管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« September 2010 | Main | November 2010 »

October 2010

October 24, 2010

今日は告知記念日

 2日ほど前から、扁桃腺を腫らして体調不良気味です。週末にかかったので、会社を休まなくてすみ、セーフ!という感じですが、昨日かかりつけの耳鼻科へ行って診てもらったところ「(扁桃腺が)こんなに腫れちゃって・・・つらかったでしょう」と言われてしまいました。今、職場でも風邪が大流行中で、家では母も風邪をひいていたので、私が風邪ひくのも時間の問題だな・・・とは思っていたのですが、案の定・・・でした。

 それはさておき、カレンダーを見るまですっかり忘れていたのですが、7年前の今日、夕方の今頃の時間(16時頃)、某大学病院の某診察室で「あなたの病気は乳がんです」と告知されました。あの頃私はまだ32歳で、仕事もチーフ職に就き、まさにノリにのって(?)、夢も希望もあった若い女性でした。自分で見つけた左乳房のおかしなしこりが、まさか本当にここまで人生に影響を及ぼす病にかかっているとは思ってもいませんでした。

 言葉では言い尽くせないほどの、強力でつらい治療を受けて、1年ちょっと会社を休職したものの、7年目に入った今も、こうして元気に暮らせているのはやはり嬉しいものです。私の場合、最初の時点でしこりが約3.5センチあって、リンパ節転移も3個あったので、当時のステージは2b。リンパ節に転移がある場合、のちのち再発に影響する可能性も大きい・・・ということを医師から聞かされて、かなりショックを受けた覚えがあります。

 その後、このブログやオフ会でのつながりを通じて知り合った、同病の友との交流を深めていく中で、リンパ節転移があっても、数年後も元気でいる人も多くいることがわかり、大きな励みになっています。その一方で、この数年間に、同病で交流があった方が何人も旅立たれ、計り知れないほどの悲しみに包まれたことも1度や2度ではありません。

 最近、母と喧嘩しました。発端は些細なことでしたが、「あなたは自分の病気のことを時々『勲章』みたいに言うことがある」と言われて、頭にきました。自分の病気を勲章だと思ったことは、これまで1度もありません。がんが勲章なわけがないです。うちの母は自分もがんを経験しているのに、ときどきこういうことを言うので、親子ながら、理解に苦しむことがあります。

 勲章ではないけど、自分のこれまでを振り返る、大きなきっかけになったとは思っています。ただそれだけです。私は今でも、この病気になったことが悔やまれることがあるし、他人と付き合う上でネックに感じることはよくあります。

 ただ、病気発覚前よりも、今はシンプルに生きてる気はしています。仕事が合わないと思ったら、合う仕事に就けるまで軌道修正する・・・とか。以前だったら、誰かに誘われてどうしても参加しないといけないような集まりでも、今は気乗りしなかったら、無理には参加しない・・・とか。自分が望まないことに時間をかけるのはとてももったいないですから。

 来週は、乳腺科の半年ごとの大きな定期健診です。今回も無事にクリアできますように・・・と願いつつ、7年目を迎えての思いを書いてみました。

October 17, 2010

バンコクは大丈夫か?

 金曜日の夜は、友達と会い、来月行く海外旅行の打ち合わせ。最近、仕事のあとに友達と会うときはいつも行く、ベトナム料理のお店です。このお店はオフ会のときにも使ったことがあるのですが、料理は本当においしいし、女性好み?の味付けなので、ついつい足を運んでしまいます。たぶん、もう軽く20回は通ってる気がする・・・(笑)

 旅行の行き先は、もうお気づきかと思いますが、またまたバンコクです。前回行ったのが3年前なので、ちょっぴり久々・・・となりますが、タイは私にとってそれだけ魅力がある国でもあります。少し前に起きたデモの記憶がまだ新しく、実は未だに非常事態宣言が出ているのですが、個人的には、今はバンコクよりも中国に行く方が危険だと思っています。

とはいえ、渡航前の情報収集は欠かせないので、現地に住んでいる方のブログや、最近バンコクへ行かれた方のブログなどを読んではいます。タイも中国系の方が多い国だし、今回の中国でのデモが飛び火しなければいいのですが・・・。 

 それはそうと、今日は書店でおもしろい本を見つけました。『その英語、ネイティブにはこう聞こえます(CD付)』というもので、よくありがちな、日本人の不自然な英語を、ネイティブから見て自然な英語に置き換えた例文が多数載っています。特に、海外を旅行するときに役立ちそうな例文が多いので、少しずつ読み始めていますが、確かに自分でも使ってしまう誤った表現がいろいろ載っていて、ためになります。

 数日前、会社帰りに駅のホームで待っていると、アジア系外国人の男性が、困った感じで周りの人に聞いているところをたまたま通りかかりました。でもどうやら解決しなかったみたいで、「助けて~」みたいな視線を投げかけられたので、思わず近づいてみると・・・。
成田空港の周辺の宿をとっているけど、電車での行き方がわからない、と言われたので、帰り道が私と同じ方向だし・・・ということで、代わりに道案内することに。

 その人はネパールから来た医療関係者でしたが、日本語は全くわからず、英語もかなり怪しい発音で、なかなかすんなりとは聞き取れず。どうしてもわからないときは、メモを渡して紙に書いてもらいながら、会話と筆談をすることに・・・(笑)
土曜日に帰国するんだけど、成田からネパールまでの直行便はないので、インドを経由して帰るんだよ~、とかそんな話をしていました。

 私は、もし道端で困っている旅行者を見かけたら、わかる範囲で話しかけたり、できるところまで案内したりするようにしています。今の会社では、全然英語を使う機会がないので、そういうときに「ここぞ!」というばかりに、挑戦です。しかし、今回は本当に全然聞き取れなくて、参りました。バンコクへ行くまで、ちょうどあと1ヶ月くらいなので、今日買った本の例文を覚えて、向こうでちゃんと使えるように頑張ろうと思いました。

October 03, 2010

10月です

 早いもので、10月に入りましたね。仕事は、またボチボチ忙しくなってきました。部署を異動してから、あっという間に半年過ぎましたが、今の部署になってからは、けっこう頻繁に職場の飲み会とか、食事会とかがあって、忙しいながらも楽しいです。仕事して、美味しいもの食べて、気が合う人たちと語り合う・・・ささやかですが、そんな毎日がおくれることが何よりの喜びというか、幸せです。

 11月に6連休をとって、3泊5日で旅に出ます。往復とも、羽田発の深夜便を使うというちょっと強行スケジュールですが、これだと現地での滞在時間も最大限になるので、飛行機の中では爆睡してしまおう、という魂胆です。そして、1日は疲れをためないための予備日です(笑) 以前は旅行から帰って来ても、翌日から仕事に行ってましたが、最近は疲れが残りそうで自信がないので、1日余計に休みをとるつもりです。上司に休みの相談をしたところ「12月は忙しくなるから、残業してもらうので、そのつもりでよろしくね」と言われましたが、それももちろん想定していたので、問題はありません。

 1つだけ心配なのは、ホテル勤務を辞めて以来、英語を話す機会が全然ないので、日常英会話辞典などを読みながら、簡単なフレーズを覚えるようにしています。今回はツアーではなく、個人手配で行くので、何かあっても自分で解決しないといけないし・・・。近々、一緒に行く友人と打ち合わせをする予定です。出発まであと1ヶ月ちょっと、体調崩さないようにして仕事頑張ろうと思います。(この間まで気になっていた咳は、先日主治医の先生に診ていただいて以来、ピタリ!と治まりました。やっぱり精神的なものだったのかも・・・。ひとまず安心です!)

« September 2010 | Main | November 2010 »