管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« August 2007 | Main | October 2007 »

September 2007

September 27, 2007

脇の処理について~コメント募集します~

このブログの一読者の方からメールをいただいたので、今日はそのことを書きたいと思います。男性にはスルーしていただきたい内容です(^-^;

そのものズバリ書いちゃいますが、乳がんの手術をされた方、脇の処理はどうされていますか?私は、放射線治療の影響もあるのか、あまり生えてこなくなったので、術側に関してはあまり手入れをしていません(笑) 剃るのはリンパ浮腫の原因にもなりそうだし、かといって抜くのはご法度でしょう。

今回質問をいただいた読者の方からは「光脱毛(?)」の経験者の方を知らないかどうか、というお話だったのですが、どうも、エステなどで脇に光(?)を充てて、徐々に毛が生えてこないようにする方法らしいのです。次回の診察時、私も主治医にチラッと聞いてみるつもりではいますが、まだそれまで時間があるので、脇の処理について、もしくは「光脱毛」について、何かご意見やお知恵があれば、教えていただきたく。コメントが書き込みできないようであれば、メールでもかまいませんので、よろしくお願いします。

September 23, 2007

もうじき丸3年経過

あと1ヶ月ほどで、病気になってから丸3年が経過して4年目に突入します。おととい、後輩と食事しに行ったのですが、そのとき「ななこさんが手術して、もう2年くらい経ったんでしたっけ?」と聞くので「えっ、違うよ、もうじき3年経つよ。」って言ったらものすごく驚いた顔をしていました。そして「あのときは言えなかったけど、一時期はどうなることかと思いました。」と言われました。そりゃそうだよな~。

周りからすると、私が病気をしたことはすっかり「過去の話」になっているもよう。それはそれでいいのだけど、本当は今も治療は続いているわけだし、本人にとっては過去どころか、現在進行形。切ったところは未だに違和感があるし、術側の二の腕は最近しびれがひどい。学校で1日中PCを打ってるということもあるのかもしれない。二の腕は触ってもあまり感覚がないし、腕がむくんできたりすると、改めて(後遺症とはいえ、なんてやっかいな病気だろう。)と思ってしまいます。

最近、本屋さんで岸本葉子さんの『がんから5年』(←サイドバーに載せてあります)を見つけて読み終わったところなのですが(うー、わかる、わかるっ!!!)って思うことが連発で書かれていました。がんになると、がんに関する本ばかり読んでしまいがちになる、なんてところで(やっぱり岸本さんもそうだったのか~。)って。なぜか広告の「がん」の文字が、目に付いて離れなかったり。

そういえばそうだな~と。先日もアフラックが大々的にがんに関する広告を載せていたけど、思わずじっくり読んでしまった。それで病気になりたての頃は、いちいち家族に「こんな記事が載っていた、あんな記事が載っていた」って話していたけど、今は病気の話題は自分からは振らないし、もちろん友達にも振らない。病気の話をしたところで、相手の反応は予想がつくし、なにをどう話したところで、病気のことが未だに毎日頭をしめている、なんて言っても相手も困るだけだろう・・・って考えてしまう。極力忘れようと思っても、やっぱり無理みたいです。

結局、自分の中で落としどころを見つけて、消化させていくしかないのかな~?と思ったり。これから訓練校が終わったら、本格的に就職活動を始めるわけだけど、病気のことは伏せて活動するつもりなので、そのへんもどう折り合いをつけて活動を進めていったらよいのやら・・・と考えています。

さて、つい最近例の方とまた会いました。この間、メールに「以前体を壊したことがある」って書いちゃったから、何か聞かれるかな?って思っていたら、案の定その話題に・・・。でも体を壊したことよりも「休職していたのに、なんでまた元の職場に戻ろうと思ったの?」とそっちのほうを詳しく聞かれました。休職していた期間も聞かれなかったし、まさか病気だとは思っていないだろうから、何の病気だったの?なんてことも、もちろん聞かれませんでした。それで、体を壊した、っていう言い方はまずかったな、とそのとき気付きました。それだと仕事のし過ぎで倒れたような印象があるから、病気と言っておくべきだったかな?と。

でもその話題はすぐに終わってしまったので、それ以上はやっぱり話せなかった。慌てて話すこともないか。まだどうなるか全然わからないし。好意をもたれているのかな?とは思うけど、双方、まだまだ腹の探りあいといったほうが正しいかも(笑)

それにしても、別館サイトにも書いたけど、PCの調子がすこぶる悪く、ハード・ディスクがぶっ飛ぶ寸前なんじゃないかという症状が出ています。今壊れたら、困るな~。でももう丸4年使っているから、寿命の可能性も高いです。テレビはなくても困らないけど、PCが壊れるのが今は一番困ります。さーて、学校の宿題にとりかかるとしますか(^_^;)

September 16, 2007

バタバタな1週間

この1週間もあっという間に終わりました。今月は試験、試験の連続でしたが、それも今日でひと段落したので、やっと解放されます。今日の試験はほぼ半日がかりだったので、終わったらゲッソリ・・・という感じでしたが、とにかく一安心。これでやっと、見たかったDVDをまとめて見られます(笑)そして、たまりにたまった読書にも、ようやく専念できます。

試験終了後、今日は遠方から母の弟夫婦が上京してきたので、久々に親戚一同で集まり、都内で食事してきました。それもまた、なぜか私が幹事。前々から行ってみたかったお店、柿安三尺三寸箸ヌーベル日比谷店へ行きました。大所帯でしたが、ブッフェ・スタイルなので皆にも好評で満足してもらえたようです。

その中に、先日大叔母を亡くしたばかりの叔父もいたのですが「来月の○日なんだけど、空いてるかな?」と聞かれ「空いてるけど・・・」と答えたら「そうか、それはよかった!その日に納骨に行くから、一緒に静岡まで着いてきてくれないかな。バスは手配しておくから。」と言われました。日帰りなのでちょっと大変そうですが、私は家族を代表して、一緒に行くことになりました。

このところずっとバタバタしていたこともあって、例の人(と書くのもなんなので、そのうち何か名前をつけようかと検討中ですが・・・)と、しばらく会っていなかったのですが、近々久々に会うことになりました。私が「9月は試験のオン・パレードで忙しい」と言っていたので、誘うのを控えてくれていたみたいなんですが、試験が終わったので「次は○日にしましょうか?」とお誘いが・・・。

まだまだ微妙な雰囲気だし、付き合う前段階みたいな感じですが、向こうはたぶん私以上にマイ・ペースな人なんだろうな、というのがこのところのやりとりでわかりました。病気の治療中であることも、別にまだ言わなくてもいいかなと思っていたけど、つい最近のメールでちょっとだけ匂わせてしまいました。「この間会ったときに、以前体を壊したことがある、と話してくれたでしょう。あのとき私も言えばよかったんだけど、実は私も3年くらい前に、体を壊して会社をしばらく休職していたことがあるんです。入院も経験しました。だから、自分の人生を見つめなおしたということも、入院中に本を読み漁った、ということも、私も同じことを経験したから、よくわかります。まぁ、この話はまたおいおい、話をさせてください。」という風に。

その後、相手からきたメールには、そのことについては何にも触れられていなかったので、よかったのか悪かったのか・・・と思うとともに、スルーされて実はホッとしている自分がいることに気が付きました。今度会ったとき、聞かれる可能性も大だけど、言えそうな雰囲気だったらちょっとだけ、話してみようかなとも思っています。いきなり全部話したら絶対に引かれそうなので、少しずつ、だよなあ、と思っています。

September 11, 2007

ただただ、ショックです

コメントのやりとりのみで、直接お会いしたことはなかったのですが、同世代でガンの治療中だった、れひさんの旅立ちをたった今、知りました。まさか、という思いと、信じたくない、という思い・・・。

私が病気になって、深いところに沈み、なかなか浮上できないでいたときに、偶然たどりついたのが、れひさんのブログでした。とてもとてもつらい思いをされているのを読み、そしてその状況下でも、その文面から、れひさんの前向きさや聡明さがじんじんと伝わってきて、いつも励まされるのは私のほうでした。

れひさんの妹さんも看護師さんで、私の妹も、同じく看護師で・・・姉はがんになってしまったけど、妹に元気付けられ、勇気付けられ・・・そのあたりの境遇がよく似ていたので、あまりコメントは残さなかったけれど、れひさんのブログを読み、陰ながら応援させていただいていました。

人生これからってときに、このような病気になってしまい、本当につらかったね。ブログの更新頻度が落ちていたので、容態が悪いのかなと案じていましたが、いくらなんでもまだ早すぎるよ・・・。妹さんが状況を報告されているブログを読み、大泣きしてしまいました。

こういうとき、どう言ったらいいのか言葉が見つかりませんが、れひさん、本当におつかれさまでした。心よりご冥福をお祈りいたします。妹さんをはじめ、ご家族の皆様もどうぞご自愛くださいませ。

September 02, 2007

まずは試験が先なり!

試験日が着々と近づいてきました。勉強しなくちゃ!って思うのに、なぜか部屋が散らかっているのが目に付いて、掃除を始めてしまったり・・・(笑)

金曜日は学校で「模擬試験対策」をやって、今の実力がどのくらいなのかがわかったので、私も含めて撃沈した人が何人もいました。申し込んでしまったけど、先生に「自信がないから、受験をやめたい」と泣きついている人もいました。

週明けからはもうずっと模擬試験対策一色なので、この5日間が勝負かな・・・と。でもクラスを見ていて思うのは、やっぱり20代の人は覚えるのが早い。50代過ぎてはじめてPCに触った人なんかは、本当に苦労している。私も、会社でずっとやっていた割には、やっぱり苦労している。仕事自体は大変だったけど、PC操作自体は割と簡単な機能しか使わなかったからな~(^-^; 

きのうはまた例の人と会ってきました。都内で会って、お茶して、お話して。なんだかまだ微妙な雰囲気だし、自分の病気のことは言わないことに決めたあとだったけど、ちょっと驚いたことがありました。

その人が「実は以前、体を壊して入院したことがあるんですよ。」と言ったのです。思わず固まりそうになった私・・・。「前の会社にいたときなんですけどね、無理が祟ったみたいで、2週間入院しました。今は治ったんですけどね。」と。病名も聞いたけれど、もちろんガンみたいな重い病気ではなかったです。ただ「自分はそれまでずっと健康だと思っていたから、体を壊して入院!なんて予想外のことで、そのとき人生何が起こるかわからないな~、と思いました。入院中はいろいろなことを考えたし、それまでの人生を見つめなおしましたよ。それにロシア文豪の本とか読みまくってました。」と。

内心(よくわかるよ~!!!)と思いつつ、そして私も病気のことを言うなら、今が絶好のチャンスではないか!?って思ったけど、やっぱり言えませんでした。でも、変な言い方だけど、その人も入院の経験がある、ということで私もちょっと気が楽になりました。

でもまあ、とりあえず私は9月は試験、試験でしばらく忙しい日々が続くので、恋愛はしばらくおあずけ。その人ともどうなるかわからないし。前彼からも普通に連絡がくる。もうどうなっちゃうのよ~。私のキャパを超えてるよ~(-_-;) まずは試験合格!!!それだけ!!!
明日からWord2003の検定に向けてラストスパートです☆

« August 2007 | Main | October 2007 »