管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« September 2015 | Main | November 2015 »

October 2015

October 29, 2015

気持ちを入れ替えて

 おとといは、久しぶりにドドーン!と落ち込んでしまいましたが
今日になって、気持ちがだいぶ落ち着き、また気持ちを入れ替えて頑張ろうと
思えるようになりました。

昨日は、職場のベテラン社員さんの大送別会があって参加してきたのですが
そこでワイワイやったら、気持ちが切り替わったみたいです。

実のところ、おとといは(明日の大送別会に出席するような気分ではない・・・)というくらい
ガクッときていたのに、行ってよかったです。



今回の転職活動については、1社だけ受けて、結果を待つなんて、自分の考えが甘かったです。


書類選考が、バンコク旅行へ行く前だったので、結果が出るまでに1ヵ月半くらいかかり
ここまでくるのにかなりの時間を要したのにも関わらず、
結果的にはダメだったことが、ますます落ち込む原因だったのだと思います。


このあとは、1社だけではなく、どんどん応募していこうと思います。
そして、最後まで、受かったような気持ちになることなく、謙虚な気持ちでいきたいと思います。

ちなみに、2次面接に落ちた翌日、職場に今お世話になっている派遣会社の
営業さんが来て、「ななこさん、ちょっといい?」と呼ばれました。

「ご希望に合うかわからないけれど、ご紹介したいお仕事があって・・・」と言われて
(キャー!まるで私が落ちたのを知っているかのようなタイミング!)と思いましたが

内容を聞いてみたら

・勤務開始時刻が、朝8:30スタート
・通勤時間が約1時間15分
・今までいったことのない業界

という案件でした。


何よりも「朝8:30スタート」というのが自分の中では引っかかり
これだと、毎朝5:30に起きないと間に合わない・・・。

朝に弱い私には、ちょっと無理かな~と思える案件でした。


ホテルで勤務していた頃、朝8:00スタートというシフトがありましたが
あれも、毎日ではなく週に2~3回だったので、なんとか乗り越えられましたが
正直なところ、今は無理かな~・・・と。


派遣の営業さんにお伝えしたところ「そうですよね~。朝早いのは
やっぱりきついですよね~」と言われ

「せっかくお話をいただいたのに、申し訳ないです」と言うと

「また何か、案件があったら紹介しますね」と言われたので

自分でも探しつつ、もしかしたらまた、今の派遣会社にこのままお世話になるかもしれないし・・・と思いながらの、転職活動になりそうです。

ところで、今週末は、甥っ子ちゃんの七五三のお祝いで、親族がうちに集まるため
楽しく過ごせると思います。
5歳児の甥っ子ちゃんは、ちびっこパワー炸裂で、「肩車して~、抱っこして~」と言ってくるので、
それをしてしまうと私はすぐグッタリしてしまうのですが、会えるのは楽しみです。

この間まであんなに小さかったのに、5歳ともなると、会話も普通にできるし
妹のiPad miniをサクサク操作して、アンパンマンとかのYouTubeを見ているのを見ると、とても同じ子供とは思えません。

うちの母も、最近iPadをやり始めたので「りっくん(甥っ子)に、やり方習うわ~」と
早くも習う気満々みたいです(笑)

October 27, 2015

2次面接、ダメでした~

 先日、2週間近く前に受けた企業の2次面接の結果が今日わかりましたが
残念ながら、不採用となりました。

「数多くの応募者の中から、最終選考に残られ、
こちらとしても熟考した上でベストマッチとはなりませんでした。
お断りするのが申し訳ないのですが、どうかご了承いただきたい」
・・・という感じの内容でメールで連絡がありました。

このメールを読んだとき、久しぶりに指先が(スーッ)と冷たくなっていく感覚を味わいました。


正社員登用制度ありの、契約社員の仕事だったことや
今までに関わった仕事にかなり近い仕事だったので、正直かなり期待していました。


そして何よりも、面接のときの雰囲気もよく、

「1月までは、今いるメンバーでつなぐので、勤務開始は1月からでかまわないし
 部長のOKもとってあるから、安心してください」とか

こちらが安心できるようなことをいろいろ言われていたので
久しぶりにショックが大きいです。

何よりも、就職活動がまた振り出しに戻ってしまうところも痛いですね。



落ちた理由は何だろう???と自分なりに考えてみましたが

・やっぱり、すぐに入社できる人がいい(1月までは待てない)
・私の家が遠い(→通勤時間は1時間ちょっと。)ので
 交通費が全額支給のため、職場に少しでも近いところに住んでいる人がいい
・年齢が若い人がいい(→43歳の人よりも、せめて30代の人がいい)


この3つですかね???


2次面接のときに「1月まで待ちます」的なことを言われたとき
私はその言葉どおりに受け取って「ありがとうございます。」と言ってしまいましたが

実は企業側は「いえ、もっと早く入社できるように調整いたします」とか
そういう答えが返ってくるのを、待っていたのかな~?だとしたら
私はなんて、おバカな回答をしてしまったんだろう・・・と思います。


とはいえ、不採用の原因をいくら考えたところで、その会社に関しては
もうどうにもならないことなので、ここは頭を切り替えて
また次の行動に移るのがいいんだろうと思います。

でも、今週いっぱいは、さすがに切り替えられないだろうな~と思います。

もし採用が決まったら、12月は休みの日を利用して、パワーポイントの講座とかに
行こうかな?とか、なんとなくですが計画を立てていたので
また1からやり直しとなって、ガガーン!という感じです。

派遣社員から契約社員になることすら難しいこの現実が、なかなか受け入れられません。
しばらく、転職サイトを見るのも嫌な気がしますけど
ボヤボヤしてたら、あっという間に年末になってしまうので
来週から、また転職活動再開、としたいところです。

でも、ショックはショックですけど、以前は書類選考落ちすることも多かったものが
今年は(結果的には不採用だったけれど)、2社は面接まで進めたので
少しはゴールに近づきつつあると信じたいところです。


今月はじめくらいに、お昼を食べているメンバーの1人に
「ななこさんって、意外と頑固なところがあるよね」って言われたことを、なぜか今頃思い出していますが

確かに、一度決めたことは滅多なことでは曲げないところもあるし
先日の1時間近くに渡った2次面接の中で

「この人と一緒に働いたら、面倒かも」と思われてしまう何かが、相手に見抜かれて
しまったのかも・・・とも思います。


今日は、かなりのショックを受けたこともあり、
通勤途中にあるお気に入りのお店で、おいしいクッキーを買って帰ってきました。

家でこのクッキーを食べたら、ちょっと心が落ち着きました。
基本的に、私は「食べたら元気になる人」みたいです。

派遣契約が満期になるまで「まだ2ヵ月もある」と思うことにして

また、来週から頑張りたいと思います。(←ダイエットみたいですが。)

読者プレゼント当選発表

 先日の読者プレゼントにご応募いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

本日が当選発表の日ですので、先ほど応募者の方には直接当選メールを
送らせていただきました。


今後ともこちらのブログをよろしくお願いします。

October 24, 2015

女性が多い職場はいろいろありますね

 今週もあっという間の1週間でした。

少し前に受けた会社の面接の結果がそろそろ来るかな?と思ってましたが
今週はまだ何もありませんでした。

「結果が出るまで10~14日間くらい時間をください」とは言われていたけど
実際に待つのは結構つらいものがありますね~。

来週以降「面接を受けてから10日以上」が過ぎたことになるので
おそらく、来週半ばくらいまでには結果がわかるのではないか、と。


ところで、今は、同じ職場で同じ課の派遣社員10名ちょっとで
一斉にお昼の休憩をとっているのですが

その中の1人、平成元年生まれの人が「ななこさん、12月で終わりなんですよね~?
そのあとは何をするか決まってるんですか?」と突然聞いてきました。

他の10数名の派遣社員が一斉に私の方を見て

ボスやBGさんが「それ、私たちでさえ気を遣って聞いてないのに
さすが、『平成元年生まれ』はストレートに聞くよね~(苦笑)」と、まさかの助け舟。

私が「今は話せるようなことは何もないので、決まったら、そのうち、お話します」と言うと、
平成元年生まれちゃんは「時が来たら話してくれるんですね!わかりました!」と言って、その話は終了。

契約満期の時期が迫っている人には、私も「今後はどうするの?」というのは
今までも聞いてきませんでした。

すぐ「次」が紹介されている人ならいいけど、「次」が決まらない人もいるし
派遣会社から「次」を紹介されない人もいるし、
本人が何か言ってこない限りは聞きづらいんですよね~。


そうそう、お昼を食べるときは、もともとは2つのグループに分かれて休憩をとっていました。
私は、ボスやBGさんと同じグループでしたが、平成元年生まれちゃんとは別のグループでした。

そうしたら、その平成元年生まれちゃんのグループに、40代の新しい派遣社員が入ってきたのですが、
その派遣社員がちょっと変わっていて、お昼の休憩のときに「自分の好きな歌手」や
ライブに行った話を延々とするのだそうです。
しかも、1つ1つの話がとても長い!誰も相槌すら入れられないくらい、1人でずっとしゃべっているのだそうです。

最初のうちは、みんな適当に話を合わせていたそうなのですが
そのうち、どんなに他の話題を話していても、いつの間にか、
その40代の人がその「好きな歌手」や「ライブ」の話ばかりに話を持っていってしまうので

平成元年生まれちゃんから
「最近、もうお昼休憩が苦痛で苦痛で。こっちは20代と30代しかいないし、
年齢的にも話が全然合わないんです。どうにかできないでしょうか?」と、
(飲み会の席で)ボスと私が相談を受けました。

ボスはその話を聞くなり「ちょっと待ってよ~。
私たちのグループの方が、その面倒くさい人と年齢が近い人が多いから、
引き取って欲しい、っていう話!?(笑)
でもその人しかわからないような、マイナーな歌手ネタばかり話すような人は、こっちのグループに来ても、結局は浮くと思うよ」と切り返していましたが

「お昼の休憩時間が苦痛」というのでは、あまりにかわいそう過ぎる、ということになり
結局は、今までは2つのグループに分かれて食べていたものが
2週間ほど前から、全員一斉に、食べることになりました。

すると、その「好きな歌手ネタ」ばかり話していた人は、たまにそっちのネタに
自ら話題を持っていくこともあるけど、
他の人たちからはスルーされてしまうので
1時間ずっと、歌手ネタやライブネタを延々話しまくる・・・というのは
なくなりました。

でも、ボスとBGさんは、その人のことをとても嫌っているので(元々、その歌手好きの人は
何年か前にもこの会社で働いたことがあるので、知っている人は知っていました。)
同じテーブルでお昼を食べるとしても、ほとんど口を聞いていません。

みんな、なんとな~くですが、その歌手ネタばかりの人の隣りや真向かいの席は
避けて座るし、最近は気が付くと、私の真向かいや隣りに座っていることが多いです。
この間は、食事中に「これが私が好きなバンドの○○さんでね・・・」と、
その人の写真を突然見せられたりもしましたが
全く知らない人だったので「へえ~」とだけしか言えませんでした。


でも、大勢で食べるのは、メリットもありまして。
自分が疲れているときとか、体調が悪いときは、あえてしゃべらなくても
聞き役に徹していればいいので、そういうときは気が楽です。

ボスは相変わらず、自画自賛な話題が多いし、BGさんは、自分の子供ネタが多いし
誰かが妊娠した、とか出産した・・・という話題が出ると、未だにその話題に食らいついてきて
「私が妊娠してたときはね・・・」とか「私が出産したときはね・・・」と延々と話し出すので、
なんだか歌手好きさんと対して変わらないようなメンツばかりなのですが
私も残り2ヵ月ないと思えば、大して気にならなくなってきました。

今の職場を離れたら「意外と、愉快な仲間たちが多かったな~」なんて思う日がくるのかもしれません。

来週は、またまた職場の「大送別会」があったり、おそらく面接の結果がわかったりすると思うので、
私にとって「大きな山場」になりそうです。


読者プレゼントはまだまだ応募受付中です!
今のところ、応募は数名ですので、比較的当たりやすいと思います。
ご応募お待ちしています!

追記。
自分だけが覚えていればいいことなのですが
11年前(32歳当時)のまさに今日、乳がんが発覚しました。
あのときは、ここまで生きられるとは思わなかったので
いろいろありながらも、ここまで来られたことに感謝したいと思います。

October 20, 2015

読者プレゼントのお知らせ

present読者プレゼントのお知らせpresent

タイ旅行から帰ってきたしばらく経ってしまいましたが
いつもお読みいただいている読者のみなさまに、ささやかではありますが
プレゼントの企画をさせて頂きたいと思います。

このブログを始めて10年以上経ちましたが
正直ここまで長く続けられるとは思っていませんでした。

情報を発信するというよりは、その時々の、自分の気持ちを
ひたすら書き続けてきた、本当に一個人のブログ・・・というくくりではありますが
自分にとっても「あのとき何があったのか」「何を考えていたのか」を見直すのに
何よりも大事な忘備録となりました。

今改めて読み返すと、赤面するようなことを書いていることもありますが
ほとんどの記事はそのまま公開し続けています。


さて、プレゼントの内容ですが、女性読者の方が多いと思うので
女性向けの物が多いのですが、もちろん男性に応募いただいてもかまいません。

全部で6名様分になります。


賞: NaRaYaのコスメポーチ(ボーダー柄)12X20cm (1名様)
賞: NaRaYaのコスメポーチ(ピンク) 12X20cm (1名様)
賞: NaRaYaのコインバッグ(紺)8X13cm (1名様)

NaRaYa(ナラヤ)は、タイで人気のコットン・サテンブランドのお店です。
先日、私が行ったときも、日本人のおじさん達が奥さんや娘さんに
「これ買ってきて」と頼まれたらしく、店内で「こういうデザインのはないですか?」
と店員さんに聞きまくっている姿を見かけました。


A賞・B賞のポーチは、全体的に平べったい作りですが、マチは3cmほどあります。
(開封していないので、目視した感じで書いています。)

C賞のコインバッグは、私は自分でも使っていまして
旅行の際の小銭入れとして、活躍してくれています。

Img_0144_1

 

賞: ヤードム (3名様)

「ヤードム」とは、タイ人ならおそらく誰もが知っている「眠気ざまし」みたいなもので
形状はリップクリームの入れ物みたいです。
でも、密封されているのにも関わらず、メンソレータムの10倍はするのではないかと
思われるくらいの、強い香りがします。
タイでは(男女問わず)鼻にヤードムの先端を突っ込む人をよく見かけたので
向こうではそれくらいポピュラーみたいです。


実は、職場で一部の人にお土産として配ったのですが
タイのお菓子よりも、こっちのヤードムの方が好評でした(笑)
ちなみに、私も1本持ってまして、毎日職場に持って行って
眠くなると2~3秒、においを嗅いでいます(←なんて怪しいんでしょう・・・)


Img_0142_1

tulip応募期間
2015年10月21日(水)0時~2015年10月26日(月)23:59受付分まで

tulip応募方法
こちらのメールアドレスに「読者プレゼント: ○賞希望」と書いてお申込みください。
その際、簡単で結構ですので、ブログの感想や、一言コメントをいただけると
とても嬉しいです。(もちろん、それがなくても応募は可能です。)

ただし、応募の時点では、安全のため、お名前は本名ではなく「ハンドル名」でお願いいたします。
※もし、私を直接を知っている方は、本名でご応募いただいても大丈夫です。



tulip当選発表
2015年10月27日(火)にブログ上で、当選者の方のハンドル名を発表する予定です。
(ただし、応募者が少なくて、応募者=全員当選という場合には、
ハンドル名は発表せず、ご本人にメールで直接連絡させていただく・・・という方法に変わるかもしれません。)

発送先のご住所や、お名前を伺うのは、この時点でのやりとり以降となります。
もし住所を書きたくない・・・ということであれば「郵便局留め」での発送にも
対応する予定ですので、遠慮なく応募してみてください。



tulip発送方法
大変申し訳ありませんが、プレゼントの発送は日本国内のみとさせていただきます。
普通郵便  もしくは 定型外郵便で発送します。

なお、今回の読者プレゼントで伺った住所・氏名などの個人情報は
今回の企画以外では使用致しませんのでご安心を!


前々から一度はやってみたかった、プレゼント企画です。
どれも本当に小さな物ばかりで、恐縮ですが、いずれもバンコクで
買ってきた、お気に入りの物ばかりです。

今回の企画を少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

ご応募、心よりお待ちしていますsign03

October 17, 2015

2次面接を受けてきました

 ようやく週末です。

今週は残業が続いたり、就活中の会社の2次面接を受けてきたりで
バタバタした1週間となりました。

2次面接は、2:1での面接となり、面接官は1次面接を受けたときの
3人のうちの2人が担当してくださったので、前回のときと比べたら
多少は気楽な気持ちで臨むことができました。

感触は・・・どうでしょうね。

自分としては、好感触だと感じましたが
それは先方もそう思ってくれなければ採用にはつながらないわけですし

今の時点では、受かるか落ちるかは五分五分だと思うので
あまり、どうのこうのと書くことは難しいです。

ただ、1次面接のときに、面接の終わりに「何か質問はありますか?」と
聞かれて、自分の中で一番の懸念事項だったことを聞いてみました。

「こちらの都合ばかりを言うようで大変恐縮なのですが
今の職場の派遣契約が、今年の年末までとなっています。

もし今回、採用していただけることになった場合に、来年1月からでないと
勤務開始することができません。
それまで待っていただくことは可能なのでしょうか。」と。

その1次面接のときには、1人の面接官は「今回応募いただいたときに
希望転職時期が『今すぐ』ではなく『3ヵ月以内』となっていたので、

こちらとしては、おそらく契約更新とかそういう縛りがあって
すぐには転職できないんだろうなというのは、わかっていましたよ」と
おっしゃっていただき、

さらに、もう1人、部長クラスの方がいたのですが、その方は
「今の時点では、正直、確実に1月まで待てます、とははっきりとは申し上げられませんし、
今後、もし(この面接の結果次第で)話が良い方向に進んだ場合は、
お互いの仕事の状況の兼ね合いとかを見ながら
勤務開始時期を相談していければ・・・と考えています」とおっしゃいました。


まだ、具体的に採用されるかどうかもわからないのに、
この質問をするのもどうか?と自分でも思いましたが
「11月から来てください」とか言われても、それはそれで、今の職場のこともあるし、
困るので、はっきりさせておきたいと思っていたのです。

ただ、もし本当に採用となった場合、私も「どうしても来年1月から」と押し通すのもどうかと思い、
部長クラスの面接官がおっしゃったように
「勤務開始時期は、今後のお互いの状況で、相談の上で調整したいと思いますので、
もし採用が決まった場合で『少しでも早く』ということになったときには
調整できるように努力致します」と答えました。


そして今回の2次面接では、その部長クラスの方は不在だったのですが
もう1人の男性面接官からは「もし、このお話がいい方向に進んだとしたらと
仮定しての話になりますが、来年1月からの勤務でなければ難しい・・・と
いうことでしたが、

それが今の時点で(合否への)不利な条件にはならないので安心してください。」
と言ってもらえたので、もし少しでも早く入社できる人を
募集しているのであれば、その時点では私はアウトだな・・・と思っていたので
少し安心しました。

2次面接は「今日はお互いの理解をより深める場にしたいと思います」と
人事担当の面接官に言われ、時にはお互いに爆笑したりと
終始和やかなムードの中で行われました。


自分ではあっという間だった気もしますが
終わってみるとやはり1時間近くも面接を受けていたようで、
帰宅したらドッと疲れが出てしまいました。
(会社を休みにしておいてよかった~!)と思いましたね。



男性の面接官は、もし採用された場合は直属の上司になる方のようでしたが
感じがいい方だったので、この会社に決まるといいな~と思いました。

面接の結果は、他にも受けている人がいるので、申し訳ないけど
10~14日くらいは審議に時間がほしいと言われました。

もうやるだけのことはやったのだし、今さらジタバタしても仕方ないので
あとは気長に結果を待つだけです。
2次で最終ということなので、これで決まれば嬉しいですし、
もしダメだったら転職活動はまた振り出しに戻りますが
今回の面接には後悔はありません。


ところで、引き続きタイ旅行記の続きも、書いてま〜す。
実はここのブログで読者プレゼントを計画中なのですが
住所とか書きたくない人もいるだろうし・・・どうやってやろうかしらと
ちょっと考え中です。決まり次第アップしますのでお楽しみに!
プレゼントはタイで買ってきたものです。

October 13, 2015

もうじき2次面接

 今週は、現在受けている会社の2次選考があります。
筆記と面接の両方ということですが、面接も予定では50分前後と聞いているので
一体何を聞かれるんだろう?と今からドキドキしてしまいます。

そして、今の職場は、その日は休みをもらうことができました。
周りも、私が有休が余っているのを知っているので「あ、有休消化のためですよね」
という感じで、休みの理由までは深く聞かれずに済んで助かりました。


今の職場では、私の契約満了が2ヵ月後に迫ってきたからか
ボスの動きが最近すごいことになっています。

私とボスは、席も離れているし、ペアで組んでいる社員も別なのですが
彼女は私と組んでいる男性社員のところに、何度も足繁くやってきては

「私の仕事はだいぶ減ってきて手が空いてるんで、仕事くれればやりますよ」と
毎日のようにアピールしてきます。
そのアピールは、自分がペアで組んでいる社員にすればいいのに。

そして「ななこさんは、もう残り2ヵ月ないもんね~。」とかなり嬉しそうな顔をしながら
私の隣りに座っている男性社員に言ってくるので

他の派遣仲間からは「ボスは、ななこさんの抜けたあとのポジションを狙ってる!」と
言われています。。。

どっちみち、来年春にはなくなるポジションなので、私としては
狙われようが何しようが、もうじき関係なくなるのですが

ボスが何かにつけて「ななこさんは年内で終了」的な発言を繰り返しているのを見ると
けっこうげんなりしてきます。


先日、1次面接のときに「職場の人間関係で、苦手なタイプの人はいますか?
もしくは、上司で苦手なタイプはどんな人ですか?」

と聞かれて、思わず「ボスみたいに『自分は、自分は・・・』と自己主張の強い人が
苦手です・・・」と答えそうになりましたが
さすがにそんなことも言えるわけもなく
当たり障りのない回答をするに留めておきました。

2次面接なんて久しぶり過ぎて、不安も大きいのですが
あとはやるしかありません。

October 11, 2015

死と誕生

 今日、乳がん仲間が亡くなったことを知りました。

主治医の先生主催の患者会で知り合い、その後はその中でも親しくなった数名で
一緒に食事に行ったり、日帰り温泉へ行ったりする間柄でした。

彼女とはFacebookでつながっていたので、だんなさんとお出かけする様子や
「素敵なレストランで美味しい物を食べました」と写真がよくアップされていたので
いつも楽しみに見ていました。

その後、8月以降はずっとバタバタしていたので、
Facebookの記事は誰の記事であっても
サラーっと斜め読みする程度に留めていたのですが

今日になって、ふと(そういえば、最近、○○さんの記事がアップされていないな・・・)と
思い出したのです。

知り合ったときには、すでに再発治療をされていて「今まで、いろいろな薬を試してきたけど
いよいよ、使える薬がなくなってきたのよね~」と話されているのも知っていました。


(・・・なんだか胸騒ぎがする・・・)と思い、彼女のFacebookのページを見に行くと
8月以降、更新は止まったまま。


彼女のだんなさんのページも知っていたので、慌てて見に行くと


「○○の四十九日が終わりました。(以下略)。」と書かれていて

(ああ、そうだったのか・・・。○○さん、残念です、ちっとも知らなかったよ・・・。)
と衝撃を受け、呼吸が止まりそうになってしまいました。


ずっと頑張って治療をされていたのを知っていたので
やはり、同病の、同世代の仲間が亡くなったのを知るのは、何よりもショックです。


一方、同じくFacebookでつながっている、ある後輩が今日、2人目の子供を
出産して、その子の写真がアップされているのも見ました。

ここで、初めて、涙がこぼれました。


亡くなった○○さんは、結婚して数年、そろそろ子供が欲しいね、と話していたときに
乳がんにかかり、その後はずっと治療に専念することになり
子供をもつことはできなくなったと話していました。


一方、子供を出産した後輩は、幸福で満ち足りた表情をした、マリア様みたいな
お顔で写真に写っていました。

2人の人生を比べてはいけない・・・と思いつつも、
偶然にも、同じ日に、死と誕生の記事を見ることになり、言葉では言い表せないほどの
複雑な気持ちです。


それでも今日は、○○さんのことを偲びたいと思います。

October 08, 2015

働きながらの転職活動も意外と大変!

 10月に入ってから(というよりも、バンコクから帰ってきた次の日から)扁桃腺が腫れてしまい、
ずっと体調が不調な状態が続いています。

(これは、扁桃腺をやられるな・・・)と思い、早々に耳鼻科へ行って早めに手を打ちましたが
間に合いませんでした。
熱は出ないので、会社には行ってますが、鼻声で声も出づらいので
1日が本当に長いです。

まだまだ有休も余っているし、こういうときこそ休みを使いたいのですが
さすがに、タイ旅行で大型連休をとったばかりだし
耳鼻科へ行くのに、遅刻と早退を何度かやっているので、雰囲気的には
休みたいと言いづらい雰囲気です。

そして何よりも、来週末に、少し前に受けた会社の2次選考の日程が決まったのですが
今月は仕事が忙しく、やはり休みが欲しいと言いづらい状況です。

まあ、面接は午前中なので、適当に理由をつけて、午前中だけ休ませてもらって
午後から出勤・・・というのでもいいのですが

さすがに、面接を受けたスーツ姿で今の会社に出勤するのもまずいので
面接後、どこかで私服に着替えなければなりません。

派遣社員も、正社員みたいに「フレックス勤務」が使えればいいのですが
今の派遣会社の規定では「半休」という制度もないので
形としては半日休みであっても、正確には「遅刻か早退」という扱いになってしまいます。

時給制である以上、遅刻か早退の場合は、お給料から引かれてしまうので
私としては、有休を使わせてもらったほうがお得なのですが
あまり無理なこともできないので、ここは転職活動だし割り切るしかないかなと思っています。

今の職場は、半年以内に業務が関連会社に完全に移管されると以前書きました。
今月に入ってから、職場の人員配置は完全に「空中分解」状態で
正社員はどんどん他部署や、関連会社に異動や出向をさせられています。
徐々に人が減らされ始めています。

年内で契約が満了になる私はともかく、他の派遣社員たちは「来年以降、仕事はあるの
だろうか」と、心配する声もちらほら聞こえ始めています。

おそらく、全員が全員次の派遣先を紹介してもらえるわけでもなさそうなので
派遣社員の中には、契約満了を待たずに、自分から今の職場を辞めて
次の職場に転職していく人も出始めています。

私も、モタモタしていられないな~。

今、選考が進んでいる会社に決まれば嬉しいけど、ダメだったときのことを考えると
落ち込みそうになるので、2次面接では、しっかり答えられるように
企業研究をみっちりやって、後悔しないようにしたいです。

October 03, 2015

帰ってきてから、だるだるな日々でした

 旅行から帰ってきて、翌日会社へ行ったところ、風邪をひいている人がたくさんいて
びっくりしてしまいました。

そして、オフィスの環境はというと、窓は開かず空調だけで調整しているため
もともと空気が澱んでいるのか、私も夕方くらいからノドが痛くなり始めました。

一足先にバンコクから帰国した同僚も、日本に戻った途端に
気管支炎が悪化してしまい、体調不良のまま仕事を続けていました。

今回は時差もきつくなかったので、現地では本当に体調から何から絶好調だったのですが
日本に戻ってからは、なかなか疲れが抜けず(あまり考えたくないけど、年のせいかな~)なんて思っています。

40歳を過ぎると、20代や30代の頃のように、すぐには疲れが抜けないものなんですね~。
週末になり、ようやく疲れが抜けてきた気がしますが
現地でちょっと張り切りすぎたのかもしれません。


旅行から帰ってきた翌日、休養のため1日予備日をとってありましたが
実は、出発前に1社応募しておいた会社から書類選考通過の連絡をいただき
その予備日の日に、1次面接を受けてきました。

旅行前に履歴書と職務経歴書を用意しておきたかったのですが
準備で間に合わず、現地で空いた時間に書こうと思って書類一式持って行きましたが
結局それもできず、帰国した日の夜に慌てて書類を仕上げて
翌日の午前中に1次面接がありました。


面接官は3人で、多少緊張はしたものの、雰囲気も良かったので(通るといいな・・・)と思いながら
結果待ちをしていたところ、昨日「2次面接のご案内」をいただきました。

2次面接は10日くらい先になりそうですが、ようやく一歩前進しました。
書類選考落ちすることも多い中、久しぶりに次の選考に進むことができて嬉しいです。

このあとは、次の面接に備えて対策を立てなくては・・・。
先日の1次面接のときには、準備不足な部分があったので、今度はそれを克服したいです。


さて、先日のタイ旅行の
ダイジェスト版を書き始めました。

さらさらと時系列で書いただけなので、面白さには欠けますが
向こうでどんな風に過ごしていたのか気になる方はどうぞ(^o^)



バンコクへ旅行していた間、川島なお美さんが亡くなったり
北斗晶さんが乳がんになられたりして、悲しいニュースが多かったですね。
私は、現地であとから合流してきた友人から聞いて、そのことを知りました。

病気は、どんなに気をつけていてもなるときはなりますし
特にがんの治療法(抗がん剤など)については、本人の希望もあると思うので
周りがとやかく言うことではないと思います。


抗がん剤は絶対やりたくない!という人もいるでしょうし
脱毛により、外見が大きく変わってしまうことを恐れる人もいるでしょう。

私も、抗がん剤治療中のときのことは、もう二度と思い出したくないほど
つらいことが多かったですが、でも当時でやれる限りの
一番強い組み合わせの抗がん剤をやったから、なんとかここまで
来れたのではないかな?と思うこともよくあります。

普段、あまり幸せを感じる方ではありませんが
先日のように、行きたい国に旅行に行ったり、愛鳥のインコと遊んだり
はたまた、次の面接に進めることになったことについては
素直に嬉しく思っています。


バンコク一のパワースポットと呼ばれる、エラワンの祠で私が祈ってきたことは
自分のことについて、ではなく、

今、乳がんの治療でつらい思いをしている人が、元気になれますように・・・!でした。
本当に、自然にそう思いました。

« September 2015 | Main | November 2015 »