管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

June 29, 2008

職場の送別会

先日、職場の送別会に参加してきました。

当初は(送別会といっても、知らない人のだし
翌日も仕事で早いのに、ちょっと面倒だな~ふらふら
…なんて思っていたんですが
結果的には、やっぱり参加してきてよかったです。

まず、今まで全然しゃべったことがない人とも
いろいろ話すことができました。

そして、入社してからのこの2ヶ月間、
お互いに年齢のことは「タブー」だったからか
私も周りに年齢のことは聞かなかったし
周りも私の年齢を聞いてくる人はいませんでした。

でも、お酒の席になったら、みんな聞く聞く(笑)
一人が「え~、でも年はいいたくないわぁ」って言ったら
「じゃあ、干支の鳴き声を言ってみよう」と誰かが言って

「モウ~」
「チュウ~」
「ガオー」

と、動物園のようないろんな鳴き声が・・・(^o^;
それで、思いのほか年の近い人とか
同じ年の人も何人かいて

「ななこさん、同じ年齢同士、仲良くしてくださいねるんるん
と、わざわざ言いにくる人までいました。

今回の送別会、大所帯で30人くらい集まったのですが
男性は上司2人を入れて、5人くらい。
そのうちの1人が、なかなかのイケメン君で
(あら素敵。30歳くらいかしら)と思っていたら
なんとまだ20代半ばとのことで、軽くショック(笑)

そのイケメン君にも「ななこさんは何歳なんですかるんるん
と聞かれたので、黙っておきました。
そういうことはストレートに聞くもんじゃありません(笑)

ちなみに、同世代の他の女性たちは「○○君と1歳違いよ」って
冗談半分に交わしていましたが。

それはそうと、そろそろ連続休暇をいつ頃とるのか
申請しなければならない時期になりました。

当初、最高で9連休と聞いていましたが

「年末年始ならば、うまく休みを調整すれば
最高で16連休とることが可能である」

という通達がまわってきました。
そんなに休みがあったら、会社に行きたくなくなりそうだけど…あせあせ(飛び散る汗)でも、今の予定では10月か11月に休みを取ろうかなと思っています。16連休もおいしいけど、そんな高い時期じゃどこも行けそうにないしなぁあせあせ(飛び散る汗)

それから、先日なんと●●●ホテル(←●の数は実名とは関係ありません)から
某転職サイトを通じてスカウトメールが届いてびっくりしました。
かなりそそられたけど、今の会社での仕事、契約したばかりだし手(グー)

あと2ヶ月早く送ってくれていたら
今頃、第二のホテルマン人生が始まっていたかもexclamation & question
…なんて、それはないかな(笑)

June 24, 2008

2ヶ月経ちました

今の会社に入って、2ヶ月が経ちました。最初の頃は、何をやっているのかわけもわからず(こんなんで大丈夫かしら・・・?)とかなり不安な気持ちがありましたが、最近ようやく慣れてきたかなという感じです。

それから、仕事を教えてくれる先輩と、なんとなく相性が合わなくて(別の意味で困ったわ・・・)という感じだったのですが、私の質問の仕方も悪かったのかもしれない、と思って、聞き方を変えたり、同じことは2度聞かない・・・という、新入社員の鉄則(?)を守っていたところ、徐々に関係もよくなってきました。先輩の懐に飛び込む気持ちで仕事に取り組んだことが、先輩との軋轢を和らげたのかもしれません。

今の会社で何より嬉しいのは「(会社の規定で)連続休暇をとること」と決められているので、1年に1度だけ、半強制的に9連休(土日+平日5日間+土日)を取らなければならないことです。今日会社に行ったら、いつ休みを取りたいのか希望を出すように言われました。もちろん、他の同僚たちとの兼ね合いもあるので、自分の希望がそのまま通るとは限りませんが、休みをとるのが一苦労だった最初の会社に比べると、すごくありがたい制度です。

それと、今の会社にあって、前の会社になかった制度としては「半休」があります。半日だけ仕事して「今日はちょっと用事があるので、帰りま~す」という人がたまにいるのですが、これもシフト制の前の会社だったら、できないことでした。今のところ、まだ半休を使う予定はありませんが、例えば有給扱いで休みたい場合も、前の月に申請を出しておけば、ほぼ100%希望が通ります。

最初の会社では、通院のため休みたいと思っても、いちいち周囲の人に休みの理由を告げて、休みがダブらないように気をつけないといけなかったので、大変でした。私が検査のために休みたいという日が、他の人の休みと重なっているような場合は、頭を下げて休みをいただいていました。(私が休む日は、他の人は休めませんでした。)

それが今の会社では「この日は休みたい」という希望さえ出しておけば、いちいち理由まで問われないのですごく気が楽です。今年の12月に、1年に1度の定期健診が控えているのですが、そのときも(休めるかなぁ・・・)なんて悩まなくて済みそうです。

さて、肝心の9連休ですが、それだけ長い休みがあったら、私の場合やることは1つしかありません。ちょうど、昨年タイのマッサージスクールで一緒だった友人が「今年もどこか行かない?」と誘ってくれているので、現在お互いの休みの日を調整している最中です。行先は、たぶん、またタイかな~。それも現地集合となりそうです。私は成田から、彼女は関空からなので(笑) 仕事は、まあいろいろ厳しい面もありますが、休みを楽しみに頑張りたいと思います♪

June 15, 2008

落ち着いてきました

祖母を亡くした悲しみは
まだまだ、そう簡単には癒えませんが

この週末に一連の儀式も無事に終わって
ようやく落ち着きつつあります。

うちはお墓が(なぜか)遠方にあるので
来月は納骨のため、その地方まで行く予定です。

それにしても、祖母は亡くなる前に
何か虫の知らせでもあったのでしょうか。

亡くなる前日、祖母はちょっと遠くに住む娘たち(私にとっては叔母)
に「会って話がしたい」と、病院を通じて呼びつけていました。

叔母たちは、何を言われるのかとかなりドキドキしていたようなのですが

「来てくれてありがとう。
 なんだか心細くなっちゃって...。」

と言われて拍子ぬけしたそうです。

そして祖母は自ら

「なんか、先生と〇〇(←私の父)が話してるのが
 聞こえちゃったんだけど、私、一時は危ない状態だったみたいよ。」

とも言ったそうです。

ここしばらく、食欲がなくて食事がまともにとれなかったのに
危篤状態から一旦持ち直して、私と妹が面会に行ったときと
叔母たちがお見舞いに行ったときには

「今日はごはんもおいしく食べたんだよ」

とも言ってたし。

葬儀のときに叔母たちから聞いた話では
祖母は亡くなる前日、叔母たちに

「あーでもない、こーでもない」と
とりとめもない話を1時間半くらい
ぶっ通しでし続け、散々話し終わったら

「はぁ。なんだかいっぱいしゃべったらサッパリしたわ。
 もう話は終わったから、あなたたちは帰りなさい。」

と言って、また横になったそうです。

祖母の容体が急変して亡くなったのは、その翌朝のことです。

何かを言い残したかった...というわけではないのでしょうけど
叔母たちに言わせると「あれは、最期のあいさつだったのかも」
と言って不思議がっていました。

いずれにしても、孫である私たちとも
特に気にかけていた、娘たちとも
思い残すことがないくらい、しゃべっていたとわかって
ちょっと気持ちが楽になりました。

私は、祖母に頭があがらなかったけど
その話を聞いたら、ますます頭があがらないなと思いました。

明日から、また1週間が始まります。
新たな気持ちで頑張るぞぴかぴか(新しい)

June 12, 2008

悲しみは深く・・・

昨日は普通に会社へ行ってきましたが、帰宅して、祖母と対面してから悲しみが一気に押し寄せてきてしまい、今朝は鉛を飲み込んだような気分のまま、出社しました。

明日がお通夜で、土曜日が告別式なので今日は、あえて休まなかったのですが、出社してみたもののすぐに(悲しみで)気分が悪くなってしまい

周囲の「長年一緒に暮らしていたおばあちゃんが亡くなったのだから
仕事していても、手に付かないでしょう。 今日も忌引き扱いで休んでいいからすぐ帰っていいですよ。」とのすすめでお言葉に甘えて、出社して1時間もしないうちに帰宅してしまいました泣き顔

忌引きといえども、前の会社にいたときは、祖父母が逝去した場合、1日だけ忌引きで休んで すぐに出社してくる人が多かったので、当初は、明日だけ1日お休みいただくつもりでいました。 でも、今の会社では、昨日の時点で「今日出てきちゃって大丈夫なの?
無理しないで、休んでいいからね。」って言われてたのです。

とはいえ、今月いっぱいまでは研修が続いていて、1日1日が勝負の状態だったので
今日明日と2日間お休みをいただくことは、実は自分の中で大きな葛藤がありました。
けど、出社してすぐに気持ちがつらくなってしまって、自分でも(無理しちゃってるな~)と思いました。


今、仕事を教えてくれている先輩は年齢は私より年下なのですが、ちょっと折り合いが悪いこともあって、余計に休みづらい雰囲気だったのですが

今日、出社早々に祖母の訃報を伝えて「明日だけお休みさせてください」と言うと、見る見るうちに目に涙を浮かべて 「ななこさん、大丈夫exclamation & question私も2ヶ月前に、祖母を亡くして大変だったの。今日はもう仕事しないでいいから、帰って休んで。また来週から、待ってますから。」って言ってくれて、今日の早々の帰宅は、彼女の言葉が決め手になりましたむふっ

それから、これはまた別の機会に書きますが、近所に祖母の大親友のおばあちゃんが住んでいます。 祖母のことを伝えたら、30分もしないうちに飛んできてくれて、その後も、何度も我が家に足を運んでくれて、家族以上に大泣きしたり、思い出話をしてくれたり…と
気持ちが救われるようです。こんなに何度も来てくれるお友達がいるなんて、うちのおばあちゃんは、幸せだなと思いましたハート達(複数ハート)

June 05, 2008

もしかしてお仲間!?

今の会社ですが、1フロアーに100名前後いる、大所帯です。しかも8~9割が女性。これだけ女性が多いと、いろいろなタイプの人がいるのですが、その中に、いつも頭にバンダナを巻いたり、帽子をかぶって出社してくる50代前後の女性がいました。頭にかぶりものをしているのは、てっきりその人の個人的な趣味だとばかり思っていたのですが・・・。その女性と今朝顔を合わせたとき、茶髪のショートヘアで素敵な髪形をしていたので「わ☆バンダナしてない髪型は初めてみました。すごく素敵な髪形ですね」って言ったところ

一瞬目を見開いて「えっ、そう!?そう言ってもらえるとすごく嬉しいわhappy01 実は、これウィッグなのよ」と言われて超びっくり。「うそっ・・すごく自然で全然わかりませんでしたよ!」って言ったら「あら、ますます嬉しいわ」と・・・。そして次の瞬間「実は、私も以前しばらくの間ウィッグを被っていた時期があったんです」と小声で言ったら、今度は彼女が目を見開く番でした(笑)まさかそんな答えが返ってくると思わなかったんだと思います。

彼女は「驚いたわ・・・」と言ったあと、たぶん瞬時に事情を悟ったのでしょう。「あなたとは今度ゆっくりお話がしてみたいわ。お互いいろいろ話がありそう(笑)」と言って、自分の持ち場へ去っていきました。いや、私もまさかこんな展開が待っているとは思わなかったので、今朝は出社草々本当にびっくりしました。彼女も病気の治療中なのか、なんなのかはまだわかりませんが、これだけたくさん人がいれば、同じような境遇の人がいたとしても何ら不思議はないんだ、ということをすっかり忘れていました。そして、私も今度彼女とゆっくり話がしてみたいなと思ったのでした。

June 03, 2008

入社前健康診断の結果

今日はこれから、『プリズン・ブレイク』のDVDをまとめて見るので、簡単にご報告です。先日受けた、入社前健康診断の結果が、今日戻ってきました。結果は、それぞれ封筒に入れて返されるのですが、心なしか、それを配りに来てくれた総務の担当の女性の態度がいつもと違ったような・・・?健康診断のときに、問診票に記入しておいた乳がんの既往歴が、その人に伝わったのかもしれません。まあ、あまり気にしないでおきましょう。

肝心の結果ですが

「経過観察中の疾病は、通院を継続してください。
肥満ですので努力して体重を標準体重に近づけてください。
カロリー制限、軽い運動に留意して縮小に努めてください」

そして最後に、大きな字で「就業可」と書かれてありました。

言い訳になりますが、私は乳がんを発病する前は標準体重でした。
それが、抗がん剤をやって、ホルモン療法で生理を止めて、ノルバデックスを飲むようになってから、劇太りしてしまいました。体内で何か大きな変化が起こってしまったのでしょうか。

乳がんに肥満は大敵だというのは、自分でもよくわかっているんですが、なかなか痩せることができません(^o^;; しかも、最近の健康診断ではメタボを発見する意味で、ウエスト周りも測るのですが、これがまた、とんでもない数値をマークしてしまいました。

ただ、1つ前にいた会社でも、今の会社でも、毎日お弁当を作って持って行くようになったのが幸いして、コレストロールとか、中性脂肪(?)とか、そういうのは以前に比べてグッと減りました。乳腺の主治医には「すごい、お弁当の効果が出ているのね!」って感心されたので、これ以上体重を増やさないためにも、朝多少つらくても、お弁当づくりはこれからも続けるつもりです。

とにもかくにも、会社に乳がんを伝えて「就業可」という返事が返ってきたのは嬉しかったです。今の会社に入って、毎日仕事を覚えるのに必死なので、病気のことを忘れる時間も増えました。しかし肥満だなんて・・・自覚はしていたけど、恥ずかしいことこのうえないです。リュープリンを打ち始めて3年以上経ったので、これをやめることを検討したほうがいいのかなと思い始めています。悩むところです。

« May 2008 | Main | July 2008 »