管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 他人の領域、踏み込み禁止 | Main | 最近思うこと »

December 04, 2006

通院とハローワーク

今日は乳腺外科の通院日でした。朝9時にマンモグラフィーの予約が入っていたので、今朝も早起きして病院へ・・・。1年ぶりのマンモはやっぱり痛かったです。技師さんに胸をつかまれて、その後機械でグワーンと挟まれたときには「痛たたたた・・・(泣)」と涙が出そうになりました。

問題はそのあとです。診察の予約は10時に入っていました。ところが、待ち人数のところを見ると「本日DR..○○(←主治医)は10:30から14:00まで不在のため代診です」と書いてありました。(聞いてないよー。)と思ったけど、代診なら代診で仕方ないな・・・と思い、待っていました。

1時間待ちましたが、周りの人が代診の先生にすら呼び出されていないことに気付き、受付の事務の人に確認しに行くと、私は普通に「主治医が戻ってきてから、14:00以降の診察」になっていたので「えっ、ちょっと待ってください。○○先生が不在なのはわかりましたけど、今日は朝10時に予約を入れてあったのに、説明もなくいきなり14時過ぎまで待つってことですか?」と言うと事務員は「はい、そういうことになります・・・」と。(それならそうと最初から言ってくれよ!)と思いつつも「4時間も待つなんて今初めて知りました。別にその時間に戻ってくるのは構わないけど、代診の先生が診てくださる、って書いてあったからてっきりそうなのかと思ってたけど、違うんですか?」と切り返すと「代診は、ななこさんが望む場合です。○○先生に診てもらいたいのでしたら、診察の再開は14時以降になるので、それまでお待ちいただいています」と言うので「4時間は長すぎるので、それでは少し外出してきます。14時に戻ってきたとして、そこですぐにまた診ていただけるわけではないですよね?14時に戻ってきて、そこからまた2時間とか3時間待つのでは困るんですけど、何時くらいになりそうですか?」と聞いたものの「わからない」との返事。

・・・事務の人、もう~頼むよっ!私たちを何時間待たせようと、何とも思わないの?1時間とか2時間ならわかるけど、半日以上待つ場合でも、こっちから聞くまで状況を全然教えてくれないじゃないの!!!他の人はよくみんな黙って何時間でも待ってるなぁ。私が怒りっぽいだけなのかしら?(-_-;)

埒があかないので「じゃあ、ちょっと外出してきますので、また14時に戻ってきます。」とだけ言って、さっさと病院を出ました。病院の最寄り駅は御茶ノ水なのですが、750メートル歩くと水道橋(という標識が出ていたので)、そのまま水道橋へ向かいました。そこで簡単な用事があったので、それを済ませて今度は電車に乗って飯田橋へ。

目的はハローワークです。東京だと飯田橋のハローワークが本家本元なので、前々から一度行ってみようと思っていたのですが、在職中だから危機感もなく、なかなか足も向かずにいました。でも今日はちょうど時間も余っていることだし・・・と思い行ってみると・・・。

いろいろ収穫がありました。まず私みたいに千葉県在住でも、登録ができるのかが心配でしたが、東京都内で働いているからか「大丈夫です、登録できますよ。」と言われました。必要事項を記入して順番を待つと、係員と面談ができます。「まだ在職中なんですけど、今日はお話が聞きたくて・・・いいでしょうか?」と聞くと「どうぞ、どうぞ。」とのこと。

「もう会社に退職の以降は伝えてあるんですか?」とか、話はまずそこから入りました。そして「次はシフト制のような職場ではなく、勤務時間も休みの日も一定のお仕事がご希望なんですね?」と1つ1つ、希望を確認されました。ハローワークのホームページでも求人検索はできますが、窓口で登録してIDを取らないと、求人先の会社名などの情報開示がされないので、やはり一度は窓口まで足を運んでみることも大事なんですね。

ものすごい数の求人検索用PCがたくさん並べられていて、幅広い年齢層の人がネットで検索していました。求人情報誌や求人サイトでは載っていないような求人もいろいろあって(へえ~。)と思いながら、私も検索してみました。

退職後の道の1つとして今候補に挙げているのが、公共職業訓練校です。3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月・・・というように、様々な分野のことが学べるそうなのですが、もし4月からのに入学したいとなると、その分の募集は2007年の年明け早々に始まるそうなので、それまでにいくつか自分の行きたい学校の目星をつけておかなければならないようです。パンフレットももらってきたので、これからじっくり検討するつもりです。

ハローワークというと、もっと悲壮な雰囲気が漂っているのかと思っていましたが、実際に行ってみるとそんなことは全然なく、むしろ自分の希望に近い仕事を見つけるのには、どんどん活用したらいいのでは?というのが率直な感想です。

そんなことをしているうちに、あっという間に時間が過ぎ、今度は飯田橋から御茶ノ水まで、2駅分頑張って歩きました。ハローワークは飯田橋と水道橋の中間点にあるので、飯田橋まで戻るくらいなら、歩いたほうが早いかと思ったのです。街路樹は紅葉がきれいで、このくらいの距離ならば、歩いてもそんなに大変と感じませんでした。

病院へ着き、受付で声をかけたら、今度はすぐに呼ばれました。マンモの結果OK、前回の血液検査の腫瘍マーカーも問題なし。ただ、本来であれば今回で最後になるはずだったリュープリンの注射を、あと1年間打つことに決めました。標準治療は2年なので、普通はこれでやめるところなんでしょうけど、リュープリンを中止すると半年以内で生理が戻ってくる可能性が高い、という話を聞き、ホルモン感受性がある以上、それは体にとってはよくないんじゃないかと不安になってしまいました。

すると「実は今、リュープリンを2年から3年にという動きが出始めていて、治験の段階なんだけど、もしあと1年やりたければやってみる?」と主治医から提案されたのです。ただし「今のところ、データが少なすぎて、2年打った人と、3年打った人とではどういう差が出てくるのか明らかではないけれど」ということわりつきでしたけど☆

この2年間は、毎月1回のリュープリンでしたが「もうそろそろ毎月病院にくるの、
面倒になってきたんじゃない?」「はい、面倒になってきました^^;」
「元気になってくるとそうなるものなのよ。3ヶ月製剤を使う方法もあるけど・・・。
そっちにしてみる?」と言われ、これからの1年間は3ヶ月製剤のリュープリンを打つことになりました。リュープリンを3年間打つ・・・というのはここ最近ずっと自分でも考えていたことなので、希望どおりの治療ができてありがたいです。

※病院が1日がかりになってしまい、さすがにグッタリでした。
でも今まで毎月通院して診察を受けていたのが
これからは半年に1回でよくなりました。
ただしリュープリンを3ヶ月おきに打つので、通院自体は3ヶ月ごとです。

« 他人の領域、踏み込み禁止 | Main | 最近思うこと »

「乳がん」カテゴリの記事

「仕事」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 他人の領域、踏み込み禁止 | Main | 最近思うこと »