのは正直かなり残念です。

あと、今まではどこかしらのタイミングで座れたのですが、今度は往復とも全く座ることが
できず。
乗り換え時も含めて、階段の昇り降りが何回もあって、2日目にして早くも足が棒のようです。
日頃の運動不足も影響しているんだと思いますが、通勤だけでも毎日かなり歩いています。


 ところで、職場では昨日に引き続き、今日もパワポであたふたしていたのですが
夕方近くになり、外出先から戻ってきた(私の正面に座っている)課長宛てに
電話がかかってきました。課長は見た目がサッカーのゴン○山さんに似ているので
今後はゴン課長と書きたいと思います。

 電話は私が取ったわけではなく、近くに座っていた別の男性社員が取ったのですが
その人が、課長のそばに来て、耳元で

「ゴン課長、外線で女性の方からお電話入ってます。
会社名を伺ったのですが、個人名でけっこうですとおっしゃって
会社名は教えていただけませんでした。」

と話しているのが聞こえました。

 するとゴン課長が「女性で個人名しか名乗らない?なんだろうな・・・」と言いながら
すぐにその電話に出たのですが、

「はい、ゴンですが。どちら様で?・・・はい、はい。
え~っ!いえ、そういうお話でしたら、結構です。」と言ってすぐに電話を切ったのが
わかりました。

 次の瞬間、パソコンのディスプレイの上からニュッ!と顔を出して

「いや~、まいっちゃったよ、今の電話。
なんと、
ヘッドハンティングの電話だったよ(笑) 」

とこっちに話を振ってきたのでびっくり(笑)

思わず「それはすごいですね!」と言いましたけど
内心(ゴン課長、外見だけじゃなくて中身もゴンちゃんに似てるんだ(笑))と
1人で笑いをこらえるのに必死でした。

実際は、ただのセールスだったと後から聞きましたが
私は、ボケに対して突っ込みで返すようなリアクションができない人なので
きっとゴン課長からは(反応が薄い人だな・・・)と思われたはず・・・。


 明日はどんな1日になるのかな・・・。
まだ職場の雰囲気に付いていくのに精いっぱいで、周りを見ている余裕がありません(^o^;;

March 01, 2016

初日スタート

 今朝はかなり早めに家を出て、列車の遅延が発生しても大丈夫なように
余裕をもって出社しました。

今後は、列車遅延の多い路線を利用するので
周りからも「初日から遅刻しないようにね」と脅かされていました。

 初日ということもあって、少々緊張気味ではありましたが
1日があっという間に終了した感じです。

 フロアーの人数や、部署の人数はほぼ前職と同じくらいなので
なんとなくですが、勝手にデジャヴを感じていました(笑)

そして私の席の左隣りが「部長(女性)」、真正面が「課長(男性)」
右隣りが「若いけど、バリバリ仕事できそうな女性」といかにも新人が配属されそうな席に配置となりましたが
どの人もフレンドリーで人は良さそうな感じだったので、まずは一安心です。

 年齢層は、私の予想では若い人が多いのかなと思ってましたが
意外と幅広くて偏りがなかったので、これにもホッとしました。

仕事内容は違うけど、同じ課にいる派遣の女性は(確認したわけではありませんが)
40代半ば~後半くらいの人ばかりだったので
(私がここに仕事決まった理由は、年齢もあったのかも・・・)と思いました。

 ただ、今日が月初だからというのもありますが、全体朝礼があったのですが
上の人の話が長っ!全員30分以上立ちっぱなしで話を聞きました。

今までの会社でも全体朝礼はありましたが、せいぜい10分くらいだったので
朝礼の長さに驚きました。

さらに、全体朝礼が終わったら、今度は各課ごとにまた朝礼があって
全員で会社の訓示(?)を読み上げるというのもあったりして
会社によってカラーが全然違うんだな~・・・と、初日から驚きの連続でした。

 午前中は、社内を案内してもらったり、雑用を頼まれたりしていましたが
午後には早速、パワポの仕事を頼まれ(この間、多少なりともテキストに
目を通しておいてよかったよ~!)と思いながら、やりました。

でもたぶん、テキストで勉強するよりも、実務で頻繁に使う方が
確実に上達は早そうです。

他の派遣の人たちは、印刷会社に頼んだみたいにすごいのをパワポで作っているのを見せてもらったので、
ここで技を盗みたいな~と思いました。

 とはいえ、まだ初日なので、本当に「さわり」の部分しか見えてないと思いますが
なんとかまた働く波に乗ることができましたので、明日からまた頑張りたいと思います。

« February 2016 | Main | April 2016 »