管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 明日から気持ちを入れ替えて | Main | 今の会社にいる意味 »

January 23, 2008

今の気持ち

昨日は友だちの入院先へ、お見舞いに行ってきました。友だちは卵巣嚢種の手術をしたのですが、6人部屋で、彼女以外は全員「卵巣がん」の患者さんでした。病室で抗がん剤投与をしている人、髪が抜けた状態だけど、かつらも帽子もかぶっていない人、一瞬にして、抗がん剤治療をしていたときの自分の姿が重なりました。

彼女は気を利かせて「待合室で、話そうか。」と。「入院して、少しだけななこの気持ちがわかったよ。」と言われましたが、「そういえば、ななこって、今でも通院しているの?」と聞かれたときには、ちょっぴりガクッときてしまいました。

私が入院したときにはお見舞いに来てくれて、化学療法をやって髪が抜けたときも、放射線治療をしたときも、今後は何年にも渡って、術後療法と、検査&検査の繰り返しで、この病気から解放されるということは、ないんだ・・・って何度か話したことがあったけど、やっぱりそこまでを、芯から理解してもらうのって難しい。

彼女に言わせれば「手術して、化学療法もしたのに、なんでまだ薬(ホルモン療法)を飲む必要があるの?」「ななこは、今は抗がん剤の点滴はやってないんだよね?」「なんで、定期的に通院して、検査する必要があるの?」と、「なんで、なんで?」のオンパレードに思えたようです。

彼女以外は全員ガンの治療中だから、病室でのその人たちの病状などの会話が聞こえてしまうそうなのですが、話を聞いた限りでは(彼女は全然わかっていないみたいだったけど)深刻な状態の人がほとんどでした。「私の斜め前のベッドの人は『胸水』が溜まって、呼吸が苦しいんだって。でも、抗がん剤をやっていれば治るんでしょう?」との彼女の問いには、答えようもなく・・・。

というよりも、がんという病気の特異性というか、手術して、化学療法をやって。それでもなぜここまで補助療法をやる必要があるのか、いくら口で説明したところで、やっぱり同じ体験をした人とか、家族や身近でガンの治療をしている人がいる・・・というのを見ていないと、わからないんだなということが改めてわかりました。それに、そんなことは自分でもとっくにわかっていたはずなのに、友だちにわかってもらえているはず、って思い込んでいた自分にもショックだったり(>_<)

私が腕時計をはめていないのは、リンパ浮腫防止のためなの。手術して終わりの病気ではないので、これからも定期的に通院を続ける必要があるの。薬も、毎朝1錠ずつ欠かさず飲んでいるの。注射して生理も止めてるし。乳腺科だけでなく、放射線科も(回数は減っているけど)通っているよ。検査の結果を聞くときは、死ぬほど憂鬱な気持ちになるの。

そんなことも何度か話してきたけど、事の重大性は伝わっていなかったみたいで、まあ、この病気を抱えて生きていくことが、どれだけ大変なことなのか・・・を多少なりともわかってもらえていた、と思っていた友だちから「実はわかっていなかった」という反応がかえってきたことに、ショックだったんでしょうね。

もちろん、当時も今も、自分から進んで言うようなことはしませんが、当時の様子や治療の大変さを身近で見ていた友だちに、そういう風に「まだ通院してるんだっけ?」って言われて、かなりショックというか、全然伝わっていなかったんだな~とわかってがっかりでした。(最初のほうで「ちょっぴりショック」と書きましたが、やっぱり「かなりショック」です。)
普段元気にしていても、こういうときばかりは、ちょっと複雑・・・って感じです。

« 明日から気持ちを入れ替えて | Main | 今の会社にいる意味 »

「乳がん」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ななこさん、こんにちは。

お仕事、始められて、充実した毎日と思いきや、8時間半のうち、実働が2時間とは、楽だけど拘束されている分、辛い所ですね。
でも、家にいるより、気が紛れるし、断然良いと思いますよ。
私は、その日により、ネガティブになったり、ポジティブになったり、その繰り返しです。
ただ、不思議なのは、抗癌剤中の事は殆ど思い出さないし、稀に思い出しても、遠い過去の話って感じで気分が悪くなる事が全く無く、その点は良かったと思います。

お友達に病気の事を理解されていなかったのは残念です。
やはり、卵巣癌にしろ、子宮癌にしろ、いわゆる【癌】という病に罹らないと理解出来ないものなのでしょうか。
それと最近、相手の気持ちや立場に立って考える事の出来る人が少なくなってきているようにも思います。
人は人ってこと?

でも、乳癌の場合は、内臓ではないせいか、症状が軽いとか完治のイメージが他の女性特有の癌に比べて有りますよね。
実際は転移しやすく、増殖が遅いので完治に最低10年もかかる困難な病なのに。

先日、エコー&レントゲンと血液検査を受け、異常なしでしたが、健側の腋周辺が半年程前から痛かった原因が、【肋間神経痛】によるものだと判りました..(あ~ぁ)。

くるくるさんへ

こんにちは。
先週は暇で暇で仕方なかったんですが
ようやく今週から、適度に仕事が来るようになりました。

今いる職場は同年代の女性3人だけの部署で
他の2人も長らく社会人をやってきた人たちなので
バランス感覚が取れていて、付き合いやすいです。
入る前は、女性だけの職場だと聞いてちょっとドキドキしていたので、余計にそう思います。

気分がポジティブになったり、ネガティブになったり・・・は
最近はけっこうポジティブで安定していますが
やはり、最初の2年間くらいは、私もそんな感じで
3年目に入ってようやくちょっとだけ、心にゆとりができて
4年目に入った今は、抗がん剤治療の大変さが過去のものとしてとらえられるようになったのか、あまりズドーンと落ち込むことはなくなりました。

病気のことは・・・特に「ガン」については、やっぱり深いところまで理解してくれる人、というのは少ないですね。
というよりも、大変さをある程度伝えておいた相手から
「え~、そうだったの!?」的な反応がかえってくるとかなりガクッときます。

でもそれは、ガンに対する無知さからきているから
もう仕方ないんだろうと思います。
いくら言ってみたところで、そういう気持ちを想像すらできない人もいるだろうから。

つい最近ですが、同病の知り合いの方から「骨盤に転移が見つかったので、治療がやり直しになった」と連絡がきました。

1度は終わったと思った治療が、再びやり直しになるのは
大変つらいことだと思います。
そして、この病気のしつこさには本当に舌を巻きます。

ところで、検査、異常無しでよかったですね。
私も来月は乳腺科の診察があります。
といっても、検査は採血くらいで、次回の大きな検査は5月頃だと覆います。

毎日寒いので、風邪などひかないように、お過ごしくださいね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 明日から気持ちを入れ替えて | Main | 今の会社にいる意味 »