管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 胸が痛いです | Main | 久々のディズニーランド »

June 17, 2009

会社でのあれこれ

 婚約者さんが大変なことになってしまった同じチームの派遣仲間は、今週月曜日に早退したあと欠勤が続いています。周りの人たちは「(彼の病状が)非常に深刻な状態なので、もしかしたら、もうこのまま仕事を辞めて、彼の側にいることを選ぶのではないか」と話しています。

私は、自分の病気を告知されたあと、入院するまで3週間近く会社に行ってましたが、今にして思えばそのときは本当につらかったです。上司2人と、同じ部署の同僚数名にはやむを得ず自分の病名を伝えざるを得ませんでしたが、伝えてからというもの、やはり周囲の私に対する目線がやっぱり変わったように思いました。まるで鉛を飲み込んだような状態で、仕事をするのはとてもきつかったです。

私は、自分自身のことだったけれど、彼女にとっては自分の大事な人が大変な状況に置かれているだけに、私とは違った苦悩があるのだと思います。

 それともう1つ。別館ブログの6/6付の記事にも書いた、私よりちょっと年上でシングルマザーの派遣仲間から、今日のお昼休憩のときに、またもや「ななこさん、彼とはどうなっているの?結婚はともかく、子供欲しいとか、思わないの?間に合わなくなるよ。」と言われました。

内心(あ~、しつこい、またその話ですか・・・)と思いましたが、この人はきっと、今後も頻繁に同じことを言ってきて、その度に自分の気持ちがざわざわしそうだったので、ちょっとだけ「裏事情」を話しました。

「実は私、若い頃に病気を患った関係で、子供は無理そうなんだよね・・・。」
「え・・・。子供が無理っていうことは、子宮とか卵巣の婦人科系の病気?」
「う~ん・・・(←とかなり言いたくなさそうな表情をして)。婦人科系ではないんだけど、治療の影響で子供は難しいんだ。それにもし産めたとしても、自分の病気が悪化する可能性があるから、どっちみち難しいことになりそうなんだ。」
「でも完全に無理と言われたわけではないんでしょ。」
「うん。でも可能性的には難しいみたいよ。」

さすがに、私が言いたくなさそうにしていたから、病名まではしつこく聞かれなかったけど、これで少しは「子供はどうするの?について、とやかく言われなくなるかなぁ・・・と期待しています。ついでに「この間、社員さんと飲みに行った時に、『早く子供産んだほうがいい』とか、いろいろ言われたんだけど、そういうの言われるのが一番つらいんだよね~。その人たちには裏事情をいちいち言うつもりもないんだけどさ。」とも言っておいたので、よほど鈍感な人でなければ、この彼女も今後は「子供は早めに生んだほうがいい」的なことは言ってこなくなることを願っています。

« 胸が痛いです | Main | 久々のディズニーランド »

「仕事」カテゴリの記事

Comments

ななこさん、お久し振りです。
手術前後ではあたたかい励ましを書き込んでくれてありがとうございましたhappy01

職場周りで、病気にまつわる色々なことがあったのですね。
こどもの事など、私もホルモン療法始めたばかりでとても身近な話題なので、自分のことのように何とも言えない気持ちになりました。despair
ななこさん、どうかぶれないで、ななこさんのペースでいらしてくださいね。shine

りらさん、こんばんは。

職場では、私が意識するしないに関わらず
病気にまつわることがどうしても起こってしまいがちで、思わず(どうしてかな~?)と思うことがよくあります。

子供のことに関しては、今も昔も「子供が欲しい」という気持ちに変わりはないのですが
私みたいにリンパ節転移があって、なおかつホルモン感受性がある人が妊娠したら、予後が悪そうなので、ためらいが出てきました。

ただ、それ以前に私の場合はもう30代も後半で、リュープリンをやめたとしても生理が戻ってくるまでに時間もかかるだろうし、どんなに急いでも40歳間近での妊娠・出産になることを考えると、それはそれで乳がん以外のリスクも高いなと考えています。

ここまできたら、もうなるようにしかならないのかもしれませんが、もうすぐ丸5年になるリュープリン注射をやめるのも、ちょっとためらいがあるんですよね(^o^;

とにかく、気持ちだけはぶれない毎日でありたいです。

ななこさん、おはようございます。
子供を持ちたいけれど、病気や年齢の関わりについての思いに、とても共感したので、
またまた出てきてしまいました(*゚ー゚*)
私も、そのことばかりで悩みすぎないようにしたいです。
ディズニーランド、楽しまれたみたいですね!
写真を見て、やっぱりいいなあーと思ってしまいました(≧∇≦)

りらさんへ

こんばんは!
またまたコメントありがとうございます。
嬉しいです^^

子供について思うことは
記事に書こうと思えばいくらでも書けるのですが(笑)
確かにそのことにばかり頭がいってしまうと
あまりいい影響がない気がするので
まずは治療がひと段落することが先かな、と思い始めています。

りらさんのブログもちょくちょく拝見させていただいています。
りらさんの優しい性格が全面に出ているブログで、私はすっかりファンになってしまいましたよ。

これからもよろしくお願いしますhappy01

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 胸が痛いです | Main | 久々のディズニーランド »