管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

July 25, 2008

オフ会企画

このブログも気がつけば、開設して丸4年が過ぎました。今でこそ、ブログは誰もが気軽に立ち上げることができる便利なツールとなりましたが、当時はまだそんなに、メジャーではなかったような気がします。ブログを立ち上げて3ヵ月も経たないうちに、乳がんが発覚して、会社を休職したり、頭が丸坊主になってしまったり・・・と私の人生は予想もしなかった方向に傾いていきましたが、今こうして再び仕事を再開したり、旅行に行く計画を立てたり・・・と以前とほぼ同じ生活に戻れたことに、日々感謝しています。

ブログを始めたことで、新たなお友達や知り合いがたくさんできました。中でも同病のお友達との出会いは、治療を進めていくうえで、何よりの励みになりました。また、読者の方から時々メールをいただくのですが、「術後○年検診を無事にクリアーできました!」というメールをいただくときが、一番嬉しいです。この病気とは一生の付き合いになることはわかっているけど、やはり、毎回毎回の検査結果を聞くときは本当に気が重くなるものだから・・・。

ところで、少し先になりますが、来月、同病の方限定で、都内でオフ会を開こうかと考えています。そんなに人数が集まるとも思えませんが、上限は最大でも8~10名くらいまでとしたいと思います(^o^; 日付や場所などの詳細が決まりましたらメールしますので、興味がある方は、このブログの左上にある「メール送信」から、ご連絡ください。万一、予想よりも多い人数が集まりそうになったら、過去にお会いしたことのある方か、ブログ上やメールのやりとりをしたことのある方を優先させていただきます。オフ会参加希望(というかメールでのお問い合わせ)の〆切は、一応7月いっぱいということで。

それから、取り急ぎ、旅行ブログ、上高地への旅(1)を更新しました。

July 21, 2008

信州3泊4日の旅から戻りました

ふぅ~~~むふっ

信州3泊4日の旅から無事に戻りました。


18日(金)にいつも通り仕事へ行き
勤務後は、そのまま新宿へ抜けて
そこから高速バスで、いざ松本へ走る人

この日の松本行きは3連休の前日ということもあって満席。
しかもバス1台では足りず、2台でした。

新宿西口の高速バスターミナルは
これから地方へ行くexclamation ×2という人たちで
ごった返しておりました。

松本行きの前に出発するバスは
「道後温泉経由、松山行き目」でした。
ひぇ~、かっこいいウッシッシ
四国まで乗ると何時間かかるんだろうexclamation & question

でも私の後ろにいた女子大生風の二人は
「すっご~いぴかぴか(新しい)バスで四国まで行けるんだねぇ。
今度はあれに乗って、道後温泉行ってみよっかexclamation & question
って話してました。若いっていいな(笑)

高速バスですが、行きはどこにも引っかかることなく順調で
松本到着は22時半ごろ。
バスを降りると、妹夫婦が迎えに来てくれていたので
その日は翌日に備えて、早めに寝ました眠い(睡眠)


19日(土)は義弟の運転する車で上高地へ。
といっても、上高地は途中からマイカー制限がかかるので
沢渡(さわんど)という場所から上高地まではタクシーで移動。
(※人数によっては、バスのほうが割安になりますが
  私たちは3人だったので、タクシーでした。)

この日の上高地は快晴。
息を呑むような素晴らしい景観に、ただただ感動しました。
上高地自体は今回で3回目だったんですが
いつ行っても、日本有数の景勝地であることを実感します。


20日(日)は念願の立山黒部アルペンルートへ。
これは松本発の日帰りツアーを利用しました。
日帰りとは言っても、長野から富山側へ通り抜けするので
ほぼ丸1日がかりの旅となりました。

松本から黒部ダムまでは、そんなに時間かからなかったんですけど
今回の旅行で唯一、雨に降られてしまいました。
でも、その後はまたまた天気も回復して
憧れの立山へハート達(複数ハート)

残念ながら、視界バッチリとは言えない状況ではありましたが
標高2400メートル越えの景色は
これまた、言葉では言い表せないほど素晴らしいものでした。

21日(月)
松本から東京までの移動日でしたが
午前中、徒歩で松本城へ走る人
時間もあまりなかったので、城の内部までは入りませんでしたが
松本城の前で記念撮影はしてきました(笑)
今日はお日柄がよかったのか、松本城のすぐ下で結婚式を
挙げているカップルがいましたが、花嫁さんは和装ではなく洋装。
「城とドレス」とはすごいミスマッチだと思いましたが
周囲の観光客達は目を楽しませてもらっていたようです。

帰りは松本を11時過ぎのバスに乗りましたが
途中、大渋滞に巻き込まれて、新宿到着が1時間半も遅れました。
また新宿からうちに帰ってくるまでも遠いので
早めに松本を出て正解だったな~と思いました。

今回、いつも以上に楽しく充実した旅になったのは
妹夫婦のおかげです。 2人とも本当にどうもありがとうウインク
【写真】
1枚目:焼岳と大正池 この写真を見る
2枚目:穂高連峰と梓川(河童橋の上から撮影)この写真を見る
3枚目:黒部平(立山黒部アルペンルートの通過点の1つ)この写真を見る
なお、私たちの後ろに写っているお子ちゃまは一切関係ありません

※他の写真は旅行記ブログにぼちぼちアップしていきますペンギン

July 18, 2008

仕事のノルマ

今の職場ですが、事務職であるにも関わらず
各々にノルマが課せられています。

今のノルマは、入社時の2.5倍に引き上げられています。
はじめのうちはどうなることかと思ってましたが
処理の仕方のコツがつかめるようになってからは
ギリギリではありますが、クリアしています。

クリアできない人は、強制ではないですが
残業をしていく人が多いです。

私は体がもたないこともあって
残業は極力したくない人なので
午前中はけっこう「飛ばして」仕事してます。

今以上にノルマを引き上げられると
さすがに残業が避けられなくなりそうですが
とにもかくにも、修業時間になると
さっさと片付け始めて、帰る準備をしている私には
社員さんも「残業しないのexclamation & question」とは言ってきません。

金曜日、仕事終わったらそのまま旅行に行くので
これは道中、爆睡眠い(睡眠)間違いなさそうですあせあせ(飛び散る汗)

その旅先で、写真をたくさん撮ろうと
昨日、さくらやで「SDメモリーカード」を買ってきました。
少し前に、パソコンを買ったときのポイントが
かなり貯まっていたので、そのポイントで精算することができましたハート達(複数ハート)

SDメモリーカードって、以前はかなり高かった気がしますが
今って1GBでもけっこう安いのでびっくりしました。
これでまた写真がたくさん撮れそうです。
旅行から帰ったら、また写真をアップしま~す♪

July 09, 2008

今がこらえどころ

今の職場ですが、4月に紹介予定派遣で入った同期のうち、すでに半数近くが辞めてしまいました。今残って頑張っている人も、それなりに不満を抱えているようですが、誰だって、新しい仕事を一通り覚えるまでは苦しいもの。それをたかだか2ヶ月やそこらで「合わないから」と辞めてしまうのは、私にはちょっと信じられません。

私の場合、サービス業界から金融業界への転職・・・ということで、最初のうちは右も左もわからず、こんなんでこの先やっていけるのかな~?とかなり不安でした。7月に入り、ようやく仕事を一人で任されるようになったものの、まだ四苦八苦しているのも事実です。

今の会社、初年度は有休が10日なのですが、周りの正社員の人たちを見ていると、まあ、けっこうちょくちょく休んでいます(笑)今月も、来週3連休がありますが、人によっては18日(金)を1日有休使って、4連休にしている社員もいます。

なので、最近同期のみんなとよく話題に上るのは「1年は、耐えよう」ということです。2年目になると、仕事にも慣れて今よりももう少し余裕ができるだろうし、有休の数も増えるから、休みの調整も今よりはかなり楽になりそうです。

私は、小さい連休を何度か取るよりも、長期の休みをドカンと取りたいほうなので、働き始めてからはまだ1日も有休を使っていません。同期の中には、すでに3日も4日も有休を使っている人がいますが、そういう人は長期の休みがとれなくなるのを覚悟して、休んでいるようです。

さて、最近は、泊まりがけの旅行にはほとんど行ってなかったのですが、いよいよ来週末は信州旅行へ行きます。素晴らしく景観のいい場所なので、またたくさん写真を撮ってこようと思います。だんなさんの転勤で信州にいる妹宅で、3泊4日もお世話になってしまう予定です(笑)

July 02, 2008

同級生の死

今日、習い事の先生から
私の中学生のときの同級生が亡くなったと
連絡が入りました。

その訃報を知ったのは会社の休憩時間中だったのですが
「うそっ…」と固まってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

彼とはそれほど親しい付き合いがあったわけではないのですが
近所では評判のパティシエで、パン屋さんをやっていました。

お店をオープンして3年目くらいだったでしょうか…

洋菓子の本場、フランスへしばらく修行へ行っていたそうで
彼の作るクロワッサンや洋菓子は絶品でした。

美味しいのでけっこうちょくちょく
買いに行ってたのですが

たまに会うと「中学のとき、同じクラスだったよね」と言って
気さくに声をかけてくれたのが、思いだされます。

ご両親と、お姉さんと、その彼と
家族一体となってパン屋さんをやっていたのを知っているだけに
あまりに突然の訃報に言葉を失いました。

詳しい事情はよくわかりませんが
亡くなったのは昨日で
どうも事故ではないかと言われているようです。


先日亡くなった祖母と比べるのもおかしな話ですが
30代で、まだまだこれから…という人の訃報を聞くのは
本当につらいものがあります。

また、残されたご家族の悲しみを考えると
なんと言ったらよいのか、言葉が見つかりません。

心から、ご冥福を祈りたいと思います泣き顔

July 01, 2008

席替え

今の職場ですが、けっこう頻繁に席替えがあります。昨日でようやく研修が終わったので、7月に入りまた席替えがありました。配属先も決定です。全然知らない人たちばかりのチームになったら、困るな~・・・と思っていたんですが、研修でずっと面倒を見てくれていた先輩と同じチームになることができたので、一安心です。

それから、以前(もしかしてお仲間?)という記事で書いた同僚ですが、どうやらガン治療ではなく、別の病気の治療のために用いた薬剤による副作用で、髪が抜けてしまった、という話でした。私はまたてっきり、似たような病気の治療中の人かと思い「私の場合は、乳がんの治療で髪が抜けたんです」って話したんですが、その瞬間、相手が固まっていました(笑)なので即座に(しまった、この人は何か別の事情でウィッグをかぶっているらしい)ってすぐに悟りました。そして彼女の説明によれば「私は、ガンとかそういうのではないんだけど、以前別の病気の治療のために使った薬の副作用で、髪が抜けて、そのまま生えてこなくなってしまったの。」ということでした。

いずれにしても、近々お茶に行きましょう!と毎回のように言われるものの、お互いの仕事が終わる時間が若干ずれているので、なかなか、気軽にお茶に行くことができません。早く行けるといいんだけどな~(^o^;

それはそうと、私はmixiもやっているのですが、昨日小学校の同級生からマイミク申請がきて、ものすごくびっくりしました。見つけられたのではなくて、私の幼なじみから聞きつけたようです(^-^)メールには「僕は、最近県内に小さな家を買って、家族5人と犬2匹で毎日楽しく暮らしています」と書かれてありました。

そのメールを読み、ちょっと影響受けてしまいました。仕事もまあ、順調で、今まで好きなときに好きなだけ旅行に行ったりもしてきたし、最近はそれなりに満足した生活を送ってきてはいたけれど、やっぱり1つだけ足りないものがあるんですよね~。それは、その彼もメールに書いていたように「(結婚後の新しい)家族」。

私は病気になる前は、普通に結婚して普通に子どもが欲しいと思っていましたし、その願望をあきらめざるを得ないような状況に自分が陥ることになろうとは、思ってもいませんでした。その後、病気になり、自分は化学療法やら、リュープリンで体を閉経状態に追い込んだりと「どぎつい治療」をしている間に、友人たちはどんどん「母」になっていき、何度も精神的に追い詰められていきました。

そのうち、精神的に参らない方法(?)を見つけたのですが、それは自分の心を(結婚とか出産とかから)封じ込めてしまうことでした。人は人、自分は自分、と無理にでも思い込むようにして、もしかしたら私は生涯新しい家族というものをもてないかもしれない、という不安と恐怖から逃げていました。

でも、今回の彼のメールを読んで、可能性があるうちは、あきらめないで時期を待とうかと思うようになりました。今回のメール、化学療法中とかに受け取っていたらかなり凹んでいたと思うけど、今は精神的にも元気なので、いい起爆剤になったような気がします。

mixiではハンドル名も違うのにしているし、病気のことは一切書いていないので、マイミク申請されても別にいいんですが、でもやっぱり「リアルな友人」が増えてくると、書く内容もある程度限られてきます。・・・というよりも、ブログで書いている記事と、mixiで書いている記事は、全く別の内容であることが多いです。ブログもいいんですが、最近はmixiにハマっているような気がします。たぶん。

« June 2008 | Main | August 2008 »