管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« January 2012 | Main | March 2012 »

February 2012

February 13, 2012

派遣契約延長の巻

 2月も半ばに入りました。仕事面はまあ未だにいろいろ問題はありますが、プライベートでは人に会う機会も多く、それがいいストレス発散になっているというか、うまくバランスがとれているような気がしています。

 
 
 
  仕事に関して言えば、今度の職場では派遣契約が3ヶ月更新なのですが、特殊な業界の雰囲気になかなか馴染めないし、いっそのこと契約が終わってくれないかな~なんて考えていたこともあるのですが、先日所属長から直接「ななこさん、この仕事は続けられそうですか?できれば4月以降も続けてくれませんか?」と全社員の面前で突然言われ、考える猶予もなく結局「はい、よろしくお願いします。」と答えてしまった私(^o^;;
 

 ・・・というか、派遣社員の場合、通常ならば派遣会社を通して契約の話をするはずなのに、なぜに直接聞く?って思っていたら、翌日になってすぐに派遣会社の営業マンが来て「ななこさん、延長を受けていただいて本当にありがとうございました。実はななこさんの前任の方たちは、長く続いた人がなかなかいなくて、こちらの社員の方たちも(もしかしたら、またすぐに辞めてしまうのでは?)と派遣社員に対して警戒心があったみたいなんです。でも続けてもらえると聞いて安心しました。」と言うので「正直、最初の1ヶ月は社員の人たちの風当たりもきつくて、これは3ヶ月ももたないわ、って思ってましたけど、最近は風当たりも多少和らいできて、話しかけてくれるようになってきたので、4月以降も頑張ってみます。」と言ってみました。
 

 仕事内容がどうの・・・というので辞めた人はいなくて、どうも周りの社員の人たちが変わっている人が多くて、その人間関係に耐えられなくて辞めたケースが今までは多かったみたいだし、私もまだ様子見の段階です。でも、私と似たような環境の職場で働いている友人からは「全く興味のない分野での仕事、おもしろくないのはよくわかるよ~。私もそうだから。でも周りと関わりがないなら、かえって気楽かもしれないし、仕事だけちゃんとこなしていれば、周りの目も変わってくると思うよ。1ヶ月経ったんだし、これからはどんどん楽になると思う。何か1つでも、その職場のいいところを見つけることができれば、またそれを励みに頑張れると思うけど・・・そういうの何かないの?」
 

 それが1つだけあるんです!この間までいた職場では、連休は長くても5連休が最高でしたが、今度の職場では周りが率先して長期連休をとっているので、GWとかお盆の時期前後に普通に9連休をとれるみたいなんです。これは大きい。でも9連休もとったら、会社に行きたくなくなりそうですけど(笑) 普段はあまり有給を使わないようにして、長期連休のために大事にとっておこうと思います。今年のGWは2日間休みをとれば、9連休なんですよね。しばらく連休がないけど、それを励みに頑張ろうと思います。

« January 2012 | Main | March 2012 »