管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

March 27, 2008

友人の死

今までブログには1度も書きませんでしたが、今日はある友人のことを書きたいと思います。彼女とは、私の病気が発覚した2004年11月頃に、乳がんのメーリングリストを通じて知り合いました。告知を受け、入院と手術を控えて気持ちが動揺していた私に、彼女がメールをくれたのがきっかけでした。年齢と、独身&会社員という境遇も全く同じだったことから、加速度的に親しくなりました。

化学療法が始まって、髪が抜け始めた頃もさりげなく励ましてくれたり、治療に専念するために長期の休職を決めたときも、「今までずっと頑張ってきたんだから、こんなときくらい仕事を休んでもいいんじゃない?(^^)」と言ってくれて、その度に救われる思いがしました。

彼女は20代で発病して、やはり手術、化学療法、放射線療法、ホルモン療法、と一通りの治療を経験していましたが、その後は病状も落ち着いて、フルタイム勤務を続けていました。その後もずっとメールのやりとりを続けていましたが、2006年の夏に、初めて彼女と会うことになりました。

最初の治療から7年経ったと聞いていたのですが、その初めて会った日に「実は会社の健康診断で、引っかかっちゃって・・・。」と打ち明けられました。「うちの会社って、腹部エコーもやるんだけど、検査技師の人が私のお腹をグイグイやって『あっ、ここに何かありますよっ』って言うの。もうそれですぐピン!ときちゃったよ。」と。

その後、詳しく全身の検査をやったところ、肝臓・肺・脳に転移していることがわかったそうなのですが、『もう化学療法はやりたくないから、可能な限り、ホルモン療法でいこうと思っているの』ということで、彼女は転移がわかってからも、ホルモン療法で治療を続けていました。

彼女がすごいのは、ずっとフルタイムの仕事を続けていたことです。お互いの会社が近かったこともあって、会社帰りによく食事に行ったり、一緒に旅行に行ったりもしました。昨年4月に行ったお伊勢参りも、彼女のたっての希望で「元気なうちに、お伊勢さんに行ってみたかったの!」と言われたときには、私は言葉を返すことができませんでした。

2007年の後半あたりから、病状が徐々に悪化し始めたということを、なんとなくですが聞かされていました。特に脳転移に関しては、医師からは全脳照射を薦められていたようなのですが、「全脳照射は副作用もきついみたいだし、何よりも髪の毛が抜けたまま生えてこなくなるから、そこまではやりたくないの。」と、ガンマナイフと全脳照射のちょうど中間くらいにあたる治療を受けていました。

その後、ガンマナイフの治療のために入院したときには「珍しいから頭に器具を装着しているところを写真撮ってもらっちゃった。麻酔かかってるから、目がトロンとしてるけど・・・おもしろい写真でしょう?」と。
彼女のこの強さは、一体どこから来るんだろう?と、彼女と話すたびにいつも思っていました。

昨年の11月末頃、「ついに骨(頚椎)にも転移が見つかっちゃいました。放射線治療をします。」と連絡が入ったのですが、頚椎に放射線を当てた副作用で食道炎を併発してしまい、食べ物がのどを通りづらくなってしまった、ということを聞かされました。2人でお粥のおいしいお店に入って、いろいろな話をしました。でも、固形物が食べられないだけでなく、熱いものも食べられない、ということで、お粥もほとんど残してしまっていました。

本人には言えなかったけど、目に見えて痩せていたので、(物が食べられないなんて・・・大丈夫かな。でも大丈夫?とも聞けないしな・・・)と、私自身も内心葛藤がありました。

彼女の話では、昨年12月の始め頃までは、転移の症状は無症状だったそうです。年末くらいに急に腹水が溜まりだし「さすがに、会社に行く気がしなくなったので」と自宅療養をしている、という連絡をもらったのが、最後になってしまいました。

私が病気になってから、今までは彼女とけっこうまめに連絡をとっていたのですが、その後音沙汰なかったのがずっと気になっていて、昨日思い切ってメールを送ってみたのです。今日、返信がきたのですが、それは彼女からではなく、彼女のお姉さまからでした。

彼女は2月上旬に亡くなっていました。仕事帰りの電車の中でそのメールを読み、電車の中であったにも関わらず泣いてしまいました。まだ、信じられない。でも病状が悪化したというのも聞いていたし、何よりもお姉さまが連絡をくれたわけだから、本当であるのは間違いない。

美人で、頭が良くて、自慢の友だちでした。彼女から連絡が来ないのは、病状が悪化して連絡ができない状況に陥っているのかもしれない・・・って思って、なかなか連絡できずにいました。でも、たぶん今まで知らされなかったのは、彼女の計らいだったと思うのです。
病状が悪化しても「(同じ病気だし)怖がらせたら悪いから」と言って、いつもこちらのことを気遣って、言葉を選んで話しているのがわかりました。

病気が進行すると、人に気を遣うってなかなかできることではないと思います。自暴自棄になる人、望みをもてない人、周囲にやつあたりする人、でも私の知る限り、彼女は違いました。「再発したって、普通に働けるし、旅行にだって行けるし、私はいろいろなことを、まだあきらめていないよ。」と、身をもって教えてくれました。

当分の間、会えないのは寂しいけれど、いつかまた絶対会えるって信じてる。また、会いましょう。あなたのことを忘れません。泣き過ぎて、目が腫れぼったい、ななこより。

March 20, 2008

4月以降どうする!?

先日の面接の結果は、不採用に終わりました。やはり大汗かいてしまったのがいけなかったんでしょうかcoldsweats01 自分にはすごく合っていると思ったのですが、向こうにはそう思ってもらえなかったようで、残念。でも落ち込む暇もなく、引き続き次の道を考えているところです。

正直なところ、仕事しながら就職活動するのはかなり大変sign03と感じています。今回、同じ部署で働いていた同世代の派遣のメンバーは、私も含めて全員が働きながら就職活動をしていたのですが、入る前は(派遣先に)「たまにであれば(就職活動のために)1時間くらい早退するのは構わない」と言われていたのに、いざ仕事が始まってしまったら、それが難しくなってしまいました。

・・・というよりも、他社の面接のために今の派遣先の仕事を1時間切り上げて早退することに、派遣先の上司が難色を示すようになりました。他のメンバーが、上司に「他社の面接があるので、すみませんが(いついつは)早退させてください」と言って了承を得ているのを知っていたので、私も同じように上司に伝えたところ、翌日、派遣社員全員が派遣会社を通じてクレームを言われてしまいました。(就職活動のための早退は、各人1回ずつしていました。)

クレームの内容は(ストレートに)「他社の面接が・・・と言うのは、いかがなものかsign02」と。入る前に聞いていたのと、話が違~うsign03と思っても「後の祭り」で、やはり、今の仕事が忙しくなってきたら、今の仕事を最後まできちんと終わらせないと、就職活動がどうの・・・とか言える雰囲気ではなくなってしまいました。まあ、確かに、今働いている会社の上司に「他社の面接が・・・」というのは、失礼にあたりますよね。自分でもなんとなくわかっていただけに、言ってから(しまった・・・)とも思いました。

今の仕事は、本命が決まるまでの「つなぎ」のつもりで約2ヶ月弱だけの契約で、その間に本命企業が見つかったらな・・・という気持ちで、できる範囲で就職活動をしてきましたが、予想以上に正社員の壁は厚く、またまた軌道修正が必要になってきました。

以前の正社員の仕事がきつくてきつくて、体力的にも精神的にももう無理だsign03と思って辞めたのが、昨年の4月。その後、約9ヶ月間のブランクがあって、(当初は)今後はもう正社員ではなく、派遣社員でいこうと思っていました。・・・が、派遣社員だと何かあったときにいつ切られるかわからないし、契約が終了するたびに、また就職活動をしなければならない大変さを考えると、やっぱり正社員のほうがいいのかなぁsign02と考えて、紹介予定派遣と正社員に絞って就職活動をしてきました。

前の業界に強い人材紹介会社からは「前職とほぼ同じくらいのポジションの正社員の求人があるので、受けてみませんか」と連絡をもらうことがあるのですが、あの業界の大変さを知り尽くしているだけに、やはりそれは最後の切り札にしたいと思っている私です。

今一度、今後自分がどういう風に生きていきたいのか、考えてみようと思っています。派遣の仕事は、今の1社だけしか経験がないけれど、前職とは比べものにならないほど、気が楽です。でも仕事的には、おもしろいと思える部分は全くありません。その代わり、土日休みの完全週休2日制だし、勤務時間も固定だから、身体のリズムも安定しています。

もしこのまま正社員の仕事が決まらなかったら、仕事は仕事と割り切って、派遣社員としていろいろな会社を見ていくのも、ありかな~sign02という気もしています。とりあえず、4月からどうしよう。もうしばらく、正社員か紹介予定派遣の仕事を探してみるか、それとも一般派遣で自分の興味がある仕事をやってみるか。ちょっと悩んでいますcoldsweats01

March 16, 2008

面接にて

昨日は仕事のあとに1社面接に行ってきました。紹介予定派遣の案件です。今回は面接官が3人だったのですが、普通のテーブルを囲んで座る形だったので、お互いの表情がよく見える環境でした。そんななか、最初は調子良かったんですが、途中から強烈なホット・フラッシュが~weep

緊張していたせいもあったのかもしれませんが、面接開始後、5分もしないうちに額から汗がツー・・・と流れ始めました。別に暑いわけではないのにsign03 あまりにも汗がダクダクになってしまい、面接の途中なのにポケットからハンカチを取り出して、何度もぬぐってしまいました。面接の内容よりも、汗が噴出していることのほうに神経がいってしまい、内心冷や汗タラタラで(もう、参った!)という感じ。

面接官に何か聞かれる前に、「汗かきなもので、申し訳ありません」と言ってその場をしのぎましたが、今後もこんなことになったら、本当に困るな~sweat01と思いました。
昨日受けた会社は、すご~く自分に合ってる気がしたので、受かると嬉しいのですが、今回もまた他の派遣会社と競合しているそうなので、内定までたどり着くのは難しいかな・・・sign02 でもここまで来たら前に進むしかないんですよねっcatface

March 05, 2008

付加給付、訂正について

3月に入りました。最近は派遣先の仕事で連日残業しているため、転職活動にまで手がまわらない状態です。残業は強制ではないので、あがろうと思えば少し早めに切り上げることもできるのですが、今のプロジェクトを期日までに終えるとなると、やっぱり残業が必要です。

それはそうと、先日コメントを付けていただいたアルファさんに、お詫びしなければならないことがあります。少し前の記事に、私が加入している健保の付加給付のことで「同一病院での通院、入院、各診療科は、それぞれ1つの医療機関とみなします」と書きました。

私の場合、先月乳腺科の受診でかなり4万円ちょっとかかっていたのに加えて、婦人科でガン検診を受けたので、その婦人科検診の分も、戻ってくる、と書きました。しかもそれは、当の健保の担当者に確認までとっておいたのですが、その後少し不安になったので再度言い方を変えて確認してみたところ、同一病院であっても、異なる診療科の医療費の合算は、付加給付の対象にはならないと言われました。

ですので、アルファさんがおっしゃったとおり、今回の場合は乳腺科でかかった自己負担額と2万円の差額のみが返金されるのであり、婦人科検診の医療費に関しては、戻ってはきません。

それでも、しばらくご無沙汰だった婦人科検診に重い腰を上げたのは、今回の付加給付のことがあったからで、合算自体は不可能だったとしても、結果的には自分の身体の状態をチェックする機会がもてたので、結果オーライということで・・・アルファさん、ありがとうございましたhappy01

まさかとは思いますが、私の記事を読んで、それを目当てにリクルート・スタッフィングに登録した方はいないとは思いますが、念のため訂正させていただきました。

March 01, 2008

化学療法中に役立つリンク集

このページは、このブログの読者の方から教えていただいて、化学療法中にとても助けられたサイトのリンク集を載せていきます。

おそらく、病院では医療用かつらを勧めてくると思いますが、でもちょっと待って!
別に医療用かつらじゃなくて、ファッション・ウィッグでも十分間に合います。
私だったら、医療用かつらにかけるお金を、治療費にまわすかな!?

ピュー・エレガンテ 
ウィッグの数も豊富ですが、ウィッグを使うときに必要なケア商品もあります。
( 1 ) ウィッグ ロング セミロング ショート
( 2 )  かつら下ネット ウィッグを被るときは、ずれるのを防ぐために先にネットを被ります。
( 3 )  かつら着用時に必要なケア用品・小物類など
ウィッグ専用ハンガー ウィッグの形が変形するのを防ぎます
ウィッグ専用スプレー(200ml) ウィッグの髪質をいつも艶やかに保つのに必要です
静電気帽子金ブラシ 普通のブラシだと、ウィッグが痛むので、私はこれを愛用してました。

医療用かつらというと、ン十万円が相場のようですが、ネットだとかなり割安で購入できるようになったのですね。私の時にはこういうお店、ありませんでした。

髪の毛帽子 ウィズウィッグ
HANDMADE HAT
タオル地でできたフリフリ帽子や、ナイトキャップの種類が豊富で、見るだけでも楽しいです。化学療法中にかぶりたくなるような帽子がいっぱいです。
CAPRICE-WIG
自然に近い人毛ウィッグもあり、こちらもかなりお手頃な価格で購入できます。

KEA工房  乳がん術後の患者さん向けに、下着を扱っているお店です。
私は術後何年も、ユニクロのブラトップが楽でずっと使っていましたが
KEA工房さんへ行って、術後の補正下着を買いに行ったときに
体の左右のバランスが悪くなっていることを指摘されました。
(片方の肩が下がっていたことに自分では気づきませんでした)
乳房を一部切除した、左胸に補正下着とパットを入れることで今は体のバランスも
よくなって、そのおかげか風邪を全くひかなくなりました。

☆ニッセン
(ティティー)ノンワイヤーブラ〈トリンプ〉 という、乳がん経験者でも十分使えるブラが
おすすめです。KEA工房さんで購入した、シリコン製のパッドもカップの中に
入れることができて、とても便利です。(2015.1.11追記)

« February 2008 | Main | April 2008 »