管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« これからは毎週飲み会!? | Main | 地震がありました »

May 24, 2015

いろんな意味でクタクタです

最近は、1週間が終わるともうかなりクタクタになります。
別に仕事もそこまで忙しくないんですけどね~。
体力の衰えですかね。

昔から運動が苦手なので、休みの日でも体を動かす習慣がありません。
さすがにこのままでは本当にただのおばさんになってしまう・・・という恐怖心が
最近は芽生えてきました。

体力の衰えに加えて、運動不足なのが最大の原因かも?
スポーツクラブは過去に何回かチャレンジしたけど
大体何ヵ月かすると、通わなくなってしまいます。
何か対策というか、ウォーキングとかでもいいから始めないと
これからの繁忙期も乗り切れないかも・・・。

この週末は妹と甥っ子が帰省していて、会えるのを楽しみにしていましたが
4歳の甥っ子は、パワー全開過ぎて、全身でぶつかってくるので
ずっと相手をしていると、こちらのパワーをすべて吸い取られるくらい
ぐったりしてきます。

妹は「おねえは、たまに会って可愛がるだけだからいいけど
私はこれが24時間毎日なのよ」と言うので

そういうときは「自分が好きで産んだんだから( `ー´)ノ」と言って
逃げるようにしています。


昨日は、母に教えてもらった地元の「隠れ家レストラン」へ妹と行ってきました。
完全予約制で、ホームページなどもなく、クチコミでしか知り得ないお店みたいでした。

お店の看板も、非常に小さいのしか出ていなくて
その看板も、レストランなのか何なのか、外観を見ただけではわかりません。
もちろん、メニューも店外には出されていないので
母から教えてもらうまで、私もそのお店の存在を知りませんでした。

実際に行ってみたら、創作料理の一軒家レストランで
シェフは30代後半くらいの男性が1人、そしてそのお父さんがウェイターを
やっていて、2人でお店を切り盛りしているようでした。

出されたお料理は、見た目も美しく、写真に撮りたかったのですが
昨日はなんと、私と妹2人だけの貸切状態で、オープンキッチンの
すぐ目の前の席に案内されたこともあって

シェフから写真を撮っている姿が丸見えになると失礼に当たるかと思い
本当に残念でしたが、写真は今回は控えました。

創作料理といっても、一番近いのはフレンチかなと思いました。
でも、イタリアンな料理も出てきたし、和の料理も出てきたし
何よりも、この料理の美味しさはただ者ではない経歴の持ち主かも?と
思いました。

妹がシェフの方に直接「こちらのお料理のジャンルは、何になるんですか?」と
聞いたら「さあ~。なんになるんでしょうね。フレンチかと言われれば
そうなのかもしれませんが、他のも出しますし、正直自分でもわかりません」
と言われました。


この地でお店を開いて、今年で4年目に入るとのこと。
思わず「今までは、他の土地でお店をされていたんですか?」と聞いたら

「はい。東京でフレンチのシェフをやっていました。
大使館とか、ホテルでも働きましたね。

通常、フレンチのシェフをやる人というのは、フランスに料理留学する人も
多いんですが、自分は留学はせずに、日本人なんだけど
フランス人みたいに上手なフランス料理を作る、鉄人みたいな人の元に弟子入りして
料理を習いました。

以前は、1人1万円以上もする料理を作っていたんですが
なぜか、そういう料理は作ると飽きるんですよね~。

自分はもっとお手頃な価格で、お客さんが食べたいと思うものを出せる店を
持ちたかったんです」

と話してくれました。


「やっぱり・・・すごい経歴の持ち主なんだね」と妹と顔を見合わせました。


また行きたいお店ですが、なにせ厨房と客の距離感がすごく近いので
こちらの会話もシェフやそのお父さんに筒抜けになるくらいなので
その距離感に慣れるまではちょっと緊張してしまいました。


毎回、食べ歩きのネタばかり書いていますが
実は気が重いこともあります(暗い話です)。

父が脳梗塞で倒れて、ほぼ4年ですかね。
糖尿病による網膜症が原因で、目もほとんど見えていない状態です。
脳をやられたせいか、後遺症もいろいろあります。

言葉が聞き取りづらい、体内時計が昼夜逆転しているらしく
昼間はほとんど寝ていて、夜は遅くまで起きてうつらうつらしています。

感情失禁というのも顕著で、突然怒り出したり、泣き出したり
文字通り、感情のコントロールができない人になってしまいました。

一応、トイレもお風呂もギリギリ自分でできていますが
実際のところは、日常生活のほぼすべてのことに介護と見守りが必要です。
トイレやお風呂のために、室内を移動するときも人の手が必要です。
夜中も、ほぼ1時間おきにトイレに起きます。

母が外出しているときは、私が見張っていないといけない状況という意味です。
平日は私は仕事なので、週末にそれを頼まれる割合が増えてきました。

父の場合、インシュリンの注射を毎回の食事ごとに打たないといけないし
食事をとる間隔も、しっかりと管理しないといけないので
私も母も二人とも用事で同時に家を空ける場合も、せいぜい2~3時間が限界です。

母も「疲れた」と言う割合が増えてきたので、私もできる限り協力したいとは
思っていますが、
「要介護4」の父と暮らすのはこれほど大変なことなのか、と日々実感しています。

体も動きづらく、目も見えない父本人がつらいのはもちろんなのですが
正直、それを介護する家族もまた、24時間拘束されているようなものなので
本当に気持ちが重いです。

デイサービスも主に平日の週に4回、利用してはいますが、それも1回3時間くらいで
すぐ戻ってくるので、その間も母は時間との闘いです。


父は、もう以前の父ではないと思うことも多くなりましたが
病気の影響でそうなってしまっている父に優しくできない自分が、とてもいやになります。

会社に行っている時間だけは、父のことを忘れられます。
嫌な娘ですね。。。

そして、ここまで書いて気が付きました。
こんなネガティブなことばかり書くのは、明らかにPMSの症状です。
私もこの時期だけは、自分の感情がコントロールできなくなります(泣)


« これからは毎週飲み会!? | Main | 地震がありました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« これからは毎週飲み会!? | Main | 地震がありました »