管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 「おひとりさま本」のその後 | Main | 患者会に参加しました »

February 15, 2009

お久しぶりです

2月に入って2週間が過ぎました。途中、扁桃腺を腫らして休んでしまったりもしましたが、今の会社で勤め始めて2ヶ月です。早いな~。仕事はちょっと前まで暇で暇で耐えられないほどでしたが、最近ちょっと忙しくなってきて、自分の担当する業務も増えてきました(ホッ)。それでも会社は定時でサクッ!とあがることができるので、今の会社に入ってからというもの、週末になると友達と食事に行ったり、職場の飲み会だったり・・・でこれまた忙しくなってきました。ブログも更新しよう、更新しようと思いつつも、特にこちらの負け犬ブログについては別館ブログに比べると力を入れて書いていることもあって、なかなかゆっくり書く時間がなかったんですよね~(^o^;

さてさて、来週は乳腺科の診察があります。といってもメインはリュープリンを打つことなので今回は骨シンチの検査のときみたいに痛い思いをすることはなさそうです。それから今月は、患者会の集まり(といっても食事会がメイン)があって、同病の、それも年の近い方と会えるので楽しみです。若年性乳がんの会ではありますが、実際は発病時の年齢よりも何年も経っている方も多いので、20代の方は今はほとんどいなくて30代40代の方が集中しています。私も、治療当時は32歳でしたが、もう5年目に突入しましたから、自分でも本当に不思議というか、そんなに時間が経ったことがちょっと信じられませんね。

 それからこれは先週の話なのですが、は高校時代の友達の「Wさん」の家へおじゃましました~ぴかぴか(新しい) 卒業後は年賀状だけの付き合いになっていましたが、昨年の第九を聞きに来てくれたことから、付き合いが復活。 もう1人、今でも親しくしている友達がいて今回はその友達と共に遊びに行きました。

Wさんは2児の母で、8歳と4歳の男の子がいます。 それで行く前に、おみやげは何がいいのかと聞いたら 「車のシールかポケモンのカード」と言われましたあせあせ うーむ、男の兄弟もいなくて、子供もいない私には、ちょっとよくわからないおみやげを頼まれてしまいました(笑) 車のシールを探してみましたが、なかなか売っていなかったので、代わりに私がミニカーと、もう1人の友達が ポケモンカードを買ってきて子供たちにプレゼントしました。

いや~。私、子供がいるおうちって久々にお邪魔しましたが、男の子2人だと、部屋に置いてあるおもちゃ類が 女の子の時と全然違うんですね~…当たり前といえば当たり前ですけど(笑) そして二人ともとっても元気!特に4歳の子は、ようやく会話らしい会話ができるようになったらしくて 昨日もいっぱいおしゃべりしていました。

おもしろかったのは、何をするにも、いちいちママ(→友達)に確認しているのです。「ママ、これ食べていーい?」 「ママ、ゲームやっていーい?」 ママが「いいよ」って言うと、2人で「やったー!やったー」と ピョンピョン飛び跳ねるので本当に可愛かった~ハート達(複数ハート)

私が子供の頃は、ゲームといえばファミコン世代でしたが、今の子は違うんですね~。WiiとかDSとか 4歳の子でも、CD-ROMとかサッとセットしてボタンもチャカチャカ操作しているのには心底驚きました。

Wさんは、途中2回の産休をとりましたが、現在も、大学卒業後に入社した会社で一筋でずっと頑張っています。 華奢な人なんですけど、2人の子供を育てながらフルタイムで働き続けるなんて、ただただすごいな~と思いました。

手料理でもてなしてくれたので、一緒に行った友達と私は子供たちと遊びつつ、ひたすら食べ続けてしまいました。 菜の花の天ぷらを揚げてくれたのも、すごく美味しかった。 初めて食べました♪

高校生だった当時の話も、お互いに知らなかったこととか、いろいろな話題が飛び出して、とても楽しかったです。 学生時代の友達というのは、やはり長い時間を一緒に過ごしただけあって卒業して何年経っても気心は知れているし、ああやっぱり友達っていいもんだな…と思いました。

何よりも・・・以前は子供とか赤ちゃんネタをふられると、目の前が真っ暗になるほど精神的に追い詰められた時期もありましたが、最近は多少大丈夫になってきました。私もいつか子どもが欲しいと思う気持ちは、今でももちろんあります。今回のように、小さな子を目の前にすると、本当に本当に気持ちが癒されました。

その気持ちも本心ですが、どこかで(いや、私がこの先子供をもつことは、おそらくないだろう)と思い始めているのも確かです。乳がんを治療した人が、その後に子供を持つという選択をするとき、その人の病期やガンのタイプがやはりどうしても関わってくると思います。リンパ節転移の有無、ガンの悪性度、ホルモン感受性の有無・・・などなど。リンパ節転移が無くて、ガンの悪性度が低くて、ホルモン感受性がなかったら、子供を持つことについてもう少し積極的になれたかもしれないけれど、リンパ節転移があって、ガンの悪性度が高くて、ホルモン感受性がある場合、妊娠したら自分の体が一体どうなってしまうのか、想像するだけで怖くなります。私の場合、ガンの悪性度は実はわからないのですが、リンパ節転移とホルモン感受性があることはわかっているので、この2点だけでも(自分の気持ちの中で)引っかかります。そもそも、リュープリンを打ち続けていることもあって、身体は4年以上も閉経中ですので、生理がきちんと戻ってくるのかも神のみぞ知る・・・です。

そういうことを考えると、望みは捨てないけれども、子供のいない人生を考える時期に来ているのかなという気もしています。いえ、子供以前に相手が・・・って話ですが(^o^;;
そう考えると、今私がするべきことは、とにかくきちんと働いて、自分の居場所と収入を確保すること。そして今の職場は3年満期なので、その間に次のことも考えないと、という気持ちが大きいです。今の会社で正社員になれたら、いうことないんだけどな~。近々退職する派遣の人で、正社員登用の話が来ていた人がいたので、可能性はゼロではないというのがわかっただけでも、今はよしとしたいと思います。

« 「おひとりさま本」のその後 | Main | 患者会に参加しました »

「乳がん」カテゴリの記事

Comments

ななこさん
はじめまして。昨年7月に温存手術を受けて、現在ホルモン治療中のキャロットといいます。

検索から、こちらのサイトにやってきました。
私も30代のシングルです。子どもが好きなので、子どもがほしいと思っていたけれど、
今は、子どもがいない人生を考えるべきかもと
思っています。

また遊びに来ますね。
どうぞよろしくお願いします。

キャロットさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。嬉しいです^^

私は発病時は30代前半で、将来はどうしても子供が欲しい!と(まだ独身なのに)強く思っていましたが、病理の結果やホルモン感受性があることを考えると、無理に持とうとしないほうがいいのかな…と思うようになりました。

子供のいない人生は自分では考えたこともなかったので、生涯もてないのか…と思うと今でも涙が出そうになりますが、私の場合、再発リスクが高いので、もし出産できたとしても結果的に病気が悪い方向に働くのではないか…という懸念も大きいです。

乳がんのいろいろなサイトを見ていると、お医者さんにも出産がいいこととも悪いこととも言えないので、結局は自分や家族と決めるしかない、という返事をされている先生が多いですね。

でも本人のしたいようにするのが、やはり一番なのだと思います。

今後ともよろしくお願いします。

ななこさん

私は39歳で発病したので、5年間ホルモン治療したら、年齢的にムリかなあと思い、あきらめかけています。(。>0<。)

子どもがいない人生を考えると
つらいけれど、子どもを生もうとすることで
再発リスクが上がるのも怖いです。

ななこさんがおっしゃるとおり、
人それぞれなので、本人のしたいように
するのが、大事ですよね。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

キャロットさん

返信遅くなりました☆

以前、乳がん関連の雑誌で読んだのですが
ホルモン療法をまず2年やって
その後出産して、残りのホルモン療法をやった…
という人の記事を読んだことがあります。

私みたいに高リスクの人でなければ
そういう選択もありなのかもしれませんね。

私もあと1年しないくらいで、ホルモン療法も終わると思うのですが、そのあと何もなくなってしまうのも不安だな~と思ったり
もうやるだけのことはやったんだから、そろそろ閉経状態を解除させたほうがいいのかなあ?と思ったり…
どちらにしても悩み中です(^o^;

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 「おひとりさま本」のその後 | Main | 患者会に参加しました »