管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 患者会仲間と会う | Main | 1に体力、2に気力★ »

July 04, 2010

繁忙期に入りました

 7月に入りました。今の会社はクールビズを推進していて、夏でも社内の常温は28度と設定されています。去年はあまりに暑くて地獄のように感じていましたが、今年はそれに慣れたのか、汗をふきふきしつつの仕事でも意外と平気になりました。4月に最後のリュープリンを打ちましたが、その効果もあと2週間ほどで切れるので、それ以降はホットフラッシュに悩まされることもなくなることでしょう。

 私は数ヵ月前に今の部署に異動になり、はじめての繁忙期を迎えていますが、これが本当に忙しい。連日残業をしても追いつかないくらいです。今は毎日夜9時まで仕事しています。大変は大変ですが、好きな仕事なので苦にはならないです。

 今の会社は社員の異動がかなり頻繁にあるのですが、7月あたまの異動でかなり大規模な異動があり、まわりのメンバーもがらっと入れ替わりました。20代の正社員の女性が入って来て、アナウンサーばりにきれいな人なので、男性が多い職場の中でひときわパッと目立ちます。

 周りは30代40代の派遣社員が多い中、20代の正社員、ということで本人もかなり気を遣っているみたいですが、彼女のポジションは、社内でも「エリート中のエリート」が来るポジションなので、周りは早くも彼女に一目置いているようです。

 今の仕事は、派遣なので契約に期限があります。3年満期の職場なので、あと1年半で満期になりますが、居心地はいいし、自分の好きなことを仕事にしているわけなので、できればこのまま働き続けたい。正社員のときと比べたら、ストレスはほとんどないに等しい、といっていいくらいです。

 でもこのまま派遣社員のままでは、やはりいつまで更新してもらえるのかわからないし、そもそも今の職場でも40代後半以降の派遣社員は見たことがありません。このご時世で、正社員になるのは至難の業ですが、私が怖いのは、正社員になるとストレスフルな生活が戻ってくるのがわかっているので、それは病気に悪影響を与えそうな気がしていることです。

 少し前に、同病の友4人で集まったとき、みんな口々に「乳がんになった本当の原因はわからないけれど、唯一考えられるのは、仕事のストレスかも」という話になりました。
4人とも、口をそろえて「乳がんがわかったとき、仕事が死ぬほど忙しい時期だったの」とか「仕事によるストレスが、たまりっぱなしだったから、誰か止めて!って感じだったの」という話が出て、4人で苦笑してしまったくらいです。

実際、自分が発病して、化学療法・放射線・ホルモン療法、とガンの3大療法もやりましたが、術後一番気をつけてきたのは、やはりストレスにさらされない生活をすることでした。

 安保徹先生の本を何冊か読みましたが、「ガンになったということは、生き方に偏りがあるから。ストレスにさらされ続けた結果、ガンになってしまった人も多い。いくら3大療法をやったとしても、安心はできない。今まで頑張り続けていた人は、トーンダウンしてストレスをなくすか、弱める生活をしないと、またいつか、ガンが出てきてしまう」というくだりを読んで、なんとなく自分でもそう思っていたので、妙に納得したのを覚えています。

 ・・・となると、おのずと答えは出るわけで。正社員になれれば、この先もしずっと独り身であったとしても、少なくとも派遣よりは安定しているわけで。でもストレスが溜まる可能性が大→病気の悪化につながる可能性も大・・・となると、やはりまだしばらくは、派遣社員としてゆるゆる働くほうが、自分の体のためにはいいのかもしれない、とも思います。迷うところではありますが。 がんになってからの私は、以前ほどには頑張ってないです。ほどほどに、ゆるゆると。それがいつのまにか、信条になってしまったみたいです。

« 患者会仲間と会う | Main | 1に体力、2に気力★ »

「仕事」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。繁忙期で連日9時までお仕事とは大変ですね。私も乳がん告知受けてまだ2週間ほどですが、ちょうど派遣終了後で、仕事していない事がかえってアダになってしまい。24時間病気の事を考えてしまいドーンと落ち込んでいます。

シングルで一人暮らしなので正社員という安定が欲しいものの、過酷な労働条件に身をおく程若くもなければ野心もないのが現状です。まして乳がんを患ってしまったとなればストレスにさらされる環境は地雷を踏むようなもの。

これからの生き方・働き方を見直すという問題を病気によってつきつけられているように感じます。

グローバルに経済は下降線をたどり、親も自分もどんどん年老いて衰えていくし自然界の環境の異変の心配もあるし、モラルの崩壊、不可解な事件の多発等、不安要素は山ほどあります。そんな中であえて笑いを見つけていく事って大変だけど大事な気がします。

また遊びに来させてくださいね。 debby

★debbyさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

告知されてまだ2週間なのですね。
24時間病気のことを考えてしまう・・・というお気持ちよくわかります。
私もそうでしたし、もうすぐ7年目に入るのにも関わらず、未だにやはり病気のことは考えることが多いです。

>シングルで一人暮らしなので正社員という安定が欲しいものの、
>過酷な労働条件に身をおく程若くもなければ野心もないのが現状です。

よくぞ言ってくれました!
うまく文章にできませんでしたが、私も同じことが言いたかったのです。

ゆるゆる働くとしたら、今の派遣の働き方は自分にとても合っています。
ただ安定はないので、この先何年か経ったときにどうしよう・・・という不安があります。

でもこの病気にとって、ストレスが一番の敵のような気がしています。
一見、乳がんとストレスってどこで関係しているのかよくわかりませんが
どこかで生き方を変えないと?そしてストレスも減らした生活をしていかないと、
またいつかどこかで乳がんがドカン!と暴れだしそうな気がしています。

これからしばらく治療に専念されるのかと思いますが、最初の治療が肝心だと聞きます。
たたけるときにガッツリたたいて、封じ込めることができますように、祈っております。

またいつでも遊びにいらしてくださいね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 患者会仲間と会う | Main | 1に体力、2に気力★ »