管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« January 2016 | Main | March 2016 »

February 2016

February 29, 2016

いよいよ明日からです

 

いよいよ明日から会社員に戻りますので、今日はハローワークへ行って
失業保険を止める手続きをしてきました。


退職後、もらうまでは手続きに時間もかかるし大変でしたが
止めてもらう手続きは、実にシンプル。
「えっ、もうこれで終わりですか?」というほどの素早さでした。

 今回の失業は「契約満了に伴う会社都合」かつ雇用保険の加入期間が
7年ちょっとあったことから、失業保険の給付期間は180日間あると以前にも書きました。
実際には40日弱分いただいて終了となりましたが、私の無職を知っていた親戚とかからは

「半年間、もらいきってから再就職すると思ってた」とか
「ちょっとしか休んでないじゃないの!」とか言われて、驚きました。

本当に半年間も家にいたら、働くことに対しての勘が鈍るし
何よりも、就職活動するときに、面接官からその「空白期間」について
悪い印象を持たれそうな気がします。

ただ、180日間あるということで、精神的には多少ゆとりをもてましたが
これが自己都合退職かつ、90日間しかなかったら
「とりあえず、決まりさえすればどこでもいい。」と
もっと切羽詰まった活動の仕方をすることになっていたかもしれません。

そういう意味では、今回の就活は本当に精神的にきつかったけれど
会社都合だったから、かえって助かった部分もあります。


   今日は、少しずつですが明日に備えて持ち物の準備をしていました。
お弁当の準備とか・・・(笑) オフィスサンダルの用意とか・・・。

あと、入ってすぐはないと思いますが、対面・接客の仕事がたまに入るので
ジャケット着用(場合によってはスーツも)が必須となっていて、それのアイロンがけとかもですね。
もっと早く準備しておけばよかったのに、結局こんな直前になってバタバタです。

 今まで何度も転職を経験しているけど、ここ数年は転職とはいっても
同じグループ内を異動する感じで、知っている人がいる環境に戻る・・・という
程度の転職だったので、ここまで環境がガラリと変わるのは本当に久しぶりです。
人の名前を覚えるのが苦手なので、明日は周りの人の名前を覚えるところから始めたいと思います(笑)




February 27, 2016

ようやく回復してきました

 今週はじめに発症したインフルですが、ようやく回復してきました。

高熱は1日で下がりましたが、全身の痛みとだるさが続いていたので
ほとんど寝てばかりの毎日でした。あっという間に土曜日( ;∀;)

来週から働くというのに(会社員のペースに戻れるかしら?)と正直かなり不安です。
最初のうちは新しい環境に慣れるのに精いっぱいで、気疲れもするでしょうし・・・。

 今年に入り、扁桃腺を腫らすわ、インフルになってしまうわで
すでに2回もダウンしたので、我ながら本当に情けない・・・と思ってます。

私のことはともかく、父にインフルがうつったら一大事なので
食事も自分の部屋でとり、共有スペースに行くときはマスクをして
過ごすようにしていました。

 そうしたら、昨日の夜になり父が「悪寒がする・・・」と言い出し
母が布団や毛布を追加しても寒がっていたので

(これだけ防御したけど、だめだったか・・・)と思いましたが
今朝になり「昨日はただ寒かっただけ。熱もないし大丈夫だ」と言われて心底ほっとしました。

父にインフルがうつったら、命取りなので「悪寒がする」なんて言われた日には
倒れそうになりました。
とにかく、インフルがうつったわけではなさそうなので安心しました。

 来週からは、気持ちを引き締めてまた働きますよ~!

February 24, 2016

インフルパワー炸裂

 わざわざ画像を載せるのもどうかと思いますけど、インフルの威力を見せつけられました。

Img_0649_1

おととい「インフル発症しました」とブログにアップしたあと、熱がどんどん上昇していきました。

その頃には激しい悪寒は治まったものの、今度は全身を筋肉痛のような痛みが襲ってきて
仰向けでは眠れないくらい背中が痛くなりました。

仕方なく、体勢を変えて横向きになったりしながら寝ようと試みましたが
とにかくこの体の痛みが一番きついです。
幸い、熱は翌朝には下がりましたが、まぁとにかくインフルの威力たるや
私の想像を超えてました。(トホホ)

今回、病院で処方されたのは「イナビル」という吸引型のお薬でした。
この他にも風邪を引いたときに飲むお薬も出されましたが
さらに恐れていた事態が・・・。

先ほどから生理も始まり、踏んだり蹴ったりとはまさにこのこと?という感じです。
全身は痛いし、お腹も痛いし、なぜに同時に重なるのかとガックリです。

しかも、いつもならロキソニンを飲んでしのいでいますが
インフルの薬が効いている間はロキソニン併用は禁忌とのことなので、
ロキソニンよりもマイルドな効き目の、カロナールという薬を飲んでいます。

これは消炎鎮痛剤・解熱剤なのだそうですが、体の痛みは治まってきたものの
生理痛にはあまり効いていないようです。
でも片方が軽くなってきただけでも、よしとするか・・・。

今が一番体調が最悪だと思いますが、これで3月1日からはすっかり回復して
元気に初出社の日を迎えられるといいなと思います。

February 22, 2016

不幸中の幸い?なんとインフル発症!

 いよいよあさって(24日)から働くのだ!と思っていたら
今朝、派遣の営業マンから連絡があって

「前任者との兼ね合いもあって、来月1日スタートでも大丈夫でしょうか?」

と言われました。

「大丈夫です!」と答え、勤務開始日が約1週間延びたので
(あともう少しだけ、のんびりできるわ・・・)と思っていたところ・・・。


午後4時頃になり、ひどい悪寒に襲われ、身体のふしぶしが痛くなってきました。

(え?何これ?まさかとは思うけど、インフルじゃないよね?)と不安になり
慌てて病院へ直行しました。

でも、人混みに行くときはマスクをしていたし、一体どこで・・・。

(ハッ!まさか・・・!)

思い当たるのは、ただ1つ。

先週18日に、本命と思って受けた会社の面接官が
インフルエンザから回復したばかりで、面接を担当してたことを思い出しました。

小さめの会議室で、インフル明けの面接官と約30分・・・。

(たぶん、あのときだわ・・・。面接官がまだ治りきっていなかったのでは・・・?)

(そうだ、たぶんあのときだ。でも、うそでしょー!
この期に及んでインフルなんて嫌だ~!)と思いながらも
病院へ着く頃には、平熱がいつもより上がっていました。

そして、受付で症状を伝えて
「インフルの可能性があるので、検査をお願いします」と頼んだら
すぐにやってもらえました。

 「あ~!A型ですね~」と言われて、インフル確定。

 タミフルではなく、吸引するお薬をやって、対処療法はすぐ終了。

「ただ、A型だとこのあと高熱が出る可能性があるので、4~5日は安静にしてください。」と
言われました。

勤務開始と同時にインフルで休むことになったら、本当に印象悪かったと思うし
会社側の都合で、勤務日開始が延びたことは
本当に不幸中の幸いかもしれないですね。

4種混合型の予防接種も受けておいたのに、まさかの初インフルです。
回復するまでしばらく更新できないと思いますが、ゆっくり休みます(泣)

しかし、この悪寒と関節痛は本当に強烈だわ・・・(汗)

February 21, 2016

仕事の前の準備いろいろ

 

仕事が決まったのは嬉しいのですが、その前にまだやることがあります。
それはExcelとパワポの復習です。

2007年に初めて会社を退職したあと、夏頃から職業訓練校で実務に役立ちそうな
パソコンのコースを選んで学びました。

「ビジネスパソコンマスター科」というコースで、
パソコンが全くの初心者であっても、3ヵ月間のコースを受講後には
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の2003の資格を取得することが
目的とされていたので、
再就職するときに役立つかな?と思ったのが受講のきっかけです。

そのとき、職業訓練校で使っていたのが、以下のテキストです。
当時はバージョン「2003」だったので、今となっては古い資格ですが
「2013」ともなると、何段階もバージョンアップしています。

当時のテキストもまだ持ってはいるんですけど
この際だから、新しいテキストを購入しました。
応用編もありますが、今回はとりあえず基礎編のみ。

この他に資格の試験対策用の問題集もありますが
ザッと復習する程度なら、基礎編でなんとか大丈夫かな?と。



Microsoft PoewrPoint 2013 基礎 Windows 10/8.1/7対応 (FOM出版のみどりの本)

 まず、近所の書店へ行ってみましたが、このテキストは売られてなくて
次にAmazonで探したらあったのですが、届くまでには2~3日かかるようでした。

会社が始まる前に、サラッとでもいいから内容を確認しておきたい・・・と思ったので
もうちょっと早く届けてくれるところはないか?とネットで探していたら


ヨドバシカメラの通販だと、早朝までに頼んでおけば、当日の12時~午後一くらいまでの
間に、
届けてくれるというのを見つけたので、早速、昨日寝る前にネットで注文しておきました。

すると、12時というのはさすがに無理でしたが、今日の14時には自宅に届き
頼んだその日のうちに配達してもらえる、ということにとても驚きました。


ヨドバシさまさまです(笑) しかも日本全国送料無料(驚)

今までは本をネットで買うのはAmazonが圧倒的に多かったのですが
今後、急いでいるときはヨドバシで頼もうと思いました。

本当はワードやエクセルも復習している時間があればよかったんですけど
さすがにパワポだけで精一杯なので、残り2日でどこまで見直せるかわかりませんが
仕事が始まったのに「わかりません」を連発しなくてすむようにしたいところです。

 それから、今までは社員食堂のある会社でずっと働いていたので
「お昼ごはんをどうするか」という心配をしたことがなかったんですが
今度の会社は、社食がないので、今後はお弁当を作る機会が増えそうです。

先日の職場見学のときにチラッと聞いたら、外に食べに行く人もいるけど
お弁当持参の人も多いということでした。
まあ、毎日朝からバタバタだと体力消耗しそうなので、そのへんは臨機応変に・・・ですかね。

 また、再就職が決まったら、就業日の前日にハローワークへ行って
再就職が決まったらしなければならない手続きや、
市役所へ行って、国民健康保険の資格喪失の手続きなどもしなければならないので
意外といろいろとやることはありますね。


でも一番心配なのは、朝、ちゃんと起きられるかということです。
この2ヵ月間、睡眠時間が8時間超だったのと、ただでさえ夜型人間なので
スパッと起きられるのかどうか、それが問題です(笑)

February 19, 2016

次の職場が決まりました。来週から働きます!

 今までいろいろ紆余曲折ありましたが、先に内定をいただいた会社で働くことに決めました。
ようやく転職活動に終止符を打つことができて、本当に嬉しいです。


もう一社の方も、今日の夕方までに「内々定が出せるかも・・・」とは言われてましたが
結局は「そういうスケジュールで動いているので、やはり来週半ばまでは確かな返事は
出せない」というのがその返事でした。

なので「わかりました。それでは申し訳ないのですが、もう1社の方に決めようと思います。
そちらの選考はここで辞退させてください。
いろいろとご尽力いただきありがとうございました。」と伝えました。

(たぶん、そうなるだろうな~)というのは朝から何となく思っていましたし
そちらの営業マンは「先日はせっかく顔合わせにご足労いただいたのに、
力になれず申し訳ない」と謝っていましたが

今回こそ「転職は縁とタイミング」だと痛感したことはありません。

でも先に決まった方で働く!と決めたからには、しっかり頑張りたいと思います。

 今日が金曜日ということもあり、企業との調整の問題もあり
初出社の日は、一応、来週水曜日の予定です。

最後の最後で本当にすごい偶然だったんですけど
本命の企業も、第2希望の企業も、条件や仕事内容はとても似通っていました。

ただ、来週から働く会社の方が、完全な内勤ではなく、外出して他企業との
折衝とかも入り、自分で判断しなければならないシーンが増えるので
そこは私にとっては新たな挑戦となります。

旅行業ではないけど、親会社は旅行業なので、業務がかぶる部分はありそうです。
業務でPP(パワポ)を新規作成からガシガシ使うそうなので、それまでに復習しておかないと・・・。

そしてExcelはピボットテーブルよりも、関数をより多く使うので
そっちも復習しておかないと・・・。

ピボットは割と得意ですが、関数は簡単なことしかわからないので見直しておかないと。。(^o^;

のんびり過ごせるのもあとわずかなので、この週末は大事に過ごしたいと思います。

 追記。こちらにも転職活動の感想などを少し載せています。

February 18, 2016

気持ち晴れやか

 昨日はいろいろ考え事をしていたら、なかなか寝付けず
今朝は10時頃に目が覚めました。寝ぼすけ過ぎる・・・(笑)

今日のミッションは、

1.本命企業担当の派遣会社の営業マンに連絡をして、昨日の感触を聞く。
2.第2希望の派遣会社に連絡をして、最終的な意思確認はいつまで大丈夫か聞く。


まず、本命の方に連絡してみました。すると

・通常は、面接を担当した面接官の判断で採用を決定しているが
  今回は将来的に直接雇用につながる案件ということで
  複数の派遣会社で募集をかけており、自分の判断だけでは決められない。
 
  このあと、さらに上司→最終的には本社決済となるため
  どうしても内定の返事までに時間をいただいている。
 
  他社との内定の兼ね合いがあるというのも事情はよくわかるが
 来週半ばまで待ってほしい、というこちらの事情は変えられない。

 ただ、そうは言っても、2/19(金)の夕方までに内々定が出せそうかどうかの
 感触くらいはお伝えできそうなので、その返事を待ってもらえないか

・・・ということでした。


そして、第2希望の会社の方も電話してみました。

面接に同行してくれた営業マンにつないでもらえないか聞いてみましたが
あいにく不在とのこと。たぶんそう言われると思っていたので
昨日話した営業アシスタントではなく、一番はじめに今回の仕事を電話で紹介してくれた
別の女性につないでもらいました。

 派遣会社の場合、

1 電話で派遣スタッフにお仕事を紹介する人
2 営業マンのサポートをする、営業アシスタント
3 派遣スタッフに同行して、企業の面接に同行する営業マン

という感じで業務が分かれているようです。

でも「2」の営業アシスタントに電話すると、また嫌な対応をされそうだったので
最初の頃、何度かやりとりをさせていただいた「1」の人を呼び出していただきました。
この方とは、昨年秋くらいにも別件でお仕事を紹介してもらったことがあり
何となくですがつながりがありました。

「1」の方は

・営業担当者から、現在の状況は伺っています。
  さすがに最終的な意思確認が「来週半ば」まで待つというのは無理なのですが
  明日中に結論を出していただけるのなら、それまでお待ちします。
 こちらが紹介している
会社に決めていただければそれはもちろん嬉しいですが
 実際に働くのはななこさんですから、ご自分が行きたい会社に入るのが一番です。
 両方の結果がわかってから決めたい、というお気持ちはよくわかります。

・・・と言っていただけました。

 昨日、営業アシの方からは「結局、気持ちはもう1社の方にいってるってことですよね?
営業担当の者に、そのことは伝えておきますねっ!」と言われたことと

今朝、同じ派遣会社がまた同ポジションの募集をかけている求人広告を
見つけたので(もしや、昨日の営業アシとのやり取りが最終の意思確認と判断されて、
内定の話は無しになってしまったのでは?」と思い、その確認もしたかったのです。

 本命企業の結果を待って、もしダメだったときのことを考えると
やはり第2希望の会社を断って、本命一本でいこうとは思えません。

「本命」「第2希望」と書いてはいますが、どちらの会社も本当に甲乙つけ難く
悩みどころではありますが、明日の夕方までに本命企業の内々定も出ないような状況であれば
内定をいただいた会社こそ、ご縁のある会社だと心を決めて、第2希望の会社に行くつもりです。

February 17, 2016

二兎を追う者は・・・

 今日は本命の面接(職場見学)へ行ってきました。
昨日のような和やかな雰囲気とは一変して、今日は圧迫面接のような感じでした。
だからなのか、面接で緊張することはあっても、顔が紅潮するようなことは
今までなかったのですが、今日は紅潮していくのが自分でもわかりました。

そして「今回の募集では他にも何人か面接する予定なので
結果は来週半ばまで待っていただくことを、ご承知おきください」


と面接のはじめに言われました。

 他の派遣会社も似たような条件で求人をかけているのを見ていたので
おそらく競合だろうなというのは予想していましたが

この時点で1週間待たされるのは正直きつい☆

 昨日内定をいただいた会社の担当者には、今日の面接終了後に
状況を連絡することになっていて、すぐ電話を入れたのですが
昨日同行してくれた営業マンは、今日は他の人の同行に行っており、話せず。

代わりに「自分のアシスタントがいるので、その者に今日の時点での状況や
そちらの会社の面接の結果がいつわかるのか・・・などを
伝言しておいてほしい。」と言われていたので
アシスタントの人と話したのですが・・・。

そのアシスタントからは、掛け持ちしていることについて
かなりイヤ~な言い方をされました。

「すぐに返事ができないということは、
結局、今日受けた会社に気持ちがいってるってことですよね?
そちらの会社は、いつ結果がわかるんですか?」

(この人、派遣スタッフにいつもこういう口調で対応してるのかしら?)って内心思いつつ
こちらは紹介していただく身で、立場も弱いので、ネチネチ言われても
「本当に申し訳ありません。」と言うしかなかったですけどね。

 さすがに、本命の会社が来週半ばまで結果がわからないので
第2希望の会社に、そこまで待ってほしいとも言えませんし
派遣会社だって、早々に決断してほしいはずで
もし私が断るとしたら、また別の人を探さなければなりません。

だから嫌味のひとつも言いたくなるのもわかりますが
昨日の営業マンがとてもいい人だったので
アシスタントからチクチク言われて、ガクッときました。

 状況としては、本命の結果がわかるのは来週半ばなのですが
今日同行してくれた営業マンにも、実は同業他社から1社内定をもらっていて
そちらの会社にも、早目に返事をしなければいけないことになっている。
(私の予想では、おそらく待ってもらえるのは、1日か2日が限度だと思ってます。)
 
 「なので、来週まで結果がわからないというのもよくわかっているのですが
せめて感触だけでも、教えてもらえないでしょうか?」

ということを相談してみたところ

 このあと、もう一度先ほどの面接官とお話することになっているので
もう少し結果を早められないか、探ってみますね。」

・・・というわけで、明日、再度、第2希望の派遣会社に連絡することになっています。
営業アシスタントも担当が決まっていて、今日と同じ人と話すはずなので
また強い口調で何か言われるのかと思うと気が重い
ですけどね。

 でも、もし本命企業の面接官がインフルにかからなかったら・・・
予定どおり先週のうちに面接が行われていたならば
おそらく今週中には結果が出て、それから決められたはずなんですが

ちょっとしたズレがここまで大ごとになると、決断するのに迷いますね。

 本命一本にかけるのも、バクチですからね~。
第二希望を断って、本命ももしダメだったら・・・となると絶望的。

だから、本命の結果がやはり来週となるのであれば
心を決めて、第2希望の会社に行こうかな?と。

今週中には大きな決断をすることになりそうです。(はぁ~。)

February 16, 2016

人生は「たら」「れば」、そして選択の連続だ

 本日、1社、職場見学(面接)に行き、内定の連絡をいただきました。
自宅に帰り着く前に連絡をいただいたので、あまりの早さにびっくり・・・。

派遣の場合、事前の「面接」をすることは法律で禁じられているらしく
代わりに「職場見学」とか「顔合わせ」という言い方をしますが
ブログでは、両方混在した書き方になっていますね^^;

この数か月、正社員もしくは契約社員で入れる会社を希望して
就職活動を続けてきましたが、ハードルが高く、今回決まったのは通常派遣です。

ただし1年間働くと、それ以降は契約社員→正社員と目指せる会社ということだったので
派遣会社から紹介してもらったときに、応募してみました。

最大6ヵ月働いて、双方合意の上で正社員か契約社員になれる「紹介予定派遣」ともまた違いますが、
今後はそれを目標に働けるかな?と。

ですが、実は今日内定をいただいた会社は「第2希望」の会社なのです。
「第1希望」の会社は、明日の夕方、受けに行く予定です。

 本来、第1希望の会社は、先週のうちに職場見学に行く予定だったのですが
当日になり、担当者がインフルエンザにかかってしまったので
延期になってしまいました。

その間に、別の派遣会社から、第2希望のお仕事を紹介してもらったのですが
通常は「掛け持ち」することはマナー違反に当たるため
「実は、他社でも話を進めてもらっていて、大変申し訳ないのですが
同時進行になってしまう。」ということをそのときに正直に伝えました。

 すると「こういう厳しいご時世ですから、同時進行する方も多いですし
こちらとしてもやむを得ないと思っています。
面接の日程を組んだあとに、ドタキャンする、とかはしないように
お互いに密に連絡を取り合って、マナー違反をしないでいただけるのであれば
並行してもらっても、構いません。」と言っていただけたので

(本当に申し訳ないな~)と思いつつも、2社、同時進行でお話を進めてもらっていました。

結果的に、第2希望の会社の面接が先に決まり、そのあとに第1希望の会社の
面接の日時が決まりました。しかも1日違いで。

 今日受けに行った会社は、社員の方の雰囲気もよく、実際に働くオフィスや
休憩室まで見せていただき
ここで働くときの自分の姿がよくイメージすることができました。
面接を担当してくれたのは、50代と思われる女性部長と
30代前半くらいの女性スタッフでした。

 それに、派遣会社の営業マンの人もとても好感度が高く、面接を受ける前に
条件の確認や、仕事の内容、そして、面接で聞かれそうなことや注意点なども
詳しく丁寧に教えてくれました。

 面接の後も「この会社の印象はどうでしたか?明日別の会社の面接に
行かれるとのことですが、
ここの会社は決め手に欠ける感じですかね?
スタート日が2月下旬というのがネックなのだとしたら、もっと早めることも
できますし、
他社との競合はないので、ななこさんがこの場で『OKです』と言ってくれたら
即日スタートもできますよ」
とも言われました。

 第1希望の会社も、今日の会社とほぼ同じような条件です。
通常派遣→1年働くと契約社員→正社員の道が開かれているというのも
よく似ています。
仕事内容も似ているのですが、こちらの会社の方がこれまでの経験が
活かせそうかな?ということで
あとは明日の結果次第です。
どちらの会社に行くことになっても、頑張れそうです!(明日の会社は未確認だけど・・・^^)

 

February 15, 2016

仕事を紹介されたはいいけど、時給を引き下げられた話

 先週、気心の知れた派遣仲間数名で集まりました。

前の職場で私が働いていた部署は、来月で「部署自体がなくなってしまう」と
いうこともあり、派遣会社から「次の職場を紹介してもらえるのかどうか」が
日々話題になっている、とのことでした。

 「次が紹介してもらえた!」と言った人の話をよくよく聞いてみたら
「紹介してもらえたのはいいんだけど、時給を大幅に下げられた」とのことで
一気に150円下げられた、という人もいました。

1日あたり7.5時間実働X20日間勤務したとして計算すると
その差は1日あたり▲1,125円、1ヵ月あたり▲22,500円、
年収にすると▲27万円にもなります
(↑27万円って、前職場の1年間の通勤定期代(自腹)とほぼ同額です。)

「そんなに下げられることってあるの???」と私が聞くと
「紹介される時点で『次の会社の時給は○○○円です』と言われてしまうので
交渉の余地はないし、その条件でのむしかなかった」という返事。

私も、親会社で3年間勤務したのち、子会社で1年間働くときには
時給を20円下げられましたけどね。

当初は「親会社と子会社では、同じ時給にはできないので、70円下がります」と言われて
その場で契約書にサインをさせられそうになったけど
ちょっとばかり抵抗してみたら「上司に相談します」と言われ

結果的には「他の派遣さんとの時給の兼ね合いもあるので、据え置きにはできないけど
20円だけ下げさせてもらいます。その代わり、他の人には絶対に内緒でお願いします」
とも言われました。

逆に、子会社での勤務が1年終わり、その後再び親会社に戻るときには
子会社の時給で据え置きのままでしたけどね。


 これは「私が7年間お世話になった派遣会社の場合」ですが、同年代で
他の派遣会社からの紹介で働いている友人たちの話では
「上がることはあっても、下がったことなんて一度もないけど」と聞いてびっくりです。

ちなみに、今回下げられた人は、子会社へ行くわけではなく
親会社の別の部署へ行くだけなのに、そんなに引き下げられるって一体・・・。

 時給を下げられようが何しようが、このまま同じ派遣会社に紹介され続けたい・・・となると
やはり、そのままの条件をのむしかなさそうです。
それが嫌だという人は、転職していくんでしょうね。

  さて、肝心の私の転職活動ですが、ブログに書くとなると超長文になりそうなのと
内容をどこまで書くか・・・というのを考え中なので、また改めて書きたいと思います。

 先週、1社面接に行くはずが、当日になり
「面接担当者がインフルエンザにかかって、早退してしまったため、面接はまた後日」となってしまい
(これってもしや断る口実では?)と思ったりもしましたが

その間に、別の企業との面接も決まり、もうここまできたらゆったり構えることにしましたよ。

・・・とここまで書いたところで、「面接官がインフルから回復したので」と連絡があり
近日中にこちらも受けに行くことが決まりました。ホッ!

February 11, 2016

迎賓館 赤坂離宮 一般公開

 迎賓館 赤坂離宮が一般公開しているというので、行ってきました。
JR四ツ谷駅から徒歩7分ほどです。

 警備は厳しく、荷物検査と、もしペットボトルなどを持っている場合は
係員の前で、中身を一口飲むよう言われます。

Dsc08931_2

この門が洋風で本当に美しい・・・。 Dsc08933_2

門から少し歩きますが、周りのお庭がきれいで距離は感じません。
あと、足元は石畳で、そんなところもヨーロッパ調な雰囲気でしたね。

Dsc08926_2

芝がとても丁寧にお手入れされていました。

今回は、父がデイサービスでお世話になっている間に、母も同行したので
特に母が「ここの芝が信じられないくらい、きれいに手入れされている!」と感嘆しておりました。

Dsc08859_2

建物が横に大きすぎて、カメラに収まりません(^-^;;
あと、正午くらいに着いたら太陽がちょうど真上にあり
写真を撮ると完全逆光になってしまったのは、ちょっと残念でした。

Dsc08862_2

この写真だけ見ると、ヨーロッパのどこかの宮殿みたいですね。
上部には鳳凰(?)もいました!

Dsc08867_2

Dsc08868_2

 建物内に入るには、整理券がないとダメ(この日はすでに配布終了)なので
前庭だけしか見ることができませんでしたが
普段は入れない場所に入れたというわけで、けっこうワクワクしてしまいました。

Dsc08872_2

夕方みたいな写真ですが、昼間です!
写真を見て気が付いたのですが、寒かったのになんで手袋していないんだろう?私・・・(笑)

Dsc08901_2

February 06, 2016

2月も1週目が終わり

 今週はブログを更新する気力がありませんでした。
いつも、いろいろ書きすぎているからですかね?(^o^;

 

こと就活に関しては、公開するには詳細を書きすぎて
結果的に、書けば書くほど、自分で自分の首を絞めるというか、
葛藤が生まれたり正しい判断を下せなくなりそうな気がしてきたので
しばらく書くペースを落とすことにしました。

でも、先日、某派遣会社の人からズバッと言われたのですが
「正社員も契約社員も、企業が欲しがるのは25~32歳くらいまでで
それ以上になると、まず難しいですよ。エントリーした時点で弾かれることが多いでしょう?」と。

確かに、求人広告に書かれている「求める経験・スキル」のところが
自分ではどんなにマッチしていると思っても、応募したところで
なかなか書類選考を通過することができません。

正社員が厳しいのはもちろんわかるのですが、契約社員だと、契約の上限が
3~5年のところも多く、「正社員への登用制度あり」の会社も
結局のところは、第二新卒の年代の人を欲しがっているといのが
ありありとわかってからは、なんだか自分が「無駄な抵抗」をしているような気分になってきました。

 自分で就活していて思うんですけど、そもそも40歳を過ぎて直接雇用を受ける女性が
市場ではあまりいないんでしょうね。
まだまだ、軽く10年以上は働く気満々なんですけどね。

 これまでに受けた面接の場でも、このくらいの年代で面接に行くこと自体が不思議なのか
面接官にすごく不思議そうな顔をされたことも何度かあります。
配偶者の有無を確認されて、「無」と答えたときに、目を丸くされたことも
一度や二度ではありません。

確かに、普通なら、私くらいの年代の女性ならば子育て中で、
むしろ勤務時間の少ないパートの仕事などを探すはずで
年末に退職した会社の正社員みたいに、時短勤務も周囲にそれほど負担がかからず
育休で3年間休める環境にいる人以外は
わざわざ厳しい市場に出て、転職活動をするなんてこと自体がないのかもしれません。


それはさておき、今までも、そして現在の働き方の希望としては

第一希望: 正社員
第二希望: 契約社員(雇用期間の上限なしが希望)
第三希望: 派遣社員(←これは希望というより、やむを得ず・・・ですが。)

なわけですが、第一希望はいろんな意味ですごく難しいです。

となると、第二希望の道ですが、無期雇用の契約社員となると、一番多いのは
銀行とか保険などの金融関係がほとんどのようです。
それも最初から契約社員というわけではなくて、派遣社員からの切り替えが多いようです。

おそらく、職場の年齢層は高めの人が多いと思うので
そういう点では自分の希望とバランスがとれていていいのかもしれませんが
私がかつて、一度だけ金融関係で働いたときに、社風も業務内容も全然合わなくて
半年ほどで辞めてしまいました。

そのときのことが頭に残っているせいか、考えれば考えるほど、動けない・・・というか
結局は今までに自分が働いたことのある業界で、ついつい探すことになり
堂々巡りをしています。

 ましてや、契約社員で雇用期間が満了になれば終了、な職場で働くとしたら
派遣社員とほとんど同じだし、雇用形態にこだわっていたら
いつまでたっても決まらないような気もしてきました。

 同じ会社でできるだけ長く働きたい、と考えているだけなのに、それがこんなに難しいとは・・・。

 

 なかなか決まらないのは「事務職に限定して探しているからだ」とか
「仕事内容や条件にこだわりすぎているからだ」と思われても仕方ありませんが

一旦働きだしたら、1日の大半を過ごす場所です。
もし入社までに気になる点があったら、安易な気持ちでは決められないし、

かと言って、いくつか登録している派遣会社からは「お仕事の状況はいかがですか?
今ならこんな案件がありますけど~」と連絡が来ることもあって
あとは自分がいかに腹をくくるかだけなのかな・・・という気もしています。
例え、また契約満了の時期がきたら、就活が必要なのだとしても。

ハッ、また就活に関することを長々と書いてしまいました。
本当は、今日書こうと思ったことは

「ふるさと納税をした自治体からクール便が届いたこと」だったのですが。
届いたのは、こちら↓(笑) マグロの刺身と絡めて漬け丼にしようかと検討中です。

Img_0570_2


February 02, 2016

しんがり 山一証券 最後の12人

 昨日は体調が悪くて最悪でしたが、今日になりようやく回復してきました。
とはいえ、まだ声がガラガラなので、全快まではもう少しです。

  さて、体調が悪いといいつつも、この数日間をかけて読み終えた本があります。

しんがり 山一證券最後の12人

 山一証券といっても、今の若い人は知らない人も多いでしょうね。
WOWOWでドラマ化されたようですが、私は観ていません。

ではなぜ、20年近く前のことを題材にした本を読もうと思ったかと言うと
あの当時、勤めていたホテルに山一関係の方がよく宿泊されていたので
ふと気になったからです。

 当時、私は25歳。大企業が破綻して消滅するなんてことがあるんだ!と
衝撃を受けたのを覚えています。

 他のホテルがどうなのかはわかりませんが、おそらくどのホテルでも一定の基準で
お客様を「VIP」扱いします。

国賓級や王族・皇族の方々はもちろん、企業の役員クラスの方も一定のランク以上の方は
VIP待遇でした。

VIPのお客様は、チェックイン、チェックアウト、滞在中のどんな些細なリクエストにも応じられるように
専任の担当者が付きます。

 『しんがり』は、ノンフィクションなので当時の関係者の名前が実名で出てきますが
その中にVIPも含まれていて、職場が大騒ぎになったことを昨日のことのように
思い出しました。

  本を読み、山一が破綻に至った経緯がよくわかりましたが
終身雇用が前提の会社がある日を境になくなってしまう、という
長年勤めていた社員たちの苦悩や、当時とその後の生き様が克明に描かれていて、
のめりこむように読みました。

 精神的に落ち込み気味だったこの数日、この本を読んだらなんだか元気が出てきたと言いますか。

 懸命に働く社員たちの会社員生命を絶つことになってしまった、旧経営陣の
責任の大きさもすさまじいものがありますが
このタイミングで読むことができたのは、すごく良かったです。

 ドラマも見てみたい気がするけど、WOWOWは半年くらい前に解約しちゃったので、
民放で放送される日がくるのを待つしかなさそうですね。


 ※メールやコメントのお返事は少しお待ちください^^

« January 2016 | Main | March 2016 »