管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« December 2014 | Main | February 2015 »

January 2015

January 31, 2015

派遣社員とは・・・?

 昨日の関東は午前中大雪が降り、会社へ行くときに足元が滑るので
転ばないように歩くのが精いっぱいでした。

電車の窓から見える景色が、雪国のようだったので、
iPhoneで写真を撮りたかったのですが、なにせ通勤途中だったので

そんな中、シャッター音が車内に響き渡るのがイヤで結局、写真は撮りませんでした。
(シャッター音がほとんどしないカメラアプリもありますが、景色を撮るときは
画質が落ちるので、あまり使っていません。)


それはそうと、昨日はかなり(仕事の)モチベーションが下がる出来事がありました。


今の職場で(私は派遣社員ですが)正社員は、待遇が本当に恵まれています。

昨日は、上司が「みなさんが頑張ってくれたおかげで、全社的に売上収入が大幅にアップしました。
会社から、感謝の気持ちを込めて、(正)社員の方には商品券のプレゼントがありますので
のちほど、1人1人受け取りに来てください。
この商品券で、また旅行に行ったり、日頃の疲れを癒してください。」という話がありました。

ま、派遣社員だから、それをもらえないのは仕方ないんですけどね~。

年に2回、ボーナスの出る時期も、同じようにモチベーションが下がりますね。
このときも、正社員は1人1人前に呼ばれて、上司からボーナスの明細を手渡されるのです。
通常の給与明細は、紙媒体ではなくWEBで確認するようになっているそうです。

派遣社員は、みんなそれがボーナスの明細をもらいに行っている、と気づいていても
気づかないふりをしながら仕事をしています。

以前、ボーナスの明細を机の上に広げたまま、席を外した女性社員がいて
その人の隣りの席の派遣社員(ボス)が、すかさずそれを盗み見して
昼休みのときに、派遣のランチ仲間(私も含む)に額を暴露していました。

私と同年代の女性社員でしたが、ボーナスの額を聞いて
(そんなにもらっているの!?うわー、聞かない方がよかった!)と
思ったくらいです。(人の明細を暴露した、ボスもボスですが。)

正社員と派遣社員では、仕事の範囲や責任の重さが違うから、待遇が違うのは
当然と言われればそれまでですが、
精神的な病気などで、もう7年くらい、会社にまともに出てこられず、ただ籍が置いてあるだけの上司がいますが、
クビにはならず、降格もせず、本当すごいと思います。

少なくとも、正社員はそう簡単にはクビにはできない、というのもあるのでしょうけど
今まで、いくつかの会社で働いてきた身からすると、今の会社は
いろいろな意味で、驚くことがたくさんあります。

最近、職場の有志が企画した「部の社員旅行」に、派遣社員にも声がかかったのですが
1泊2食付き(交通費込)の価格が、

正社員は、 1人 12,000円
派遣社員は、1人 30,000円 

という案内が来ました。
この値段を出すなら、自分で行きたい場所に行く方がいいわ~と思ってしまいました。

部全体だと、派遣社員は50人くらいいるのですが、参加者は2人だけです。
 
私は参加しませんが、それでも参加する人もいてちょっとびっくりしました。


また、私の近くの課の派遣社員は、課の飲み会が多くて毎回断るのに
苦労している、と話していました。

特に、人の入れ替わりが激しいので、課の歓送迎会がある時期などは
1回5,000円の飲み会が、月に何回もあったりするので、「そっち(私)の課の飲み会は
1回いくらくらいする?」って聞かれたこともあります。
私のいる課は、もう少し安いですが、会費は似たようなものです。


そもそも、正社員を辞めて、派遣社員でやっていこうと思った時点で
正社員のときの待遇が、今後はないことは自分でもわかっていたつもりですが

今の職場でときとき感じる、格差というか、もやもやとした思いは、解消のしようがありません。
最繁忙期でも、ほぼ定時で「おつかれー。」と帰っていく上司と
頑張っても頑張っても、仕事が終わらず、23時頃まで残っている派遣社員も多く
(何か違うだろ?)とつい、思います。

今の派遣先は残り1年だし、何年働いても、先が見えないので、実はここ最近は
いくつかの企業にWEBでエントリーもしましたが、まずは書類選考すら通過しません。

体のことを考えると、昔みたいにシフト勤務は極力避けたいし 
もう年齢的にも正社員は(特に事務職は)無理なんだな・・・とそのたびに思うものの
今の職場でのもやもや感をバネにして、なんとか踏ん張りたいと思います。

January 30, 2015

バタバタした1週間でした

 今週は、月曜日から金曜日まで、ずっとバタバタした1週間でした。

前回の記事にも書いたとおり、ペアで仕事していた社員の方が異動することが決まり
席替えがあったり、送別会があったり、ず~っとバタバタしっぱなしでした。

送別会は、週の半ばであったのですが
今回は異動する人が多かったこともあり、いつもよりも参加者も多く
普段あまり話さないような人と話すことができました。

また、最後に、異動する人が1人1人みんなの前で挨拶をしたのですが、司会者から
「一緒に仕事をしていた方からも、何か一言ずつ挨拶をお願いします」と言われて
私まで大勢の前で、挨拶することになってしまいました。

で、普段だと大勢の前で話すのはとても苦手なのですが
このときは、アルコール(日本酒)がかなり入って「ほろよい加減」だったこともあって
緊張は全くせず、周囲の反応を見ながら話すことができて、自分でも驚きました。
周りの人も、私以上に驚いていました(笑) 「ああいうとき、緊張しないの~!?」と。

送別会が終わって、なんとか終電に間に合い無事帰宅。
4時間くらいしか寝ないまま、また翌朝出勤する羽目になったので
翌日はもう体がダルダルでした。

この会社は歓送迎会なども含めて、(曜日に関係なく)飲み会が多いので、
さすがに最近は若いときみたいに「前の日飲んでも、今日も元気!」とは
言えなくなってきました。

 ところで、今までは、ほぼ1人の社員の方から指示が来ていたものが
来月からは、複数の社員の方と仕事を進めていくことになり、受け持つ担当も広がるので
今より少し大変になりそうな気がします。

社員の異動が多い今の職場は、まさに人との出会いが「一期一会」だと思っています。
3年満期の職場で、最初の2年は、いい社員さんに恵まれました。
最後の1年も、いい1年になるように頑張ろうと思います。


・・・ほどほどに、ですが(笑)

January 23, 2015

ペアで仕事していた人が、異動してしまいます!

 今日は職場でショックなことがありました。

昨年4月から、ペアで仕事をしていた社員さんが、2月1日付で異動することになりました。
気持ちに「ぶれ」がなく、いつも穏やかで周囲の人望も厚い人なだけに
人間的にもとても好きな人でした。
一緒に勤務できるのは、残り5日だけとわかってとてもショックです(泣)

今の職場は大企業なので、一人の社員が同じ部署に何年もいるようなことはなく
ほとんどの人は1〜4年くらいで異動していきます。

でも、派遣社員によっては、契約期間の3年間ずっと同じ社員の人と同じ内容の仕事をできることもあるし
私みたいに、今の部署になってからまだ丸2年なのに、ペアの社員が5人も変わったり、
担当エリアが広がったりする人はたぶん珍しいと思います。

(そのうち、最初の2人はうつ病で、まともに仕事をできる状態ではありませんでしたが、
その後ペアになった社員さんには恵まれました。)

他の派遣仲間からは「偶然とはいえ、ななこさんの担当社員は、
なぜか(職場にいる期間が)短命だよね。」と言われて(確かに!)と思ってしまいました。

ちなみに、今回異動が決まったその社員の方は、ちょうど4年今の職場にいたので
そろそろ異動になるかも・・・と本人は思っていたそうです。

なんか、この1週間ほど何か言いたげな顔をして、よく目が合うな~とは思っていたんですよ。

「来週、大事な話があります。」と言われたので
「え・・・。そんな風に言われたら、この週末落ち着かないじゃないですか。
もしかして・・・異動ですか?」と言ったら、「実は」とすぐ認めてました。

「本当は、タイミングを見て早めに言いたかったんだけど」と言われました。
上司から口止めされていたのだとは思いますが、もっと早く言ってくれてもよかったのに・・・( ;∀;)

問題は、また例のごとくその人の後任の社員がすでに2人来ているのですが
私の今後の勤務としては、その後任2人と、さらに別エリア担当の2人の社員の、
計4人それぞれのアシスタントをすることになるそうです。
(そのうちの1人は、さわやかイケメン青年。)
3人のアシスタントをしている人はこれまでにもいましたが、4人というのはさすがにないですね。

まだ暫定的とは言われましたが、私にとっても最後の1年で、またペアの社員さんが変わるのはちょっと痛いな~と思いました。
それに、私と席が近くのベテラン派遣の人もこの3月で満期になって辞めてしまうので
毎度のこととは言いつつも、この2ヶ月で周りのメンバーもかなり入れ替わります。

通常、今の職場で3年目に入ると、仕事にも慣れ、余裕が出てくるものですが
私は2年目で担務替えがあり、3年目でもまた担当エリアが増えてしまうので

結局、毎年毎年「新たな業務」が増えるし、覚えることも盛りだくさんです。
日々(いくつになっても、勉強だ~)と痛感しています。
3年間ずっと同じ仕事をするよりも、幅が広がっていい面もありますが・・・。


私は最初の職場で14年ほど勤めましたが、一度も異動を経験することなく
その部署1本!だったので、今の職場みたいに異動が多い職場はそれはそれで新鮮です。

それにしても・・・頼りにしていた人が異動になるのは、自分でも本当にショックでした。
まあ、これが組織なのだと思えば、仕方ないですね。
来週は送別会があるので、笑顔で見送りたいと思います。

January 22, 2015

有休が余り過ぎている!

 繁忙期も終盤戦に突入しました。

残業も一時期に比べれば、かなり減ってきましたが
やはり日によってまだバラつきがあります。

私は今のところ大丈夫ですが、周りではインフルエンザにかかる人も多くて
常に1人か2人は誰かしら休んでいる状況です。


この繁忙期を乗り切ったら、気の合う派遣仲間たちと「俺のフレンチ」へ行こうという
話になっているのですが、仕事が終わったあとに行ける時間帯は
連日予約でいっぱいで、なかなか予約できないそうです。

夕方5時~とか、夜9時からなら予約できるみたいですが
都内の複数の店舗で予約状況を調べてみたけど
夜7時からというのは、無理みたいです。


繁忙期を乗り切ったら、もう1つやろうと思っていることが有休消化です。
今の時点でも15日以上残っているのに
今年の6月にまた17日くらい増えてしまいます。

今の職場は今年の年末で契約終了になるので、それまでにできるだけ使わないと!
最後にまとめて消化することができない環境なので、少しずつ小出しに
消化していくしかないのですが、これから毎月2日ずつ使おうかと思ってます。
それでもまだ余りますね…。

他の派遣仲間たちは、有休がほとんど残っていない人が多いので
私があまり休んでいないだけみたいです。
どうしよう~、この有休。。。
とりあえず、GWも全部休もうと思います。


ところで、ネットニュースで知ったのですが
クロネコのメール便が3月で廃止になってしまうみたいです。

私は化粧品やコンタクトレンズを買うときなどに通販をよく利用するのですが
今まで「メール便送料無料」だったものが、今後、無料じゃなくなるとしたら困ります。

メール便の何が便利って、近所のコンビニから発送ができる点でした。
郵便局は家から離れているし、通勤時も近いところにはないので
コンビニから手軽に発送できるメール便は、私としては重宝していました。

今まで当たり前にあったものがなくなると、ちょっと痛いですね。

January 21, 2015

職場のびっくり妊婦さん

ブログのテンプレートを変えてみました。
今までのはどうも文字が見にくかったので、もう少し見やすくならないかな?と
ちょっといじってみました。

さて、最近職場で驚いたことを2つ書きます。いずれも妊婦さんについての話題です。

1人は3ヵ月だけの短期契約で来ている派遣の人なのですが
今の職場に来た時点で、妊娠8ヵ月だったそうで
今月は臨月をむかえているそうです。
しかも、残業も多い部署なので、毎日遅くまで残っているのもすごいです。

今にも産まれそうなお腹なので、職場で産気づくんじゃないかと
周りもかなり心配しています。

この3ヵ月の間には、体調不良のため2回も入院したり
今も突発的に休むことが増えてきたので、その人と同じチームの派遣の人たちは
仕事のフォローをしなければならなくて大変とのこと。

その人が突発で休む度に、社員の人は「また休んで・・・(怒)」と言ってるそうですが
そもそも、妊娠8ヵ月の時点で、3ヵ月短期とはいえ
働こうと思うところがすごいし、

雇う側も、そういう人を雇うわけだから、突発休みや、入院するようなことが
起こることも十分想定できると思うのですが、それに対して文句を言うって
どうなのよ!?と思います。


そして、もっとびっくりしたこと。

今の職場に私と同じ42歳の社員の人がいて、今春大学生になる娘さんが
いる人なのですが、なんとその人が今日になって「実は私妊娠しているので
仕事量を今までよりも減らしてもらうことになりました」と周囲に公開したので、一同びっくり。

その人が妊娠したことよりも、ずっと1人娘だと思っていたのに
大学生になって弟か妹が生まれる娘さんが
何よりびっくりだろうな~と、思いました。18歳差!?


でも、今の職場は(正社員だったら)育児休暇も丸3年取る人が多いし
その人も、上の子が大人だから、一緒に面倒見てもらえるだろうから、
おめでたい話題だよね~!というところで落ち着きました。


今年来た年賀状を見ていたら、43歳で第3子を出産した人もいましたし
私の幼なじみの「ほのさん」も、最近第3子を出産したので
この頃は、40代で出産する人も珍しくないのかもしれません。


私も、1人でもいいから子供が欲しかったな~と(会社で今日みたいな
出来事があると)思うのでした。いたらいたで大変だったのかな?
まあ、その前に相手を見つけることが先でしたね(^o^;

ときどき、甥っ子に(妹と間違えられて)「ママ!」なんて言われた日には
「ママじゃないよー」と言いつつ、ちょっと嬉しかったりして・・・(笑)


今週はまた甥っ子たちが遊びに来るので、ちびっこパワーをもらって
元気をチャージしたいと思います。





January 19, 2015

懐かしのコンスタンチン君

 今日は早めに帰宅できたので、テレビをつけてみました。
すると「コンスタンチン君」のことがやっていてびっくり!
私と同年代の方なら、覚えている方も多いのではないでしょうか。

 
今から約24年前、旧ソ連のサハリン(ユジノサハリンスク)に住む3歳の男の子が
全身の90%に大やけどを負って、当時のサハリンの病院の設備では
満足な治療ができない、ということで、日本へ来て治療を受けたコンスタンチン君の
ことです。

どうでもいいけど、24年前というと、私はちょうど高校生の頃です。
コンスタンチン君のことは、当時も毎日のようにニュースになっていたのを覚えていますが
(「コースチャ」という愛称まで思い出してしまいました・・・)
今日のテレビを見て、なぜあれほどの大やけどを負ってしまったのか、

どうやって、旧ソ連から日本へ運んで医療を受けることができたのか、
当時のサハリンの様子などがわかって、とても興味深かったです。

また、日本からサハリンまで飛行機でコンスタンチン君を迎えに行ったのですが
日ソが緊張状態にあったため、当時は旧ソ連の空域に例え民間機でも入ろうものなら
撃墜される恐れがある・・・という、厳しい状況の中のことであったこともわかりました。

実際、コンスタンチン君の事故が起きる数年前には、領空侵犯をした大韓航空機が
旧ソ連の戦闘機に撃墜されるという事件も起きています。
(以前、稚内へ旅行に行った際、その慰霊碑があるのも見ています。)

Img_8956
3歳当時のコンスタンチン君↑

Img_8957
そして現在のコンスタンチン君

現在28歳の彼は、結婚して奥さんと10歳の男の子の3人家族になっていました。
3歳だったけど、日本に来て治療を受けたときのことはよく覚えていたみたいです。

Img_8960

「命があって、妻もいる。これ以上何がいるだろう。」と答え
奥さんから「今、幸せ?」と聞かれて「ああ、幸せだ。」と答えているのを見たら
なんだかジーンと来てしまいました。
10歳の男の子は、コンスタンチン君にそっくりでした。

私は、何か大切なことを忘れていたような気が・・・。
日々の忙しさに忙殺されて、投げやりな気持ちになってしまうこともあるけれど
私も(もしかしたら、このあと何年も生きられずに死んでしまうのかもしれない。)と
思った日々から、早10年。

日頃、なんでもない、大したことない日々だ・・・なんて思うこともあるけど
人生まだまだこれからなのかも・・・!と、改めて思いました。

January 14, 2015

久々の定時退社

 今日は久々に定時で会社を出ることができました。

先月の始めから、ほぼ連日残業続きだったので、総残業時間が会社として見過ごせないレベルにまで達してきたとのこと。
「社員も含めて、残業は極力減らしていくように。今日は早めにお帰りください。」とのことでした。
今日はみんな早く帰されていました。

年末年始に9連休があったとはいえ、それを除いてほぼ毎日3時間前後の残業があったので
私もかなり疲れていました。今日は早めに帰ってくることができてうれしかったです。

ただ、今日は早く帰れましたが、繁忙期自体は2月末くらいまで続くので
まだまだ先は長いです。
今は他の派遣仲間ともども「この繁忙期を乗り切ったら、おいしいものでも食べに行こう!」
と決めています。


  そういえば、先日妹から連絡があり、子供(甥っ子)を雪遊びに連れて行きたいから
一緒に新潟あたりでどこか行かない?と誘われました。
妹のだんなさんは寒いところが苦手らしく「自分は行かないけど、お姉さんとスキー場とかに行って来たら?」と提案されたらしいです。

それもこれも「繁忙期が終わるまで待って!」と妹には言いましたが、行先の下調べは始めています(笑)
新潟だと越後湯沢駅から近いところがいいかな~と考えています。
子供向けの遊び場みたいなところがあるところで決めようと思います。

20~30代の頃は、越後湯沢近辺のスキー場に何度も行きました。
石打丸山スキー場や上越国際スキー場が、景色がよくて好きでしたね。
スノボが流行りだしてからは、スキーヤーしかいないスキー場ばかり行ってましたが
最近の傾向として、上越あたりでも外国人のスキー客も増えているそうです。

私はスノボは一度もやったことがありませんが、スキーは(一応)できます。
甥っ子が小さいので今回は雪遊びに付き合うだけで終わってしまうかもしれませんが
それはそれで楽しいかもしれません。

越後湯沢駅に着く直前の、長~いトンネル(大清水トンネル)を抜けるときは、大人になってもわくわくしてしまいます。
抜けた瞬間、そこは雪国~♪川端康成の小説を思い出します。

今は繁忙期で(自分でも)かなり「気を張っている」と自覚しているので、体調も万全ですが、油断するとすぐ扁桃腺が腫れたりするので、気を抜かずにこの忙しさを乗り切りたいです。



  

January 10, 2015

スカイツリーよりもお気に入りの展望台

  9連休が終わってからも、ず~~っと残業が続いていてクタクタだったのですが
友人から誘われて、今日は都心でランチをしてきました。

その後、東京スカイツリーよりもお気に入りの展望台へ・・・。
(場所は最後に明かします。)
Dsc05229_1
富士山と東京タワーが同時に撮影できる場所なんです。

Dsc05199_1
夕暮れ時ともなると、この人・人・人です。

ビルの最上階がすべて展望台なので、360度あらゆる方向の景色が
楽しめます。

Dsc05206_1

Dsc05246_1
六本木ヒルズと東京タワー

Dsc05290_1
日が完全に沈むと、富士山の影がよりはっきりと見えました。

Dsc05317_1
遠くにスカイツリーも見えました。

Dsc05329_1
お台場方面。



さて、ここの展望台はどこでしょう???


浜松町の「世界貿易センタービル」です。地上40階です。
昔からある古いビルですが、きちんと手入れがされています。

中に入っているお店は、レトロな雰囲気でついつい探検したくなってしまいますよ。


東京で高いところから景色を楽しみたい方は、こちらをおすすめします!

January 07, 2015

『ニューヨークの魔法のはなし』

 年末年始の9連休もあっという間に終わり、昨日から仕事が始まりました。
新年早々、初日から残業が続いております。

先月、講演会へ行って購入した、岡田光世さんの『泣きたくなるほど愛おしい ニューヨークの魔法のはなし』
を読みながら、通勤しています。



講演会のあと、すでに一度読み終わっているのですが、今回は2回目です。

私は、どんなに気に入った本でも一度読み終わった本を、また読み返すということは
あまりしない人です。
それでも、2回目を読んでいるのは、この本を読むと心がほっこりするからです。

大都会ニューヨークで、見知らぬ他人同士が、ためらうことなく笑顔や言葉を交わす・・・というエピソードに、
読むたびに引き込まれていきます。

日本では、他人同士がまるで友人のように言葉を交わしたりすることはほとんどありませんよね。
毎朝、通勤で同じ車両に乗るので、駅で電車が来るのを待っている人とか
電車に乗る人の顔ぶれも大体いつも一緒なのですが、それでも言葉を交わしたりはしません。

日本ではなかなか遭遇しないシーンやエピソードの連続に、余計に引き込まれてしまうのかもしれません。


 ニューヨークには子供の頃から興味がありました。だから旅行にも行ったことがあるわけで。
それというのも、父の学生時代の親友が若い頃からニューヨークに渡り、今も住んでいますが
その頃から「ニューヨークというところは・・・」といろいろ話を聞かされていたせいでもあります。


「ニューヨークでは、間違っても胸ポケット(内側)に手を入れたりしてはいけないのだ。
相手にピストルを持っていると思われて、逆に襲われかねないから。」とか

「日本と違って、防犯には本当に気を遣う。1階に住むなら、家中の窓やドアをしっかりと
閉めておかなければならない」

という話を聞いて、身震いしたのも一度や二度ではありません。

とはいえ、ニューヨークの治安が悪かったのは、もうかなり昔の話で
今は街も整備されて、私が旅行した10年ちょっと前の時でも、身の危険を感じることは
ありませんでした。

本の中に「警官の拳銃の謎」というエピソードが出てきますが、今回の本の中で
私が特に気に入ったお話の1つでもあります。
ニューヨークと日本の警官の違い(というか文化の違い)が、ここまではっきりと顕れるのも珍しい!?
先日の講演会で、岡田さんの人柄が伝わってきただけに、このエピソードに出てくる
岡田さんの言動を読むだけでも、思わず「クスッ」と想像して、楽しくなってしまいました。

巻末に収められている「魔法にかかる方法 一瞬が永遠に変わる」の章では
ほんの少しの勇気で、気持ちや足取りが軽くなる方法が書かれています。

これからも、事あるごとに、読み返してしまいそうな素敵な本です。

January 05, 2015

乳がん術後下着

 以前、乳がん術後の補正下着を買うため、利用したことのあるKEA工房さん。

私の場合、術後の傷口が下着に触れて痛んだため、何年もの間、ユニクロの
ブラトップを使用していました。(だいぶ前の記事にも書いたことがあると思います。)

その後も、通常のブラだと左右の大きさのバランスが悪くてサイズ選びに困り
KEA工房さんで、傷に触れても痛くない下着が欲しいと思い訪れたのです。

 
  つい最近、KEA工房さんからメールが届き、Amazonで通販を始めたとのこと。
同じような商品が楽天でも売られていましたが、残念ながら欧米サイズで表記されていたので、
日本人が買うとなるとイマイチよくわからず、楽天で買うことはありませんでした。

ですが、そこはさすがAmazon!ちゃんと日本人向けのサイズで記載されているので、
自分のサイズさえわかれば、これからはお店までわざわざ行かなくても、ネットで
買うことができるようになりました。

以前、私がKEA工房さんで購入して使っていたのとほぼ同じような型のを
見つけたので、リンクを貼っておきます。

私の場合、術側のカップに、シリコン型のパッドを入れて、下着を着用しています。
これで左右の体のバランスがとれるようになりました。
(前にKEA工房さんへ行ったとき、術側の胸のほうが(4分の1切除している分だけ)
肩が上がり、逆に手術していない方の肩(右側)が下がっていて、バランスが悪いと
言われたことがあります。)

自分では気づきませんでしたが、補正下着をつけるようになってからは
肩が右側に傾くこともなく、体のバランスもまっすぐになったように思います。

【KEA工房】 マローネ・ヴィータ 乳がん 術後 大型ポケット付きノンワイヤーブラジャー

 

【KEA工房】 ロザルノ・タスカ・デュエ 乳がん 術後 ノンワイヤー大型ポケット付きブラジャー



※以下は取扱い中止のため、また似たような商品を見つけたらアップします。

それから、ニッセンで販売されているこちらもおすすめです。
(ティティー)ノンワイヤーブラ〈トリンプ〉

乳がん患者用という風に謳われているわけではありませんが
実際に私が使ってみて、好印象の下着です。
KEA工房さんで購入した、シリコンパッドもそのまま使うことができています。

〈トリンプ〉シリコンパッド1個(超実物タイプ)
こちらはトリンプのシリコンパッドですが、上のノンワイヤーブラと組み合わせると
ちょうどいいと思います。(私がKEA工房さんで買ったのも、これと同じような形です。)





January 03, 2015

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

年末年始の9連休もあっという間に7日間が終わり、残り2日となりました。
昨年は大晦日あたりから風邪で体調を崩し
せっかくのお正月も「寝正月」になってしまいましたが
今年は体調も万全、大丈夫です。

特に予定は入れておらず、元旦は昼寝までしてしまいました。
そして今日から妹夫婦と甥っ子ちゃんが遊びに来ていまして
これから3日間滞在する予定です。

妹のだんなさん(義弟)もうちに泊まりたがっていたそうなのですが
なにぶん、父が何をするにも介護が必要な状況で(食事・お風呂・トイレなど)
私たち家族以外の人が見たら驚くような状態(要介護4)なので
これではさすがにちょっと・・・ということで、義弟だけ夕方に帰っていきました。

パワーはじける4歳の甥っ子は、相変わらず元気すぎるくらい元気で
しょっちゅう「次は○○して遊ぼう~!」と、ひっきりなしに遊びに誘われます。
私などはたった1日一緒に過ごすだけで、けっこうクタクタになります。
これからあと2日間、耐えられるかしら・・・(笑)


今年の目標は・・・


1.体調管理を第1優先。

 
 昨年は、扁桃腺を腫らして何度も体調を崩してしまい
   仕事にも支障が出ました。
   (疲れがたまってきたな~)と思ったら、休みをとったりしながら
   寝込むことのないようにしたいと思います。
 


2.転職活動する

    今の職場はとても好きで気に入っているのですが、 派遣ゆえ
    あと1年で契約満了となります。
    厳しい状況は承知の上で、次につながる職場を探したいと思います。

   
3.ブログをWordPressに移行する

     ココログでブログを始めてから10年が経ちましたが
    今後のことも考えて、できればWordPressを利用したサイトに移行したいと
  思っています。すでに教本を読み始めていますが、まだよくわかりません。
    もともとWebに詳しい人でも結構苦労しているみたいなので
  私も少しずつ、勉強しつつ積み重ねていこうと思っています。


4.ネガティブ発言してくる人に影響されない

     これがなかなか難しいのですが、ネガティブ発言や、他人を攻撃をしてくる人の
     言葉に惑わされないようにしたいと思います。


5.好きな人をつくる
   
     ここ数年、好きな人どころか気になる人すらいません。
     こんな状況は自分でも(いかんな~)と思っています。
     職場でも、周りはほとんど既婚者ばかりだし、これまた厳しい状況ではありますが
     せめて気になる人でもいいから、できることを望みます(笑)

     余談ですが、職場で某既婚者の女性が、他部署から異動してきたさわやか
     イケメン青年とペアで仕事をするようになり「なんかもう、毎日ドキドキする(笑)」
     と言ってます。イケメン青年は20代半ばにして既婚・子持ちなんですが
     そのことを最近知った彼女は「それでもドキドキする」と言ってました(笑)


週明けからは、また忙しくて怒涛の日々が始まりますが
それまで、甥っ子と遊んだりしながら、日頃なかなかできないことをして
来週からに備えたいと思っています。


今年の目標の中に、実は「料理」も加えようかと思ってましたが
最近はレシピを見ながら、ときどきチャレンジしています。

レシピがあれば、その通りに作っていけば同じように作れるので
今まで何を迷っていたんだろうと思います。
元来、凝り性な性格なので、一旦ハマりだすとあとは早いです。
クックパッドで美味しそうなレシピを見つけては「今度これ作ってみよう」と
楽しみも増えましたよ。


長くなりましたが、今年もいろいろな記事を書いていけたらと思います。
術後10年が過ぎましたが、やはりこのサイトにたどり着く方の多くは
「乳がん」や「髪の毛付帽子」などの検索キーワードでお越しいただいているようです。

最近は病気のことで書く話題も特にないのですが、
何か思い出したり、気になることを思い出したら、また書こうと思います。

また今年もよろしくお願いします。

« December 2014 | Main | February 2015 »