管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« August 2010 | Main | October 2010 »

September 2010

September 26, 2010

予約外の診察

実は、今日は予約外で乳腺のかかりつけの病院へ行ってきました。もともと来月末に、半年ごとの定期検査と診察が待っていたのですが、この間の3連休に首のリンパが腫れてグリグリがあるのを見つけたのと、術側の胸(肺?)がなんとなく違和感があって、息苦しくて、怖くなって主治医に連絡して急遽診てもらうことになったのです。そういえば、たまに咳も出ることもあるし・・・。

あと1カ月ほどで、術後7年目に突入するというその矢先に・・・まさか・・・
という思いと、特にホルモン陽性の場合、術後何年も経ってから再発することもあるので、まだまだ安心はできない・・・という思いと、もし再発だとしても、こんなに一気に症状が出てくるものなのか?というちょっと信じられない思いが入り混じっていました。
主治医の診察は、いつもは軽く2時間以上待つことが多いので、予約外の今日はもしかしたら夜まで待つ羽目になるかも…と思っていましたが、思いのほか早く呼ばれて、診察室へ入ると、リンパの腫れ具合を診ていただき、そのあとに採血と肺のレントゲンを撮りました。

結果としては、まず採血の結果も、肺のレントゲンも全く問題がなく、「レントゲンは、CTほど細かいところまでは見えないんだけど、この画像からがんの転移が疑われるような所見はありません」と言われました。そして、リンパが腫れていたのは、よくよく自分で調べてみたら、リンパが腫れているあたりに、口の中に大きな口内炎ができていたのでした。最初はそれに気付かなかったので、リンパが腫れてグリグリができているのを見つけて1人であたふたしてしまったのです。口内炎が治ったのと同時に、リンパの腫れもなくなりました。

主治医の先生からは「(はじめ連絡をもらったときは)一体どれだけ具合が悪くなってしまったのかと思って心配したけど、元気そうでよかったわ!」と言われました。さらに「もしかしたら、痩せてしまったかとも思ったけどピチピチで安心したわよ」とも。思わず「相変わらずのデブデブで・・・すみません」と答えた私。

上記の会話は今となっては笑い話で済みますが、リュープリンは今年の4月で終了しているし、ノルバデックスも先月で飲み終わっているので、今は無治療になったんですね。だから、もしかしたら自分で自分を(精神的に)追い詰めてしまったのかもしれません。ただ、もし喘息の気があると、それはレントゲンではわからないので、内科で詳しく診てもらう必要があるとは言われたのですが…。(→その後ネットでちょっと調べてみたら、どうも今の状態は喘息の症状のほうが近いような気が・・・。何日か経ってもまだ肺や気道に違和感を感じるようなら、内科を受診してみます。)

今日は、待合室で偶然にも同じ患者会の仲間に会いました。それで、診察終了後に東京駅近くでランチをして、いろいろおしゃべりして帰ってきました。これが一番の薬かもしれませんね。仕事のこととか、その他もろもろ、いろいろ話をして気持ちがすっきりしました。

それにしても、このところずっと身体のことが気になっていて、気持ちが不安定だったので
なんともなくて本当に安心しました。11月の飛び石連休に、少し遅めの夏休みをとれることになり、友達とまたまた旅行へ行く予定を立てていたので、ここで何かあったら、重い気持ちを抱えたまま、行くことになるところでした。今日はよく眠れそうです。よかった。

September 06, 2010

猛暑お見舞い申し上げます

 連日、猛暑が続いておりますが、みなさまお元気でしょうか?8月に一度は落ち着いたかに見えた繁忙期ですが、月末になってからまた少しずつ残業が入るようになり、9月に入ってからはまた週に4日は残業している状況です。

 ですが、8月の3週目、ちょっとだけ残業が落ち着いたときに週末に休みをもらい、金曜日と土曜日の1泊2日というハードな日程ではありましたが、甥っ子ちゃんに会うために名古屋まで行ってきました。新幹線のぞみには今回初めて乗りましたが、東京→名古屋間は約1時間40分。早いですね~。熱海とか通過するときは、早すぎて駅名とかも見えませんでした。

 初めて対面した甥っ子ちゃんは、理屈抜きで可愛かったです。あまりにも小さくて、抱っこするのが怖かったです(^o^; 名古屋で甥っ子ちゃんに会った旅については、まだ書きかけですが、旅行記ブログに載せてありますので、よろしければご覧くださいね。

 妹の出産後、母が約2週間産後のお世話に行ったのですが、その母が「伊勢神宮にもう30年くらい行ってないから、行ってみたい」と言いだしたので、ただでさえ1泊2日という強行スケジュールの中、名古屋から伊勢まで母を連れて参拝に行ってきました。

 でも連日のこの猛暑です。8月の伊勢神宮は、太陽の照り返しで玉砂利の反射がすごく、母は早々に「外宮と内宮の両方をまわるのは大変だから、どっちか1つでいい」と言いだしました。でも両方1セットでまわらないと意味がない気がしたので、もちろん両方参拝しました。

 暑くて大変でしたが・・・そして今回は伊勢まで足を延ばしている時間はないだろうと思っていたので、本当にハードな日程でしたが、それでも伊勢神宮はいつ行っても心洗われる場所であることには変わりなく、お参りできてよかったと思います。今回は自分のことよりも甥っ子の健やかな成長を祈るので精一杯だったような気が・・・(笑)

 そして、9月に入り、最初の土曜日である昨日は、同じ病院の患者会に入っている仲間と4人で、伊豆高原まで日帰り温泉に行ってきました。以前も行ったことがある「赤沢日帰り温泉館」です。4人とも乳がんの手術をしているので、乳房に大きな傷があるので、気兼ねなく温泉に入れるように貸切個室露天風呂を予約しておいたんです!

お風呂とお部屋がセットになっているので、まるで普通の旅館のようでしたし、何よりも部屋からの眺めが絶景で、4人で「すご~い!眺めがいい!」を連呼してしまいました。
今回は個室は1時間半しか借りませんでしたが、もっと空いている時期だったら、3~4時間借りて部屋でのんびりしてもいいかもね~と思いました。ちなみに今回は4人でしたので、1時間半借りた場合の1人あたりの貸切個室利用料は1000円でした。でもこの部屋の広さだとお風呂に入るにしても、4人が限界だと思います。この伊豆日帰り温泉の旅についても、近々旅行記ブログに記事をアップするつもりでいますが、これまた強行スケジュールだったのにも関わらず、現地の美味しいお魚料理のお店で食事もできたし、お風呂もよかったし、最高でした。

 4人ともフルタイムで働いている会社員なので、仕事に対して自分が思うこととか、いつまでも病気に囚われていないで、そろそろ前を向いて進んでいくしかないんだよね、とかそういう話をいろいろしたように思います。病気のことを考える時間ももちろんあるけど、最近は考えないことも多くなってきました。他にもやることいろいろあるし。

 でも、やはり同じような、似たような思いをしてきた仲間と、とことん話ができるのは心が開放されるような気がしました。それは他の3人も言っていました。今回は日帰りだったけれど、まだまだ話足りないので、次回は泊まりコースになりそうです。

 明日からまた仕事が始まりますが、温泉に行ってみんなと話せて、身も心もスッキリしたので、気持ちも新たに頑張れそうです。


010

029_2

011   

« August 2010 | Main | October 2010 »