管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« January 2011 | Main | March 2011 »

February 2011

February 24, 2011

スキーはお好き!?

 先週末は、金曜の夜に仕事を終えて、そのまま職場の仲間の車でスキーに行ってきました。途中、休憩を入れながら行ったので、都心から約3時間で越後湯沢へ到着。久々の関越道は、群馬と新潟の県境にある「関越トンネル」に入るちょっと手前あたりから雪がちらつき始め、川端康成の小説の冒頭部分さながら、トンネルを抜けると雪国でした。

 金曜の夜は、こちらで温泉と大広間での仮眠がセットになったパックを利用して、なんとみんなで雑魚寝。(ちゃんと眠れるのかしらん?)とやや心配ではありましたが、大広間は床暖房が効いていて、布団も毛布もあったので、仕事帰りだったということもあって、一緒に行ったみんなすぐに爆睡。翌朝は快晴で早々に行動開始しました。

 行ったスキー場は、苗場にも近い、「かぐらみつまたスキー場」。20代の頃は、冬になると毎年(これでもか!)というほど何度もスキーに行ってましたが、30代に入ってからは、治療をしていたことと、ホルモン剤を長期に渡って飲んでいたこともあり、骨がもろくなっている可能性があり、怪我をしたら大変!という思いもあってパッタリと行かなくなり、今回実に10年ぶりのスキーとなりました。

 前日(金曜)の夜に大雪が降ったおかげで、土曜日のスキー場のコンディションは、雪がフカフカで最高!10年ぶりということでちょっと不安もありましたが、若い頃に夢中になっていたことというのは「しっかり体が覚えているもの」なんですね~。今回、一度も転ばずに滑ることができました(笑) しかも、こんなにいい天気なのに意外と滑っている人が少ないな~と思っていたら、なんと土曜日の朝に関越トンネル付近で事故が起こり、大渋滞のため、付近のスキー場にたどりつけない人がたくさんいたそうなのです。

それにしても、かぐらのスキー場からは遠くの山々がよく見えて、コース自体もとても長いし、滑っていて気持ち良かったですよ。スキー場といえば、流行りの音楽がかかっていることが多いと思ってましたが、ここのスキー場は「周りの景色を楽しんでもらうため、天気の良い日はあえて音楽はかけていない」のだそうです。一緒に行った友達が、スノボのスクールに入って、そこのインストラクターからそう聞いたそうです。

 Ca350760_1

ちなみに、土曜日はスキーのあと近くのロッジに泊まりましたが、1日中滑っていたせいか、夜は疲れて全員20時には就寝。そのままみんな丸12時間くらい爆睡して、翌朝は「あ~、こんなにたっぷり寝たの本当に久しぶり。いつもはその半分も寝ていないからね。」と言いながら起きて、ゆっくり行動開始。日曜日は滑らずに、近くの温泉に入って早めに越後湯沢を出発しました。この温泉がまた、良かったですよ~。

 ・・・というわけで、先週末から、仕事→週末スキー→仕事・・・というサイクルで早くも今週も週末になりますが、今週はずーーーーーっと残業が続いていて、なかなかブログを書いている時間がありませんでした。それにしても、今や国内のスキー人口は最盛期の3分の1にまで減ってしまっているらしいですが、やっぱり楽しいですねぇ。また来年も行きたいな。

February 14, 2011

週末は久々のスキー

 今日は夜になってから、大雪が降って外はすごいことになっています。関東は雪に弱いので、ちょっと積もっただけでも交通機関に大きな乱れが出るし、転倒してけがをする人も出るのでは・・・?とちょっと心配。かなり積もった場合、会社に履いていくような靴もないし・・・ロングブーツだと、ややハイヒールなので転びそうでちょっと怖いしなあ~。どうしよう。明日は早めに家を出よう。

 今週末、職場のメンバーと、私にとっては約10年ぶりのスキーに行きます。20代の頃は冬になるとしょっちゅうスキーに行ってましたが、30代に入ってからは全然行っていません。ある程度、身体が覚えていてくれるといいのですが。昔は、土日でスキーへ行ったら、2日とも1日中滑ってましたが、さすがに今はそれをやると翌日影響が出そうなので、初日だけ滑って翌日は、温泉に入ってのんびり過ごしてこようと思っています。

 金曜日の夜、仕事が終わったらそのまま車で新潟(越後湯沢)まで行きます。都内からだとその日のうちに向こうに着くので、そのまま現地で仮眠をとって、午前中から滑ることになりそうです。とにかく怪我だけはしないように気をつけます。

February 05, 2011

「ダ・ヴィンチ展」へ行きました

 今週もまた、職場ではゴタゴタが続いて大変でした。今の職場で初めての、大きな難局を乗り越えてホッとしました。まず、同じチームの派遣仲間がインフルエンザにかかってしまい、1週間ずっと休んでいるので、その分の仕事も私にまわってきました。仕方がないこととはいえ、2人分の仕事はさすがにこたえるわ~。そして、その他に、仕事上のことで某社員さんとずっとゴタゴタしていて、涙目になったりしたこともしましたが(とはいっても、職場で泣くのは自分の中では絶対にご法度だと思っているので、実際は泣きませんでしたが)、今週はほーんと1週間が長かったです。

 年明け以降、残業が続いていて、あまり出かけたりすることもなかったので、今日は久々に友人と会い、朝から有楽町へ繰り出してきました。目的は、「ダ・ヴィンチ展」でした。レオナルド・ダ・ヴィンチといえば、「モナ・リザ」や「最後の晩餐」で有名ですが、この「ダ・ヴィンチ展」では、主に「モナ・リザ」に秘められた25の秘密や、レオナルドの画家以外の分野で残した功績が展示してありました。彼は、なんと人体を解剖して、それすらも詳しく絵に描いて残していたことを初めて知りました。そしてそれが、のちの「グレイの解剖学」の原型となっていたことも・・・。

普通の絵画展かと思っていましたが、実際は絵画は本物ではなく、精巧なレプリカが展示されていて、その数自体は非常に少ないです。だから絵画展かと思って見に行くとちょっと拍子抜けしますが、映画「ダ・ヴィンチ・コード」のシリーズを観た方や、「モナ・リザ」の秘密って???と少しでも気になる方には、興味深い内容の展示会だと思います。

ちなみに、今回は一緒に行った友人が先にチケットを買っておいてくれて、「ダ・ヴィンチ展」と帝国ホテルのケーキセットが、セットになったチケットだったので、展示会のあとにホテルでお茶もできて、リフレッシュできた1日となりました。「ダ・ヴィンチ展」は日比谷公園内の仮設の建物内で開催されています。

「ダ・ヴィンチ展」の外観↓
004
日比谷公園内の大きな広告↓
007
帝国ホテル外観↓

009
ホテルでのケーキセット↓ケーキは数種類から選べます。
010

« January 2011 | Main | March 2011 »