管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 新しいパソコン | Main | 入社前健康診断の結果 »

May 24, 2008

健康診断でイヤな思い

術後3年半後の定期健診ですが、無事にクリアーできました!
何年たっても安心できない病気だけに、毎回毎回検査のときは本当に緊張します。

それに今週は、職場の健康診断でかなり嫌な思いをしたので、今回何事もなかったのはいつにも増して、格別な思いがします。職場の健康診断は、会社指定の医療機関に出向いて、同じ仕事をしているメンバー20名ほどで、一斉に受けました。

今回、職場の健康診断と病院の定期健診が2日違いの直近で、肺のレントゲンと採血が重複するのがわかっていたので、この2つについては、職場の健康診断はパスして、病院の定期健診の結果を充当させてもらうつもりでいました。

それで、会社指定の医療機関の受付のところで、それを申し伝えようとしたところ、この医療機関がプライバシー配慮のかけらもなく、問診票の病歴欄に記入する際も、となりの人が何を書いているのか丸見えの状況。かつ、何か言いたくても、後ろには同じ会社の同僚が後ろに延々とつかえているので、肺レントゲンと採血をやらない、ということを伝えたくても、(それ以前に、病歴も含めて)話が全て筒抜けになってしまうため、とても言えない状況でした。

それで仕方がないので、一旦は普通に検査着に着替えて、いざ肺レントゲンと採血をやる段になったら、その場で「受けない」ことを伝えることにしました。(→これだと、他の人には話は聞こえないので。) そして、肺レントゲンが自分の順番になったので、更衣室に入ると同時に放射線技師の人に、

●3年半前に乳がんの手術をしていること
●今も経過観察中の身で、定期検診を受けており、今回はそれが2日後にあるので
  ここでの肺レントゲンと採血は、辞退したい。
●肺レントゲンと採血の結果は、個人的に会社に伝えさせてほしい。

ということを手短に伝えたのです。
すると、その放射線技師の人に「なぜそのことを、受付で言わなかったのですか。
受付で言ってくれていたら、もっとスムーズに(他の方の)健診が進んでいたのに!」と
怒られたので、「言いたかったけど、近くにいる同僚たちに問診票の内容も丸見えで、話の内容も筒抜けの状態で、そんな中で自分の病歴を言いたくなかったから、言えなかったんです。」と反論したら、「じゃあ、帰り際でもいいので、必ずそのことを受付で伝えてください。」と念押しされました。

次に、身長と体重を計る部屋に移動したところ、そこで別の担当者の人からも「あれ?ななこさんはレントゲンと採血をやっていませんね。」と、他の同僚が大勢いる前でいきなり言われたので「それはさっき放射線技師の人にも言ったのですが、今回はこれこれこういう事情で、ここではその2項目だけは受けないことにしたんです。」と言ったところ、「でも受けないのであれば、その事情はご自分で派遣先の企業さんには必ず伝えて、判断を仰いでくださいね。」と大声で言われました。日頃一緒に仕事している同僚たちは、一瞬何が起きたの?という目で私のほうを見ていましたが、とにかく、受付の人に言わないことには埒が明かないようだったので、受付に戻って事情を話しました。

受付で言わなかった私も悪いけど、でもあの状況の中では本当に言いにくかったです。結局「健康診断」というのは、健康な人に悪いところがないかをチェックするためのもので、(今現在治療中の人に対しての配慮とかは一切ないんだな~)と痛感してしまいました。

とにかく、そんなことがあったので、今の派遣先にも(乳がんという病名までは言わないにしても)、以前大病をしたことがある、というのを上司に伝える必要が出てしまったのと、乳腺を診てもらっている病院の名前で「診断書」を書いてもらう必要が出てきてしまいました。

それで、昨日ですが、上司にちょっとだけ時間をとってもらい、簡単にですが事情を説明しました。そして「今回、パスしてしまった肺レントゲンと、採血の結果については、かかりつけの病院での検査結果がわかり次第お伝えする形でもいいでしょうか?」と聞いてみました。すると上司は「もしかすると、会社側としては『診断書』を提出してもらうことになるかもしれないので、産業医に確認しておきます」とのこと。

そして、昨日のうちに上司が産業医に確認をしてくれて、「事情はわかりました。『診断書』はお金がかかるから、出さなくて結構です。その代わり、血液検査の結果と、レントゲンの結果を、データのコピーでいいので提出してください。」と言われました。

今日は久々の乳腺外科の診察があり、主治医にそのことを伝えたら、その場ですぐに血液検査の結果データをすぐにプリントアウトしてもらい、そこに一筆「肺レントゲンも異常なしと記載してもらい、さらに、病院名と診療科名と主治医の名前も書いてもらうことができました。診断書1枚書いてもらうだけでも、3,000円しますからね~。私が言うよりも先に、会社から「要りません」と言われて、助かりました。

そういえば、話をしたあとに、上司からは最後の最後で「・・・で(病気の方は)今はもう大丈夫なんだよね?」って念押しされたのですが、大丈夫かどうかなんて、正直私にもわからないので、「大丈夫みたいです」と、ちょっと濁して答えてしまいました(汗)「そう、じゃあ(引き続きお仕事を)がんばってね」って言ってもらえたので、とりあえず一安心です。

病気のことはできれば言いたくなかったけど、入社前健康診断で細かいところまで見られるため、結局は隠しきれなかったのと、もし隠して入ったとしても、健保の支払額とかでいずれバレていたと思うので、このタイミングで上司に伝えられたのは、かえってよかったのかもしれません。

健康診断ではイヤな思いをしたけど、定期検診が問題なかったので、結果オーライでした。今日はよく眠れそうです♪

« 新しいパソコン | Main | 入社前健康診断の結果 »

「乳がん」カテゴリの記事

Comments

ななこさん、こんばんは。
とにもかくにも、三年半後の健診クリア、おめでとうございますっ!!私も、ななこさんに続けるよう頑張らねばっ。
それにしても、健康診断の病院の対応、ちょっと無神経ですよね・・・。確かに、自分も健康だった時はそういったことに配慮がおよばなかったと思いますが、病院だもの、もう少しケアがあってもいいような気もしますが。
ところで、ウィッグの件、ありがとうございました!また改めてお礼メールさせていただきます。
では、お仕事頑張って☆

ななこさん、こんばんは☆
先ずは、三年半検診クリアおめでとうございます♪
本当に本当によかったですね(^^)
でも、会社の健康診断は、本当にイヤな思いをしちゃいましたね。プライバシーが無さ過ぎます・・・。こういう話を聞くと、世の中って、健康で、無神経な人が多いんだなぁとつくづく思います。でもななこさんのおかげで、病歴のことで、再就職のたいへんな部分というか、気をつけなきゃいけないことが、わかりましたよ。ありがとうございました。
お母様もお大事にしてくださいね。

Rochinaさん、こんにちは。

すっかり返信が遅くなってしまいごめんなさい。
とにもかくにも、3年半検診も無事終了しました。
今回は、検査したその日のうちに結果を聞いて帰って来れたので、結果を聞くまでやきもきする・・・というのがほとんどなくてすみました。
結果を聞くのが1週間先とか、1ヶ月先…だと
やはり気もそぞろになってしまいます。

ところで、いいウィッグが見つかって本当によかったですね!
自分に似合うウィッグが見つかると活動範囲も広がるので、ぜひおしゃれを楽しんでくださいね。
私はしょっちゅう、ウィッグで髪型変えて楽しんでいました(笑)

レインボーさん

会社の健康診断では、イヤな思いをしてしまいましたが、先日無事にかかりつけ病院からもらったデータを提出しまして、この件は一応終わりました。

でもまた来年も同じような目に遭ったら困るので、何か対策を立てるか、かかりつけ病院との検査日程をもう少し開いてもらって、会社の健康診断は、普通に受けるようにしておいたほうがいいのかも・・・とかいろいろ考えてしまいます。

それにしても、今日は衝撃的なことがありまして
先日、病歴のことをちらっと話してあった直属の上司が、なんと今日で早期退職してしまったんです。
(え~!今後は誰に相談したらいいの!?)と思わず絶句してしまいました。

そうそう、母も無事に退院しまして、一安心です。
どうもありがとうございました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 新しいパソコン | Main | 入社前健康診断の結果 »