管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

February 25, 2008

婦人科検診

先週末の土曜日は、午前中に就職活動で筆記試験を受け、午後は乳腺でもお世話になっている大学病院で、婦人科検診を受けてきました。仕事を始めてからというもの、睡眠時間が6時間弱くらいなので、常に睡眠不足なのですが、土曜日も都内(それもかなり西側)に9時には着くように行かなければならなかったので、ここでも睡眠時間を補えないままとなりました。筆記試験は2時間。膨大な量を解かなければならなかったので、気が抜けませんでした。筆記が通るといいのですが・・・wobbly

そして、婦人科検診は、もう1年以上受けていなかった、子宮がん検診を受けてきました。前の会社に勤めていたときは、その近所にあった婦人科で検査してもらっていたのですが、今はそこまで行くのが遠いのです。それに、少し前にも書いたとおり、今の派遣会社で加入している健康保険だと、診療月ごと1つの医療機関ごとに支払った医療費の自己負担額が、1ヶ月に20,000円を超えた場合、20,000円を超えた額が支給(返金)されるという、大変ありがたい付加給付制度があります。「同じ病院であれば、診療科が異なっても、1つの医療機関とみなしてもらえる」ので助かります。

そのため乳腺科の治療費だけでも今月はすでに40,000円を超えていた私にとって、この婦人科検診の費用(約4,500円)は全額戻ってくるのがわかっていたため、あえて今月中にまとめて受診してしまいました。

がん検診とともに、腹部の超音波をやってもらったところ、リュープリンをやっていることが功を成したのか、もともとあった子宮筋腫も他に影響を与えずに大人しくしているとのこと。そして、超音波で見る限りでは、不安要素はないと言われたので安心しました。

ノルバデックスを飲んでいるのですが、この薬は乳がんには効いても、子宮には悪い影響を与える場合があるのです。子宮内膜が厚くなったり、子宮体がんになる確率が、普通よりも高まります。かといって、今一番治療しなければならないのは(私にとっては)乳がんなわけで、ノルバをやめるつもりはありません。なので、ノルバを飲んでいる以上は、婦人科検診も慎重に受ける必要があるわけなのですが、今回は1年半ぶりくらいの検診になってしまったので、今後は半年に1度のペースで検診を受けようかなと思っています。婦人科検診は、ついつい尻込みしがちですが、これも自分の身体のためなので、面倒くさがらずにしっかりチェックしていくつもりです。

February 17, 2008

また~会う~日まで~♪

昨日は久々の乳腺科通院デーでした。採血も久々でしたが、化学療法の影響でつぶれてしまった血管からは、なかなか血を採ることができず・・・。仕方なく術側の腕から採血してもらいました。でも術側の腕も、血管が見えづらいみたいで、抜いてもらうまでにけっこうな時間がかかってしまいましたcoldsweats02

採血のあと、待合室で患者会の知り合い2人に会ったのですが、そのときに「今どういう治療をしているの?」という話になり、3人ともホルモン療法をやっている、ということがわかったのですが、私以外の2人は、化学療法の影響なのか「実は生理がもどってこない」という話になりました。

3人とも、やった化学療法はCEF+タキソテール。CEFは不妊につながる治療として名高いのは知っていましたが、乳腺の主治医は「30代ならば、戻ってくる可能性は高い」と言っていたので、それがちょっとした心の支えになっていました。

けれど、そのうちの1人は「私はもう完全に閉経しているみたい。5年以上戻ってこない。」と言いました。もう1人の方は「化学療法のあとにリュープリンを2年やって、それが終わったのが去年の夏なんだけど、まだ戻ってこない。このまま閉経しちゃうのかなぁ?」と。

私の周りでは、CMFをやって戻ってきた人は何人か知っていますが、CEFをやって戻ってきたという人はそういえば、聞いたことないなぁ・・・と思いました。そういえば、先日参加した患者会の集まりのときにも、CEF+タキサン系+リュープリン2年間をやった人が「半年以上経つけど、戻ってこない。」と話していたのを聞いたので、にわかに不安になってきました。

よくよく思い返してみると、放射線科の主治医は、何度かそれらしいことを言っていたし、放射線治療の問診時には「戻る確率よりも戻らない可能性のほうが高い。早期閉経の覚悟を・・・」みたいにダメ押しするようなことも、言われました。

私の場合、CEFを6回投与しているので、それだけでもかなり卵巣がダメージを受けているだろうし、リュープリンも並行して注射していたとはいえ、今やそのリュープリン注射も4年目に入ったので、このまま閉経してしまうんじゃないか・・・という気がしてきました。治療を終了して1年くらい経ってから戻ってくる人もいるみたいですが、こればかりは本当にわかりませんね。

3年以上も生理がないと、そのわずらわしさとかもすっかり忘れかけているのですが、先日同じ職場の同僚に「ななこさんは、生理前とかイライラしたりしない?私はもうすっごくイラついちゃって、ダメなのよね~sweat01」と言われて「私はあんまり、そういうの、ないかなあ」と適当に流してしまいました。本当は、あったときはものすごく精神的にナーバスになったり、イライラしていたんですけどね。

でも、CEFをやることも、リュープリンを打ち続けることも、自分で決めたことだから、その結果がどういうことになっても、今は受け入れられるような気がしています。子供も欲しかったけど、私ももうじき36になる上に、乳がんの治療はまだまだ続くわけですから子供のいない人生になる確率の方が高そうです。それもありかな?と思います。

February 13, 2008

忙しくなってきた

今の会社で働きはじめて3週目に入り、今週からは残業も出始めました。先週まではけっこう暇だったので、ようやく(勘を取り戻すにはちょうどいいかな?)くらいのレベルの忙しさになりつつあります。あまり暇すぎるのも、ちょっと考えものですねwobbly

 会社の仕事はほどほどにしつつ、4月以降の仕事(それもできれば正社員希望)を探しているところなんですが、転職情報サイトで(おっ、これはよさそうだ!)という求人が2件あったので、すでに2社ともエントリーをかけました。

ただし、当然のことながら書類選考があるので、今はその結果待ちをしているところです。正社員の場合、内定まで大体3~4週間要するのが普通なので、2社だけの応募だとかなり危険sign02・・・ということで、引き続き、ネットでの求人情報にも目を光らせています。

今の派遣先はハード面は抜群によいのですが、長くいるには人間関係が殺伐としていて、はたから見ているとちょっと(んん~?)と思うことが多いです。でも、ビルは新築の高層ビルで、眺めよーしsign03 化粧室もホテル並にきれいで、いつも(ここはどこsign02)って思ってしまうし、社員食堂も通常のテーブル席に加えて、ソファのようなふわふわイスもあって、人気があります。

ただし社員食堂は高い割にはあまり美味しくないので、お弁当持参の人も多く、そのために電子レンジも何台も常備されているし、外部の業者がお弁当やお菓子関係を売りに来るスペースまであります。かくいう私も、今は毎日お弁当持参していますhappy01

でも人間関係は(おや?)と思うことが多いですね。目の前に座っているのに、メールで指示をしてくる上司、仕事が全くできない正社員の尻拭いをさせられている派遣社員・・・水面下では、(よくもここまで・・・)と思えるくらい、メールで喧嘩しちゃっているような、変な風潮があります。私は今のところ直接の影響は受けていないけれど、早くからいる派遣社員の1人がそれに巻き込まれていて、今日の帰り際に「ななこさん、私もう我慢できないから、2月末で辞めるかもsign03」と言い出しました。

そりゃあ、メールだけでやりとりしていたら、特に仕事に関しては、行き違いも起きるだろうと思います。それでなくても、ビジネスライクな内容だと、読み手は冷たい印象を受けるだろうし・・・。

派遣社員の場合、派遣先の会社で問題が起きたような場合、まずは派遣会社に相談するように言われているため、私の同僚は派遣会社を通じて、上司にあることを交渉したのですが、やはり案の定その上司から呼び出しを喰らって「そういうことは、派遣会社に言うよりも先に、まずは私に相談してくださいsign03」と言ってきたため、関係が悪化してしまったそうです。双方の認識が異なる場合、問題が大きくなってしまうのでやっかいだと思いました。まあ、仕事していればいろいろありますね。

February 03, 2008

今の会社にいる意味

派遣で働き始めた第1週目が終わりました。正直言って・・・仕事はかなりヒマです(笑)午前中なんてあまりすることがないので、どうやって時間をつぶそうかと、そっちのほうが心配です。前の会社は本当に忙しい会社で、同時進行しなければならない仕事が多かったので、ちょっと今の甘々な環境が信じられません。

「ななこのくつろぎカフェ」にも書いたので、もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、今私がお世話になっている派遣会社は
リクルートの派遣会社【リクルートスタッフィング】です。
あ、派遣先企業は、もちろん別の会社ですよ。

無職期間中は、大手・中小・弱小含めて数々の派遣会社に登録に行きましたが(→登録しに行った派遣会社の数を数えてみたら、なんと軽く15社超えてました)、お仕事紹介からお仕事決定までのスピーディーさとフォローの仕方、そして就業開始後も、営業の担当の方が「勤務開始後、1週間経ちましたがどうですか~?」と様子を見に来てくれたり・・・と、嬉しい配慮が多い会社です。

また、私のように病気を抱えていて、ひと月に何万も医療費がぶっ飛ぶような人の場合、この派遣会社の健保にはありがたい制度があることも、別館ブログに書きました。さらに旅行好きの私にとってもう1つ嬉しい特典があって、じゃらんnetで予約すると、健保から宿泊費用の一部補助金が出るのです。 補助金の対象となるのは、1年で最大3泊までと決まっているのですが、期間は4月~3月末までが一区切りなので、ちょうど3月末で契約が切れる私には、こんなにありがたい制度があるというのに、もうあまり時間がありません。せっかくだから、温泉にでも行きたいなぁ・・・なんて思い始めていますが、まあそれはもう少し様子を見てからにします。

とにかく、今の職場は仕事から何から、ちょっと楽すぎるので、スキルアップできるような環境ではありません。なので、あまり長くいるべき会社ではないなと感じています。それは入る前から派遣会社の人にもなんとな~く言われていましたし、実際なぜこの職場を選んだのかといいますと・・・。ホテル業界しか経験のなかった私が、今後異業種に転職するときに、そこそこ名前の通った会社に少しでもいた経験があれば、次の職場を受けるときに書類選考で落とされる確率が少しは減るんじゃないかと考えたのです。

やっぱり、ホテル業界というのはかなり特殊な業界なので、この就職活動中、どこに行っても冷ややかな対応をされてしまったり・・・ということもありました。だから、今の会社での職歴が、次の仕事を決めるときにちょっとは役に立つといいなあと思います。じゃないとここに入った意味がないのです。転職市場では、そろそろ4月入社の求人案件も出てくると思うので、これからまたじっくり探したいと思います。

« January 2008 | Main | March 2008 »