管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 仕事納め | Main | あけましておめでとうございます »

December 31, 2014

今年もありがとうございました

  あっという間に大晦日になりました。

昨日と今日は大掃除をしていましたが、おとといは年末の風物詩でもある
「三越の第九」 を聴きに行ったりして、ほとんど家にいませんでした。

Dsc05153_1_3

Dsc05162_1_2

私も「三越の第九」は過去2回歌いましたが、実際に聴いてみて思ったのは
やっぱり、聴衆より歌う側のほうが数倍いい!ということでした。

それでも、迫力の第九はやはり素晴らしかったです・・・。

今年も第九をやりたかったのですが、11月と12月が繁忙期の職場にいるうちは
無理かも~。ここの合唱団も基本は平日の練習で、その練習を3回欠席すると
本番に出してもらえなくなるので、確実に練習に参加できるときでないと
参加は難しいと感じました。

三越の第九についての記事は、こちらにも詳しく書いていますので
よろしければご覧ください。

それから、先日、同年代の乳がん経験者の友人に会っていろいろ話をしてきたのですが
なんと彼女に彼氏ができていました!

しかも、外資系航空会社のパイロット・・・かつ、外国人の彼氏です。
つい最近、彼女は海外旅行から帰ってきたばかりで、その彼が勤める会社の
飛行機で行ってきたというので「もしかして、彼が操縦する飛行機で行ってきたの!?」
と聞いたら「まさかー」と爆笑されてしまいました(笑)

私は、自分が乳がんを経験したことで、こと恋愛や結婚に対しては
常にマイナス思考がつきまとい、もし付き合ったり結婚したりするとなったときに、
この病気のことを相手にどう伝えたらよいのか、とか、聞いたら相手が引くんじゃないか、
とかそんなことが気になって、なかなか前に踏み出せませんでした。

それでそのことを彼女に話したところ「ななこさんも、日本人より外国人の方が
いいんじゃないかしら?」と言われ、その理由として

・病歴があるかどうかで、付き合う相手をジャッジしたりしない
(彼女いわく、乳がんの既往歴は話しているそうですが、相手は別に驚いたりも
 しなかったそうです)
・年齢も別に気にしない
・年齢的に子供が無理でも、養子という選択が視野に入ってくる

という話を聞き、確かにそうかも~!と思いました。


そもそも、20代の頃は国際結婚に憧れていた私・・・(笑)


考えてみれば、私の友人の中には、外国人と結婚した人が何人かいます。

1人は、ベトナム系オーストラリア人と結婚してオーストラリア在住。
もう1人は、中国系アメリカ人(ハワイ出身)と結婚して、ハワイ在住。

しかも、結婚後、その友人たちはだんなさんの母国に移住しています。

欧米人ではなく、アジア系のだんなさんですが、
食べ物とか、日本人的な感覚とかが互いに似ているのかもしれませんね。

でも問題は、今回会った友人も含めて、国際結婚した友人たちのいずれも
英語が得意だった人ばかり・・・なので、私にはやはり垣根の高い話ではあります。


こと子供のことに関しては、日本では「養子」というのは特別視されがちですが
外国の人にとっては別に特別なことでもなんでもなく、

中国系アメリカ人と結婚した友人も「年齢的に子供が無理なので、子供は無理だねって
だんなさんに話したら『どうして?実子が無理なら、養子を考えればいいじゃない』という返事が
かえってきてとても驚いた」と話していました。
その友人は、私と同い年ですが、だんなさんは6歳くらい年下です。

もちろん、日本人でも相手の病歴に左右されない人もいるのだとは思いますが
こと年齢に関しては、本人以上にまわりがものすごく気にするし
子供を持つことを熱望する男性だったら、最初からそこそこ若い女性を希望することでしょう。
少なくとも、最初からアラフォーの人と結婚しようと思う人は稀有なのでは?と思います。

でも、彼女と会って元気が出るような話が聞けて、本当によかったです。
職場では「40過ぎて結婚もせず、独身のあなたは格付け最下位」的な発言を
繰り返す、クセの強い同僚が2人もいるので、日頃絡まないようにしてはいても
やはり気持ちが沈むことも多かったからです。


あと、最後に、ここの記事で紹介しよう、紹介しようと思いつつ
ずっと延ばし延ばしになっていた、お気に入りの下着についてご紹介したいと思います。

(ティティー)ノンワイヤーブラ〈トリンプ〉 という、乳がん経験者でも十分使える下着です。


以前、KEA工房というお店で、カップにパッドを入れられるブラを買ったのですが
それが古くなったので、同じようにパッドを入れて使えそうなブラを探していました。
ただ、乳がん患者用のブラは一般的にどれも高額ですし、
買うときはその都度そのお店まで足を運ばなければならないこともあって
私もしばらくKEA工房さんには行っていません。

私の場合、温存だったとはいえ、量的にはけっこうがっつり切除されたらしく
自分では気づきませんでしたが、右側のほうが肩が下がっているとKEA工房の
スタッフさんに指摘されました。その分、切除した側の左胸をパッドなどで補正して
左右のバランスを取ったほうがよい、とも。

商品のクチコミも書いたので(今のところ、クチコミは私だけみたいですが)
パッドが入るブラをお探しの方には、お勧めします。
私は、ほぼフルカップのパッドを入れるので、こちらのブラを重宝しています。

ところで、今年は年越しのときに、テレビで久々に「東急ジルベスターコンサート(生放送)」を見ようと思っています(←紅白はあまり見ません)。
私の好きな曲が目白押しなんです。
そして、オペラ界の新星・山本耕平さん(テノール)も出演されます。

山本さんは、私が初めて第九の合唱に参加したときにテノールのソリストとして
参加されたので、舞台で生の歌声を聴けたのですが、半端じゃなくうまいのです。
あとにも先にも、鳥肌が立った経験はあれが最初で最後かも・・・!

今日、テレビで放映される曲の中で好きな曲は特にこの3つです。

・ヘンデル:オラトリオ『メサイヤ』より「ハレルヤ・コーラス」
・シベリウス:交響詩『フィンランディア』
・ラヴェル:ボレロ(振付:ローラン・プティ)

『フィンランディア』は特に好きな曲で、その昔、映画「ダイ・ハード2」の中でも
いい場面で何度も流れていました。

だんだん長文になってきました。
こちらのブログも開始から10年が過ぎ、私の病気も10年が過ぎ
会社でもいろいろありますが、今年は体調も崩すことなく、お正月を迎えられそうです。

読者のみなさまからのコメントもとても励みになりますし
また来年も、いろいろ書いていきますので、引き続きよろしくお願いします。

今年も1年ありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えください。

« 仕事納め | Main | あけましておめでとうございます »

「乳がん」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 仕事納め | Main | あけましておめでとうございます »