管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 誰がなんと言おうと | Main | 2007年を振り返って »

December 21, 2007

患者会の集まり

先日、患者会の集まりがあって、少人数でしたが、思い思いに話をしてきました。私は術後4年目に突入して、病気のことを考える時間が多少減ったとはいうものの、やはり完全に忘れることは不可能です(>_<)

それに冬場だからかわからないけど、ここ最近術側の腕がむくみ始めているし、切ったあたりもかなり違和感があります。だから、本人は忘れたくてもなかなか忘れられないのです。

 周りからは元気に見えるけど、そして現に元気ではあるけれど、心の中はどうしても、複雑さを抱えています。少し前に、習い事のレッスンへ行ったのですが、私の友達も一緒に習っているので、レッスンの時間が重なります。その友達は同級生で、今第二子妊娠中。はたから見ていても幸せそうなのですが、その習い事の仲間同士で食事に行ったとき、ある人がこう言いました。「○○さん、子供も二人目だし、結婚と同時に一戸建ても購入したんでしょう?すご~い、順調だよね!」

それを聞いた瞬間、フリーズしそうになりました。(同じ年だけど、どうせどうせ、私は順調じゃありませんよお~だ!)そんな風に毒づく自分をイヤだな~と思ったり。毎度のことながら、もう他人の妊娠話でそこまで傷つくことないんだから・・・と思ったり。(私は私なのよ~!)って何とか自分の気持ちを立て直そうとしていたら、そのあとに同級生が放った言葉。

「一戸建てって言っても、住宅ローンはあと25年もあるんだよ。先は長いよね~。」それを聞いてまた、気持ちがザワザワ。何の不安もなく、25年の住宅ローンを組めちゃうあなたはすごいよ!と。健康だと、自分が欲しいときに子供をもてて、買いたいと思ったら住宅ローンだって組めるのです。まあ、住宅ローンを背負い込みたいとは思わないけど、その彼女の話を聞いていたら、同じ同級生なのに、進む道はずいぶん違ってしまったな~と思いました。もちろん、人それぞれ、違った人生はあるわけなんですが、かつて同じ教室で学んだにしては、ちょっと境遇が違いすぎやしませんか!?

なーんて言っても、始まらないんですよね~。今の私に必要なことは、子供を持つことでもなく、住宅ローンを背負うことでもなく、また就職して自分の生活を安定させることが第一なのですから。

そんなわけで、今でも日常のふとした言葉に傷つくことはあるものの、それでも発病から最初の2年間に比べれば、自分でもかなり強くなったかなぁという気はします。最初の2年間は本当につらかった。体がというよりも、精神的なつらさがとても大きかったです。副作用で寝込んだつらさ、髪が抜けたつらさも、未だに忘れられないです。

何よりも、自分がとってもつらい状況にいるときに、結婚報告や妊娠報告にその都度「おめでとう!」と言わなければならなかったのもつらかったけど、あのときのつらさを幾度となく乗り越えたから、今は正直(これから先、また何度もそういう報告があると思うけど、もう他人ことなんてどうでもいいやっ!)って思えるようになってからは、少し気が楽になったように思います。

ちょっと話が横道にそれましたが、患者会の集まりに参加してみて、同じ病気を経験して、似たような思いを抱えている人たちと、話ができるのはやはりありがたいことだと思いました。はけ口・・・と言ったら変ですが、自分の気持ちを吐き出せる場所がなくて、自分だけで抱えていくのは、やっぱり大変なことだと思うのです。

いつも、私の愚痴やら不安やらを聞いてくれる、そこのあなた!どうもありがとう。これからも、また同じようなことを言ってしまうかもしれないけど、そのおかげで、気持ちが沈まずに済んでいます。年明けには新しいスタートが切れるように、頑張りますよ。読者のみなさんもありがとう(^o^)/

« 誰がなんと言おうと | Main | 2007年を振り返って »

「乳がん」カテゴリの記事

Comments

今年もあとわずかですね!
来年もヨロシクお願いします♪
辛いときは、いつでも話聞きますよ!
そんなときはメールくださいね!
良いお年を♪

じゃすちすさんへ

いつもコメントありがとうございます。

読者の方にそう言っていただけると
ブログをやっていてよかったな~と思います。

今年も1年おつかれさまでした。

また来年もよろしくお願いします。

はじめまして、ずいぶんと昔のななこさんの記事に
コメントをいれさせていただきます。(気づいてもらえるのかな?)

内容を読んで、わかるわかるっと思いました(笑)

私は去年乳癌に罹患した頃から、
ななこさんのブログを見させていただいています。
シングルの乳癌の先輩のがんばりや悩みを見て、
自分の励みにしたり、勉強になったり…。
なかなかコメントを出来なかったのですが、
ちょっと思うことがあり、この記事を見て、
残したくなりました。

病気をした後の、気持ちの変化や仕事や生活もろもろへの捉え方、
なかなか記しているものが見つからないです。
そんな中で、ななこさんのブログは私には大事なブログです。

これからもお邪魔させていただきます。

tamaki

★tamakiさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます^^

過去記事へのコメントでも、ブログの管理画面のところで気づくことができるので
大丈夫です。

この記事は2007年に書いたもので、随分前の記事ではありますが
現在の自分の状況と照らし合わせてみると、あまり変わっていないような気が・・・(笑)

あと、昔の記事は文字のフォントが小さいのでちょっと読みづらいですね。
改行もあまりせずにズラズラと書いているし・・・

tamakiさんは現在も治療中でしょうか。
私もこの記事でも書いていますけど、罹患してから最初の数年間が本当につらくて
身体のつらさよりも、精神的なつらさのほうが(自分にとっては)きつかったです。

仕事については、今も昔も悩みっぱなしで
その時々で、自分にとって最良の選択をしているつもりでも
やはり時間が経つと、気持ちも変わってきます。

2007年って、心身ともに一番つらい時期でした。
今にして思うと周りからの幸せ報告が何件も続いて
ある意味、治療よりも試練に感じていました。
自分でもよく耐えたな~と思います。

今はそういうのもなくなり、目下の悩みは今後の仕事をどうするか?くらいなので
あのときよりは、気楽に生きてる気がします。

tamakiさんのように、同じ病気の後輩の方にブログを読んでいただけるだけで
嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 誰がなんと言おうと | Main | 2007年を振り返って »