管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 「余命1ヶ月の花嫁」を見て | Main | ランチの悩み »

July 23, 2007

発表会の光と影

今日は習い事の発表会でした。会場準備などで先生のお手伝いをするため、朝から家を出て、帰宅したのはつい先ほど・・・。
発表会→2次会→3次会と参加してきたので、さすがに疲れました☆(と言いつつ、ブログ書いていますが・・・(^^;)

しかもカメラマンも担当していたので、2重にお疲れモードかも!?私は人前で何かをするというのが本当に苦手な人で、それは昔から変わらないのですが、今日はさほど緊張することもなく無事に演奏できました。

発表会自体は楽しかったのですが、妙齢(?)の女性ばかり10名近くもそろってしまうと、3次会でなぜか「更年期障害」と「出産経験談」の話題が出て異常に盛り上がってしまい、私としては立つ瀬がなかったというか、なぜ今ここでその話題が出るのか理解に苦しんでしまいました。

(本物の)更年期障害を経験した人が「ホットフラッシュがひどくてね・・・」とか「寝つきが異常に悪かったり、明け方に目が覚めたりするの。」とか言ってるのを聞くと(フッ、私はもうこの年でその更年期を経験済みだよ!理由を説明するのも面倒だから、いちいち言わないけどね)と毒づいたり。

そしてその中に、今年30歳になったばかりの人がいて「私、まだ独身ですけど~。ついにこの間30になったから、やっぱり子供は早めに産んでおかないと、そろそろヤバイと思うんです。」って言い出したものだから、そこから先は「30過ぎたら、子供産むのは少しでも早いほうがいい。」とか「私は帝王切開で痛くて大変だったけど、みなさんは?」「私も帝王切開だったけど、麻酔でうまくコントロールしてもらったから、全然痛くなかったんです♪」みたいな会話になって、ああ~頼むからその手の話題だけはやめてもらえませんか?とノドまで出かかってしまいました。

今日のメンバーの中に、高校時代の同級生が1人いたのですが、彼女は33歳のときに出産。その30歳の人から「○○さんが子供を産んだのって、何歳のときでしたっけ?」って聞かれて「33歳。だからまだ間に合うよ。」って話しているのを、聞こえないふりしているしかありませんでした。

なんていうか、私にもそうやって、普通に結婚して、普通に子供を産むんだ~!なんて純粋に信じきっていたときがあったな~(^_^;)と思うと同時に、こういう会話を聞くときに感じる違和感、疎外感、周囲との温度差、というのは、言葉ではうまく説明しきれません。

今日の発表会には、親子連れがたくさん来ていたし「お母さんと娘」で演奏している組もあったし、今まではあまり気にならなかったけど、なんだか今日は(私ったら、ここにいるのが場違い?)と一瞬思ってしまいました。今日来ていたお母さんたち、どう見ても私と年が一緒くらいでしょ~(^_^;)と思いました。だんなさんや祖父母と娘&息子の応援にかけつけていました。

いつまでも、両親の「子供」として生きている私と、子供たちの「お母さん」として生きている彼女たち。岸本葉子さんのエッセイで、以前そんな情景が書かれていた覚えがありますが、まさか今日それを自分が痛感することになろうとは!そんなのを比べても仕方ないし、私には私の人生がある。そんなこと、よ~くわかっているのに、今日はそんなところばかりに目が付きました。

« 「余命1ヶ月の花嫁」を見て | Main | ランチの悩み »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 「余命1ヶ月の花嫁」を見て | Main | ランチの悩み »