管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 職業訓練校、2週目終了 | Main | 頭がごちゃごちゃ »

August 14, 2007

新たな壁

直近の友人が、2人目の子供を妊娠したそうです。上の子もまだ赤ちゃんなのに、もう2人目って早くない?って思ったものの、実際は2歳違いになるみたい・・・。私と妹も2歳違いだから、そうか、うちの母も子育てのときはこんなチビ助2人を抱えて大変だったんだな~とも思いました。

今まではそういう話を聞くたびに、毎回大きく撃沈していたけど、これはいくら考えたところで致し方ない。ただ習い事で同じ時間帯にレッスンを受けていて、毎回顔を合わせているので、これから徐々に彼女のお腹が大きくなっていくのを見るのは、つらいと感じることがあるかもしれないな、とは思ってます。ただ、もうこの手の話題にいちいち過剰反応するのは、自分でもいい加減やめたいところでもあります。

でもさすがに、この頃はいつまでも人の幸せを見て撃沈しているばかりじゃ、あまりにも自分の人生つまらなすぎる、と思うようになりました。私が望んでいるのは、そんな人生ではない。人をうらやむばかりじゃなくて、自分も幸せになりたい、そしてその幸せとやらは、何としてでも自分のこの手でつかみとりたい!という思いが強くなってきたのです。そして私が望む最大の幸せとは何かというと、やっぱり人生を共に歩いていけるパートナーと結婚して、暮らすことなのです(キャッ・・・なんていう年か^^;!?)

最近、恋愛ネタを全く書いていないことにお気づきの方も多いでしょう。ここのブログを読んでいる妹にも「この頃、全然そういうの書いてないね。やっぱり恋愛ネタがないとつまらないよ。」と言われる始末。ん~、そうなんですが、やっぱりリアルの知り合いでもここを読んでくれている人が多くなってきたので、あまり前のようにズケズケと書くことはあえて控えていました。

書こうか書くまいか、自分の中でも葛藤があるんですが、でもちょっとだけ(書けるところだけ)書いちゃおうかな・・・。いろいろアンテナ張っておいたおかげで、最近知り合った方に、個人的に食事に誘われました。今までだとそういうこと自体が面倒だったのですが、なぜか今回は(行ってみるか)と思ったのでした。お互いの職場が目と鼻の先だったこともあって、やたらと職場の話で盛り上がり、その他の面も共通点が多いことにかなり驚きました。(現在は、私が無職だということも、もちろん相手は知っています。)

(こういう人がだんなさんだったら、どうかしら?)とついつい、そういう妄想が浮かんできてしまうのですが、さすがに相手にそれを悟られてはまずいので、黙っておきましたけど。

ただ、例えば誰かと付き合いを始める場合、どうしても相手に伝えておかなければならないことがある。私の場合は、病気のことと、子供がもてないかもしれないこと。今回食事に誘ってくれた相手の方は、私の病気のことは知らない。言ったら愕然とするだろうね。ドン引きされるかしら。でも見た目元気そうだから(まさか・・・)って絶句されるかしら。それとも「手術したんだったら、ひとまず安心なんでしょう?」と言われるのか。わからない。どういう反応をされるのかが怖い。

この病気を抱えた未婚女性だったら、たぶん誰もがぶつかる壁だと思うのだけど、もしその人と付き合うことになるとしたら、なるべく早いうちに(それも付き合うと決める前に)言わないとならないと思う。一体いつのタイミングで言えばいいんだろう?深刻そうな顔で言ったら、まず間違いなく相手は引く。かといって「(乳がんになっちゃいましたけど)今はもう大丈夫です」とももちろん言えない。

もう1つ問題が。さりげない会話の中で、その方のお姉さん夫婦には子供がいないことが判明した。私は、自分が病気になって治療している身の上だから、子供がもてないかもしれないことは、ある程度は納得している(実際には受け入れられないけど、無理やり納得させてはいる)。

でもお姉さん夫婦に子供がいないのに、今度は弟夫婦にも子供ができないとわかったら、相手のご両親は生涯孫がもてないことになってしまう。それが結婚する前にわかっているとしたら、普通は反対されるんじゃないかな?自分も肩身狭い思いするだろうし・・・などと、悪い想像はとめどなく膨らんでしまう。

ただ、最近のポリシーは「相手の心配は相手がする(だから、私がそこまであれこれ考える必要はない。」なので、もし本当にその人と付き合うことになったら、事実だけ伝えたら、そこから先のことは相手の判断に委ねたい。私はもうそれ以上のことでは悩みたくないし、傷つきたくもない。そこでもし、病気のことと、子供がもてないかもしれないことで、その人との付き合いが続かないのだとしても、それは私のせいではないと思いたい。

その代わり、相手が望んだり、聞いてきたら、自分の病状(現在の状態)や、通院の状況、治療費が延々かかること・・・などなど、いいことも悪いことも包み隠さず話すつもりです。話すときは、絶対に泣くんじゃないぞ、私!!!それに・・・練習だと思えばいい。自分のことをアピールするいい機会なのだと。

でもね、気負うつもりはないんです。やっぱり結婚というのは最終的には「縁」だと思うし、どこかで無理がある場合は、成立しないものだと思うから。「乳がんの私」と卑下するのではなくて、私の中の「乳がん治療中」という部分も含めて、受け入れてくれる人がいいなと思うのです。ここまで待ったんだし、まだまだあきらめませんよ~^^

« 職業訓練校、2週目終了 | Main | 頭がごちゃごちゃ »

「乳がん」カテゴリの記事

「恋愛」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ななこさん、おじゃまします。
先日この手の話題のお話したばかりですよネ…
そうですよ!シアワセをご自分の手で掴み取ってください!!!

これから知り合っていく相手とは越えなければならない壁が沢山あるでしょう。(ワタシの方が絶望する項目多いんだから大丈夫ですよ!!)
もう恋の駆け引きしてる場合ではないですよね~だから最初から正直な自分をぶつけるしかない、ある意味戦法に選択肢なし!でラッキーかもしれません。
それだけに、自分が好きになってしまった相手があるがままの自分を拒否したら…というのは怖いです。(あ、現実的にそういう相手が居るわけではないです)自分は傷ついてもしょうがないけど、相手も多少は傷つけるわけで。。。辛いですよね。
ワタシは可哀想って思われたくないんです。そのためにも自分を先ず充実させたいな。辛い病気を乗り越えて頑張ってるワタシに興味をもってくれる人が必ず居るはずー!って調子良すぎますかね。。^^

この話題も元気な友達とはしにくいですよね。
分かります!またなんかあったら吐き出して下さいね。

追伸:宜しかったらココをリンクさせていただいてもいいでしょうか?

こんにちは、ななこさん初めまして(^^)
同じような年代、独身で私は卵巣ガンで去年手術と抗ガン剤治療を受けて、今は普通の生活に戻りつつあります。

こういう悩み、すごくよくわかります!
私の心の中??ってくらい共感しちゃいました。
出会いがあったとしても、いつのタイミングで言ったらいいんだろう…と漠然と悩んでましたが、室井佑月さんの恋愛相談室のこのコメントを読んでなんだか励まされました。
色々な考え方があるかと思いますが、参考までによかったら一読をおオススメします☆ →

http://channel.goo.ne.jp/wedding/love/kaitai/renaisoudan/20070603.html

プアさんへ

コメントありがとうございます^^

発病後、友人たちのこの手の話題に
もう数え切れないくらい撃沈したり、泣いたりしてきました。
それで今までは(もうその手の話題自体をやめてくれ)と思ってましたが、いい加減、撃沈しまくりな自分がバカバカしく思えるようになってきたので
手ぐすね引いてまってるだけじゃなくて、自分からも何か行動を起こさないとだめだな、と思うようになったんです。

いくら愚痴を言いまくったところで、何も解決しないですし、ましてや自動的に未来の相手が決まるとも思えないですしね。

ちなみに、今まで付き合っていた彼氏とうまくいかなかくなったのは、病気のことが原因ではありません。
そのことで嫌な思いをしたことはありません。
ただ結婚願望がほとんどない人だったので
このまま付き合っていても、進展はないと思ったのです。

私も、可哀相と思われたくないです。
それにそんな憐れみの目で見られたら、即、縁切ります(-_-;)
そんな風に思われてまで、付き合いたくないよ!って…。
あ、これは男女問わずの話ですけどね☆

あと、病気を経験してからの私は、以前にも増して「直球勝負」になりましたね。
もともと駆け引きとか苦手でしたし、私のことをわかってもらうには、直球のほうが楽なんです(笑)

それと、この手の話題は元気な友だちには本当に言いづらいです。
言ったところで相手も返答に困るだけだし
いくら言ったところで本当のことはわからないだろうし。

それは仕方ないと思うけど、以前、ある友だちに今回の記事の内容に近いことを打ち明けたら
「でも、もし私が妊娠したら、ななこがいやだと言っても打ち明けるよ。
だってずっと黙ってて、しばらくぶりに会ったときに私が子供を連れて現れたらいやでしょ?」って言われました。

言いたいことはよくわかるけど、人が子供ネタがつらいと打ち明けているその傍から「それでも、私は言うね!」と言われて呆然としてしまいました。

そしてそのとき悟りました。
病気のつらさは、やっぱり当人にしかわからない。
だから、いくら友だちでも、健康でこれから普通に子供も産める可能性がある人に、その手の話題を言ったところで結局は自分が傷つくだけなんだ、と。

長くなってしまい、すみません。
リンクの件、もちろんOKです!!!
私もリンクさせてください。

よろしくお願いします^^

くまこさんへ

はじめまして!コメント嬉しかったです^^
手術と抗がん剤治療、本当におつかれさまでした。

最近つくづく思うのですが
もっと違うことで悩みたい!!!と思います。

なんかせっかくこれから楽しいことが始まるかもしれないのに、なぜに「病気のことを何て相手に打ち明けよう」などと悩まなければならないのか。

普通だったら「あの人は私のことをどう思っているのかしら。」とか、そっちだと思うのですが(笑)

室井佑月さんのコメント、拝見しました。
私が考えていたことに近いことが書かれていて
とても参考になりました。

その最近知り合った方に、いつのタイミングで言おうかというのは、実は妹と作戦会議しています^^;

あまり早く言ったら絶対引かれるよ~!
でも何度か会ってから言うのはもっとまずいかも!と。

それで結局どっちにしたらいいのよ~!?と
私としては悩んでいるところなんです。

今週も会う予定なんですが、顔見たら言えない気がする・・・困ったなー、という感じです。


またいつでも遊びにいらしてくださいね。
コメント本当にありがとうございました!!!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 職業訓練校、2週目終了 | Main | 頭がごちゃごちゃ »