管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

January 25, 2009

「おひとりさま本」のその後

少し前に、おひとりさま関係の本の取材を受けたと書きました。現在、来月の発売に向けて本の編集が進んでいるようです。1人1人に割り当てられた本のページ数に限りがあり、字数制限があった関係で、自分の思いをそのまま全て載せていただくことは不可能でしたが、それでもかなり自分の思いに近い内容で、載せていただけることになりました。

当初「ライターさんから下書き原稿のチェックを」ということで送っていただいた内容は、主に乳がんを告知されたときのシーンや、マンモグラフィとは何ぞや?とか「乳がんになったけど、一通りの治療を終えて、今は派遣という働き方で、楽しく働いています」という感じの内容でした。

それは、健康な人なら何の違和感もなく読める内容だったかもしれません。でも、発病から丸4年が経過したけれども、未だに治療を続けているのも事実ですし、術後何年経とうとも決して楽観視できない病気であることを、どうしても内容に盛り込んで欲しかったので、そのことをライターさんにお伝えしました。

「テキスト(下書き)を拝読させていただきました。先日の取材のときにお話した内容を忠実にまとめてくださり、ありがたいな~と思った一方、私も含めて、乳がんを患った人が読んでも違和感を感じない内容にさせていただくには、どうしたらいいのかな?とこの間からずっと考えていました。

タイトルに入れていただいた「乳がんとの闘い・・・」の「闘い」の部分なんですが、本人はあまり闘っているという意識がないものですから、できれば「乳がんになった」とか「乳がんに罹った」などのもう少し柔和な表現にしていただけると嬉しいかな・・・と思います。

それから「がん」という二文字だけだと、読み手にどうしても強烈な印象を与えるので、ここは「乳がん」で統一していただけるとありがたいのと、この病気になると一体何が大変なのか、私としては告知された当時のことよりも、むしろその後の生きづらさというか病との付き合い方にスポットを当てていだだけると、今現在の自分の気持ちにより近いかなという風に感じています。

化学療法=抗がん剤投与・・・ということを知らない人も多いと思うので(現に、私の友人に化学療法をすると話しても、知らない人が多かったのです)ここはカッコ書きにしていただけるとわかりやすいかなと思いました。それと「若い」という言葉よりも、乳がんの予後に影響してくる境界線でもある「35歳」という年齢の書き方をしていただけると、いいかな感じました。以前、読売新聞の記者である本田真由美さんの乳がん闘病記を読んだ時に本の中で何度も「若い」という言葉が出てきて、ものすごく違和感を感じてしまったんです。

ページに文字数の制限があるのは重々承知していますし、プロの方に書いていただいた内容に、私が加筆訂正するのも恐縮ですが、自分なりに考えたところを、赤字で書かせていただきました。

これは、私が乳がんになって以来ずっと気になっていたことなのですが、世間では、乳がんになっても早期だったら完治する、とか、手術をやって化学療法と放射線治療をやったら、それで治療は終了と思われている風潮がとてもあるようです。

ですが、私の治療は術後丸4年が経過した今も、続いていますし、ピンクリボン運動などのサイトを見ても「治療が長期化する」というのがどうしても省略されがちなので、「もう4年も経ったのだし、一見元気そうだし治ったんだよね?」なんて言われてしまうことに、もしそう言われても、いちいち「いえ、そう見えるかもしれませんが、実際はまだまだ病気との付き合いは続いているんです」と言うのも面倒で、私も、同病の友人や知り合いもとても苦しい思いをしています。

本に載せていただくにあたり「治療を終えて4年経った」のではなく、今もって現在進行形であること、完治できれば何より嬉しいけれども、実際には、お医者様から「完治しました」と太鼓判を押される人はこの病気に関しては非常に少ないということを、1人でも多くの読者の方に知っていただけると嬉しいのです。※もし本文をどこか削る必要があるとしたら、この治療が未だに続いている部分だけは残しておいていただけると助かります。

もちろん、○○さんの判断で、今回お送りした文章に加えたり削っていただくのは全く構いません。このあとのことはお任せします。

いろいろと書いてしまい本当に申し訳ございませんが、今回取材を受けさせていただけたことに心から感謝しています。どうもありがとうございました。」

このような内容のメールをライターさんに送ったところ、すぐにこちらの意向を汲んでくださる返信をいただき、本に載せる内容は、乳がんを告知された当時のことはほぼ省略して、
「その後」と「現在の気持ち」を重点的に載せていただけることになりました。

乳がんになると、いろいろな面で大変なのよん。大変だとしても、周りにいちいち「私本当は大変なんです」とはいちいち、言えなくなってくる心境。例え早期発見だったとしても(私は早期よりもちょっと進んでいたけどさ!)いつまでも執念深く体内に潜んでいて、ある日突然またガンが湧き出してくることもある、という何ともしつこく、恐ろしい病気なのよ・・・という思いが、読者の方に伝わるといいなと思っています。本の発売は来月20日だそうです。また詳しいことがわかったら、このブログでも紹介したいと思っています。

January 17, 2009

1ヵ月経ちました

今の職場に勤めて、早くも1ヶ月が経ちました。決まるまでは本当に長く感じたけど、入ってしまえば時間の経つのがとても早く感じられます。でも、なんとな~く体が疲れてきた気がしたので、今日は岩盤浴へ行ってきました。この岩盤浴、今年に入ってすでに2回目です。前回は母と一緒に行きましたが、今日は母は風邪をひいていたこともあって、1人で行ってきました。

今日も母娘で来ている人が多かったので、私だけ1人でちょっと浮いているような気もしましたが、1人は1人でまた気楽で楽しいものです。岩盤浴で汗をたっぷりかくと、その後しばらくはホットフラッシュの症状も落ち着くことがわかったので、今後も定期的に通いたいなと思っています。

岩盤浴のあとは、去年から楽しみにしていた映画
007 慰めの報酬」の先行上映を観に行ってきました。この映画は試写会の募集が少なかったこともあって、試写会に当たらなかったら、先行上映で観ようと思っていたんです。前作「007 カジノロワイヤル」の続編、ということでしたが、今回もひたすら「アクション、アクション」という感じで、見終わってみると(あれ?それで肝心のストーリーは?)と思ってしまいました(笑)でも、世界各地の映像やど派手なアクションシーンを観たいという方には、おすすめです。

ところで、私と同時期に就職活動をしていた友達も、ほぼ同時期に転職が決まり、「働き始めて少し経ったら、どこか旅行へ行こうね」と話していたのですが、3月の3連休を利用して、雪見温泉へ行くことに決めました。本当は、久々に近場の海外(韓国あたり)か、もしくは北海道でスキーをしたいな~と思っていたんですが、ホルモン療法を4年近くやっていて、もしかすると骨が折れやすくなっていたら大変なので、スキーはあきらめようかなと思ったんです。今骨折でもしたら、また仕事辞めないとならないので、それではあまりに困ってしまいます。そして今回、もし海外へ行くならマイルを使おうと思ってましたが、結局使わず持ち越しになりそうなので、次回の楽しみにとっておきます。(ついでに言うならば、海外旅行客減少に拍車をかけた、あの燃油サーチャージは、今年の4月以降撤廃になる可能性が高くなってきたようですよ。それならば、海外へ行くなら4月以降がいいですよね!?)

・・・で、代わりに考えているのは、今まであまり馴染みがなかった東北方面です。いくつかリゾートホテルの候補が挙がっていて、今いろいろと調べている最中です。東京からのアクセスの良さを考えると、福島県がなかなか良さそうです。実は今の職場にいると、旅行関連の最新ニュースがジャンジャン入ってくるので、各地の積雪量などもよくわかるのですが、福島県で今候補に考えている温泉地は、豪雪地帯だから、雪もたっぷり!あぁ、でもスキー場が目の前だと、きっとスキーをやりたくなってしまうだろうなぁ・・・。まだ時間があるので、どの宿にするかじっくり悩むことにします。

January 07, 2009

オフ会やります

今週末の3連休に、関西から同病の友人が上京してくるので
オフ会(新年会)をやることにしました。

日にち:1月11日(日)
場所 :銀座の某ベトナム料理屋さん
時間 :17時スタート
予算 :飲み物別で約3000円(コースです)

参加者は今回も同病の方に限定させていただきますが
興味のある方がいたら、参加してみませんか?

今のところ、私を含めて3名は参加確定で
年齢はほぼ私と同年代の方です。

病気のことを話すと言うよりも
仕事のこととか、仕事のこととか、仕事のこととか
・・・・なぜか仕事のことばかりですが(笑)

同じ病気を経験した者同士だからこそ
今自分が考えていることとか、悩んでいることとか
いろいろ話して、楽しいひと時を過ごせたらと思います。

上記のベトナム料理屋は、私の一押しのお店でして
すでに5~6回リピートしているほど好きなお店です。
中華料理をもうちょっとさっぱりさせたような味で、おすすめですよ~ぽっ

予約の都合上、9日(金)の夜9時までに
メールにて(楽天の場合は私書箱まで)ご連絡ください。
問い合わせのみでも大歓迎です。

January 03, 2009

2009年スタート

昨年1年を漢字1字で表すと、私の場合は「変」ではなく「転」。
転職ばかりの1年でした。

8月末に転職を決意した頃は、まだ今のようにここまで不況ではなかったので、次を決めずに辞めても、何とかなるのではないかと思ってましたが、10月に入ったあたりから、一気にやばいムードになってきて、その後は今までにない不況ぶりを、身をもって経験することになりました。

テレビや新聞では連日のように「派遣切り」という嫌な言葉が聞こえてきますが、 正直それは今に始まったことではないのだし、マスコミが騒ぎすぎているような気もします。

先日、ホテル勤務時代の元同期と会って忘年会をしましたが、そのメンバーは、ホテル退職後様々な職場で揉まれてきたので 「確かに今は不況で大変だと思うけど、これまでにも大変な思いはしてきたから、もうこれからは何でもこい!だよね!」と一致団結してしまいましたダッシュ(走り出す様)

私もですね、少し前までは(早いところ結婚して楽になりたい)とか思っていたクチですが、 さすがに今度という今度は覚悟が決まりました。 仕事があって、働ける体があるうちは、感謝の気持ちをもって働く。・・・今までは、いつまでたってもフルタイムで働かなければならない状況に、 心の奥底で被害者意識をもっていた気がします。

周りの友達や知り合いで「週に2~3回、1日3時間だけパートしてるんだ」なんて聞くと(お気楽でいいわね~)と一瞬ムッとしたりあせあせ(飛び散る汗) しかしそれはなんて幼稚でお子様な考え方だったんだろうと今なら思います。

人にはそれぞれ事情ってものがあるのだし、小さい子供でもいればパートしかできなくても当然ではないか。 それに、人のことをどうこう言う以前に、やっぱり、働いて、お給料をいただけるというのは、それだけで精神的な強さと安定がもたらされることに・・・何よりも、働くことは自分のためだということに今更ながら気が付きました。

テレビで「派遣切りで家も職も失った人が、日比谷公園の派遣村に集結しています」なんて聞くと、ものすごく胸が痛むし、身につまされます。働く意欲があるのに、働ける会社や場所がないというのは、本当につらいと思います。

正社員で働いていたときは、知らない間にいろいろなことに恵まれていたので、大事なことに気が付きませんでした。

私が昨年の10月まで勤めていた会社は信販会社で、カードの入会審査業務を担当していました。そのときのことですが、(会社の規定で)派遣社員からのクレジットカードの申し込みを却下しなければならないことが何度かあって、そのときは、すごくつらかったです。却下するたびに、まるで自分を却下しているような気持ちになっていました。

一方で、専業主婦からの申し込みは、本人が収入ゼロでも、定収入のある夫がいるというだけで、審査に通さないとならなかったので、なんでフルタイムの人間を落として、収入ゼロの人間を審査に通さないといけないんだようパンチとそのへんも変なジレンマを感じながら仕事していました。

今度の会社は、また派遣なので、同じ部署にいられるのは3年までです。3年経ったらまた他の部署か、もしくはグループ会社に移らなければなりません。 正社員だったら、そのへんの心配をしなくてもよかったのだと思いますが、入る時にそれを承知で入ったのだから、それは仕方ないと思っています。

今でも正社員で働きたいという気持ちはありますが、正社員になると、やはり責任も増大するし、残業も断りづらくなるし、未だにデンジャラスゾーンの自分の体のことを考えると、
やっぱり派遣でよかったのかなという気はしています。

1つだけ言えることは、正社員だろうと派遣社員だろうと、その職場で働く以上はできる限りのことはします。 そして吸収できることはどんどん吸収して、次につなげるように、努力はしてきました。

今度の職場は、できればずっといたいけれど派遣である以上それは無理なので、とにかく3年間の猶予があるうちに 次の道を模索しようと思っています。まあ、その間に結婚するかもしれませんしウッシッシ(←誰と?) それに今は、結婚してもやっぱり仕事は続けたいって
思うようになりました。

だんだん何が言いたいのかわからなくなってきましたが、昨年1年転職を繰り返してみて、 ようやく芯が通ったというか、気持ちがぶれなくなりました。 もうよほどのことがない限り、仕事は辞めないと思います。「もう、何でも来い!」「やるしかない」。そんな気持ちです。ではでは、いきなりかなり真面目な内容になってしまいましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。

« December 2008 | Main | February 2009 »