管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008

October 27, 2008

4年目の放射線科受診

今日は、4年前に手術した大学病院へ行き、放射線科を受診してきました。一昨年より「今後の受診は、年に1回でよい」と言われていたので、今日は1年ぶりの受診だったわけですが、だめですね、病院へ近づくにつれていろいろなことを思い出してしまいました。それとともに、なぜか軽い吐き気も催してしまい、(そういえば化学療法を受けるために病院へ着くと、いつも病院へ入った途端に気持ち悪くなっていたな~)ということも思い出しました。

4年前のあの日、「乳がんです」と告知を受けたこと、手術のため2週間弱入院したこと、そして乳がんの治療の中でも一番つらいと感じた、化学療法を受けたときのこと・・・。放射線治療を受けたとき、待合室で末期の状態と思われる、大変つらそうな状態の患者さんを何度も見かけたこと・・・。

今年の2月に亡くなった、同病の友人が脳転移の治療をしていたのも、同じ病院の放射線科でした。「ななこさんと同じ病院で、放射線治療受けることにしたから!わからないことがあったらいろいろ教えてね!」と言っていた、彼女のことが今日はよく思い出されました。

放射線科の受診では、特に何か変わったことをするのではなく、あくまで問診のみです。主治医に患部を診せることはありません。だから(受診することに、意味があるのかな?)と思うこともあるのですが、問診というよりも、カウンセリングを受けに行くような気持ちで通っています。乳腺科の主治医に聞きそびれてしまったこととか、不安に思うことがあったら、この先生に相談することもあります。

診察の最後に、必ずといっていいほど「何か聞いておきたいことはありますか?」と聞かれるので、今日は2つ質問してきました。1つ目は「病院での検査と、会社の健康診断が重なった場合、その差が3日間くらいしか空いていなくても、肺レントゲンを双方で撮影しても(被爆の)問題はないのか?」と聞いてみました。(まさに、今年の6月頃に、ぶつかった問題です) すると、連続でレントゲンを撮ったとしても、医学的には特に問題ないので、被爆のことも問題ない、とのこと。これで安心できました。次回、また似たようなことがあったとしても、今度は一方のレントゲンを辞退するようなことはしないと思います。

また、もう1つの質問は「私のがんのタイプは、ホルモン感受性があるため、自分の希望でリュープリンを4年近く打ち続けています。標準治療の2年でやめる人も多いようですし、ときどき、もうここらで(リュープリンを)やめようかと思うこともあるんですけど、先生はどのようにお考えですか?」と聞いてみたところ「以前は確かにリュープリンも2年が標準だったけど、ななこさんのように発症が30代だったら、今は5年打つ人も増えてきました。これからは5年が標準になるかもしれません。ただ、どちらが正しい、というものでもないので、あくまでご自分の気持ちが優先になります」と言われました。もうこうなったら、5年間はガッチリ!と治療に専念しよう、できるだけのことはやっておこう、と腹が決まりました。

最後に「採血のデータ的にも問題ないし、それではまた来年お会いしましょう。これからも1年に一度はこうしてお話しにきてくださいね」と主治医に言われて、やはり(なんかカウンセリングみたいだ)と思ってしまいました(笑)

October 24, 2008

丸4年です

約2週間の短期の仕事に明け暮れているうちに、すっかり更新が遅れてしまいました☆

まずは今月第2週目の週末の話から・・・。1泊2日で群馬県の水上温泉へ行ってきました。目的は、谷川岳の紅葉でした!今まで、群馬県って素通りすることはあっても、観光したことってほとんどなかったんです。でも前々から谷川岳へ行ってみたかったので、今回行くことができて本当に嬉しかったです。

旅行の詳細は、すでに旅行記ブログにも載せてありますが、谷川岳は登山をしない人でも、登山をした気分になれる、都心からでも(ハイキングなら)気軽に行ける山だと思います。(ただし、登山家の間では『魔の山』としても、知られています。特に、今回は行けなかったけど、一の倉沢!)

水上では、すぐ近くを利根川が流れていたのですが、これがまた上高地の梓川に負けないくらい、水質がきれいでした。利根川も上流に行けば行くほど、清流になるのですね。

今回一緒に行った友達は、学生時代からの付き合いなんですが、彼女自身も2年前に乳がんの手術をして、今もホルモン治療中なので、私にとって今最も心が許せる友人の一人でもあります。

その友達も、独身で求職中・・・と私と状況が全く同じなので、旅行中は「仕事もそうだけど、それよりも、ななこだって、もう結婚したいでしょう?」と何度かそっち系の話題を振られました。でも私が「あ~・・・。結婚したいのはやまやまなんだけど、なんかもう見込みなさそうなので、自分が納得いく仕事を見つける方が、先決!」と言ったら、ものすごく驚かれました。「そんなこと言わずに、いつか必ずウェディングドレス着ようよ~(^o^;」とまで言われてしまいました(笑)

別にまだ結婚をあきらめたわけではないんですが、もともと、ドレスを着たい願望はなかったほうだし、この先どうなるかわからない不確かなものを目指すよりも、仕事を見つけて、まずは自分の生活を立て直していくことのほうがよっぽど大事なわけで、最近はすっかり恋愛モードから遠ざかっています。自分でも(こんなことじゃ、いかんな~。)とは思うんですけどね。

ところで、来週は放射線科の定期検診が控えているのですが、ふと気がつけば、病気が発覚して明日でちょうど丸4年を迎えます。この4年間、なんだか常に必死だったけど、もうあれから4年も経ったのか~・・・と、ちょっと感慨深いものがあります。でも未だにホルモン療法は続けているからそれなりに副作用はあるし、腕はちょっとむくんでいるし、いつも元気!というわけにもいかないけど、精神的に落ち込むことは以前に比べてかなり減りました。まずは週明けから、本格的に就活再開です☆

October 13, 2008

マンマ・ミーア試写会

先日、映画『マンマ・ミーア』の試写会へ行ってきました!

ニフティの「ブロガー様ご招待」というので応募して当選したのですが、リピートしたくなる映画でした^^ そして試写会の感想をブログでぜひアップしてください・・・とのことでしたのでアップしちゃいます♪

■公式サイトURL : 
http://www.mamma-mia-movie.jp/(日本語)
http://www.mammamiamovie.com/main.html(英語)
※予告編で音が出ますので、静かな環境の方は要注意★

■公開表記 : 1/30(金)全国ロードショー

※先日まで、英語版の予告編しかありませんでしたが
ようやく日本語のサイトもできたんですね(^o^;
両方を見比べてみると、おもしろいかも!?

ミュージカルでも有名なので、すでに何度も観たことがある方も
多いことでしょう。私はミュージカルも観たことがなかったので
今回が初めてでしたが、映画ならではの楽しみ方ができる作品だと思いました。

まず、ギリシャの美しい島々が舞台になっています。
絵画のような風景の連続に、思わずため息が出そうになってしまいました。

そして、ABBAの音楽がまた素晴らしい♪
私、ABBAが好きでCDは以前から何度も聴いていたのですが
今回は映画に合わせてそれらの曲が使われているわけで
映像と音楽のダブルで堪能できました。

主演のメリル・ストリープはもちろんのこと
『007シリーズ』で有名なピアース・ブロンナンや
『ブリジット・ジョーンズの日記』で
主人公の相手役を務めていたコリン・ファースが
3人の父親役で出ていたのもGOODでした。
主役の女優さんがまた、とても可愛かったです♪
ミュージカル映画なので、終始、歌って踊って・・・という感じです。

ちなみにこの映画、エンドロールが出る最後の最後まで、楽しめます。ABBAの曲で特に好きな「Thank you for the music」が最後に流れますが、これは主役の女優さんが歌っているようです^^

Mamma_mia01_5

Mamma_mia02

October 05, 2008

就職活動、アゲイン

私はmixi上でも日記を書いていたのですが、今回の仕事を辞めると決めたあたりから、そちらの日記は書けなくなってしまいました。リアルな友人が多いので、自分のことをあれこれを赤裸々に綴るのがちょっと恥ずかしくなってしまったからでもあります。それに、私の日記を毎日のように読んでいる割には、自分の近況とかは全然書いていない人もいるわけで、なんかこちらばかりが情報公開しているみたいで、なんだかな~・・・と思い始めた部分もあります。(まぁ本来はそれに対しては、とやかく言えませんが・・・。)なのでmixiについては、今までは「友人まで公開」での日記でしたが、今後はもうちょっと制限をかけようかと検討中です。

でもこちらのブログは別。リアルでつながっている友人でここを知っている人は少数だし、こちらはもちろん不特定多数の人に読まれている割には、mixiよりも本音で書いてるし(笑)ここのブログはもう4年ほど続けているわけで、こんなに続くとは自分でも思わなかったから、ほんと不思議なものです(^o^;;

ちょっと話が反れてきてしまったので元に戻すと、mixiの日記をストップしたところ、心配した友達からメールが届きました。昨年、職業訓練校で一緒だったクラスメートです。彼女には、会社を辞めたことを伝えるとともに、就職活動が振り出しに戻ったことも伝えました。「半年で辞めちゃうなんて!」って言われるかと思ったのに、彼女からの返事は意外なものでした。

◆ななこさんがミスマッチと感じたのなら、退職されたことは正解です! 「逃げるが勝ち」作戦です^^
◆実際の退職日までまだ日にちがあるようなので、就職活動に入る前に 一度リセットして遊びに行ったり、美味しい物を食べて楽しんでみましょうよ。自分自身の何かを発見できるかもしれません。

ちなみに、この友人は年齢が40代半ばくらいで、小学生のお子さんがいます。だから当初は「年齢的にも、正社員は無理かも・・・」ってあきらめかけていたそうです。でも、ハローワークへ何度も足を運び、ちょっとでも気になった案件は履歴書を送り、最終的には、20社前後受けて3社内定をもらい、それでも納得のいく会社に決まらなかったので、一旦内定をすべて断ったところで、ようやく(これは!)と思う会社から内定をいただくことができたそうで、今はその会社で働いています(もちろん、正社員!)

私は、今回退職した会社は7~8社受けて、最後の最後で受かったところで入社を決めましたが、ちょっと企業研究が足りなかったな・・・という点は猛烈に反省しています。でも今回この友人からアドバイスされた「ある程度の年齢がいくと、10~20社くらい面接を受けるのは、皆さん同じみたいです。納得のいく会社を見つけましょう。」という言葉に励まされました。そして、履歴書は常に4通ほど書いておくと、いざというときに慌てなくてすむそうです。さらに「応募する前に、その会社のホームページをよく見て、自分に合わないと感じたらやめる」のも重要なんだとか。「無駄な時間は使わないで」と以上の2点は彼女が通いつめていたハローワークのおじさんにアドバイスされたそうです。

そんなわけで、今日はこれから履歴書作成の準備にとりかかります。(職歴書は、すでに最新のものを作成済!) そして、彼女からのアドバイスとたまたま重なりましたが、今度の週末は、同じく就職活動中の友人で、同じく乳がんを治療している友達と、紅葉シーズン真っただ中の温泉地へ、1泊しに行く予定です。無職だし、本来ならば旅行に行ってる場合じゃないのかもしれませんが、退職を決めるかなり前から決めていたことなので、予定通り、決行しちゃいます!

October 01, 2008

ピンクリボン月間です

今日からいよいよ10月ですね~。Yahoo!のトップページがいきなりピンクになっていたので、一瞬驚きましたけど、ピンクリボン月間だから・・・なのですね。私にとっては、10月というのは自分の病気が発覚した月だから、いい印象はないんです。ただ逆に考えると、当時もピンクリボンが始まっていて、雑誌などで「乳房で乳がんが発生しやすい位置」のイラストが載っていたので、なんだか気になって自分の胸をチェックしてみたものです。そうしたら、まさに一番乳がんが発生しやすい位置に自分の乳がんも見つかったので、ものすごく衝撃を受けたのを覚えています。

この病気との付き合いが始まって、もうすぐ4年が経ちます。何年たっても、病気のことが頭から離れることはないし、こればかりは自分の中で折り合いをつけながら、向きあっていくしかないのですが、いい意味でも悪い意味でも、病気になってからの自分のほうが「本物」に近い気がします(・・・って、意味不明ですね^^;;)

◆自分の身体に、以前以上に気を配るようになった
◆嫌な思いをしそうなことや、気疲れしそうなことは、直感でわかるようになった
◆人間関係も、本当に付き合いたい人とだけ、付き合うようになった
◆やりたいことを、先延ばしにすることが少なくなった
◆将来のことを考えるよりも「今」を大切にするようになった

ざっとこんな感じでしょうか。

あと、最近一番の願いは、満足感の得られる仕事に就くことです。
自分でもうすうす感じ始めているのですが、どうも私は結婚には縁がないままに終わりそうな気配なので、1人でも生活していけるように、手ごたえの感じられる仕事に就きたいと強く思うようになりました。仕事が好きなわけではないですが、これだけ長く社会人として働いてきたのにも関わらず(あ~っ!この仕事をやっていてよかった!)と思えた瞬間というのが、実のところほどんどないので、これからは少しでも満足感の得られる仕事がいいな~。まあ、年齢的にも状況は厳しくなる一方ですけどね。

でも、これも病気になってから思うようになったのですが、どんな状況になっても「やるだけやってみる」ことが大事だなと思うんです。あきらめたら、そこで終わりですから。突破口は常に探し続けることだと思います。私なんて、いつも探し続けてます(笑)そうしたら、違う道も開けてくる気がします。

あ、今度はこの映画の試写会が当たったので、近々観に行く予定です。楽しみ~♪

« September 2008 | Main | November 2008 »