管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 生命保険の見直し | Main | 通院とユニクロ »

May 11, 2009

久々の温泉旅行

この週末は、実に半年ぶりに旅行に行ってきました。行先は、群馬県の赤城温泉郷。このブログがご縁でお友達になった方と、2人で行ってきました。群馬県というと、草津とか伊香保とか名湯といわれる温泉地がいくつもありますが、今回行った赤城温泉郷はガイドブックにも大々的には載っていないし、まさに「知る人ぞ知る、かくれ里にある温泉」という感じでした。携帯の電波も、Docomoしか通じません。私はDocomoではないので、当然通じませんでした(笑) そして実は私も、この温泉のことは最近まで知りませんでした。

 東京(上野)~高崎間は新幹線を利用しました。この区間はJRで快速アーバンというのが走っていて、行こうと思えば2時間弱で、特急料金無しで高崎まで行くことができます。なので最初はそれで行こうかな~?と思っていたのですが、えきねっと会員(インターネットで登録無料)になっていたので「トクだ値」の割引が使えました。この割引料金を使うと、行き先と行く時期のタイミングが合えば新幹線や特急料金が最大30%OFFになります。
今回は、往復とも「トクだ値」で予約をしておいたのですが、直前になってYahoo!オークションで片道分だけ正規の約半額まで値下がりした新幹線の回数券を見つけたので、往路は30%OFF、復路は半額の金額で済みました。

 高崎駅から先は、お友達に車で案内していただきました。高崎市役所庁舎の最上階で待ち合わせして、そこにある香港茶房でランチをとったのですが、このレストランからの眺めが最高でした!地上21階にあり、高崎市内や、遠くの山々、市内を流れる利根川がよく見えました。(写真中央に見える、茶色っぽい高い建物が、群馬県庁。その後ろにうっすら見えているのが赤城山です。写真はクリックすると拡大されます。)

JR高崎駅から市役所庁舎までは1本道。
駅前から「くるりんバス」というのが出ていましたが
私は思いっきり乗り遅れました。
でも、この道は歩いても徒歩10分ほどです。
道路脇にはお花が植えられていて、きれいでした^^
029





高崎市役所庁舎・最上階からの眺め。
025




027





赤城温泉郷は、赤城山の中腹にあり、新潟方面へスキーにいくときなどはいつも近くを車で通過していたようです。でも赤城を散策したのは今回が初めてで、敷島公園のバラ園へ行ったり、その後は大沼・小沼へも連れて行ってもらいました。

大沼。
冬は湖面(沼面?)が凍結するので
わかさぎ釣りで有名だそうです。
034




小沼。大沼とは対照的でとても静か。
ボートなどは一切ありません。
沼の周囲はハイキングコースのようになっていて
40分ほどで1周できます。私たちも1周しました♪
042





そして、お宿ですがコチラの旅館に泊まりました。
(あ、クリックすると小鳥のさえずりの音が出ますので
音が出たらまずい環境の方はご注意くださいね。)

お部屋は和室12畳。
ご覧のとおり、大きな窓があって
下は渓谷のようになっていて、
川のせせらぎが終始聞こえました。

こじんまりとした旅館なのですけど
女将さんのさりげないサービスが随所に見られた
とても居心地の良いお宿でした。
夜も、ふかふかのお布団で熟睡しました。

052






豪華な夕食。
でも山菜とお魚がメインだったので
ボリュームはあるけどヘルシー!?062





そして朝食。
これまたヘルシーでございました。
やっぱり和食はいいねぇ。

066






なんだか、書きだしたら止まらなくなってきたので
この続きは、また改めて旅行記ブログに書きます(笑)
今回の記事、ここまで書くのに軽く1時間もかかってしまいました(^o^;


お友達へ:
いろいろとご案内していただき、本当にどうもありがとうございました。
宿ではとてもリラックスできましたし、何よりも天気に恵まれて
さわやかな新緑の中を心地よく旅することができました。
この週末でしっかり英気を養うことができたので
今日はその効果か、仕事もスイスイはかどりました(^-^)/~
またメールさせていただきますね!

« 生命保険の見直し | Main | 通院とユニクロ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 生命保険の見直し | Main | 通院とユニクロ »