管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« もうすぐ定期健診 | Main | 仕事決まりました »

December 05, 2008

丸4年経過、5年目突入☆

今日は乳腺科の通院があって、大きな定期健診がありました。腹部エコーをやる関係で、朝食は抜きのまま行ったのですが、結局お昼近くになるまで何も食べることができず、つらかったです(^o^;

それにしても骨シンチは、またまた大変でした。「いつも何回も失敗されるので、うまい人を」とリクエストしましたが、臨床検査技師の人は初めて見る顔の女性でした。(大丈夫かな~?)と思いつつ、まずは1回目の針刺し・・・失敗。場所を変えて2回目・・・これまた失敗。この2回目に刺された場所がすごく痛かったんです。

ここで「先生に代わってもらいます」ということで、奥のほうにいたドクター登場。っていうか最初からこの人でお願いしたかったよ(汗)・・・ということで3回目の針刺し。内心(今度は頼みますよ~)と思ってましたが、ちょっと骨シンチ用の液体を流し込んだだけで、その箇所が「プクー」と腫れてきてしまって「あsweat02血管が細すぎてだめです。すみませんけどもう1回抜きます」と言われて、またもや不発に終わりました。

3回失敗された時点で、私は冷汗タラタラ。かつ気分が悪くなり始めて、顔面蒼白。同じ部屋にいた他の技師の人たちも集まってきて、数名の人に注目されつつ、4回目の針刺し。このあと写真で載せますが、結局手首の内側の、よ~く血管が見えるところに「プスッ」と刺されて、よ~~うやく液体の注入が完了しました。まあ技師さんの技術が悪いというよりは、私の血管がほとんど見えないのが一番問題みたいですけどね☆

102 すみません、ちょっとわかりづらいですが、今日刺された4ヵ所を○で囲み、手書きで刺された順に番号振ってみました。(写真はクリックすると拡大されます)

しかし痛い思いは今日はこれだけでは終わらず、今度は採血のときにまた問題が・・・。刺されまくった右腕を見た看護師さんが「これでは、もう右腕には刺せませんね~。かといって左腕はむくんでいるからもっとダメです。右腕はもう刺すところがないから、今日は足から採血しましょう

ということで、なんと今日は人生初の「足から採血」をしてしまいました。というわけでベッドに案内されて、横になりました。足のどこから採るんだろう?と思って看護師さんに聞いてみたら「血管が見えるところなら、どこからでも!と言いたいところですが、ななこさんの場合足もあまり血管が見えないですね~。う~ん、1つ、よく血管が見えてここで刺したら確実に採れるところがあるんですが・・・ここは痛いんですよ」と言われ、またまた冷汗。

私が固まっていると「うん、でも仕方ないですね。今日は何度も刺されているから、採血は1回で決めたいんです。だからここから採りますね」と言われ、採血された場所は右足親指の付け根付近。「はい、ちょっと痛いですよ~」と言われて、すぐ針が刺さったのがわかりましたが、これがだんだん痛くなってきて「痛っ!あ痛~!」と思わず声が出てしまいました。それが以下の写真です。バンソウコウが貼られていますが、いや~本当に痛かったです。(足の写真だなんてお見苦しいものを見せてしまい、すみません☆)

095

結局、今日は骨シンチ、腹部エコー、採血、マンモグラフィー、胸部レントゲン、と一通りのことをやりましたが、結果が出るのが早くて、夕方にはすべての結果を教えてもらうことができました。すべて異常なしでした。これでまた半年間は、病気のことはあまり気にしないで生活できそうです。

検査、検査で久々にグッタリきてしまったので、帰りは地元のデパートに寄って、まずは甘い物(ワッフル)を食べ、お気に入りブランドであるマリークワントの化粧品をいくつか買ってしまいました。本来は、使いきってしまった口紅の新しいのを1本だけ買うつもりだったのに、店員さんにちょっとだけメイクをしてもらったら、ついあれも!これも!と予想外の出費coldsweats01 やばいっす(笑) ※写真は今日食べた栗のワッフル。まわりはサクサク、中はフカフカでおいしかったです。

なお、第九チケットプレゼントのご案内をしています。
詳しくはこちらをクリック

090

思い出したように追記です。主治医の先生にリュープリンの治療をいつまで続けるか、聞かれました。ホルモン感受性がある私の場合、2年やそこらで生理が戻ってくるのは自分の中で多大なる不安があったので、なかなかやめるきっかけがないまま「1年、また1年」と延長してきました。そして半年くらい前だったか、そのときにも「リュープリンをいつやめるか?」という話が出ていて、そのときに「まだやめる決心がつかないんです」と言ったら「それじゃあ、ななこさんが結婚するまで続けましょう」ということになりました。

そして今日の診察時に「先生、リュープリンは以前の診察のときに『私が結婚するまで』に決まっているので、まだ当分続けます」と言ったら「えっ!?そんなこと言ったかしら?」と。「言いました、カルテ見てください、そのとき『結婚するまで続ける』って書いてもらいましたから」と言うと「えええ~、どれどれ?(パラパラと以前のカルテをめくり)あ~、ほんとだ!ここに書いてある!(笑)おもしろいわね~。でも結婚しなかったら、ずっと続けるってことでしょう。それも困るわね~(^o^;」

「先生、今のところ結婚の予定もないので、このままでは『ずっと』があり得るんです」と言うと「じゃあ、5年間打つということで、区切りをつけましょうか。あまり打ちすぎても、将来的に骨そしょう症の問題も出てくるし」ということで、あと1年。あと1年は、リュープリンを打ち続けることになりました。32歳で告知されたとき、治療が一区切りするのは5年先です、と初診時の担当医に言われ、それでは治療が終了したら37歳ではないか。これで結婚も出産も可能性が限りなく低くなったなと絶望感にくれていたのがウソのようです。今では半分笑い話になりつつ、ホルモン治療のガッチリ5年間!も、残り1年です。

もう1つ。骨シンチの検査をする部屋の待合室で待っていたときのことです。若いお母さんが、泣き叫んでいる3~4歳の女の子を抱き上げて、中に入って行きました。その女の子は髪の毛が抜けて頭皮がほとんど全部見えている状態、一目で抗がん剤治療真っ最中なんだろうな、というのがわかりました。女の子はマスクをつけられた状態で、目しか見えませんでしたが、中に入ってからも耳をつんざくような大きな声でワンワン泣いているのが聞こえてきて、大人でも注射されて痛いのに、ましてや3~4歳では何がなんだかわけもわからず、いろいろ治療や検査をしている様子を見て、あまりに可愛そうで、涙がこぼれてしまいました。どうか治療がいい方向に向かいますように・・・。

« もうすぐ定期健診 | Main | 仕事決まりました »

「乳がん」カテゴリの記事

Comments

ななこさん、お久しぶりです^^
テディのメールを読んで、久しぶりに来てみました。
4年クリア、おめでとうございます!!
ほんとうに検査はいやですけれど、すぐにその日に問題無しということがわかって、よかったですね。

まずあと1年。がんばって下さい。
わたしも、おかげさまで無事に5年経ちました。
乳癌は、無罪放免になるまでに、10年、とか、15年、とか言われていますが、前にも書いた(ような気がする^^;)けど、
「今日一日を大切に」
この気持ちで、今日一日がんばりましょう^^

また来ます(*^-^*)/~~~

COSMOSさんへ

コメントありがとうございます!
最近はTEDDYでもたまに投稿しています。

今回も何度も針を刺されて
かなり痛い思いをしましたが
その日のうちに結果が出たので、良しとします(^o^;

そうですね~。
乳がんは他のがんと違って5年クリアーできたから万歳!というわけにはいきませんが
気持ちの区切りの上で、5年は1つの目安ではあります。

私は、主治医の先生から「術後は15年間診ていきます」と言われているので、まだ先は長いですが、1つ1つ乗り越えていくしかないですね。

この病気になってから、先のことよりも今を生きる方が大事だと感じることが多くなりました。

お互いに頑張りましょうね~!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« もうすぐ定期健診 | Main | 仕事決まりました »