管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« October 2009 | Main | December 2009 »

November 2009

November 26, 2009

明日はディズニー

 今日は会社で嬉しいことがありました。明日、東京ディズニーシーで、JALとコカ・コーラが協賛のプライベート・ファン・パーティーというのがあるのですが、なんと上司のご厚意で同じチームの派遣仲間共々、そのパーティーに招待されてしまいましたsign03明日に限り、通常の営業は18時半で終了し、その後ファン・パーティーのお客さんが19時半から入れ替えになり、22時半まで貸し切りパーティーになるそうです。ただ、ファスト・パスは用意されないそうなので、自力で並ぶしかないみたいなのですが・・・。

 いずれにしても、この時期はちょうどクリスマスの装飾になっているので(あ~、ディズニーに行きたいな~。)と最近ずっと思っていたのです。とはいえ、行く予定もなかったのに、先日図書館へ行ったときにディズニー・シーの最新版のガイドブックを見つけて、借りてきてあったので、いつのまにかイメージ・トレーニングされていたのかもしれません(笑) それにしてもシーに行くのは何年ぶりだろう?またセンター・オブ・ジ・アースとかに乗ってしまいそうだわcatface

そんなわけで、明日は18時で仕事が終わったら、そのまま東京駅経由で舞浜へ向かう予定です。夜だから、かなり冷えるだろうし、防寒対策をしっかりして、風邪をひかないように気をつけたいと思います。

 話の順序が逆になってしまいましたが、今日は今日で、仕事のあとに第九の合唱の練習DAYでした。東京藝術大学での本番が2週間後に迫ってきたので、今日はマエストロ(指揮者)を迎えての、大がかりな練習となりました。12月に入ると、オーケストラと合わせての練習となるので、歌詞や音程があやふやなところは、今のうちにクリアーにしておかないと、当日大変なことになりそうです。東京藝大の本番では、なんと最前列で歌うことになってしまったので、ちょっとばかり責任重大な気がします。年末の、日本橋三越で歌う方は、まだどのへんの位置で歌うのか、決まっていませんが、いずれにしても楽しみでたまりません。

 11月はあっという間に終わりが近づき、いよいよ来週から12月です。実家を出たり、合唱の本番があったり・・・とイベント(?)が目白押しですが、最後はやはり体が元気でいることが一番大事なので、睡眠不足や疲労に気を付けて、年末まで乗り切っていきたいと思います。

November 25, 2009

今後の道

先日の3連休で、ルームシェア先のマンションに、荷物を運びました。といってもスーツケースで1回運んだだけなので、大したものは運んでいません。これから徐々に自分の部屋らしくしていけたらいいなと思っています。それにしても、職場までの通勤時間が一気に短縮されるので、朝もゆっくりできるのが嬉しいです。12月1日から東京の下町に住みますheart04

 今の職場で働き始めて、もうすぐ1年が経ちます。派遣ではありますが、一応基本は3年満期となっているので、よほどのことがない限り、途中で契約が切れるようなことはないそうです。しかも、昨年入ったときは、3年満期になったら、同じ会社にいることはできず、関連会社とか子会社へ移るしか道はない・・・と言われていましたが、今はその縛りが緩和されて、同じ会社内の別の部署であれば、そのまままた更新することができる、という風に変わりました。

 シフト制だったホテル勤務のときとは違って、今は「この日に休みをとりたい」というときでも休みが取りやすいし、通院のための遅刻や早退も、しやすい環境です。仕事量も、今まで勤めたどの職場よりも少なめで、ある意味かなり余裕をもった状態で仕事することができています。こんな環境なので、できればこのままずっと今の会社で勤めたいのはやまやまなのですが・・・。

 今の職場の同年代の派遣仲間たちが口をそろえて言うのが「ここも、いいんだけど、でもやっぱりいずれは正社員の職場に転職したい」ということです。派遣切りの可能性は少ない職場だとしても、やはりいつ、どこでどうなるかはわかりませんし、正社員と違って、派遣の場合はお給料が年々上がるようなこともありません。

 転職で派遣会社が変わったり、職場が変わったりすれば、時給もまたスタートラインに逆戻りすることがほとんどだろうし、有給休暇が新たに発生するまでに時間がかかります。もちろん、今は正社員でもリストラに遭う可能性はありますが、それでももう少し景気が上向きになったら、正社員で長く働けそうなところを探したいと思っています。今の職場で、派遣から正社員になった人が一人だけいるそうですが、何やら特技に近いものをもっていて、上司に売り込んだらしく、年齢ももう少し若い人のようなので、私には無理そうです。 

 まあ、在職中に転職活動するのは、休みの兼ね合いもあるので難しいのも確かなのですが、年齢があがればあがるほど、転職市場は厳しくなる一方だと思うので、私もこれからしばらく(できれば1歳でも若いうちに)、転職活動をしてみようかなと思います。といっても今の職場、ほんとに居心地いいので、できればまだ辞めたくないんですよねー。矛盾しまくりですが(笑) 今はこんな不況だし、動きたくでも動けない、というのが本当のところでしょうか。様子を見つつも、情報収集はしっかりし続けようと思いますup

November 18, 2009

そろそろ引っ越し準備

 今月は、毎日が慌ただしく過ぎていきます。ベートーベンの第九の本番も、いよいよ近づいてきて、練習もいよいよ大詰めです。昨年と同様、舞台は計3回あります。一番楽しみにしているのが、東京藝術大学の奏楽堂というホールで、芸大のOBによるフル・オーケストラでの舞台です。すでにチケットは完売しており、合唱団員である私も、なかなか希望通りの枚数を手に入れることができず、今年は少ししか買えませんでした。でも学生時代の友人が2人聴きに来てくれる、というので楽しみです。来週は、マエストロ(指揮者)が来て初めて合わせるので、一体どういう舞台になるのか、わくわくしてしまいます。その他に、年末に日本橋三越で1日2回歌います。(このへんのことは、旅行記ブログのプロフィール欄に少し書いてあります。)

 ところで、来月から都内でルームシェアをするため、実家を出る日もカウントダウンに入りました。生活に必要なものは、もう何から何まで向こうにそろっているので、家具などで持っていかなければならないものは、ありません。普段着る洋服とか、部屋で読む本・雑誌、あとはなくてはならないものとしては、私の場合パソコンです。ノートパソコンなので、これも自分で持っていきます。今度の3連休で、荷物をスーツケースに詰めて少しずつ運ぼうと思っています。

 ルームシェア自体は、当初2人の予定でしたが、もう1部屋小さめの部屋があって、その部屋を私の前にいたルームメイトの人が時々でいいから使わせてほしい・・・ということで、家賃・光熱費・管理費は3人で折半することになりました。ルームシェアは、やったことがない人が聞いたらすごく抵抗があるかもしれませんが、旅行などで相部屋に慣れている人なら抵抗がないのかもしれません。実際、今回一緒にルームシェアする人は、全員旅行好きなメンバーばかりで(私も含めて)みんな相部屋での旅行を経験したことがある人ばかりでした。

 同じマンションの1室に住むとはいえ、食事の準備などは完全に別々。トイレや洗面台は、当番制にするとお互いにきついので、使用後はその都度、汚れをふきとって軽く掃除すること、と決めているそうです。常にきれいに保たれていれば、お互いに気持ちいいですものね。他人が共同生活するわけなので、どこかでぶつかることもあるかもしれませんが、お互いの生活に深入りせず、相手の行動を詮索しないことが、ルームシェアをうまく乗り切るコツなのだそうです。

 でも、私が一番不安なのは、他人との共同生活というよりも、毎日の夕食の準備です。これだけは今までずっと母に頼りっきりだったので、今になってそのツケがまわってきた、といっても過言ではありませんsweat01 ルームメイトからは「最初から頑張っちゃうと長続きしないから、慣れないうちはたまにお惣菜を買ったりしながら、ちょっとずつ覚えていくといいよ。1日フルタイムで働いて、そのあと買い物して、料理をするってけっこう大変だよ」と言われました。 うーん、それもそうかも。とりあえず料理の本は何冊か買って、自分で食べたい物とかいろいろチェックしているので、作れそうなところから始めてみたいと思います。それにしても、往復で2時間半近い通勤時間がなくなるわけなので、その分自分の時間も増えて、朝もゆっくり寝られるようになるのが嬉しい反面、家で飼っているインコのぴーちゃんを連れて行けないのが、ちょっと寂しいです。ごめんね~、ぴーちゃんweep

November 08, 2009

主治医がお休みでした~

 昨日は乳腺科の定期健診&診察デーでした。リュープリンを続けるかどうしようか、と主治医と相談するつもりだったのですが、いざ病院へ着いたところ、なんと「主治医が体調不良で休診の為、今日は代診の先生の診察になる」ということでしたcoldsweats02 他のスタッフの話によると「○○先生は、オーバーワーク気味だったので、お疲れになったのでしょう」とのこと。確かに、以前からその過剰なまでの勤務状況は、ご本人からも、他の患者さんたちからも聞いて知っていました。睡眠時間も平均3時間くらいと言っていたし・・・。やっぱり無理が祟るとどこかでひずみがきてしまうのかもしれませんね。主治医の先生の体調が早く回復することを祈っております。

 代診の先生は男性医師だと聞いて、リュープリンのことも相談したかったし、一瞬ためらったのですが、他の女医さんもいるにはいるけど、かなり長く待つことになる・・・と聞いたので、診察は男性医師にお願いしました。診察前の採血は、1回だけ右手の甲で試してもらってはみたものの、案の定1滴も血を抜くことができず、担当の看護師さんから「足から採らせてください」と言われ、以前のように、親指の付け根から採りました。痛いことは痛いんですが、こちらは1発で仕留めてもらうことができて、よかったです(笑)

 採血と、マンモグラフィーと、肺のレントゲンの検査の結果、今回も特に悪い所見はなく、問題ないとのことでした。少し前までは、肝臓のエコーも定期検査の項目に入っていましたが、今は「やってもあまり意味がない」ということで、検査項目から外されています。それでも1年に1回くらいは、やっておきたいところなのですが。

 ところで肝心のリュープリンですが、診察してくれた男性医師に「リュープリンを5年打ちましたが、このあとも続けるかどうしようか、悩んでいるところなんです。5年以上打っても、あまり意味はないですか?」って聞いてみました。すると「う~ん、正直なところ、治療法に『正解はない』ので、続ける人もいれば、やめる人もいる、としか言えないです。」と、先日自分でブログに書いたような答えが返ってきました。そうくるだろうとは思っていたけど、やっぱりそうだった(笑) それで、とりあえず今回も打ちたければ打って、次回、また主治医の診察のときに今後どうするかを相談してみてください、とのことでした。

 でもねぇ、結局のところ、やっぱり自分でどうしたいか・・・を考えて、決めるしかないんですよね。年齢的にもそろそろアラフォーですから、いずれは結婚して出産を・・・とか言っている場合ではなくなってきました。今は3ヶ月製剤のリュープリンを打っていますので、1回打ったらその効果は3ヶ月は続きます。昨日、打ってきましたので、来年1月末くらいまでは閉経効果が続くことになります。仮にそこでやめたとしても、周りの人の話を聞いていると、生理が戻ってくるまでに1年前後かかっている人が結構多いので、そうなると私は40歳のちょっと手前・・・ということで、普通に考えたら出産は無理っぽいですよね~。

 以前はそのことを考えると、本当につらかったんですけど、この頃は(まあ、もう無理なものは無理なのかも・・・。どこかでスパッと気持ちに折り合いをつけられるといいのですけど。でも、子供が持てない人生を、いやおうなく受け入れなきゃいけない、というのはやっぱりきついですね。今は付き合っている人もいないから、あまり気持ち的にも堪えないけど、もしこの先どこかでいいご縁があって、また誰かと付き合うことになったら、私はその壁を乗り越えられるのかしら?と思ってしまいます。子供はすべてじゃないんだろうけど、子供がいない人生って、自分の中にはない選択肢だったので。

 それはそうと、昨日は病院で半日かかってしまいましたが、そのあとに旅行ブログつながりのオフ会に呼ばれて、参加してきました。年齢層は30代後半~50代前半まで。男女半々くらいで、そのうちの1組はご夫婦でした。タイへ行ったことのある人、もしくはタイが好きな人ばかりだったので、旅行の話で盛り上がる、盛り上がる(笑) 職業も、いろいろと興味深い仕事をしている人が多くて、とても楽しかったです。そのへんのことはまた旅行記ブログに続きを書きたいと思います。

 それともう1つ書き忘れてた!先日、某テレビ局の方から「働き盛りのがん」という番組が年末に放映予定なので、その際番組内でやる座談会への出演を検討していただけないか?という連絡をいただきました。以前、同じ局がやっている「クローズアップ現代」でやはり同じようなテーマで放映されたのを見て、失敗に終わった気がしていたので、そういう番組で自分が発言する機会があったらいいな・・・と思っていたのも事実ですが、確認したところ、座談会なので、顔にモザイクをかけることが不可能ということでした。

 私は、やはりまだ大勢の人の前で自分が乳がんの治療中であることを、公表したくはありません。たまたまテレビを見た人から「あの番組に出ていなかった?」とか聞かれても困りますし、変な言い方ですが、やはりガンという言葉が周囲に与える影響力の大きさを考えると、ブログでは相当好き放題に書いている私ですが、テレビで顔を公開することはやはり無理と思っています。打診いただいたテレビ局のスタッフの方は、もちろんそのあたりの事情も察してくださいました。今回の件、私は不参加ですが、年末にその番組が放映されたら必ず見たいと思っています。

November 01, 2009

11月です

 今日から11月ですね。振り返ってみると、先月は休日ともなるとしょっちゅうどこかへ出掛けていました。ブログには書きそびれていましたが、六本木の新国立美術館で開催中の「ハプスブルグ家」を観に行ったり、来年3月に会社の同僚と台湾へ行くことにしたので、その打ち合わせ(?)ということで、新宿高島屋内の「鼎泰豊(ティンタイフォン)」へ行ったりもしました。一緒に台湾へ行くメンバーは、私を入れて3人なんですが、あとの2人は女性だけど170センチ超えで長身なのです。私も、決して小さいほうではないのですが(→162センチ)、その2人は「私たちは待ち合わせするとき、他の人より頭1個分大きいから、すぐ探せて楽なのよね。」と言ってました(笑)

 今まで、海外旅行は1人か2人でしか行ったことがないので、3人というのは、私の中では大人数。ツアーのほうが安ければツアーで行くけど、飛行機とホテルを別に取ったほうが自由が利くなら、そっちでもいいかな?と。ただ3月の3連休を狙っているので、その時期はたとえ台湾でも結構高いんですよね。まだまだ先の話ですが、3人で分担しながら、楽しい旅行になるといいな~と思っています。

 でも、私は思った。ルームシェアをして家を出たら、あまり旅行に行くこともなくなるのではないか?と。家賃の支払いがあるから、経済的に多少きつくなる・・・というのももちろんあるけど、今までしょっちゅう旅行に行きたい!と思ってきたのは、家族と同居していて1人になれる時間が少なかったからなのではないかな?と思うのです。この年まで同居を許してくれていた家族には本当に感謝しているけど、今回はふっと「そうだ。家を出よう。」と思ったんですよね。

 とりあえず、都内に住むようになったら、家の近所の散策から始めて、そのうち今までなかなか行けなかったようなスポットにも行ってみたいなと思っています。料理ができないので、料理も頑張らなくちゃ(笑) 家を出るまでにあと1ヶ月あるけど、今月は少しずつ向こうの家に荷物を移動させたりもしないとならないので、休日もちょくちょく都内へ出かけることになりそうです。

 今週の土曜日は、半年に1度の乳腺の定期健診です。マンモ、採血、肺レントゲンなどをやる予定です。リュープリンをかれこれ5年近く打ち続けていて、主治医からは「もうそろそろやめましょう」と言われているのですが、まだやめる決心がつかないんですよね。リュープリンは2,3年が標準で、最近は5年打つ人も増えてきたものの、「正解はない」ので自分の病状や、その後の経過によって慎重に決めないといけないと思います。私としてはまだ打ちたいところなんですが・・・。土曜日、主治医とよく相談して決めます。

« October 2009 | Main | December 2009 »