管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 楽しみな週末 | Main | 予約外診察 »

February 09, 2007

週末のこと

2月も2週目に入ってしまいました。先週の週末は2日間ともとても充実した時間を過ごすことができました。私が入っているのは音楽のサークルなのですが、みんなこの日のために練習をして成果を発表するので、演奏を聴くのが本当に楽しみです。私は友人とペアを組んで演奏したのですが、ほぼぶっつけ本番だった割には、お互いの息もピッタリ合って良い演奏ができました。演奏会のあとは、みんなで月島のもんじゃになだれ込み、久々にお酒を何杯も飲んでしまい、帰宅後はバタンキュー。

翌日は午後から主治医主催の患者会の集まりがあったのに、前夜のお酒が残っていたせいか、昼過ぎまで爆睡してしまい、初参加だというのに危うく遅刻するところでした☆
さてその患者会ですが・・・。私は大勢で集まるのがけっこう苦手なのに加えて、患者会というと、どうもお互いの傷を舐め合うような関係に陥るのが怖くて、今まで参加を躊躇していたのですが、今回参加してみて気持ちが変わりました。

15人くらいいる中では、たぶん私が最年少?でしたが、それもそのはず、年齢層としては30代後半から40代半ばまでの方がほとんどで、独身だったのもたぶん「私だけ」でした。
他の方は大きなお子さんがいたり、お子さんはいなくてもだんなさんのお話をされている方とか、本当にいろいろな方がいましたが、どの人もみなさんとってもパワフルでした。

私はこのところ、精神的にはずいぶん安定していて、病気のこととか不安感で泣くことはほとんどなかったのですが、他の方が自己紹介をされるときに、今までの病歴とか、治療にあたりつらかったこと、とか、聞いているうちに自分のこれまでの2年間をいろいろと思い出し、涙がこぼれっぱなしでした。自分の自己紹介の番がまわってきたときも、泣きっぱなしで、うまく話せなかったような気もしますが、他のメンバーのみなさんは「私たちも最初は泣いてばっかりだったのよ。」と言ってくださり、安心しました。

自分では精神的に安定しているな、と思っていたのに、まだまだ病気のことではナイーブで傷つきやすい一面を持っているんだな、と再認識した瞬間でもありました。
いつも思うことは、同病の方とお会いすると、初めて会ったのに大昔からの知り合いのような気がすることです。お互いに大変な思いをしてきたことを知っているだけに、細かいことまで言わなくても、わかり合える部分が大きいからかもしれません。

メンバーの境遇は本当に様々で、つい最近手術をしたばかりの人、これから化学療法の治療に入る人、数年前に温存手術をしたら対側も乳がんになり、また手術をした人、再発の治療をしている方も何人かいましたが、そのうちの1人の方が「上昇しっぱなしだった腫瘍マーカーが、新薬を使ったところようやくマーカーの上昇が止まり、下がりだした」という話を聞いて、「乳がん治療のこれから」にとても希望がもてました。

また、仕事をしている方も多くて、ある方が乳がん術後もフライトアテンダントとして今も現役で飛ばれていて、びっくりするとともに勇気づけられました。私は自分のシフトがきつくて体力的に無理だと思って今の仕事を辞めるのに、その方を見ていたらなんだか自分が恥ずかしくなってきました。

今回、他の方がカメラを持参されていなかったのですが、なぜか私がデジカメを持参していたもので「初参加なのに、いろいろ仕事(=写真を撮ること)をやらせちゃってごめんね~。」と言われつつも、楽しむことができました。しかもなんと次回は私も幹事をやることになり、早くもドキドキしています。

患者会への参加は「強制」ではないので、参加したいときに参加すればいいし、やはりきつい治療をしている時は、例え同病同士でも顔を合わせたくない人もいるわけで、その点は主治医も他のメンバーもよく配慮しているようでした。何よりも、自分の気持ちを吐き出せる場所をもてるというのは、本当にありがたいことだと思いました。他の人たちも「うんうん、わかるわかる」って聞いてくださるし。『聞き合いの会』といった感じでしたが、それがとても癒されて(あ~、参加してよかったな~。)と思いました。それにそのとき久々にたっぷり泣いたので、帰宅後は妙にスッキリ&晴れ晴れした気持ちになりました。たまには泣くのも重要ですね(笑)

« 楽しみな週末 | Main | 予約外診察 »

「乳がん」カテゴリの記事

「仕事」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 楽しみな週末 | Main | 予約外診察 »