管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« あけましておめでとうございます | Main | 『ニューヨークの魔法のはなし』 »

January 05, 2015

乳がん術後下着

 以前、乳がん術後の補正下着を買うため、利用したことのあるKEA工房さん。

私の場合、術後の傷口が下着に触れて痛んだため、何年もの間、ユニクロの
ブラトップを使用していました。(だいぶ前の記事にも書いたことがあると思います。)

その後も、通常のブラだと左右の大きさのバランスが悪くてサイズ選びに困り
KEA工房さんで、傷に触れても痛くない下着が欲しいと思い訪れたのです。

 
  つい最近、KEA工房さんからメールが届き、Amazonで通販を始めたとのこと。
同じような商品が楽天でも売られていましたが、残念ながら欧米サイズで表記されていたので、
日本人が買うとなるとイマイチよくわからず、楽天で買うことはありませんでした。

ですが、そこはさすがAmazon!ちゃんと日本人向けのサイズで記載されているので、
自分のサイズさえわかれば、これからはお店までわざわざ行かなくても、ネットで
買うことができるようになりました。

以前、私がKEA工房さんで購入して使っていたのとほぼ同じような型のを
見つけたので、リンクを貼っておきます。

私の場合、術側のカップに、シリコン型のパッドを入れて、下着を着用しています。
これで左右の体のバランスがとれるようになりました。
(前にKEA工房さんへ行ったとき、術側の胸のほうが(4分の1切除している分だけ)
肩が上がり、逆に手術していない方の肩(右側)が下がっていて、バランスが悪いと
言われたことがあります。)

自分では気づきませんでしたが、補正下着をつけるようになってからは
肩が右側に傾くこともなく、体のバランスもまっすぐになったように思います。

【KEA工房】 マローネ・ヴィータ 乳がん 術後 大型ポケット付きノンワイヤーブラジャー

 

【KEA工房】 ロザルノ・タスカ・デュエ 乳がん 術後 ノンワイヤー大型ポケット付きブラジャー



※以下は取扱い中止のため、また似たような商品を見つけたらアップします。

それから、ニッセンで販売されているこちらもおすすめです。
(ティティー)ノンワイヤーブラ〈トリンプ〉

乳がん患者用という風に謳われているわけではありませんが
実際に私が使ってみて、好印象の下着です。
KEA工房さんで購入した、シリコンパッドもそのまま使うことができています。

〈トリンプ〉シリコンパッド1個(超実物タイプ)
こちらはトリンプのシリコンパッドですが、上のノンワイヤーブラと組み合わせると
ちょうどいいと思います。(私がKEA工房さんで買ったのも、これと同じような形です。)





« あけましておめでとうございます | Main | 『ニューヨークの魔法のはなし』 »

「乳がん」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« あけましておめでとうございます | Main | 『ニューヨークの魔法のはなし』 »