管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« May 2015 | Main | July 2015 »

June 2015

June 30, 2015

死ぬ気で生きろ!と思ってしまう・・・

 今日の東海道新幹線での焼身自殺のニュースは怖かったですね。

ちょうど職場にいたときなので、周りも騒然としていました。
目の前で油かぶって火をつけられても、逃げ場がないし、そもそもいきなり目の前で
そんなことをされても、一体何が起きているのか、わからないと思います。
本当におそろしい・・・。

死ぬ勇気があるなら、これから先何があっても生きていけそうな気がしますが
そこまで痛い思いをして自殺するというのはなんなんでしょうね・・・。

私が小学3年生くらいの頃、自宅近くの踏切で父と買い物に行った帰り
遮断機が下りたので、電車が通過するのを待っていたのです。

その踏切は駅のホームと近いのですが
事もあろうにホームの端から、女性客が特急電車に飛び込んだのです。
そのときのすさまじい衝撃音は、未だに忘れることができません。

飛び込む瞬間を見たわけではありませんが、次の瞬間
私と父が待っていた踏切のあたりにまで肉片が飛んできて
近くにいた人が「ホームの下に片足(大腿骨から下)が落ちている!」と叫ぶと
周囲にいた人たちがパニック状態に・・・。

でもその踏切を渡らないと家に帰れないので
父は私が怖がるからと、私を抱きかかえて踏切を渡ってくれました。

こんな話も今日のニュースを聞くまでは忘れていましたが
フラッシュバックというか、思い出してしまうものですね。

飛行機みたいに手荷物検査などもなく、フリーパスだし
今までは「そんなことをする人のことは想定していない」だったのが
今回の件がきっかけで、セキュリティーチェックが厳しくなるのかも???
とも思いましたが、いきなりは無理だと思うので
東京オリンピックが開催されるまでに・・・の課題になりそうですね。


仕事中に、JALの国際線予約センターから携帯に着信がありましたが
(たぶん、キャンセル待ちがとれたという連絡だろうな)と思ったので
仕事が終わったあとに、折り返し連絡してみました。

そんなすぐにはOKにならないだろうと思っていたのに
すんなりとキャンセル待ちの飛行機が予約できてちょっとびっくり。

でもこれで、帰りはゆっくり空港に行けばよくなり、余計な1泊をしなくてよくなったので
これからじっくりと旅行のプランを立てようと思います。

バンコクにはホテル勤務時代の同期が、もう10年近く住んで向こうで働いているので
向こうに行くときは会うのですが、今回も連絡がとれて会うことになりそうです。
パワフルな人なので、会うのが楽しみ!

それにしても、JALの予約センターはなっかなか電話がつながらないです!
電話がセンターにつながっても「ただいま、電話が混みあっております。
このままお待ちいただくか、しばらくしたらおかけ直しください」の
アナウンスが流れるのを聞きながら、15分は待ちましたね。

(こんなに待つなら電話を切りたい)と思ったけど、
たぶんいつ電話してもつながりにくいんだろうし、キャンセル待ちで空きが出た
空席が次の人にまわされてしまうかもしれない・・・と思ったら
やはり待ってでも担当者と話さねば!と思いました。


昨日も帰りが遅かったので、今日はちょっとだけ残業してさっさと帰ってきました。


最近のブログはちょっと文章が雑というか、粗くてすみません。

June 28, 2015

行くと決めてからは早い

旅行のサイトでバンコクの高級ホテル2泊分の宿泊券が当たったのが 今月の初めのことでした。
その間、行こうかどうしようか悩んだり・・・。

そもそもなんで悩んだのかというと、久しぶりの海外で久しぶりの1人旅になりそうだからです。
国内は何度も1人旅してきたものの 海外1人旅は、7~8年前に1度しかしたことがありません。
しかも海外へ行くのも約4年ぶりでタイは5年ぶりです。

海外初1人旅も バンコクでしたが、あのときも出発前はけっこう不安だらけで (本当に大丈夫かな~?)なんて思ったものでした。

でも、せっかく当たったのだし、往復の航空券は貯まっているマイレージで なんとかなりそう・・・
そして、やっぱりバンコクは好きな都市で 過去に3回行ってるから、
まあ今回も何とかなるのでは???という気持ちが勝ちまして 「行く!」と決めてからは、
連日のようにリサーチしています。

とりあえず、会社へ行ってるときだと航空券の予約もできないので
今日は航空券を押さえるところからスタート。

JALのマイルでバンコク往復できるくらいは貯まっているのですが
これを全部使いきるのはもったいない気がして
今回は片道だけJALのマイルを使うことにして、残りの片道は、UAのマイルを使うことにしました。

行く時期はシルバーウィークを絡めてにしようと思ってますが
まず、UAのマイルだと空席があるのが日程的に東京(羽田・成田)→バンコク線のみで
帰りのバンコク→東京線は満席でとれない感じです。

そして、一方のJALはというと、どちらかというと帰りのバンコク→東京線なら空席がありました。
でも、今ってバンコク→成田線の深夜便ってなくなってしまったんですね~。
羽田にもっていかれてしまったのでしょうか。
バンコク発の成田着深夜便が予約できたら、最高だったのですが・・・。
成田の方が家から近いからというのがその理由なんですが。

バンコク→羽田線の深夜便もすでに満席でとることができず
「バンコク深夜発→名古屋(中部国際空港)経由→成田着なら、まだ空いてます」と予約センターの人に提案されたものの
もしその便にすると、中部国際空港で約5時間半くらいの乗り継ぎ時間があるため、それもなあ~・・・と思い、その案はやめにしました。
結局、最後の1席だった、午前発のバンコク→成田線の予約をかろうじてすることができました。

う~ん、でもこれだと空港には朝6時前には行かなくてはならず
最終日1泊の宿泊代が無駄な気がするので
一応、前日夜のバンコク→羽田線の深夜便をキャンセル待ちかけています。
深夜便だったら、飛行機に乗るのが夜なので、最終日も有意義に過ごせそうなんですけどね。

行きは、まだかなり空席があるみたいなので日程を1日早めるか悩んでいて
1日早めるなら、タイ国際航空、1日短くてもよいのならANAで予約できそうな感じです。
これも2・3日中には予約しようと思っています。

ちなみに、JALのマイレージで国際線・・・しかも片道のみ予約するのは今回が初めてなのですが
片道のみの利用の場合、発券手数料はかかるわ、その発券手数料・税金・燃油サーチャージなど
合計1万円近くを、これまたe-JALポイントで支払おうと思っていたら

「申し訳ございませんが、片道での予約の場合は、e-JALポイントは使うことができないので、クレジットカードでの決済をお願いします」と言われてしまいました。

何よりも、片道での予約の場合、ネットで予約をすることできないので
JALマイレージの国際線予約センターに直接電話しないとダメなんですね。
今回初めて経験することばかりで、いろいろ勉強になりました。

現地には今のところ4~5泊するつもりでいます。
ホテルも、駅から近くて比較的新しいホテルで探すつもりです。
バンコクはホテルの数がやたらめったら多いので、ホテル選びも難航しそうな感じです(笑)
これからしばらく、バンコクの話題が多くなるかもしれません。

June 27, 2015

仕事しかしてない・・・!?

 今週も残業が続いて「家と会社の往復」だけの毎日でした。
こう残業が続くと、家に帰ると本当に何もする時間がありません。

「軽くご飯食べて、あとは寝るだけ」。

(働くことしかしていない。いいのかな~、こんなんで???)と思うことも多いのですが
職場で、他の派遣仲間たちも「最近、無性に肉が食べたい!って思うことが
多いのよね~」と話しているのを聞くと

やっぱりみんな、繁忙期だから疲れが溜まっているんだろうな~と思います。

私も、疲れてくるとお肉が食べたくなります。


ところで、私は本を読むのが大好きなのですが
少し前に「第22回 東京国際ブックフェア」の招待券が送られてきました。

何年か前に行ったきり行ってないのですが、一度でも行くと記録に残るのか
その後は毎年のように招待券が送られてくるようになりました。
しかも、周りで他に行きたい人がいたら、招待券を配ってという意味なのか
複数枚同封されていました。

ここ数年はタイミングが合わず、なかなか行けなかったのですが
次の週末に開催されるので、気が向いたら行こうかなと思っています。

あらゆるジャンルの本が特別価格になるのと、バックナンバーも充実しているので気になります。

ただ、会場が有明の東京ビックサイトなのでうちからだとちょっと遠いんですが
年に一度の本の祭典だから、やっぱり行っておくべきか・・・。


今は林真理子さんの『中島ハルコの恋愛相談室』という新刊を読んでいて、このあとは湊かなえさんの『リバース』、小池真理子さんの『モンローが死んだ日』、
そして少し前までドラマがやってましたが、池井戸潤さんの『ようこそわが家へ』を読むつもりです。
『モンローが死んだ日』を除いて、いずれも娯楽小説の部類に入ると思うのですが、気楽に読むにはちょうどいいかなと思います。


タイ・バンコク旅行のこともいろいろ調べ始めています。
バンコクへ行くのは5年ぶり・・・というか、海外旅行へ行くこと自体が久しぶりなので、事前にきちんとリサーチしておかないと・・・と思っています。

以前は1バーツ=2.8円くらいだったと思いますが、今は円安なので
1バーツ=4円近くするみたいです。
タイはどんどん経済発展して、最近は訪日観光客も増えているので
今行ったら5年前とはだいぶ変わっているんだろうな~と思っています。

当選した宿泊券のホテルのホームページで、該当するお部屋の写真を見てみたところ
1人で泊まるにはもったいないお部屋のように見えました。

快適なお部屋だと、もう外に出たくなくなってしまいそうな気もしますが
タイへ行くからには、マッサージも受けたいし、美味しいタイ料理も食べたいし
チャオプラヤー川沿いのリバービューがとても好きなので
また寺院めぐりをしてもいいかな~とも考えています。

日頃、仕事でお疲れ気味なので、この機会にしっかりリフレッシュ・・・ならぬエスケープしようと思います。






June 21, 2015

回復してきました

先週は週の半ばで風邪をひき、病院へ行くために遅刻2回、そして残業はしなかったため
仕事にかなり遅れが出てしまいました。

まあ体調の悪い時に無理したところで、ミスするのがオチなので、周りの人たちが遅くまで残業するなか
申し訳ないと思いながらも、さっさと帰宅していました。

この週末、たっぷり睡眠をとったらようやく回復してきました。
やっぱり、会社へ行ってると風邪はなかなか治らないと実感しました。
休養が第一ですね。

そして、この週末は妹と甥っ子も帰省していたのですが、甥っ子のちびっこパワーにまた振り回され、
こんなパワフル坊やと24時間接している妹は、すごいな~と思いました。


甥っ子が、私の部屋にある物をよく壊したり、グチャグチャにしたりしてしまうので
今回、今までにない勢いで私が怒ったのです。

「りっくん、私の物を壊したでしょ!もう、りっくんなんてキライ!あっちへ行って!」

すると、甥っ子は一瞬目を丸くして、すごい勢いでダーッと走って向こうの部屋へ行ってしまいました。

10分くらい経っても戻って来ないので(あれ?)と思っていたら
母が慌てた感じで私の部屋へ来て「りっくんが『ななちゃんに、キライって言われた・・・』と
言って、ショックを受けた顔をして、向こうの部屋で泣いてる」と言われ
今度は私が慌てる番でした。

りっくんのいる部屋へ行くと、彼は背を向けていじけた感じで座っていました。

「りっくん?」と呼びかけると、振り向いた顔は、涙をためてこぼれる寸前。

「私に怒られたから、泣いてるの?」と聞くと

「ななちゃんにキライって言われたから・・・ひっく、ひっく」という感じで

内心(かわいい~。甥っ子の、この涙ためてる顔が好きなのよね~)と悪魔みたいなことを思いながら

「りっくん、私の部屋の物を壊したりしないでね。仲直りしようか。こっちにおいで」
と言って抱き上げたら

甥っ子の目から、大粒の涙がボロボロとこぼれ「ななちゃん、ごめんなさい」と言われて
無事に仲直りしました。


妹に聞いたところによると、甥っ子は日頃から「キライ」と言う言葉にとても敏感なのだそうです。
そうとは知らず、私は地雷を踏んでしまったようなのですが。


甥っ子はもうじき5歳になりますが、同い年の子に比べて頭1つ分背が高く
見かけも小学生みたいなので、よく「小学生?」と間違われるそうなのです。

私も、見かけが子供なのでついつい普通に接してしまうのですが、まだ幼児なのでこれからはあまり本気で怒るのはやめようと思いました。


明日からまた会社です。週末は本当にあっという間でした。
今週はあまり無理しないように、ぼちぼちいきたいと思います。

June 17, 2015

今度は風邪ひいてます

繁忙期に入って10日ほど経ちましたが、ここに来て風邪をひいてしまい
今日は絶不調な中、会社へ行きました。

今の時期は、日々の納期に追われている状況なので
休むに休めない状況です。

5月の終わりごろから、会社では「のど風邪」をひいている人が多く
今のオフィスは窓も開かないで、空調だけで調整されていることもあって
空気がよどんでいる気はしていました。


今日は、午前中は耳鼻科へ寄り、お昼から出勤しましたが
さすがに今日は残業はせず、そそくさと帰ってきました。

さて、帰宅したらポストに「赤ちゃんがうまれました」ハガキが入っていました。
誰かと思ったら、親戚のお兄さんからで、
「なんと結婚16年目にして待望の子宝を授かりました」と書かれていました。

そのお兄さんは、母方の親戚で、母親同士がいとこ同士なので
私にとっては「はとこ」にあたります。

お兄さんは私より4歳年上なので、47歳。
奥さんは確か39歳。


私はあまり交流がないので、連絡とったりはしていませんが
母が早速連絡をとってお祝いの言葉を伝えたところ

奥さんは4年前に子宮頸がんを患って、その後の出産だったことを知らされました。

母は、お兄さんの母親に「お子さんはまだなの?」と聞いたときに
『あの子たちは子供は作らない主義だ』と言ってたのに
実際は不妊治療してたのね~」と言い出し

「いくら親戚だからって、お子さんはまだなの?なんて聞いたらだめだよ。
そうやって聞いてくる人がいるから(お兄さんのお母さんは)子供を作らない主義だと言って、世間の目をかわしていたんだと思うよ」と
たしなめたら、ちょっとシュン・・・としていました。

子宮頸がんは、不妊治療をしているさなかに発覚したそうで
そのとき通っていた大学病院に、頸がんの手術に強い専門医がいたそうなのです。


いい先生に当たり、適切な治療を受けることができると
その後の人生に大きな差がつくものなんだな~と思いました。


うちは、母が40代前半で子宮がんをやって手術しているし
父も40代後半と、60代前半で消化器系のがんを2度も手術をしているし
さらには私も30代前半で手術しているし

両親からは「うちはみんな大病したことがあるのに、よくここまでこれたものだ」
と時々言われることがあります。

母は早期での発見でしたが、父と私は早期ではなかったので
発見が遅れていたら、今頃3人とも生きてはいなかったのかもしれません。
そう考えると、いろんな偶然とめぐり合わせがあって「今」がある、とも思えてきます。


それにしても、男の人は47歳でも子供をもてていいなあ~と素直に思います。
これから子供を育てていくのは大変だと思うけど
病を乗り越えて授かった命だから、余計に嬉しいんだろうなあと思います。


週末は、甥っ子が遊びに来るので、風邪を早く治したいです。







June 14, 2015

江ノ電さんぽ♪

昨日の続きです。

長谷寺での激混みぶりに、げんなりしてしまい
そのまま反対方向の江ノ電に乗って「鎌倉高校前駅」で下車してみました。


Dsc06557_1

この駅は、駅の目の前が海なのです。
Dsc06558_1

昨日は曇っていたので、海との境界線が不鮮明ではありますが
青空の日なら、海の色もきっときれいなブルーになるんだろうと思います。

Dsc06546_1

そして、こちらの駅にはもう1つ有名なスポットがあります。
私は読んだことがないのですが『スラムダンク』で有名な踏切なのだそうです。

日本人よりも、台湾人の間で有名らしく、この踏切のまわりには
台湾人観光客が20人くらいいて、みんなカメラを構えていました。

Dsc06552_1

相変わらず、超満員の江ノ電・・・。
Dsc06549_1

鎌倉高校前駅でしばしのんびりしたあと、再び江ノ電に乗って鎌倉駅へ戻りました。
小町通りを歩いて、そのまま鶴岡八幡宮へ。

Dsc06570_1

この時点で夕方4時くらいだったのに、まだかなりの人出でした。
Dsc06571_1

鎌倉へ来ると、毎回のようにこちらでお参りしています。
Dsc06575_1

3年前から御朱印を集め始めたので
今回は長谷寺と鶴岡八幡宮のどちらもいただきました。
 

Img_9602_1_3

Img_9603_1

今回は、はじめて江ノ電で奥の方の駅まで足を延ばしてみましたが
鎌倉高校前駅の、海の風景にとても癒されました。

鎌倉へは2~3年おきに行ってますが、今回もとてもよかったので
またゆっくり行きたいと思います。


少し前に書いた「ブログをやっててよかった話」、実は海外旅行が当たってしまいました。
正確には(ここのブログではなく、旅行記を書いている方のブログで応募して)
「海外の高級ホテル2泊分」が当選です。
ネットで見た限りでは、ランク的には4ツ星クラスみたいです。

当選の条件として、帰国後に宿泊したホテルの旅行記を書き上げることが条件なんですが。

航空券はついていないので、当選の連絡をいただいたときに2日くらい悩んだんですけど
JALや他社のマイレージがけっこう貯まっているので、これを充当すれば
往復の航空券と、現地のホテル代プラス2泊分くらいはまかなえると思い
「行きます」と返事をしました。

問題は、ホテルの宿泊券2泊分というのは、2名分なんです。
ただ、航空券もついていないので、誘うにしても誰でもOKというわけにはいかないし
そもそも、このくらいの年齢になってくると、海外旅行に行けそうな人自体が
けっこう限られてきます。

日帰りなら誘えても、海外となると誰を誘うにしてもハードルが高くなります。

まずはパスポートを持っている人、そしてできればマイルを貯めていそうな人、
そしてここ数年以内に海外へ行ったことのある友人に
声をかけてみようかなと思っています。

もともと私以上に海外旅行が好きな母にも、迷った末に今日初めてこの話をして
声をかけてはみましたが
父の介護の問題があるので「行きたいけど、無理よ・・・」と言われ
本当は私も行ってる場合じゃないのかもしれない・・・と思いながらも

「でもせっかく当たったんだし、誰か行ってくれそうなお友達を探して
行って来たらいいじゃないの」と言ってもらえたので
自分の中でかなり葛藤しながらも、やはり行こうと思いました。

ちなみに、私は1年半くらい前にパスポートを切らしているので
また新しいパスポートを取得しなければなりません。

行先は、タイのバンコクです。
自分の中では今まで行った中で1・2を争うくらい、好きな場所です。
(行きたい)と思っていたから、当たったのかなあと思えるくらいです。

でも、当選した宿泊バウチャー券の有効期限が今年の10月末までなので
意外と時間がありません。

会社の休みをとる調整もしないといけないし、同行者が見つからなければ
1人で行くことになるので、しっかりリサーチしないと・・・です。

ただ、バンコクは過去に3回行ってるし、以前にも1人で行ったこともあるし
一応土地勘はあるし
今みたいに強烈な円安の時期でも、他の国に比べたら物価は安そうなので
当たったのがバンコクでよかった!と思っています。


明日からまた仕事です。職場ではのど風邪などで体調を崩している人も多いです。

今週は連日残業になりそうなので体力がもつか心配ですが
楽しみができたので、それを励みに頑張りたいと思います。

June 13, 2015

鎌倉さんぽ♪

今週の残業疲れで、さすがに今朝は早起きできませんでした。

でも、あじさいが満開の鎌倉へ行くならやっぱり今しかない!ということで
朝10時ごろ、千葉県内を出発。

電車で片道2時間くらいかかりますが、行ってきましたよ~。

 

土曜日ということもあって、総武快速線(横須賀線直通)は東京駅までは混み混みでしたが
それを過ぎたら空席も目立つくらい空いていました。



Dsc06481_1_2

いつもなら1つ手前の北鎌倉で下車して、鎌倉駅までの道のりを散策するのですが
今日は半日しか時間がないので、そのまま鎌倉へ行き、江ノ電に乗り換えて
長谷寺へ向かいました。

しかし、このあじさいが満開の時期の江ノ電を甘く見ていました。
江ノ電は4両編成と短く、ホームも狭いこともあって
鎌倉駅も長谷駅も人であふれかえっていました。

 

江ノ電に乗るにも20分以上かかるし、車内はすし詰め状態。
でもせっかく来たから帰るわけにもいかないし
そのまま長谷駅へ向かいました。

長谷駅でも人があふれかえっていて、ちょうどお昼どきだったこともあり
長谷寺へ直行はせず、先に寺の近くのカフェでランチしました。

こんな古民家風のカフェに入りました↓

Dsc06492_1_2

Dsc06490_1
野菜がたっぷりのガレットを注文。

隣りには、今日が初デートと思われる社会人カップルがいて
(聞いちゃまずい)と思いながらも、テーブルの間隔が近かったこともあって
今日1日のデートプランとか、会話の内容が丸聞こえ。。。

でも、彼のほうが彼女を好きなんだろうな~というのがすごくよく伝わってきて
ほっこりした気持ちになりました。

そして、いよいよ長谷寺へ。

Dsc06541_1

これ↓には目を疑いました(驚)
Dsc06493_1

Dsc06531_1

Dsc06512_1

Dsc06510_1
よくよく見ると、足元に「良縁地蔵」とありました。

Dsc06501_1

それにしても、ちょっと今回はリサーチ不足だったな。。。と反省しました。

今年は近隣にある成就院という、あじさいの名所のお寺さんが
あじさいの植え替えのためにあじさいが見られないそうなのです。
だから、長谷寺と明月院にあじさい鑑賞希望の観光客が殺到しているようでした。

さすがにこれから150分も待つ気力はないので「あじさいの路」はあきらめ
長谷寺の境内を散策して、江ノ電さんぽをすることにしました。

(続く)

June 12, 2015

残業パラダイス、スタート!

今週から本格的に繁忙期に突入したので、連日3時間超えの残業が続いています。
家に帰ってくると大体23時前後ですかね。

今日は、21:30頃勤務を終えて、さらにそのあと
派遣仲間から「ご飯食べて帰らない?」と誘われ、帰宅したら24時をまわっていました。

これから毎日、帰りが遅くなるのだと思われます。


明日は、日帰りでぷらっと出かけるつもりでしたが
朝起きれるかどうかわからないので、起きることができたら、出かけようと思います。


今週はよく働いた1週間でした。。。

みなさまもよい週末を!

June 07, 2015

菖蒲とあじさいを堪能しました@小岩菖蒲園

 昨年も行ったのですが、今年も「小岩菖蒲園」へ行ってきました。
東京都と千葉県の県境を流れる、江戸川の河川敷にあります。

京成電鉄の江戸川駅から、徒歩2分くらいで行けますが
各駅停車しか停まらない駅なので、注意が必要です。


Dsc06340_1_2

こんな感じ↓で菖蒲が咲き乱れていました
Dsc06370_1


Dsc06355_1

Dsc06368_1

菖蒲は儚げで優美で本当にきれい・・・。
そして、この時期、菖蒲と同じくらいきれいな紫陽花が楽しめます。
この鮮やかなパープルは特に好きな色です。

Dsc06345_1_2

Dsc06346_1

Dsc06381
↑上の紫陽花は、これから開花するんだと思いますが
中央のつぼみがみずみずしいですよね。

Dsc06396_1


Dsc06424_1


Dsc06468_1

Dsc06417_1

Dsc06466_1

菖蒲を見に行ったはずなのに、紫陽花の写真が圧倒的に多くなってしまいました。。。

本当は、鎌倉の明月院へ行こうかなと思ってましたが
毎年激混みのようなので、気軽に行ける方をとってしまいました。


Dsc06449_1

Dsc06352_1


Dsc06375_1

小岩菖蒲園は、今月いっぱいくらいは菖蒲が楽しめるようですので
週末にぷらっと出かけるにはおすすめですよ!


June 05, 2015

職場の話ばかりですが・・・

 職場はいよいよ繁忙期に突入しまして、だんだん忙しくなってきました。

そして忙しいさなかにも、昨日は直属の上司の送別会があり
都内で遅くまで飲み会でした。

仕事が終わってから、3時間飲み放題コースって一体・・・(笑)

これが金曜日なら、翌日のことを考えずに飲むところですが
まだ今日1日残っていたので、多少セーブはしたものの

今朝は周りの人も含めて「二日酔い」の人が多く、私も午前中はだるい気分の中で
仕事をしていました。

以前は前日お酒を飲んでも、翌日まで持ち越すことはほとんどなかったものの
最近はやっぱり残りますね~。


週明け月曜日にもまた「大送別会」という名目で、同じく3時間飲み放題コースの
飲み会があるとお誘いを受けましたが

もうあまりにも毎週飲み会がありすぎるので、月曜日のは参加しないことにしました。



ところで話は変わりますが、毎年この時期になると会社の「健康診断」を受けることになっています。

職場で一緒にお昼を食べている派遣社員は、30代後半・40代・50代の女性8人というメンバーなので
必然的に「通常の健康診断に加えて、乳がんと子宮がん検診受けてる?」という話になりました。

私は今の職場(というか、お昼を一緒に食べているメンバー)には一切、乳がんの病歴のことを話していません。
そんなわけで、乳がんに関する話題が出たとしても、ひたすら黙ってます。


「30代過ぎたら、乳がん検診は受けた方がいいよ~」
「私は毎年受けてるよ」
「最近は30代で乳がんになる人が本当に増えてるんだって。
私のお友達でも、抗がん剤までやった人がいるよ。
今はその人40代後半だけど、治療中は子供が小さくて大変だったみたい」

「乳がん検診って、マンモだけでもいいのかな?」
「私は去年、右胸が石灰化してるって言われた」
「え~。子供産んでないのに、石灰化するわけ?」

「でもさあ、乳がんになったら温泉とか行けなくなりそうだよね。
本人が気にしなくても、周りが『あ、あの人の胸・・・』とか思われそうだよね」
「そういえば、男の人でも乳がんになる人っているんだってよ」
「え~!女性しかならないのかと思ってた!」

・・・とまあ、こんな感じで、お昼のメンバーは乳がん検診について
いろいろと話していましたが、私は何一つ、言葉を発することなく沈黙を守りました。

最後の最後で、誰かに「ななこさん、マンモやったことあるの?」と聞かれたので
そのときだけは「あるよ」と答えましたけど。



こういう話題が出たときは、私もつい話したい衝動にかられますけど
話しても、変な尾ひれがつきそうだし、そもそも病歴というのは超プライベートなことだし、
私にとっては弱点の部分なので
職場だけの付き合いの人には、言う必要のないことだと思っています。




最後にもう1つ別の話題。
つい最近またまた「ブログをやっていてよかった~!」と思えることがありました。
ただ、自分の中でどう対処していいかわからない状態なので
もう少し煮詰まったら、ここのブログにも書けるかなと思います。

June 01, 2015

映画の日『ラン・オールナイト』

先週金曜日の時点で、今日は「有休をとる!」と会社に宣言しておいたので
この3日間は心置きなく休むことができました。

土曜日・日曜日と体調が絶不調で、ほとんど寝込んでいたのですが
今日はさすがに回復してきて、先週までの変な疲れも抜けた気がします。
そしてこれさえ乗り切れば、また体調もすこぶる良くなると思います。

明日くらいまではロキソニンが手放せませんが
やっぱり、たまにはゆっくり休養することも大切ですね。


さて、今日は1日で「映画の日」です。
もともと映画が好きな私ですが、最近は以前に比べて映画館に足を運ぶ機会も
めっきり減りました。

でも今日は、地元の映画館でも「映画の日」の割引が効いたので
ラン・オールナイト」という映画を観てきましたよ。
 ↑クリックすると音が出るので注意!


主演は96時間シリーズのリーアム・ニーソンと、演技派俳優のエド・ハリスが親友かつ
敵役とし出演しています。
この2人、しぶくて好きなんですよね~。

リーアム・ニーソンは「96時間」を観てから好きになった俳優さんですが
エド・ハリスは、「ザ・ロック」という1996年に上映された映画を観たときから
密かに気に入っている俳優さんです。(このときの主演はショーン・コネリー。)

その後エド・ハリスは「スターリングラード(原題:Enemy at the Gates」という戦争映画で、
ジュード・ロウ演じるロシア人の天才狙撃手を、最後まで追い詰めるドイツ人の狙撃手(敵役)として再び出演しています。

「スターリングラード」は2001年制作の映画で、これはアメリカへ旅行したときの飛行機の中で観ました。
確か(今はなき)ノースウエスト航空だったと思いますが、映画のプログラム数は多かったのに、
言語は英語のみで、字幕は日本語ではなく中国語でした。
だから、あまり混み入った内容の映画だと観ても全然わからなかったのですが
「スターリングラード」は、映像さえ見ていればなんとかわかる内容だったので
太平洋横断中、この映画ばかり3回も観てしまいました。

戦争映画なので、かなりきついシーンもありましたが、このときのエド・ハリスの役が
またよかったんですよね~。

ちょっと前置きが長くなりましたが、お気に入りの俳優さん2人が出ている「ラン・オールナイト」、舞台はニューヨークの裏社会、かつ、殺し屋の話なので、どちらかというと男性向けの映画だと思います。

でも、こてこてのラブストーリーより、こういうドキドキする映画のほうが
昔から好きなんですよね。

なんとなく、「レオン」に通じるものがあったような・・・。


ただし「夜」に撮影されたシーンが多いため、映画も全編に渡って暗いシーンがほとんどでした。
明るい映画が好みの人にはおすすめできませんが、私としては「演技派俳優2人が激突する映画だった」ということで、おもしろかったです。

ちなみに、今日の映画を観ていたら、エド・ハリスがやや小柄に見えたのですが
実際は身長が175㎝あるらしく、むしろ長身なのに・・・と思っていたら
リーアム・ニーソンが190㎝超えだと知って、納得しました。
エドが小さいんじゃなくて、リーアムが大きいんですね(笑)



3日間しっかり休んだので、また明日から気を取りなおして働こうと思います。

社員さんから「6月は、残業ががっつり入るので、よろしく頼むね」と言われているし
今週と来週は、また送別会が2件も入っているので、ダウンしている場合ではありません。

« May 2015 | Main | July 2015 »