管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« November 2014 | Main | January 2015 »

December 2014

December 31, 2014

今年もありがとうございました

  あっという間に大晦日になりました。

昨日と今日は大掃除をしていましたが、おとといは年末の風物詩でもある
「三越の第九」 を聴きに行ったりして、ほとんど家にいませんでした。

Dsc05153_1_3

Dsc05162_1_2

私も「三越の第九」は過去2回歌いましたが、実際に聴いてみて思ったのは
やっぱり、聴衆より歌う側のほうが数倍いい!ということでした。

それでも、迫力の第九はやはり素晴らしかったです・・・。

今年も第九をやりたかったのですが、11月と12月が繁忙期の職場にいるうちは
無理かも~。ここの合唱団も基本は平日の練習で、その練習を3回欠席すると
本番に出してもらえなくなるので、確実に練習に参加できるときでないと
参加は難しいと感じました。

三越の第九についての記事は、こちらにも詳しく書いていますので
よろしければご覧ください。

それから、先日、同年代の乳がん経験者の友人に会っていろいろ話をしてきたのですが
なんと彼女に彼氏ができていました!

しかも、外資系航空会社のパイロット・・・かつ、外国人の彼氏です。
つい最近、彼女は海外旅行から帰ってきたばかりで、その彼が勤める会社の
飛行機で行ってきたというので「もしかして、彼が操縦する飛行機で行ってきたの!?」
と聞いたら「まさかー」と爆笑されてしまいました(笑)

私は、自分が乳がんを経験したことで、こと恋愛や結婚に対しては
常にマイナス思考がつきまとい、もし付き合ったり結婚したりするとなったときに、
この病気のことを相手にどう伝えたらよいのか、とか、聞いたら相手が引くんじゃないか、
とかそんなことが気になって、なかなか前に踏み出せませんでした。

それでそのことを彼女に話したところ「ななこさんも、日本人より外国人の方が
いいんじゃないかしら?」と言われ、その理由として

・病歴があるかどうかで、付き合う相手をジャッジしたりしない
(彼女いわく、乳がんの既往歴は話しているそうですが、相手は別に驚いたりも
 しなかったそうです)
・年齢も別に気にしない
・年齢的に子供が無理でも、養子という選択が視野に入ってくる

という話を聞き、確かにそうかも~!と思いました。


そもそも、20代の頃は国際結婚に憧れていた私・・・(笑)


考えてみれば、私の友人の中には、外国人と結婚した人が何人かいます。

1人は、ベトナム系オーストラリア人と結婚してオーストラリア在住。
もう1人は、中国系アメリカ人(ハワイ出身)と結婚して、ハワイ在住。

しかも、結婚後、その友人たちはだんなさんの母国に移住しています。

欧米人ではなく、アジア系のだんなさんですが、
食べ物とか、日本人的な感覚とかが互いに似ているのかもしれませんね。

でも問題は、今回会った友人も含めて、国際結婚した友人たちのいずれも
英語が得意だった人ばかり・・・なので、私にはやはり垣根の高い話ではあります。


こと子供のことに関しては、日本では「養子」というのは特別視されがちですが
外国の人にとっては別に特別なことでもなんでもなく、

中国系アメリカ人と結婚した友人も「年齢的に子供が無理なので、子供は無理だねって
だんなさんに話したら『どうして?実子が無理なら、養子を考えればいいじゃない』という返事が
かえってきてとても驚いた」と話していました。
その友人は、私と同い年ですが、だんなさんは6歳くらい年下です。

もちろん、日本人でも相手の病歴に左右されない人もいるのだとは思いますが
こと年齢に関しては、本人以上にまわりがものすごく気にするし
子供を持つことを熱望する男性だったら、最初からそこそこ若い女性を希望することでしょう。
少なくとも、最初からアラフォーの人と結婚しようと思う人は稀有なのでは?と思います。

でも、彼女と会って元気が出るような話が聞けて、本当によかったです。
職場では「40過ぎて結婚もせず、独身のあなたは格付け最下位」的な発言を
繰り返す、クセの強い同僚が2人もいるので、日頃絡まないようにしてはいても
やはり気持ちが沈むことも多かったからです。


あと、最後に、ここの記事で紹介しよう、紹介しようと思いつつ
ずっと延ばし延ばしになっていた、お気に入りの下着についてご紹介したいと思います。

(ティティー)ノンワイヤーブラ〈トリンプ〉 という、乳がん経験者でも十分使える下着です。


以前、KEA工房というお店で、カップにパッドを入れられるブラを買ったのですが
それが古くなったので、同じようにパッドを入れて使えそうなブラを探していました。
ただ、乳がん患者用のブラは一般的にどれも高額ですし、
買うときはその都度そのお店まで足を運ばなければならないこともあって
私もしばらくKEA工房さんには行っていません。

私の場合、温存だったとはいえ、量的にはけっこうがっつり切除されたらしく
自分では気づきませんでしたが、右側のほうが肩が下がっているとKEA工房の
スタッフさんに指摘されました。その分、切除した側の左胸をパッドなどで補正して
左右のバランスを取ったほうがよい、とも。

商品のクチコミも書いたので(今のところ、クチコミは私だけみたいですが)
パッドが入るブラをお探しの方には、お勧めします。
私は、ほぼフルカップのパッドを入れるので、こちらのブラを重宝しています。

ところで、今年は年越しのときに、テレビで久々に「東急ジルベスターコンサート(生放送)」を見ようと思っています(←紅白はあまり見ません)。
私の好きな曲が目白押しなんです。
そして、オペラ界の新星・山本耕平さん(テノール)も出演されます。

山本さんは、私が初めて第九の合唱に参加したときにテノールのソリストとして
参加されたので、舞台で生の歌声を聴けたのですが、半端じゃなくうまいのです。
あとにも先にも、鳥肌が立った経験はあれが最初で最後かも・・・!

今日、テレビで放映される曲の中で好きな曲は特にこの3つです。

・ヘンデル:オラトリオ『メサイヤ』より「ハレルヤ・コーラス」
・シベリウス:交響詩『フィンランディア』
・ラヴェル:ボレロ(振付:ローラン・プティ)

『フィンランディア』は特に好きな曲で、その昔、映画「ダイ・ハード2」の中でも
いい場面で何度も流れていました。

だんだん長文になってきました。
こちらのブログも開始から10年が過ぎ、私の病気も10年が過ぎ
会社でもいろいろありますが、今年は体調も崩すことなく、お正月を迎えられそうです。

読者のみなさまからのコメントもとても励みになりますし
また来年も、いろいろ書いていきますので、引き続きよろしくお願いします。

今年も1年ありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えください。

December 27, 2014

仕事納め

 昨日が仕事納めで、今日から9連休に入りました。

今月に入ってからはず~っと残業が続いていたので、毎日帰りも遅く
心身ともにグッタリの日もありましたが、年内の勤務はなんとか乗り切ることができました。

今月は約40時間残業したかな~。
1年に2回最繁忙期がありますが、今年はまさに「息つく間もない」ほど忙しかったです。

昨日も、21時を過ぎても同じ課の大半の人が残業に追われていましたが
一部の人が仕事を切り上げて帰り始めたので
私も同じチームの派遣仲間も、あがることにしました。

すると、同じチームの社員さんから「仕事納めだし、ごはん食べていきませんか?」
と言われ、お腹もペコペコだったので、会社近くの居酒屋へ直行しました。

考えてみれば、毎日一緒に仕事しているのに、一緒にごはん食べるなんて初めてでした。
今の職場、社員は社員、派遣は派遣で昼食をとることになっているので。


最初は6人でごはん&飲み会をしていたのに、そのうち遅くまで残業していた
チーム全体の他の人たちも続々と居酒屋に集結して、気が付けば20人越えの
大忘年会になっていました(笑)


私は、派遣同士ではよく食事や飲み会に行きますが、社員さんたちの飲み会には
(いろいろ面倒なので)誘われても、基本的には参加しないことにしています。

昨日の大忘年会は、結果的には社員と派遣も混合となりましたが
同じ課でも日頃接点もない方も多く、普段はなかなか聞けないような話もいろいろと
聞くことができて、楽しい時間を過ごすことができました。


年明け後も繁忙期はまだまだ続きますが、とりあえず今はそのことを考えないように
します。

結局、昨日は23時半過ぎまでみんなで飲みまくり、終電になってしまいました。
まあ今日が休みだからいいか!とちょっと気も大きくなったりして・・・。


そうそう、会社で来年度の「ルックJTB」のカレンダーをもらいました。
他の企業からのカレンダーもたくさんあり「好きなのを持って帰っていいよー」と
言われたのでいろいろ見てたら、このカレンダーが目に留まりました。

カレンダーの写真もとても大きく、画質もきれいなので、毎月きれいな景色を
楽しめそうです。すごいわ~、この「ウユニ塩湖」の写真!

C1

C3


 

昨年は、正月休み中に風邪をひいてしまい、完全に「寝正月」になってしまったので
今年は風邪などひかないように、9連休を楽しみたいと思います。

December 23, 2014

BREEZE OF TOKYO

先日、東京駅近くでランチに行ったお店は「BREEZE OF TOKYO」です。
丸ビルの最上階(36階)にある、フレンチレストランです。

関西出身の友人たちと行ったのですが
「丸ビルって言うから、大阪の丸ビルと同じように丸い外観かと思ってた」と
妙なところで突っ込みが入りました。

東京の丸ビルは、丸くないのよ~。

今回は、その関西出身の友人が「行ってみたいレストランがある」ということで
誘ってくれました。OZモールで予約してくれたそうです。

夕食だったらとても手が出ないのですが、ランチなら行けるかと・・・。

Dsc05092_1_3

Dsc05066_1
コースに付いていたスパークリングワインで乾杯!

Dsc05077_1
あいにく、窓際席ではなかったのですが
ゆったりした広めの席に案内してもらうことができました。

Dsc05068_1

Dsc05074_1
メインは1人が魚、二人は肉料理を選んだのですが
2品目にして肉っぽいものが登場し
「さっき、メインを選んだのに何で3人とも肉なんだろう・・・」と誰かが言ったら
「違うよ~。これフォワグラだよ(笑)」

私も肉かと思ってしまった・・・。

Dsc05076_1
白身魚のパイ包み。

Dsc05079_1
メインの肉料理。
この写真だとなんだかよくわかりませんね。

Dsc05085_1_2
クリスマスツリーをあしらったデザート。

こちらのレストラン、ランチだからかわかりませんが
カップルより女性客が圧倒的に多かったです。
私たちも、ほぼノンストップで3時間近くおしゃべりしてしまいました。

お料理も美味しかったし、次回行く機会があれば
今度はぜひ窓際に座って食事したいなと思いました。
どなたか一緒にいかがですか?(笑)

Dsc05096_1
これはレストランの外で撮った写真ですが
遠くに東京タワーが見えました。
関西人の2人は「あれ、東京タワー???」とても喜んでいました。

Dsc05095_1
2013年にOZモールで賞を受賞したレストランでした。

Dsc05108_1
近くにある切手ならぬKITTEのクリスマスツリー。
吹き抜けのロビーにドーン!と飾られたツリーは見事でした。


ちなみに、この日発売中止になってしまった、東京駅開業100周年記念の
Suicaは後日、インターネットとはがきによる申し込みで全員購入できることが決まりました。

私も1枚申し込んでみるつもりです。


 
年内の勤務はあと3日で終了ですが、連日遅くまで残業しているので
年賀状の準備が全く進んでいません。
なんとか年内には出し終えたいところですが、無理かも~。

実は、勤務はこの3日間が正念場になります。
あと3日、とにかく頑張ります・・・!!!

December 20, 2014

東京駅開業100周年記念限定Suica騒動

今日は友人たちとランチをするため、東京駅へ行ったのですが
偶然にも「東京駅開業100周年記念」の当日であり
記念の限定Suicaが発売されることも、おとといくらいにネットで知りました。

せっかくだから、1枚くらい買えたらラッキーくらいに思っていましたが
発売時間を30分以上も前倒しした上に、購入希望者が殺到しすぎて
一時は騒然としていたみたいです。

私が東京駅に着いた頃には、すでに「人が多すぎて安全が確保できないため
限定Suicaは発売中止」になったあとで、東京駅駅長が何度もお詫びのアナウンスを
流していました。

そもそも、まさか当日こんな事態になるなんて思っていなかったので
友人たちとの待ち合わせ場所を「丸の内南口」にしていたのですが
発売中止後2時間近く経っていたのに、まだまだ激混みで警察も出動していました。

丸の内南口の写真↓
Tokyo1_2

Dsc05122_1


せっかくの100周年記念日が、Suica騒動で大変なことになってしまいましたが
まあ、今日の本当の目的は記念Suicaを買うことではなく、
友人たちとのクリスマスランチだったので・・・よしとしますか。

でもこんな騒動になりそうなことはJRは予測できなかったのかな?とチラリと思いました。

ビューカードの会員に先行販売するとか、一般の人は抽選にするとか。
やみくもに早くから並んだ人しか買えないようにするから
本当に欲しい人が買えず、買ったらすぐにヤフオクで転売する人にしか
行き渡らないようなことになってしまったのかもしれませんね。

限定15000枚のところに、すでに朝の時点で9000人越えが並んでいて
1人あたり3枚までは買えるとなると、早い段階でトラブルが起きそうだと
予測していた人も多かったみたいですね。

今月に入ってから、ず~~っと残業が続いていて帰宅が遅かったため
夕食を軽めにとる日が多かったので、今日は久しぶりにおいしいランチを食べて
元気が出ました。友人たちとのおしゃべりも本当に楽しかった☆

ランチでは友人が見つけてくれた素敵なレストランへ行ったので
次回はそのことを記事に書こうと思います。

December 14, 2014

岡田光世さんの講演会に行ってきました

 今日は、長年のファンである、岡田光世さんというエッセイストさんの講演会を
聞きに行ってきました。

主にニューヨークの街での人々との交流をエッセイに書かれていて、
「ニューヨークのとけない魔法」シリーズとして、すでに何冊も発売されています。

どの巻から読んでも楽しめる作品で、一遍一遍の作品の最後には
簡単な英語表現も載っています。


講演会は、チケットが完売するほどの人気で、会場には北は北海道、南は沖縄から
熱烈なファンが駆けつけていました。

昨日の記事でも書きましたが、15年ほど前にニューヨークへ旅行に行ったときの
記憶というのは実はかなりあやふやになっていたのですが
今日、岡田さんのユーモアあふれる楽しいお話を聞いていたら
当時のことをだんだん思い出してきました。

そのときはまだインターネットは普及していなかったので、宿泊先の予約は
旅行雑誌で見つけたマンハッタンのど真ん中(セントラルパークのすぐ近く)にある
コンドミニアムを自分で手配して泊まりました。

まだEメールはなかった(と思う)ので、FAXに希望の部屋タイプとかを書いて
先方とやりとりして、予約を入れた記憶があります。

地上20階以上の高さの部屋に泊まったのに、ニューヨークの街は夜通し騒がしくて
明け方でもパトカーのサイレンの音がずっと聞こえてきて熟睡できなかったこととか

昔に比べたら、治安がだいぶよくなってきたとはいえ、夕方5時頃を過ぎると
周囲の雰囲気が一変して、危ない雰囲気の人とか、ホームレスっぽい人が
何人もあるいているのを見かけたこととか・・・すっかり忘れていたのに
今日は当時のことをいろいろと思い出しました。

岡田さんのウィットに富んだトークがとても素敵だったということもありますが
日本とアメリカの文化の違いを聞けたことが、やはり面白かったですね。

高校時代にアメリカへ留学をしたのがきっかけで、その後も長くニューヨークに
お住いの岡田さんが、アメリカへ行きたいと思ったのは、実は理由とかは特になく、
ただ、どういうわけかアメリカへ行きたい!と思っていた、というのも
親しみを持ちました。そういえば、私も10代の頃はアメリカにやたらと強い憧れを
持っていたな~・・・とか、そういうことも思い出しました。


最近、職場の同僚でやたらと気に障ることを言ってくる人(以前書いた、ボスよりも
さらにうわてで毒が強いタイプの人)がいて
気持ちが沈むことが多かったのですが、今日の講演会で気持ちが上向きになるお話や
言葉をたくさん吸収できたので、行ってよかったと思いました。

品性の欠けた発言を繰り返す、毒の強い変な同僚には負けていられません!(笑)


講演会の最後に、岡田さんから会場にかけつけたファンに贈られた21のつぶやきのことば。

Enjoy. 楽しもうよ。
Be happy. ハッピーでいよう。
Stop and smell the roses. 立ち止まって、バラの香りをかごう。
Live each moment. 一瞬、一瞬を生きよう。
Believe in yourself. 自分を信じよう。
Follow your heart. 思ったように動こう。心のおもむくままに。
Trust your instinct. 直感を信じよう。
Put yourself in his/her shoe. 相手の立場になって考えてごらん。
Forgive and forget. 許して、忘れよう。過去のことは水に流そう。

21のことばすべては載せきれませんが、これらの言葉はちょっと弱り気味の
私の心にかなり響き、また明日から頑張ろう!という気持ちになりました。

講演会後、最新刊を購入し、サインもいただくことができ
今日はいい1日になりました。

Ny1


Ny2

ちなみに、私の本名は「ななこ」ではありません(笑)
最後に「こ」がつくのは同じですけど・・・。

December 13, 2014

残業続きで、ちょっとぐったり

 結局、今週は連続5日間残業続きでした。しかも3時間半コース・・・。

帰宅すると23時前後になるので、家には帰って寝るだけ。
「家と会社の往復だけ~」と痛感する毎日です。

こんな日々はまだまだ続きます。

ところで、明日はそんな仕事疲れを癒すべく、ニューヨークから来日する大好きな作家さんの講演会に行く予定です。
アメリカ人ではなく日本の方です。
何年か前に書店で本をたまたま手にとってファンになりました。

ニューヨークには旅行で一度だけ行ったことがあります。
今から15年くらい前の話なので、今ではすっかり街の様子も変わったことでしょう。

アメリカ東海岸は時差がきつくて、ニューヨークのことは時差による体調不良に悩まされたことが
未だに思い出されるのですが(といっても、食欲が落ちたくらいです・・・)
 
その作家さんの本を読むと、ニューヨークの情景が目に浮かぶようなのです。

明日は東京都心も雪が降るかもしれないので、防寒対策が必須ですね。
どんなお話が聞けるのか、今からとても楽しみです!



December 10, 2014

残業続き・・・

 連日残業が続いています。

それでも今日は早めに帰宅できましたが、明日以降は毎日2時間・・・
場合によっては3時間コースと思われます。
大丈夫かな・・・体力持つかなとちょっと心配(笑)

 近くに座っている同僚が「残業で遅くなると、家に帰ってもごはんを作る気がしないので
旦那には『悪いけど、外で何か食べてきて』と言って、(昨日の夜は)1000円渡したの」と
言うので、

驚いて「そういう場合は、○○さん(←同僚の名前)のお財布から1000円渡すの?」と聞くと
「あ・・・というより、生活費全般は私のお給料から出してるの。2人だから、十分暮らしていけるよ。」

「え~!そうなの?」(一瞬、彼女がだんなさんを養っているのかと思ってしまった・・・)
「それで、生活費は私の給料で、だんなの給料はほぼほぼ貯蓄にまわしているの。」
「それは素晴らしい!」

この同僚は、もともとバックパッカーで30代前半の頃にバックパッカーとして
アジアを旅しているときに、だんなさんと知り合って結婚したそうです。
だんなさんも、バックパッカー上がりなので、結婚後10年以上経った今でも
年に3~4回、2人で海外旅行に出かけています。

他の同僚は「よくそんなにたくさん旅行に行けるよね。余裕があるね。」って
妬みっぽく言ってる人が多かったのですが、彼女からその話を聞いて納得しました!

しかも、彼女のだんなさんが飛行機のマイル事情にとても詳しくて
貯まったマイルで旅行に行くことも多いのです。
マイルに詳しいだんなさんなんて羨ましい!!!
 

以前、ネットで、生活費はだんなさんのお給料から払い、奥さんのパートの給料を
全額貯蓄にまわしている・・・という記事は読んだことがあったのですが

同僚のような生活スタイルが、実は一番堅実でいい方法なのかも・・・と思いました。

私も、もし結婚したら(←これはなさそうだけど)私のお給料から生活費を払い、だんなさんのお給料を
貯蓄にまわしたいな~と思いました。
ただし、その場合、お互いがお互いに対して絶対的な信頼がないとダメだと思いますが。

ブログはしばらく更新しないつもりでしたが、同僚からいい話を聞いた!と思い
忘備録のつもりで今回の記事を書きました。

December 08, 2014

週明け早々、ヘビィです

 いよいよ今日から残業月間がスタートです。

週明け早々、2時間超の残業ってかなりヘビイ~。
でもそうも言ってられないか、他の派遣仲間たちも、ほとんどが残っていて
なんとか締切に間に合わそうと必死です。

このところ、けっこうブログを更新していましたが、書く気力がなくなったら
またしばらく滞るかもしれません。

年内あと3週間だと思って、頑張ります・・・。

December 06, 2014

ピンクリボンのお宿ネットワーク

 今日はインフルエンザの予防接種を受けに行ってきました。
毎年、必ず職場でなる人がいるし、私自身は今まで一度もインフルエンザになったことはないのですが
やはり打っておくと多少は安心材料になるかな?と思いまして。
これからしばらく、繁忙期が続くのでおちおち風邪もひいていられません。
 

 ところで、少し前に、新聞で「ピンクリボンのお宿ネットワーク」というのが紹介されていました。
これは、乳がんを患い、術後に温泉や大浴場に行きたくても周りの目が気になってしまい

心ゆくまで入浴を楽しめなくなってしまった人のために、
リボン宿ネットに加盟しているお宿が紹介されています。
一部なら、無料で小冊子を送っていただけるということで早速頼んでみました。
(上記のURLから申し込めます)

Img_8797_1

北は北海道、南は九州まで、全国のお宿が紹介されています。約80ページです。
宿泊情報というよりは、主に日帰り温泉をメインにした感じの内容で

・温泉浴場の写真
・日帰り入浴プランの金額
・ピンクリボン宿泊プランの有無
・貸切風呂の有無
・入浴着の使用が可能かどうか
・タオルが多めに用意されているか

などが詳しく載っています。
また、各お宿のお得なクーポン(例えば、貸切風呂の使用料が無料とか
ウェルカムドリンクのサービス券なども付いています。

先月、山梨へ行ったときに「ほったらかし温泉」に入りましたが
一緒に行ったメンバーには、乳がんの既往歴のことは話していなかったこともあり
(温泉では、術側の胸を見えないように隠さないとな~。)なんて思っていました。

ですが、当日の行程がどんどんズレ込んで、温泉へ入ったのは
すっかり日が暮れたあとだったので、隠す必要は全くありませんでした。

「ほったらかし温泉」は内湯もありますが、有名なのは露店風呂です。
明るいうちに入浴していたら、胸を隠しながら入る必要がありましたが
あのときは、すでに月明かりの中で温泉入浴するような状況だったので、何も問題はありませんでした。

術後の方で、もしこれからお友達などに温泉旅行を誘われて躊躇されるようなことがあれば、
周りの視線が気にならない、夕方以降に入浴されることをおすすめします(笑) 

術後10年も経つと、切ってないほうの胸(右)と、切ったほうの胸(左)の差は歴然です。
術側の胸は、4分の1カットしているので、小ぶりですが、見た目は左胸のほうが
バストトップも高く、多少若く見えるので不思議です。
手術で、皮膚が引っ張られているからかもしれませんね。

本当は、この週末は友人から「日本海側の秘湯へ行こう」と誘われていたのですが
寒い時期に旅行に行くと体調を崩しやすいので、断っていたんです。

そうしたら、今日本海側は大雪で大変なことになっていますね。
その友人は「旅行は予定通り決行する!」と言ってましたが、果たして無事に行くことができたのか・・・。

 JALのマイルがかなり貯まっているので、それを使って2月に札幌へ旅行に行こうかと考えていましたが、
雪まつりの時期あたりが、職場の最繁忙期なのでとても休める状況ではないため、
今回は北海道へ行く案はなくなりました。
実はあらかじめ宿も押さえておいたのですが、もうキャンセルしちゃいました。
※それに風邪をもらいやすいので、2月のような寒い時期に北海道へ行ったら、
やはり風邪をひきそうなのもちょっと心配です。

 次に気になっているのは、四国の松山です。
道後温泉が有名ですが、そのほかにも温泉があるようで、
四国自体まだ一度も行ったことがないので、次の旅先候補は松山にしようかなと思い始めています。
行くとしても、繁忙期を乗り越えて、休みが取りやすい時期になってから・・・ですが。

とにかく、乳がんになったあとでも、温泉やお風呂は楽しみたいですよね。
今も昔も、温泉は大好きです。

December 04, 2014

たった1日で仕事を辞めた人がいます

 職場で、私がいる部署はけっこう大きな部署なのですが、先日の席替えにより
隣りの部署との境目のあたりに座っています。

先日、隣りの部署の派遣社員が一人辞めたので、今月からすぐに次の派遣の人が入ってきたのですが、
2日目にいきなり「高熱が出た」ということで欠勤していました。

そこの上司の方が「風邪なら仕方ないけど、まさか1日来ただけで『この仕事は合わない』って思って、
来るのがイヤになっちゃったのかな~(笑)」なんて話していたのです。

そうしたら、今日出社してみると、出社早々隣りの部署の社員さんがザワザワしていて
「あの派遣の方は、もうお辞めになりました」と広まっていて、ちょっとした騒ぎになっていました。

たった1日で「仕事が合うか・合わないか」を判断して辞めちゃう人っているんですね~。
私も、長い会社員人生の中で、本当に1日だけで辞めた人を見たのは初めてです(驚)

その部署にはもう一人、派遣社員がいて、その人と2人で全体のサポート役として
仕事をするわけなのですが、初日にいろいろ教えてあげていたので、急に辞められて
そのもう一人の派遣社員の人が本当にガッカリしていました。

その部署の派遣社員が、どういうわけかなかなか定着しないので、
今回1日で辞めた人の前任者も、3ヵ月もしないうちに辞めていきました。

2人体制なのに、相方が定着しないのはかなりつらいと思います。

それに、今の職場は(正社員は)女性でも定年まで勤め上げる勢いの人が多いし
男性も「勤続30年」なんていう人がゴロゴロいるため、1日で辞めるような派遣の人が
いると「だから派遣は・・・」なんて思われてしまいそうです。

ちなみに、私の部署は、社員も多いけど派遣社員も多いです。
3年満期という縛りはありますが、よほどの事情がない限り、
満期を迎える前に辞める人はほとんどいないし、1度満期を迎えたのに、
またしばらくして戻ってくる人も最近は増えてきました。

私もその一人なんですけどね(笑)
以前と課は違いますが、周りの顔ぶれはほとんど同じところに戻りました。

同じ会社でも、部署によって業務内容も仕事の量もだいぶ違いますが
幸い、今は日々一緒に仕事をしている社員さんたちにも恵まれているので
その点はありがたいなと思っています。

私も、今の部署での仕事は残り1年になりましたからね~。
また次を考えないといけませんね~。

December 03, 2014

今年も年賀状の季節ですね~

 12月に入りました。

職場も最繁忙期に突入したので、勤務時間中は「全力」でやらないと処理がしきれません。
毎日「本気度マックス」です。
まだ残業はありませんが、そろそろ時間の問題かも・・・。

 ところで、もう年賀状を書く時期になりましたね。
多いのか少ないのか、私は毎年70枚前後書いています。

少し前に、Yahoo!ニュースのトピックスで「子供の写真付きの年賀状、どう思う?」
というアンケート投票が行われていて、約2割の人が「不快に思う」に投票したそうです。

私も、子供の写真付き年賀状には、長年イラッとくることが多かった一人なのですが
さすがに最近は(他人がどんな写真を送ってこようが、まあ、正直もうどうでもいい)と思うようになりました。
性格悪くてすみません(苦笑)

アンケート投票のうち、不快と答えた2割の人は「長年子供ができないので、人の子供の写真が載っている年賀状を見るのはつらい」という人や
「子供の写真だけ載せられてもね・・・」とか
「病気闘病中だから」という理由の人もいました。
「わざわざ仕事関係の人にまで送らなくても、身近な親族とか親しい友人とかだけに
送ればいいのではないか」という人もいました。

一方、子供の写真付き肯定派の人たちは「子供ができない人には配慮しろ、とか、
そんなこといちいちかまっていられない」とか「なぜ、人の幸せが素直に喜べないのでしょうか」とか書き込みしていて、(結婚して、普通にすんなり子供ができて・・・という人には
一生わからない感覚なんだろうな)と思います。
そういう人が投稿した顔写真のアイコンには、大体本人とお子さんの顔が写ってますしね。
(あ~、わからないよね~、子供のいない人がどう思うかなんて)と思いました。

30代で、病気治療中だったときの数年間は、こういった年賀状は本当に精神的にきつくて
新年早々何度も嫌な思いをしたものですが、今はもうそういうのも吹っ切れたというか
正直、送りたい方はご自由にどうぞ!という感じですかね。

 ところで、年賀状だけ、年に1度だけしかやり取りのない人もいますし、
添え書き1つ書かれておらず、形式的なやり取りだけになってしまっている人も何人かいます。

今回年賀状を書くときは、70枚→50枚くらいまで減らそうかなと思い始めています。
一気に減らしすぎかなとも思いますが、私にとっては、70枚も書くのはけっこう大変です・・・(大体、何かしら手書きでコメントを書いているので)。

みなさんはどうされていますか?

« November 2014 | Main | January 2015 »