管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« August 2011 | Main | October 2011 »

September 2011

September 24, 2011

帰宅困難、ふたたび・・・

先日の台風はすごかったですね。
あの日、会社は節電による早出出勤最終日で、仕事は17時まででした。

でも午後からいよいよ台風が接近してくる…ということで
職場の上司からは「台風が心配な人は、帰ってもいいです」と
言われました。

けどその直後、同じチームのリーダーから
「今日中にやっておきたい仕事があるので手伝って」と言われました。

帰りたくても、帰れなくない!?(笑)


それはさておき、この日早々に帰ったのは1人だけで
他の人は全員終業時間まで残っていました。

気が付けば、外はすでに暴風雨。

とりあえず駅まで行くだけ行ってみよう…ということで
同じ職場のメンバー数名と駅まで猛ダッシュしてみましたが
傘が骨ごと折れてしまって使い物にならない人や
洋服がズブ濡れになってしまったりと、散々な結果に。

そして、すでに17時過ぎでは、首都圏の電車はほぼ全て運休状態だったのです。

当分動かないだろうなと思いつつも、駅で2時間近く待機してみましたが
それでも全く動く気配もないので、エキナカのショップでパンを買い
駅ビルの中で他のメンバーと共にパンをもぐもぐ食べていました。

しかしその後も駅は帰宅困難者で増える一方で
だんだん身動きできなくなってきたので
諦めて、再び会社に戻ることに…。

仕方なく、会社のロビーで2時間近く
時間を潰していました。
結局、ここにいるのが一番快適でした(苦笑)

21時近くになると、ようやく電車もまともに復旧し始めたので
なんとか家にたどり着くことができましたが
この日は仕事が終わったのが17時だったのに
家に着いたら、23時半をまわっていました。

東日本大震災のときの悪夢再び…と思うような出来事でしたが
そもそも前日くらいから台風が首都圏を直撃しそうなのがわかっていたんだから
会社にしても交通機関にしても、何か対策を立てておくことが
できたんじゃないのかな?と思ったりもしています。
最初から会社は休みにするとか。まあ無理だろうけど。

結局、あの日一番得をした人は、
上司に言われた途端に、仕事を残してサッサと帰った1人だけだったような気が…。
まだ台風の影響も出ていない、14時頃に帰る決断を下したことは
本当に大正解ですよね。

通常業務を終えて、帰宅に6時間以上もかかった私は
家に着いたらもうすっかりクタクタでしたよ~。

あの日、帰宅困難者となってしまった皆様、本当にお疲れさまでした。

September 05, 2011

9月になりました

 久々にブログ復活です。8月は会社の最繁忙期で、忙しくて大変でしたが、後半は多少休みを取ることができたので、旧友に会ったりして楽しく過ごしました。特に、最近はなかなか会う機会がなかった幼なじみとはゆっくり食事して、お互いの近況報告をしましたが、彼女が2児の母となった今も、基本的には子供の頃と中身がちっとも変っていなくて、嬉しかったです。

 そして何よりもすごいな~と思ったのは、彼女の仕事に対する心構え。今の職場にも、小さな子供を抱えて働く人はけっこうたくさんいるのですが、どちらかというと仕事のことは「二の次」で、子供のことで何かあると、どんなに仕事の締めきりに追われていようとも「すみません!保育園から電話きちゃったんで、今日は帰らせていただきます!」と言って速攻で帰ってしまう人がほとんど。え・・・、その仕事、今日締め切りなのに・・・大丈夫???

 そしてその穴埋めは、残された人が残業覚悟で仕事をこなす・・・というのがもう当たり前になってしまっているのですが、幼なじみの場合、海外出張の前日に1歳のお子さんが高熱を出したときも、病院に連れて行って、座薬を入れたりして、出張を取りやめるどころか、アジアにもヨーロッパにもそのお子さんを連れて行った、と聞いて本当にびっくりしました。病院では「乳児だからこそ、お母さんと離れるのではなく、出張に連れて行ったほうがよい」と言われたみたいです。しかも、ヨーロッパへ行ったときは、子供の熱が下がるのを待っていたら直行便を逃してしまい、やむなくドバイ経由で行ったというのですから、本当に驚きです。

 「飛行機の中でも子供が泣きやまなくて、機内食は食べられなかったし、私が座るとすぐ泣きだすから、10数時間、ほとんど立ちっぱなしで子供をあやしたの・・・」と聞いて頭が下がる思いがしました。私が「機内で、泣いている以外は大丈夫だったの?」と聞くと「熱と飛行機の揺れで気持ちが悪かったのか、うちの子、機内ではマーライオンの噴水みたいに吐きっぱなしで・・・」。それを聞いて思わず「え~っ!!!」「もうこの子死んじゃうかも・・・って思ったよ」と言うのを聞いて、ただただ、すごいわ・・・と思いました。

 そのお子さんも今は2歳になり、先日彼女が東京出張に来た時は、家族の元に預けられて「ママー、いつ帰ってくるの?」と電話で言えるくらい、すくすく成長しているそうです。やっぱり子供はたくましいんですね^^

 それから、少し私の近況を書きますと、来月乳腺の定期検診があり、ここで何もなければ今後は1年に1回の経過観察のみになるようです。何年経っても「安心」はできないのがこの病気ですが、それでもこれまで普通に暮らしてこれたことはありがたいことだといつも思っています。

 今の職場の派遣契約が、今年度いっぱいで満期になるので(次の仕事どうしよー)とか(このまま同じ会社の中で、他の部署の仕事を紹介してもらおうか)とか、いろいろ考えるところもありますが、それも自分の体調に不安がないことが大前提なので、とにかく無理だけはしないような、仕事選びをしたいと思っています。
 

« August 2011 | Main | October 2011 »