管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« October 2015 | Main | December 2015 »

November 2015

November 29, 2015

下町ロケット ガウディ編

 今週も見ました『下町ロケット ガウディ編』。

前半が面白すぎたので、今回はまだそこまで「おもしろい!」とは思えないのですが
今回もまた、敵対する相手が曲者ぞろいで、そのあたりは見ごたえがありますね。

吉川晃司の出番が少なくなってしまいましたが、来週は登場するみたいですし・・・。


ただ、今回のは医療関係の話ということもあって、手術シーンや病室が映ったシーンでは、
点滴の薬剤が入った袋が見えて
自分が抗がん剤をやったときのことがまざまざと思い出され、
私にしては珍しくフラッシュバックというか、ちょっと心臓がバクバクしてしまいました。

来週以降はどうなっていくんでしょうかね。
貴船教授は悪そうな顔をしてますね(笑)

さて、先週は転職活動の面接をけっこう連チャンで入れていたこともあって
この週末は家でのんびりして、体力回復に努めました。

中途採用とはいっても、最初から1:1の面接があるところや
新卒のときさながら、会社説明会をじっくりとやってくれて、そのあとに
希望者は面接・・・というパターンなどいろいろです。

会社説明会があったほうが、こちらとしても事前に大まかなところがわかるし
ミスマッチが少ないような気がしています。

今週もまた面接の予定を入れているので、あと1ヵ月、やれるところまで
やろうと思ってます。


 職場の話ですが、ボスが他の派遣仲間たちから疎まれるようになりました。
少し前に、彼女は隣りの部署に異動になったのですが
そこにいる派遣社員と合わないから、今までどおり、
こちらの派遣メンバーたちと「お昼を食べたい」と言って食べていますが

もともと、ボスを嫌っている人がほとんどなので
みんな聞こえよがしに「ボスさんは、もう今度からは異動先の派遣さんと
お昼に行くんですよね~?」と言ったり

内輪でやろうとしていた飲み会に、ボスが途中から加わってきて
それを知った派遣社員の何人かが「(ボスが来るなら)私は抜ける!」と
本人の目の前で抜ける宣言をしたりしました。

それでも、お昼は今まで通りの派遣メンバーで行ってるわけですが
「抜ける宣言」をした派遣仲間とボスも同じテーブルで食べてるわけですから
お昼のときなんて、その二人はまったく口を利かないし
なんだか嫌な空気の中で、休憩をとっている感じです。

まあ、私はあと2週間くらいだし・・・と、素知らぬ顔をしていますが
こんなに空気が悪いなら、みんな無理して一緒にランチをとる必要もないのに・・・と思います。

極めつけは、最近ある社員の人が異動するため、送別会があったのですが
そのとき、ボスも参加したのですが、派遣は派遣同士で近くに座るものの
ボスは対人関係のトラブルを抱えている人が多すぎて、誰もボスの近くに座らなかったのです。

1人だけ、全然違う場所に座る羽目になり、他の派遣社員たちも
もちろんそれには気づいていましたが、誰も彼女を呼ぶこともなく

「ああやって、最後の最後で仲間外れにされるのは、彼女が他の人にしたことが
自分に跳ね返ってきているのだから仕方ない!」と
話している人の話を聞き、確かにそうだよな~と思ってしまいました。

大の大人が、他の人から仲間外れにされるって、相当だと思います。

私も、彼女には今まで散々、嫌なことを言われまくってきましたから
こうなってしまったのは、やっぱり彼女のこれまでの言動に問題があったから
仕方ないと思ってます。

 

また明日から1週間が始まりますが、いろいろと気苦労が多いです^^;

 

November 25, 2015

お疲れだわ~

今月に入り、転職活動を強化しているため、ここに来て疲れがたまってきました。
強化しているとはいっても、頻繁に面接に行っているというわけでもなく
WEBでエントリーしたり、紹介予定派遣で気になる案件があったら
派遣会社に登録に行ったり・・・とか、そういうことの繰り返しです。

先日、書類選考を通過して受けに行った会社は、会社説明会のあと
グループ面接があったのですが、同じグループで受けた中には
今年大学を卒業したばかりの新卒の人もいて
(うわ~、43歳と22歳が一緒に面接受けてるよ~。
年の差が母と子みたいじゃない???)と思い
自分がとても場違いな場所にいる気がしてしまいました。

その新卒の人は、今年別の会社に入社したばかりだけれど
航空関係のテレマーケティングの仕事で、メンタルをやられて退職する人が
続出している企業で働いているそうです。

「憧れの航空業界と思って入社したけど、実際はクレーム対応も多いし
昨日は北海道が大雪で飛行機に影響が出たので、問い合わせが多くて大変でした。
些細なことでもお客さんに怒られるので、もう辞めて別の職場で働きたい」
と話していました。あ、もちろんグループ面接の場で聞いた話ではなくて
面接が終わったあとに、駅までの道のりの中で聞いた話です。

また、そうかと思えば別の業種でスーパーバイザーをやっていたという
顔立ちの華やかな人がいて、その人が話しているときは
面接官がすごい勢いで食いついているのがわかりました。


今は、現職場で残っている有休を自由に使わせてもらっているため
急に「明日休みたいです」というのもまかり通っていて
転職活動をするには、とても動きやすい状況ではあります。

とはいえ、こちらの都合のいい日程で面接日を調整してもらえるとも限らず
最近あったケースでは

「11月○日に面接を実施いたします。あいにく面接はこの日程でのみ
承っておりまして、それ以外の日は調整ができません。」という
企業もあって、企業の指定してきた日がどうしても都合がつかず
せっかくWEBエントリーを通ったのに、やむなくエントリーを
取り下げてもらったこともありました。


今の職場で働いているうちに、次の職場を決めたいな~とは思ってますが
直接雇用となると、本当に厳しいなと実感しています。

登録している複数の派遣会社から
「直接雇用ではなく、通常の派遣のお仕事ではだめなんですか?」と聞かれるたびに、
飛びついてしまおうかと思うこともあります。
「紹介予定派遣」だけに限定してしまうと、派遣会社としても紹介しづらいみたいです(当然ですよね。)

先週、1年くらい前に40代で転職した友人に会いました。
彼女はパートだったので、自分ではすぐに次が決まるかと思っていたら
なかなか決まらず「恥ずかしながら、履歴書は30通くらい書いたよ」と
話してくれました。

でも私からしてみれば、恥ずかしいどころか、そのくらいの気合がないと
今は決まりづらい状況なのだということがよくわかりました。


そんな友人は「苦労してようやく見つかった職場だけど、入ってから
どうしても『イヤ』ということがあるの。何だと思う?
今の職場は、1フロアー30人くらいで仕事しているんだけど
トイレがなんと男女兼用で1つしかないの!これは入る前に確認しておくべき
だったわ~。トイレは常に誰かと取り合いだし、ゆっくり入れないから
お腹が弱い人とかだと本当にかわいそうだよ」と話してくれました。

トイレが男女兼用で1つしかないのは、私もつらいな~と思います。
働いているとき、唯一、一息つける場所ではないですか?
少なくとも私はそうです(笑)


  今の職場は、12月半ばで勤務終了(実働という意味です)になるので
もし来月末までに、希望に合うところに決まらなかったら
また派遣の仕事にするのか、それとも年明けにもう少し就活するのか
少し迷い始めています。

私の性格からして、働かずに間が空くとダラける傾向にあるので
できれば、年明けからは働き始めたいところなのです。
それでなくても、12月半ばで勤務終了後は、2~3週間は休みになるので。

転職活動も大事だけれど、最近そちらにばかり意識が向きがちで
気が休まらないので、週末は大好きな読書をしたり、音楽を聴いたりして
ストレス発散したいと思ってます。


あ、あと職場ではボスを巡って、女の戦いが勃発しているので
そのことも書きたかったのですが、それはまた今度。

November 18, 2015

引き続き、転職活動を続けます!

 先週、受けてきた会社(人事担当者が、ヴィクトリア・ベッカム似だった)から、
本日内定の連絡をいただきました。

今まで、なかなかいい結果につながらなかったので
ちょっとだけ、ホッとしたかな~というのが正直な気持ちです。

ただ、少し前の記事にも書いた通り、通勤に(乗り換えがあるため)時間がかかることと
シフト勤務になる可能性があることで二の足を踏んでいます。

それに、今他にもいくつか受けている会社があるので
転職活動は、少なくとも今年いっぱいは続けるつもりでいます。

今回内定いただいた会社の方からは

「うち以外にも他の会社も受けていらっしゃいますよね?
状況はどんな感じですか?他社さんとも比較されると思いますので
返事は急ぎませんが、まずは当社の雇用条件をもう一度詳しくお話しますので
近いうちに一度、またご来社いただいて、そこで詳細を確認していただき
大丈夫だと思ったら、入社してください」と言われたので
とりあえず1週間の猶予をもらいました。

その間にも、今お世話になっている派遣会社からもまた別の案件で
仕事を紹介してもらえたのですが、労働時間が現在の7時間30分から7時間ちょうどに
短くなる案件だったので、丁重にお断りしてしまいました。

働く時間が短くなるのは嬉しいのですが、派遣社員の場合はあくまで「時給」で
働くことになるので、1日あたり30分短くなるということは、けっこう厳しいと思います。


その派遣の営業の方が、私と年が一緒なのですが

「ななこさんは正社員か契約社員をお考えなんですよね。
うちは派遣の仕事が9割なので、希望に合うようなお仕事をなかなか紹介してあげられなくてごめんなさい。
ただ、派遣社員の場合は、年齢が何歳だろうと時給とかも、ほとんど一律になるけど
直接雇用の場合は、年齢が高いとどうしても『年齢給』を考慮しないといけなくなるので
企業側としては、派遣なら何歳の人でも雇えるけど、直雇用の場合はそうはいかないんでしょうね~。」という感じで言われました。

まあ、年齢が上がれば上がるほど、転職活動が厳しくなるのは、まさにそこなんでしょうね~。

でも、派遣社員をやってみてつくづく思うのは、これまでの経験や適性というのは
ほとんど考慮されず、たまたまどこかのポジションが空いたら、誰でもいいから
そこのポジションにあてがってしまえばそれでいい・・・という雰囲気が
今の職場は特に出来上がっています。

2~3年、派遣社員としてゆるく働きたい・・・という人には、うってつけの環境なのかも
しれませんが、
何年も働くと物足りなさを感じるし、長い目で見るとあまり恵まれている環境とは言えません。

同じ職場の派遣仲間は、そういう環境に疑問を持つ人も少ないみたいで
「とりあえず、紹介されたら迷うことなくその紹介された職場に行く!」という人が
多いですし、今さら直接雇用を目指すという考えはないし、他の派遣会社に切り替えて
そこからの紹介で働こう・・・と考えている人も少ないです。
特に、既婚者の人は「今さらそんなにガシガシ働かなくても、今の派遣くらいの
働きで十分」と話す人も多く
(そこが、独身派遣と既婚派遣の違いなんだろうな~)と実感することも多いです。


そんなわけで、孤独な戦い(?)ではありますが、もうしばらくはあがいてみようと思ってます。


今週は、転職活動やら、異動する人の送別会やら、同僚たちとの夕食会、などで
ず~っと忙しい日が続いています。

週末の3連休は、休息日としてのんびりしようと思っています。

November 15, 2015

下町ロケット

 毎週日曜日『下町ロケット』を楽しみに見ています!

原作は、ものづくりの専門用語がたくさん出てくるので、途中でやめてしまったのですが
テレビはわかりやすいので面白いです。

やっぱり、こういう企業ものが好きです。
阿部ちゃんもいいんですが、何よりも吉川晃司の演技が光ってる気がします。

私、吉川晃司って「モニカ」を歌ってたときくらいしか知らないんですよ~。
かなり大昔な話ですけど・・・(笑)

いつの間にか、こんな素敵な俳優さんになっていたので驚いています。
表情をあまり変えない、大企業の部長役で出ていますが
スーツを着ているときの姿勢が背筋がピンッ!としていて、本当にきれい。

来週からは、原作本だと(最近出版されたばかりの)「下町ロケット2」にあたる
「ガウディ計画」というのが始まるみたいです。
これまでも、周りは怪優ぞろいでしたが、予告を見たら来週からも面白そう。

ドラマと例えるのも変かもしれませんが、私も、仕事に関しては自分の好きなことを
追いかけたい派です。
今は「仕事があるだけでもラッキー」と思うこともありますが
1日の大部分を過ごす、貴重な場なので、やはり興味のない分野を仕事にすることは
できそうにありません。

この週末は、先日受けた会社の「パソコンスキルチェック」や「適正検査」などを
自宅でやっていたので、意外と気が休まりませんでした。

なので、週末の最後に「下町ロケット」のように、夢を追いかけるドラマを見たら
元気が出ました。

明日からは(仕事はそこそこ暇なんですが)仕事の終わった後が
転職活動やら、同僚たちとの飲み会などで
いろいろと忙しくなりそうなので、体調管理に気をつけながら乗り切りたいと思います。

November 14, 2015

昨日はグッタリでございました

  週末を利用して、気になる会社にはWEBからどんどんエントリーかけています。
10月末に何社か応募した会社は、書類選考で全滅。

(まぁ仕方ない・・・)と思いつつ、業界にこだわるのはやめにして
11月最初の週にも、引き続きどんどんエントリーをかけていきました。

すると、今週に入っていくつか書類選考を通過することができて、
そのうちの1社は昨日、面接に行ってきました。

面接会場は、新宿。
(また私が迷いそうな場所だわ・・・)と思いながらも、今回はかなりの余裕をもって
面接場所まで行きましたが、今回は新宿の高層ビルのうちの1つが面接会場だったので
行くまでにまた迷いそうになりました。

巨大でいくつもの電車が乗り入れている駅は、とにかく苦手です。
地下鉄もいろいろな線が入っていてわかりづらかったのですが
本当に、この方向音痴を何とかしないと・・・(泣)


昨日面接に行った会社は、数年前から知っている会社ではありました。
どちらかというとベンチャー企業なので、勢いのある会社かなと思ってましたが
実際に面接に行ってみたら、それを実感することに・・・。

 まず、面接は1:1だったのですが、今までの経歴をあらいざらい話す感じで
今までに経験した職務内容も、一般社員レベルだったのか、マネジメントレベルのことまで
やったことがあるのか、細かいところまで1つ1つ確認されました。

1次面接は約1時間かかり(なんかしゃべりっぱなしだったから、喉が渇いてきたな~)
と思っていたら、面接官の方が「このあと、お時間ありますか?
私としてはOK(→1次面接通過)!なので、もしお時間があれば
このまま2次面接に進んでいただきたいのですが・・・。」


私自身は、1日のうちでそのまま2次面接に進む・・・なんて経験をしたことが
今までになかったので、正直(え?いくら何でも早すぎない?)と思いましたが
また日を改めて、出直してくることを考えたら、このまま一気にやってもらったほうが
いいのかも・・・?と思い、そのまま2次面接も受けてきました。

2次面接の面接官は、1次面接の面接官の直属の上司にあたる方でしたが
1次面接と同様、こちらも女性の面接官でした。

でも、見た目がすごくキツそうで、化粧もアイラインばっちり、アイシャドウばっちりで
まるで外国人みたいな濃いメイクで、風貌は、ウィクトリア・ベッカムみたいな感じでした。(でも日本人ですよ!)

いざ面接が始まってみると、外見から判断したとおり
先方の条件などを、ハキハキと、たたみかけるように話しかけてくるので
こちらとしては「え、それはちょっと・・・」というようなことでも
「NO」と言いづらい雰囲気がありました。

2次面接は、1時間ちょっとかかったみたいで
終わったらさらに喉がカラカラになってしまい、困りました。

このあとは、パソコンの実技試験(全部で3時間相当)が控えていますが
これは自宅でもできるものなので、わざわざ面接場所まで行かなくても大丈夫とのこと。


2次面接までいけたのはよかったのですが、その上司の方から聞いた雇用条件に
正直、二の足を踏んでいます。


募集要項では

・正社員募集
・事務職
・完全週休2日制(土日休み)
・勤務地(東京か千葉)→いずれも通勤可能な場所でした

ですが、実際に面接を受けに行ったところ

・はじめは正社員ではなく、契約社員からのスタート
・事務職(ですが、どちらかというと私が苦手な職務内容でした)
・完全週休2日制ではあるけれど、シフト勤務となる可能性もある
・勤務地(東京)→通勤可能圏ではあるけれど、乗換などで時間がかかり不便な場所


面接前に、自分なりに企業研究をしていたときに
「40歳以上の人は、正社員ではなく、契約社員からのスタートを
提示されることが多い」という記事をネット上で見つけていたので
たぶんそう言われるんじゃないか?と思ってましたが、やはり実際にそう言われると
(ならば、求人広告にも「契約社員からのスタートもあり」とか、一言そう書いておいて欲しかった・・・)と思ってしまいました。

そして、それよりももっと(え~、今さらそれはないのでは?)と思ったのは
「シフト勤務になる可能性が大」と言われたことです。

 派遣社員になってからの7年間は、ずっと土日が休みの職場で働いてきました。
シフト勤務でも、勤務開始時間が1時間くらい前後するだけならいいのですが
ホテル勤務時代のように、早番と遅番がごちゃまぜになるような勤務体系は
今後は避けたいと思っていたので、契約社員云々よりもこれが何よりもネックに感じています。

そして、最初の3ヵ月間ほどはみっちり研修があるため、
毎日夜9時~10時まで、残業になります、とも言われました。
その研修さえ乗り切れば、そのあとは通常勤務になるそうなのですが
う~ん、募集広告には書かれていなかったことが多すぎる!と思いました。


ただ、「自分の考えていたのとはちょっと(いやかなり?)違うので、
このあとの選考は、パスしよう」とすんなり決断できないのも確かです。


その理由は、このような会社に(例え契約社員だとしても)入るのは年齢的にも難しいだろうし
頑張り次第では、正社員になれる可能性が残されていること。

また、提示されたお給料の額が、派遣社員の今よりもやはり良くなることと
今は全額自己負担の交通費も、今度は全額会社負担になるから、です。

そして、年齢層は30~40代の人も比較的多いので、
若年層の人が中心の職場よりは、働きやすいかな?という気はしました。

一応、このあとのパソコンの実技試験も受けるつもりでいますが
自分の中ではかなり迷っているところです。

まだ内定をもらったわけではないので、こんなこと書くのもなんなんですが
転職活動というのは、落ちても受かっても、思い悩むものなんですね~。

来週も、いくつか予定を入れているので、ちょっと忙しくなりそうです。
昨日なんて、面接をトータルで2時間もやったから、よほど疲れてしまったのか
夕方になったらドッと疲れが出て、夜8時過ぎには爆睡していました。
こんなに早く寝るなんて、普段では絶対にあり得ないんですが・・・。

本当は「仕事=趣味、趣味=仕事」な職場なら、最高なんですけどね~。

今まではほぼずっとそういう職場だったので、そうでない業界に行っても
すぐイヤになってしまうのではないか、という懸念が自分の中にあります。

この週末も、気になる仕事に引き続き、エントリー、エントリー。
面接用の書類(履歴書やら、職務経歴書やら)も、その会社ごとに合わせた内容で
作らなければならないので、意外と時間がかかります。

まあ、納得のいく職場に出会うためには、やるしかないです。

November 11, 2015

私のことはそっとしておいてください(笑)

 今朝、職場に着いて、ロッカーで一番先に会ったのがボスです。

私を見るなり「ななこさんは、12月以降の話って何か言われてる?
同じ時期に満期になる2人は、次の派遣先が決まったから、ここは満期前に辞めて
近々次の職場に行くっていう話を聞いたよ」と言われました。


「あなた以外の2人は、次が決まった」なんて、朝からイヤな言い方する人だわ~、まったく(笑)
他に言い方がないのかしら・・・。

きっと「ななこさんは、次の紹介を受けてないに違いない」って思って
そのように聞いてきたんだと思うのですが

「あ~、先週1社紹介してもらったんだけど、始業時間が早くて大変だから
断ったんだ」と言ったら

「な~んだ、そうだったんだ・・・」って期待外れの顔をして、向こうに行ってしまいました。


そして、次が決まって抜けることになった人の後任で、ボスがその部署に異動することに
なったのはいいのですが
その場合、ボスの席は(背中合わせではありますが)私の真後ろなんです。

同じ部署のときは席が離れていたのに、なんで部署が変わることになったら
かえって席が近くなるの~!

まだ席替えは実施されていませんが、引継ぎのため、ボスはたまにその席に座って
仕事をしているので、なんだか落ち着きません。
たまに背後から急に話しかけられたりもするし。

しかも、お昼の休憩も、異動先の派遣社員がクセのある人で合わないから
今まで通りこっちの部署のメンバーと一緒にとりたい、と言ってきたので、
異動するとはいっても、今までと変わりがないどころか、むしろ距離感は今までよりも
縮まってしまいました。何だろう、この展開・・・。

ここで働くのも残りわずかだから、あまり気にしないようにして過ごしたいのに
今週はいろいろと動きがあって、かなりバタバタしながら過ごしています。


それと、相変わらずの、周りからの「(派遣契約は)いつまででしたっけ~?」攻撃も
続いております。

私は何も言ってないのに、ペアで仕事している男性社員からは
「ななこさんが辞める前に、思い出作りをしておかなくちゃ」と言われるし
上司からは(軽い感じで)「派遣会社は、次は斡旋してくれないのですか?」と
みんなの前で聞かれるし、なんか、そういうことを言われる度に疲れます。

お願いだから、少しはそっとしておいてほしい・・・(笑)

余りにも毎日いろんな人から聞かれるので、何かいい切り返しを考え中です。


そうそう、南国に住む幼なじみから葉書が届きました。ありがとう!
そして、職場復帰おめでとう!
ネットの時代になってからは、私も郵便を使う機会がグッと減りましたが
やっぱり手書きの文字はいいですね。

私は10代の頃に「文通」にハマっていたことがあるので
郵便もいいものだな・・・と懐かしく思い出しました。

私からも返信書くつもりですが、取り急ぎ(ここを読んでくれているかはわかりませんが)
ここにも書いてみました。

November 08, 2015

地図が読めない女

昨日はお友達と会うため、六本木のレストランで現地集合しました。

六本木はただでさえ、土地勘のないエリアです。
日比谷線で行けばいいものを、大江戸線に乗り換えて行ったものだから
六本木の駅を出て、見たことのない風景に、いきなり頭がはてなマークでいっぱいな事態に・・・。

自分ではあまり認めたくありませんが、私はものすごい方向音痴です。
特に、最近よく迷うのは、都心の地下鉄の駅で地上に出て、周辺のどこかへ
行くときによく迷います。周りが似たような高層ビルばかりだと特に・・・。

昨日待ち合わせした場所は、日比谷線の六本木駅からなら徒歩3分で行ける
場所だったのに、大江戸線の六本木駅からだと徒歩6分かかる場所でした。

一応、スマホで目的地の地図を出して、それを見ながら行ったのに
地図を見ても、近くに目印になるものがないと、とにかく迷います。

(こ、この地図はアバウト過ぎる!見ても全然わからない!)となり
結局、徒歩6分で行けるところを、同じところをグルグル回ったりしたので
10分以上もかかってしまいました。

本当にあり得ない・・・。

方向音痴というのは、治せないものなんでしょうかね?
この方向音痴さで、よく今まで何度も旅行に行ったものだと自分でも感心してしまいます。

昨日も、周りにいた人に聞きながら、なんとかたどり着きましたが
それも大体1人に聞いただけではわからないことが多いので
不安になってくると、また別の人に聞いたりします。

大の大人がこんなんで大丈夫なのか?私・・・(^o^;;

お友達と食事した帰り道、地元にほど近いデパートを、なんとなくブラブラ。
(はあ~、やっぱり慣れた場所だとホッとするわ~)と思いました。

久しぶりに、ロクシタンのお店をのぞいてみたら、クリスマスに向けて
これから新製品がいろいろ発売されるとのこと。

いい香りのするハンドクリームが何種類も並べられていたので
思わず手にとって試してみたら「こちらは、来週発売されますが、限定品です。
よろしければ、予約もできますよ。」と言われて、つい勢いで予約してしまいました。

これまで使っていたのが、ちょうど使い終わってしまった絶妙のタイミングとはいえ
ハンドクリームを予約したのなんて初めてです。。。


明日から11月2週目が始まります。
この調子だと、年末まで本当にあっという間に過ぎてしまいそうですが
就活も、とにかく何かしらアクション起こすしかないですね~。

この週末は、ネットでいろいろ見てみるも、あまり気になる求人もなかったのですが
それでも、探すしかなさそうです。とはいえ、焦らない、焦らない。

November 06, 2015

11月の1週目終了

 11月も1週目が終わりました。

今の部署の業務は、関連会社に移管されることが決まっていて
すでにそちらの会社が引き継いでいるところも出始めました。

私の仕事は、幸か不幸か12月末の契約満期まではやることがいろいろ残ってますが
他のチームの社員や派遣の人たちは「仕事がなくて、困る」と言っています。

社員はともかく、派遣の人たちは来年3月末までは契約を結んでいるので
そこまでは保障がありますが「関連会社に仕事がいってしまったので
もう自分のやる仕事がない。何かやることがあったら手伝うよ!」と
毎日仕事の取り合いみたいな状況になっています。

残業、残業で忙しかったのはすでに過去の話で、今は「暇すぎて困る」と話している人も多いです。

忙しいのも困りますが、暇なのは(終業時間まで、どうやって時間をつぶそう・・・)と本当に困ると思います。

   
 そういえば、私と同じく年末で満期になる派遣仲間は「例の8:30始業の
会社の仕事を受けることにした」と話してくれました。

「ただ、顔合わせはこれからだし、できるだけ早く来てほしい、という話だけど
今の会社の上司が『うちとの契約は年末までなのだから、年末までいてくれないと困る』
とNGが出たら、この話はなかったことになるのよ~」とのこと。

そのあたりは、派遣の営業担当者の腕の見せどころではないか?と思いますが
通常、派遣社員の場合は、顔合わせが終わったら、
早ければ即日から勤務開始、遅くとも1週間以内くらいには勤務開始になるので、
「来年1月まで待ってほしい」というのはできないそうです。

そして、その人がもしそっちの会社へ行くことになったら、
その人の後任としてボスがそこの部署に異動することになっているそうです。

この話は、瞬く間に派遣仲間たちに広まったのですが
今まで、ボスの悪口ひとつ言ったことのない人までもが

「今まで黙ってたけど、ボスは性格悪いから苦手だったんだよね~。
もし本当に異動するなら、これからはお昼の休憩が別になるからすごく嬉しい」

と言いだすのが聞こえてきて(やっぱり、ボスが苦手な人は多かったんだな~)と思ってしまいました。

何よりも、ボスと2人1組で仕事をしていた派遣の人は「もうこれで、ボスから
あれやって、これやって・・・と指示をされなくて済むから、助かる!」と
嬉しそうな顔をしていたのが忘れられません。


  ところで、私の転職活動は、その後書類選考すらなかなか突破できません。
先週末に、複数の転職サイトから、WEB履歴書を送信していくつかの企業に
応募してみましたが、

早々に「今後のご活躍をお祈りしております」というお祈りメールがきたり

「書類選考の結果は、通過者のみ3週間以内にご連絡いたします」とか
「書類選考に合格された方のみ、2週間以内にご連絡いたします」という
返信メールがきた企業がいくつか。

私は、これは「お断りメール」だと判断して、これらの企業のことは
縁がなかったと頭を切り替えるようにしています。

大体、2週間とか、3週間とか、その言葉どおりに受け取って待っていたら
えらいことになりそうです。

また、書類選考の結果メールが「書類選考の結果について」というタイトルだったら、開封しなくても「不合格だな」とわかるようになりました。
受かった場合は「2次選考のお知らせ」とか、そういうタイトルで来ましたからね。

このあとも、引き続き直接雇用の企業にも応募はしていくつもりですが
1月スタートの、通常の派遣や、紹介予定派遣の求人もちらほら見かけるように
なったので、
そちらもチェックしています。

 今の職場の派遣仲間も、一部の人は「次の職場探し」を始めていますが
ほとんどの人は「この先も派遣でいいと思っている」タイプが多くて
なんか、私だけがこの先も派遣社員でいることの不安を抱えているように思えてきます。

しかも、私より年上の40代半ば以降の人も多いのですが
「今までも、なんだかんだ言っても仕事は途切れることなく見つかったし
これからも何とかなると思ってる」と言う人ばかりなので

私も(また派遣でいいかな・・・)と流されそうになることもあります。
でも、年齢が上がれば上がるほど「次」はなかなか見つからなくなるだろうし

今の派遣先は、40代・50代の派遣社員も増えてきましたが
他の派遣会社から紹介される派遣先だと、20代・30代の派遣社員が中心の職場が多いみたいだし
そういう場合は、そもそもエントリーした時点で、はねられることも多いのです。

 転職活動って、今はまだ在職中だからそこまで精神的に落ち込むことも
ありませんが、これが無職のときだったら本当に落ち込むだろうなと思います。

でも、とにかく自分でもできるところまではやってみるしかないだろうと思っているので、少しでも気になる求人があったら、応募してみようと思います。

最初の会社を辞めたあと、36歳の終わり頃に転職活動をしたときだって
厳しかったのだから、43歳の今が厳しいのは、当たり前なのである!という
ことを常に頭に置きながら・・・。

November 04, 2015

機窓からの風景をご紹介!

 バンコク旅行から戻ってもう1ヵ月が経ちました。

ここのブログに載せようと思いつつ、なかなかアップできなかった写真を
載せたいと思います。(カメラのレンズにホコリが付いてしまったみたいで
帰りの便で撮った写真には、みんな黒い点みたいなのが付いていて
ちょっとがっかりでした・・・。)

日本に帰ってくる日、尖閣諸島に大型台風が近づいていた影響で
「通常よりも内陸に大きく迂回するルートで飛行する」と機長のアナウンスがありました。

写真(ルートインフォメーション)の通り、ビエンチャン(ラオス)→
ハノイ(ベトナム)→桂林(中国)→上海(中国)の上空を通過しました。
 
Dsc08527_2

離陸直前まで、スコールに見舞われてましたが
雲を突き抜けたら、あっという間に青空と入道雲がモクモク・・・。

Dsc08502_2


桂林の上空で見えた景色がこちらなんですが↓
中国の川を初めて見て、その大きさに驚愕しました。まさに大河!
Dsc08521_2


続いて、日本の領空内に入ると、長崎上空を通過しました。
Dsc08528_2


ちょっと「もや」がかかってますけど、長崎上空です。
島が点在していますが、九十九島のあたりでしょうか???
Dsc08535_1

この写真にも、小さな海上空港が写っているのですが
これはどこの空港だったのか、未だにわかりません・・・↓
Dsc08532_2

さらに進んで行くと、関西国際空港が見えてきました↓
うっすらと、神戸空港も見えます。(そこまで見る人いないと思いますが^^;)
Dsc08540_1

大阪上空。
そういえば職場の人が、近々USJに行くのでLCCで関空経由で
行くと話していましたっけ。関空は経営難みたいだけど、大丈夫なのかな?
Dsc08541_2

大阪を通りすぎて、伊勢の上空を通過して、いよいよ羽田に向けて
ファイナルアプローチです↓
Dsc08548_1



房総半島沖から、富士山が見えてきました。
ちょうど日が沈むところでした。
Dsc08550_2

あっという間に日が沈みました。
Dsc08553_1

機窓からの風景は、どれも一瞬一瞬のもので
気が付いたら、いつも以上のペースでシャッターを切っていました。
Dsc08561_2


行きは、成田空港から出発しましたが、帰りは羽田空港着の便でした。
出発前は、通路側の座席しか空いてなかったのですが
現地でなんとか窓際を予約することができたので
帰りは映画そっちのけで、窓からの風景を楽しみました。

飛行機からの風景は本当にきれいで大好きです。

November 03, 2015

甥っ子の七五三祝いでした

 土曜日に親族が集合し、甥っ子の七・五・三を祝いました。

うちの父が介護が必要な状態になってからは、誰からともなく
親族で集まる機会が激減していたのですが

今回は久々に大勢で夕食をとったので、盛り上がって楽しかったです。


父は、寝たきりではないものの、脳こうそくの後遺症で、1日中うつらうつらして
ぼんやりしていることも多いのと、言語障害も多少あって、言葉が出づらいです。
それに網膜もやられているので、目がほとんど見えず、それだけでも
本人は大変だと思います。

また、日常生活のほぼ全てにおいて、手を貸すことが必要なので
その状態を久しぶりに会う親族が見たら、みんな驚くのではないか・・・と
私や母はかなり懸念・・・というか心配していました。

ところが、久々に会った叔父夫婦は、2人とも

「お義兄さん(父のこと)の状態がひどい状態だって聞いていたから、
てっきり寝たきりで動けなくなっているのかと思っていたけど、
別に全然ひどくないじゃない。

この程度の状態の人なら、うちの近所にも似たような状態の人が
何人もいるわよ~。」

と言いだしたので、母も私もびっくり!


こ、この程度の状態・・・って一体・・・。


「えっ!叔母さんたちの家の近所は、脳こうそくをやって後遺症が残っている人がいるの?」と聞くと

「そうよー。後遺症で半身マヒになった人とか、言葉が出なくなった人とか
近所にいるんだけど、普通に外を歩いているのを見かけるから
ちょっとやそっとじゃ驚かないわよ。
お義兄さんも、その人たちと見た目ほとんど変わらないわよ~。
正直、もっとひどい状態を想像していたから、安心したわよ~。」とも言われて

私も母もちょっと安心してしまいました。


考えてみれば、叔母は、完全に寝たきりのお姑さんの介護を10年以上も1人で引き受けて
やっていた経験がある人なのでした。

だから、父の状態が以前会ったときとだいぶ変わっていたとしても
叔母はあまりショックを受けた様子はありませんでした。

むしろ、叔父の方が「兄貴、大変だな・・・」と言って、言葉を失っているようでした。


妹のだんなさんは、日頃から「ドーンと構えている」タイプの人なので
病気の人に対しても、先入観とかももたず、それこそ、私が抗がん剤の
治療をして髪の毛がなかったときも「うちの会社にも、抗がん剤をやって
かつらかぶってきてる人とかいるので、緊張しなくても大丈夫ですよ」
と言ってくれるような人なので、父のこともまあ大丈夫でした。


介護の問題は、1つ1つの家庭間の問題ではあると思いますが
超高齢化社会を迎えた日本では、これから大きな社会問題と化していくと思います。


少し前の読売新聞の人生案内に「40代女性・次男の妻・80代の義父の介護を
自分ひとりが任されていて、つらい」という相談が載っていました。


その人の夫には、他にも兄弟が何人かいるのに、その兄弟も夫も誰1人として
実の親の介護を手伝ってくれず、その相談者の女性は、介護をするために仕事まで
辞めさせられて、毎日毎日自分ばかりが介護をやっている」という話でした。

介護は、自分の配偶者や親でも「つらい、きつい」と感じることが多いのに
それを次男の妻であるばかりに、1人で引き受けなければならないなんて
その相談者がつらいと思うのは当然だと思います。

まあ、私がその相談者だとしたら、介護を妻にばかり押し付ける夫だったら
迷わず離婚の道を選ぶと思いますけど・・・そもそも、そんな夫とは
これから先も一緒に生活していきたいとは思えないと思うので・・・。

介護を任される人は誰であれ、1人でやるとなったら
自分の時間はなくなるし、「大変」という言葉では片づけられないほど
大変だと思います。

それを思うと、私の叔母は、お姑さんを10年以上も介護し続けてきたので
本当にすごいなと思ったものですが、叔母の場合は18歳で結婚したときから
そのお姑さんとずっと同居していたこともあり
ある意味本当のお母さんみたいな人だったので、介護に抵抗はなかった」と
いう話を聞いたことがあります。



うちの場合は、母と私の両方が家を不在にする、ということはできません。
必ずどちらかが、家にいて、父の様子を見るようにしています。
別に、四六時中張りついて見ているわけではありませんが、目が見えないので
転倒とかされて、怪我をされても困るので「見守り」が必要なんですね。


う~ん、今日はなぜか介護の話題になってしまいました。
暗い話題なので、普段は書くのは控えることが多いのですが
一旦書き始めたら、止まらなくなりました。

さて、また明日から会社なので、また会社ネタ もしくは 転職活動ネタに戻ると思いますよ~。

November 02, 2015

挨拶代わりに「次はどうするんですか?」と聞かれる件

 ここ最近、職場で挨拶代わりに聞かれること。

それは・・・

「12月で満期になったあと、次はどうするんですか?」


10月後半以降、職場の正社員・派遣社員問わず、いろんな人から聞かれます。

正社員の人は、男女問わず定年まで働く人がほとんどなので
契約満期になる人の気持ちは、まずわからないと思います。

同じ派遣会社から、「次」は自動的に紹介されると思われているのか
みなさん、本当に気軽に「ここが終わったら、次は何するんですか?」と
興味深そうに聞いてくる人もいます。



(まだ何も決まってませんわ~!
それに決まったとしたら、それとなく言いますわ~!)


と思いながらも

(みんな、そんなに人の今後が気になるの!?)と思わずにはいられません。


そして、同じ時期に契約満期になる人がいるのですが
なんとな~くですが、お互いの腹の探り合いというか

最近はよく「ねえねえ、ななこさん、次の仕事の話って何か来てる?
もう1人、同じ時期で満期になる○○さんっているでしょう?
彼女は『次は紹介できる案件がないから、ご自分で探してください』って
言われちゃったって言ってたよ~。」と、勝手に情報が入ってきてしまいます。

どこの派遣会社もそうなのかもしれませんが、
派遣会社が派遣社員を(言い方は悪いですが)「切りたいとき」は
もう本当に最初から「次は紹介できません」とかなり早い時期から言われます。
そして実際に、最後までどこも紹介してもらえません。

これまで、同じ職場で働いていた派遣社員の中にも
「あなたは服装が派手だから」とか、何かしらの理由をつけては紹介自体を
してもらえなくなり、
本当は同じ派遣会社に紹介してもらいたかったのに、それが叶わないままに
辞めていった仲間を何人か見ています。

 今回、私と同じ時期に満期になる彼女からは、
少し前にチラッと話をいただいた「8:30スタートの会社」の件について

「派遣の営業の人が、ななこさんが断ったら、次は私に(その話を)紹介してくれたんだけど
まさか断るとは思わなかったから、びっくりしたよ~。
なんで断ったの?8:30スタートなら通えるでしょう。」と言われました。


ん~。でもその人は、東京寄りの千葉県に住んでいるので、
通勤時間はおそらく40分くらい?、8:30スタートでも全然問題ないのかもしれませんが
「うちからだとやっぱり厳しいので・・・」と言ったら、不思議そうな顔をされました。


おそらく「紹介された仕事を断るなんて、考えられない。一度断ると、次はなかなか紹介してもらえないよっ!」って思われたんだと思います。

その人が、その案件を受けてその会社で働くことにしたのかどうかは
まだ聞いていませんが、先日派遣の営業さんがデスクの近くを通りかかったときに、その人がサーッと走って行って、何やらコソコソっと話しているのが見えたので
もしかしたらその案件でお話が進むのかもしれませんね。


 このブログでもこれまでに何度か書いてきたことではありますが、
私は、今の派遣会社でお世話になって丸7年経ちますが、
最初の職場で3年、次の職場で1年、また最初の職場(の違う部署)に戻って、また3年と働いてきました。


そして、その中1年働いた職場のとき、
派遣会社に紹介されるがままに受けてその会社に行きましたが、その1年いた職場が本当に大変でした。
周りの人とは会話が全くなくて、ひたすら「モクモク系」の職場。


社員の人に何か聞きたいことがあるときは、口頭で聞くのではなく
基本はチャットか、急ぎでない場合はメールで質問することになっていました。
これが私にはかなりのストレスでした。



会社へ行っても、終日誰とも口を利かないような職場だったので、仕事が終わると
ドッと変な疲れが出てしまい、1年はなんとか働いたけど、それ以上は無理だと思いました。

もちろん、周りとの交流はなく、そういうモクモク系の職場が好きな人もいるのかもしれませんが、
その一件以来、まずは自分でも納得のいく職場を探そう、という思いが強くなりました。

最終的に、もし自分で応募した正社員や契約社員の職が全滅だったとしても
何もしないまま、紹介されるがままに、次の職場を決めることだけはしたくないな~・・・と。
紹介してもらえるだけ、ありがたい話であることはわかってはいるのですけどね。

・・・そんなわけで、その後はまたネットなどで求人募集を見つけては
何社か応募を続けています。まだ10社までは応募していませんが、おそらくそのくらいのペースで応募したとしても、書類選考(WEB選考)を突破できる勝率は1~2割かと・・・。

「第二新卒歓迎」の企業が多い中「30~40代が活躍中」の職場を見つけるのはなかなか大変です。

でも「このままずっと派遣でいこう!」という気持ちにもなれないので
今はとにかく、できることをやるしかないなと思っています。


週末から来ていた甥っ子ちゃんたちは、結局うちに3泊することになったのでまだ家にいます(笑)
ずっとハイ・テンションのちびっこパワーに圧倒されっぱなしですが
たった一人の甥っ子なので、やっぱりかわいいです。
あと1日、しっかり遊びたいです。。。


※こちらの旅行ブログもちょくちょく更新中です。

« October 2015 | Main | December 2015 »