管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« July 2014 | Main | September 2014 »

August 2014

August 31, 2014

最後のミニ夏休み

 8月最後の週末は、3連休@3回目でもありました。
長い夏休みは特に取らなかったので、今月は3連休を3回とりました。

今回は、妹と甥っ子が帰ってきたので、一緒に千葉県内の温泉へ行ってきました。
といっても、家から1時間もかからない某ホテルの中にある温泉施設です。

ランチと温泉と客室利用が可能な日帰りプランを利用したので、とてもリラックスできました。


甥っ子は、かわいいのですが、やはり「ちびっこパワー炸裂」というか、四六時中一緒なのでかなり疲れました(笑) 
温泉に入るときも、転びそうで目が離せないというか。

私は、本当にたまにしか甥っ子に会わないので、育児の大変さがよくわからないのですが、
これが毎日X24時間続くのかと思うと、子育ては自分には無理だったな・・・と思います。

特に年取ってからでは、本当にきつそうです。
妹は30代半ばで出産して、今は40歳になりましたが、それでも大変そうです。

 
子供のいない人生・・・は若い頃には想定していませんでしたが、
それ以前に「このまま1人で生きていく?」可能性が強くなってきたので、
今後の人生をどうやって生きていくか、もっとしっかり考えていかなくちゃ、と思うことが増えてきました。

August 25, 2014

偶然見つけたサイトこそ、おもしろい!

 ココログでブログを始めてから10年が経ちました。
当時は今みたいに楽天やアメブロは無かった気がするのと、
今から他社のブログに乗り換えるのもちょっと億劫で、ずっとココログを愛用しています。
ブロガー数の規模からいったら、楽天やアメブロの方が市場は大きいんでしょうけど・・・。

ブログの開設当時のアクセス数は、1日あたり数十人といったところでしたが、
さすがに10年も経つと、50万ヒットを超え、
多いときだと1日あたり500人前後の方が読みに来てくれているようです。
(とはいえ、普段はアクセス数はあまり気にしていません。)

定期的にアクセスしてくださっている方ももちろんいらっしゃるとは思うのですが、
その日だけ爆発的にアクセス数が多い日というのは、
おそらく乳がん関連の情報を検索していくうちに、たまたまここのブログがヒットして、
過去記事を読まれたりするからなんだろうな・・・と推測しています。

・・・で、なんでこんなことを書いているのかというと、
私自身も、たまたま「ある事」を検索していたら、
行きついた先のホームページやブログの情報がおもしろくて、
ついつい過去記事まで遡って一気読みしてしまう・・・ということがよくあるからです。

今日偶然行き着いたのは、和田さんというフリーカメラマンの方のホームページなのですが、
写真と情報量が半端じゃなく、読み始めたら止まりません!

最近は、昔ながらのホームページでの形式でのサイトは少なくなりつつありますが、
この方のサイトはホームページの形式を貫いていて、かつ写真は本当にど迫力。

夏にどこも旅行へ行かなかったので、秋はどこか行こうかな・・・と思い、
いろいろ検索していたら行き着いた感じなんです。
偶然とはいえ、これぞ!というサイトに行き当たると面白いですね~。

夏の暑さにはめっぽう弱いので、もうすぐ秋になり、気候も和らいでくるのかと思うと嬉しいです。
来月は、富士山麓へ行ってみようと思います。

August 24, 2014

ボスが戻ってくる!

 3ヶ月ほど前に、契約満期で退職した派遣の同僚がいるのですが・・・その人が来月から今の職場に戻ってくることがわかり、ちょっとした騒ぎになっています。

なぜならば・・・その人はものすごく性格がキツイから。
他の派遣社員の、休みの日のプライベートな予定とかまで把握したがるし、いろいろ面倒くさい人です。(今の職場は、人の領域に踏み込んでくる人がなぜか多いですね・・・)

それと、派遣社員で本来は社員をサポートする立場なのに、正社員にも敬語は使わず命令口調だし、容赦なくズケズケと物を言うからです。

特に私に対しては、いちいちトゲのある言い方をする人で、満期でやっと「さよならできた」と思っていたのに、また戻ってくるなんて・・・正直あ~あという感じです。

 
「私の知り合いの、40過ぎのおばさんがさー」とか
「私の友達で、35過ぎて嫁に行ってない人は1人もいないよ!」とか

私に対して言ってるのではないのかもしれませんが、いちいちイラッとくる言い方をする人なんです。もう~なんで戻ってくるんだよう~(泣)

職場に、彼女の取り巻きみたいな人が多いので、私も表向きは、当たらず障らず接してきましたが、来月からがちょっと不安ですね。

話の順序が逆になりましたが、先日書いて保留にしていた「派遣契約」は引き続き更新しました。派遣の営業担当と再度話したところ、私が他の派遣社員2人をフォローするという話は「なし」になり、今まで自分が担当していたエリアをそのまま受け持つことになりました。

 ただし、今までは男性社員と1:1で仕事をしていたのが、今度からは男性社員・女性社員・私の3人で仕事をすることになり、2人の社員から仕事が飛んでくることになったので、やはり今まで通りにはいかなくなるかもしれません。

今の仕事は好きなんだけど、周りに詮索好きな人が多いので、そういう点では人間関係が少々やっかいな面もあります。やはりそろそろ次の道を考える時期に来ている気がしてなりません。
 

 

August 17, 2014

また身の振り方を考える

 この週末は今月2回目の3連休でした。
妹と甥っ子が遊びに来たので、またまた地元のイオンへ出かけたくらいで、
ぐうたらしまくりの3連休でした。甥っ子は、ガチャガチャをやるのが好きなので、
今回はお誕生日プレゼントで「5回」はやっていい!と言うつもりだったのに、
1回やったら満足したのか「1回でいい・・・」と言いました。

ところがその後、「妖怪ウォッチ」とかいう、子供に大人気のおもちゃの時計があって、
それがたまたまレジのところに売られていたので、買ってあげました。
「妖怪ウォッチ」、私には何がおもしろいのかさっぱりわかりません(笑)

さて、この3連休は楽しく過ごせるはずだったのに、休みに入る前の日に、
派遣の営業担当者が10月以降の契約更新の話をしつつ、
予想外の話を持ち出してきたので少々困惑しています。

  私の今の派遣先は、基本「3年満期制」です。
タイミングよく、別の部署に空きが出れば、またまた3年働くこともできますが、
運悪く空きが出ないこともよくあります。

私がいるチームは、社員1人と、派遣1人がペアになり、1つのエリアを担当していて
業務の割り振りも、残業が多いか少ないか、なども各社員の裁量にかかっています。

 
最初の1年、私は「A」というエリアを担当していました。
しかし1年経過したとき、「B」を担当していたベテラン派遣が3年満期で辞めるため、
私が「B」を担当することになり、「A」は今年の4月から入ったばかりの、
新人派遣の人が担当することになりました。
この他に、あと半年ほどで3年満期を迎える「C」というエリアを担当しているベテラン派遣の人がいます。

派遣の営業担当者から言われたことは、「ななこさんには、今『B』を担当してもらっていますが、
上司の方からもお話があり、今後は社員と派遣の1対1ではなく、チーム制にするので、『A』と『C』も担当に入って、他の2人の派遣の人のフォローとヘルプに入ってほしいそうです」

1対1で仕事を進めるのではなくなることはわかりましたが、
私が他の派遣2人のフォローにまわる、という言い回しが気になり「チーム制になるということは、他の2人の派遣の人たちも、
私の仕事の1部を担当する、ということなのでしょうか」と聞くと「そうではない」との返事。

「私は2人の仕事を担当して負担が3倍になりそうなのに、2人は今持っている仕事の分量だけで、
変わらないということですか?」と聞くと「そうです」との返事。
「新しくきた方が、まだ不慣れでAの仕事が全然まわっていないんです。
だから以前担当していたななこさんに、やはりAの業務も担当を掛け持ちしてほしい、と。
でも、ななこさんの負担が増えないようにしますから・・・」と言うので

「すみません、言われている意味がよくわからないんですけど・・・。
担当範囲が増えるのに、負担が増えないわけないですよね」と言うと、

営業担当の人も、同じことを2度も3度も言って、
何とかその場で更新させようという素振りが見えましたが、何回聞いても理解不能な私・・・( ;∀;) 
そもそも、今年の4月にAの仕事を外されて新人が担当するとわかった時点で、
いずれこういう事態になる、というのは上司との面談のときにも伝えておいたのに。。。
しかも、その人は今はしぶしぶ残業しているけど「本当は残業したくない!」と言いまくっているし。。。

今担当している業務だけでも、残業はないまでも、けっこうなボリュームなのに、
なんで他の人は1エリアだけ担当なのに、私は3エリアを受け持たないといけないのか、

ヘルプに入るのとは意味が違い、2人のフォローにまわる、というのも本来は2人と同じ派遣という立場の私ではなく、
各担当の社員の仕事だと思うので、ますます頭が「???」マークだらけになってしまい、「ちょっと動揺して自分でもよくわからないので、今日は更新しません。
保留にさせてください。」と言って、少し考える時間をもらいました。

 まぁ考えるといっても、次の契約を更新しないというのは現実的ではないし、
この話が飲めない場合は「嫌なら辞めてください」というのが会社の意向のようです、たぶん。もう1人、私と同じような提案をされている派遣の人がいますが、その人も更新をためらっているようです。

 今の契約は9月末までなので、今辞めたところで、すぐに次が見つかるか、というと、それはそれで厳しいですし、少なくとも「働かない期間(=空白期間)」ができる、というのは私の中ではあり得ません。

この週末、今後の身の振り方をけっこうじっくり考えていたんですけど、とりあえず今回は契約更新して、言い方は悪いですけど、今の会社で仕事をキープしつつ、長期的に働ける職場を探していくしかないのかなと思います。3年なんてほんとあっという間だし、やはり期限があると落ち着いて働いていられないな、と正社員だったときにはなかった悩みが出てくるものですね。

August 10, 2014

母は外出のため、父を看る

 今日は1日、要介護状態の父の面倒を看ていました。 日頃、父の介護をしている母が「日帰りのバス旅行に行って息抜きしたい」というので、私も休みだし、 引き受けました。

感想。
一言で言ったら「こんなに大変だったのか」。
1日3食用意して+父に何か呼ばれたら、いちいち参上する感じです。

父は2年前に脳梗塞で身体が不自由になり、辛うじて歩けるけど、とても1人では外出はできません。
家の中をよたよたと歩ける程度です。
トイレにも自分で行けますが、立ちあがるときなどは、トイレまでいちいち手を引かなければなりません。

しかも糖尿病の合併症による視力低下により、目がほとんど見えない状態です。

脳梗塞の後遺症により、1日のほぼ7~8割は「うつらうつら」していて、寝ているのか起きているのかもよくわからず、
不幸中の幸いは(言い方は悪いですが)半分ボケているんじゃないかと思うときがあることです。何よりも、反応がすごく鈍いのです。

頭が完全にしっかりしているとしたら、身体も動かせず、目も見えないのはあまりにもきつすぎます。
「育児には救いがあるけど、介護には救いがない」とよく妹と話しています。

ちなみに妹は看護師で、今は子育て中ながらも仕事で老人介護に深くかかわっているので、そのあたりのことにもとても詳しいです。

でも、母は嫌な顔ひとつせず、せっせと父の世話をしているので、本当に頭が下がります。

身体が動かせず、目もほとんど見えないとしても、口は動かせるので、
母や私によく「あれやって」「これやって」と言ってきます。

目が見えないという割には、1日中でもテレビをつけてテレビを凝視しているし、
ときどきうっすらと見えることもあるそうなので、1日に何度も呼びつけられると、私などはつい「何っ?」ときつい口調で言ってしまうこともあります。

 
家族が病気などで急死してしまうのはもちろんつらいと思いますが、
うちの父みたいに(これで生きているといえる状態なのかな?)という状況で
生きていかなければならないのも、つらいものです。

本人もつらいけど、周りで介護する家族の負担も半端じゃありません。
よく、老老介護をしている人や、年老いた親を、中高年の子供が殺してしまったりする悲劇がありますが
介護する側が「1人」で抱え込んでいる場合、自由が全くなくなってしまうので、
他人事とは思えません。

 
家にいると、最近疲れるな~と思うことが多いのは、
きっと両親と生活のリズムやスピード感が職場にいるときと比べて、
全然違うからなのだと思います。

若い人たちとの生活リズムと、70歳を過ぎて「老い」を感じるようになってきた両親とは
やはりいろいろなことが違います。
生活面において、やはりスピードが落ちています。

たった1日、父の面倒を見ただけでかなり疲れてしまった私ですが、
夜になり母がウキウキしながらバス旅行から帰ってきました。

「ひたちの方の、温泉に行ってきたの。前から行ってみたかった温泉だから、
行けてよかったわ~。震災のときにかなり影響を受けたみたいだったけど、
今日行ったらそんな形跡はなかったし『いい温泉だから毎年来てます』って言ってる人もいたの。

やっぱり、旅は一人旅に限るわね!
気楽だし、1人参加の人も多かったから、また来年も行こうかしら。」と言って
息抜きができたようでした。今日はいろいろなことを考えた1日でした。

私は、外見は父親似ですが、一人旅が好きな奔放な性格は母親似なのかもしれません。

今まで母に任せっきりな部分が多かったので、今度はもっと協力しないといけないな~と思いました。

August 09, 2014

3連休は家でぐうたら

今日から1回目の3連休です。
台風11号の影響で、西日本では甚大な被害が出ていますね。
飛行機が飛ばず、空港でぐったりしながら待機している人たちの姿を見ると
本当に大変そうです。


関東は、日中は雨も降らず、蒸し暑い1日でした。
でも今日は外出する気も起きず、終日家で「ぐうたら」過ごしていました。
こんなに何もする気が起きないなんて珍しいです。

 
もしやこれが夏バテ???

 
 
ところで、先日職場で「ファミリー・デー」というのがあり、社員のご家族が職場に来て、配偶者や自分の子供たちが職場見学しに来ていました。

社員の子供たちは一気に20人くらいオフィスに入ってきて、机の周りを駆け回ったり、ホワイトボードに「お父さん、早く仕事終わらせて家に帰ろう!」なんて落書きを始める子供までいました。まるで動物園並の騒々しさでした(笑)


派遣社員の私には関係がない話なのですが
 
今の職場の社員の人たちは、基本的に「結婚していて、子供がいるのが当たり前」という考えの人が多く
社員の子供同士が仲良くなって遊んでいたり、会社でも家庭でも、職場の人間関係にガッチリ縛られているようです。


もし自分がここの社員だったら(こういう催し物のときは肩身が狭い思いをするだろうな~) と思い、ちょっとゾっとしてしまいました。実際、妙齢で独身の男性や女性社員は、ただの偶然かもしれませんが、この日休みを取っている人もいたので、余計にそう思いました。

私が普段ペアで仕事をしている男性社員のお子さんたちも来ていて、お父さんぶりをほほえましい姿で見させてもらいました。

この人とペアで仕事をするようになって4ヶ月が過ぎましたが、何より性格が大らかで優しい人なので、こちらも仕事がやりやすいです。彼が独身だったら、きっと好きになっていただろうなと思います(笑)

自分がおおざっぱな性格ということもあり、男の人で細かいことを言う人や(人間性において)せこい部分が見え隠れする人はとても苦手です。どうも私にはそういう人が寄ってくる傾向があります。


職場に超一流大学を出て入社してきた若手の男性社員がいるのですが、
その人が先輩の女性社員にいつも威圧的で高飛車な言い方をしているので、
毎回その言い方が気になってしまいます。

どう見ても、キャリア20年近い先輩に言う言い方ではないんですよ~。
(頭いいのは認めるけど、目上の人に対する礼儀をもうちょっとなんとかしようよ!)と思いますが、周りの他の社員もその若手君に打ち負かされると思うのか、誰も注意しません。いくら頭が良くても、礼儀を欠くような人はやっぱり苦手だな~。

 
 
 
 
 
最後に、今日は甥っ子の誕生日でもありました。
4年前の今日、自分にはじめて甥っ子ができて、不思議な感動に包まれたときのことを思い出しました。

最近は成長してきて、たまに小憎たらしく感じるときもありますが、
ふとした瞬間に「血のつながり」を感じることがあり、
その度に幸せな気持ちになります。4歳のお誕生日おめでとう!

August 04, 2014

体調を崩して、夏休みを取ることを決意(笑)

 先週末より扁桃腺を腫らして体調を崩し、この週末は家で横になって過ごしていました。
そういえば、7月はカレンダー通りの休みで、他に休みをとっていなかった・・・!

繁忙期ということもあり、あえて休みを取らなかったのですが、
自分でも気づかないうちに身体が疲れていたのかもしれません。

かかりつけの耳鼻科で「ジスロマック+プレドニン」という、
私にとっては最強コンビの薬を処方してもらい、これを飲んだおかげで
今回は比較的早く扁桃腺が回復してきました。

周りで夏休みを取る人が増えてきたなか、
私は今月は特にとるつもりはなかったのですが
今回体調を崩したことで「やっぱり休みを取ろう!」と一瞬にして気が変わりました。

職場でペアで仕事している社員さんからも「夏休みをとってくださいね」と
言われていたこともあって、本日ようやく休みの申請をしてきました。

今月、3連休を3回取ります(笑)

平日を5日休んで、長期休暇にすることもできるのですが、
特に用事もないので今回はこれで十分です。

今の職場は、エコ対策で室温28度設定にしてあり、
実際はおそらく30度はあると思うので
とにかく会社にいるだけで、体力を消耗してしまいます。

体調を大きく崩す前に、自分で予防線を張ることも大切だな~と、
今さらながらに思いました。

« July 2014 | Main | September 2014 »