管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« ホルモン療法、あなどれない! | Main | ららぽーとをハシゴしました! »

November 03, 2006

若年性乳がん患者の会

先日書きそびれましたが、主治医は数年前に『若年性乳がん患者の会』を立ち上げました。メンバーは、すべて主治医が受け持っている患者さんばかりです。その会のことは、化学療法を始めるのと同じ時期くらいに紹介していただいたのですが、一度も参加したことがありませんでした。そして先日の市民公開講座の際に、体験発表をされた方はみなさんそのメンバーだったようです。

医学的には「若年性乳がん」というのは35歳以下で発症した患者さんのことをいうそうですが、主治医いわく「私が立ち上げた会は『私より若い患者さん』なら入れるの♪」ということで、実際の年齢層はもう少し上でした。現時点では、私は名前だけ入っているような状態ですが、最近はその会のメンバーの方からよくメールが届くようになりました。といっても個人的にやりとりしているわけではなくて、MLのように全会員宛の内容のメールですが。

その中に、来月クリスマスパーティーがある、というお誘いメールがあったのですが、会費を見てびっくり!場所は都内なのですが、お一人様あたり1万円也(^-^; 会場が女性好みのとってもゴージャスなレストランなので、食事と飲み物を合わせるとそのくらいいってしまうのかもしれませんが・・・。休職を経験して以降「(財布のひもを)締めるところはバッチリ締めるようになった」私としては、十分に迷う金額です。正直、1日あくせく働いた分がそのままぶっ飛ぶようなものですからねぇ(笑) 

それにこの頃は大勢で集まってワイワイする・・・というのがどうも苦手になりつつあるので(う~んどうしようかな?)と思う反面、働きながら治療している人も多いそうなので、そういう人たちといろいろ話がしてみたいな・・・という気持ちと半々です。締め切り日までまだ少し時間があるので、よく考えてみます。

« ホルモン療法、あなどれない! | Main | ららぽーとをハシゴしました! »

「乳がん」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

そのような会があるのですか!
「若年がんの会」があったらいいのに・・・って常々思っています。
同じような立場の方のお話をたくさん聞きたいし。
他の同年代の同じような立場のがん患者さんの生活や仕事、心のことが最近特に気になるのでした。
もし出席されたらレポート楽しみにしていますね!

れひさんへ

こんにちは~。

ネット上では若い方の活躍(?)が目立ちますが、やはり病院ではなかなか見かけないんですよね。
今日も4時間も病院にいたのに、年齢が50歳以上の方ばかりで、なかなか同年代の方は見かけません。

でも50歳以上の方は50歳以上の方で
待合室で自分の治療のこととか、お互いに情報交換をしているようでした。聞きたくない話まで聞こえてきたりもしましたが(>_<)

私も、れひさんと同じく、同年代の方の生活、仕事、心の問題がとても気になっています。
主治医が立ち上げた若年性乳がんの会に入っている人たちは、そのほとんどが仕事を持っている人たちだそうです。だからこそ、主治医に(かなり早い段階で)「あなたも参加してみる?」と何度か言われていたのですが、その都度、私の化学療法の日程と会の集まりが重なってしまったりで、ずっと予定が合わなかったのです。

今日、診察室でその会の話題を出したら「あら!じゃあ、ななこさんもそろそろ○○会(患者会の名前)にデビューかしら!?(^^)」と言われました。
ただ、次回の集まりである「クリスマスパーティー」は夜なので帰りが遅くなりそうなのですが、その翌日朝一で検査(マンモ)の予定が入ってしまったので、ますますパーティーへの参加をどうしようか悩んでいます(笑)

初めまして、ななこさん。
私は40代乳がん患者で若年性ではないのですが、
たまたま「Mayu―ココロの星」という
もうすぐ封切る映画についてブログに書いていたら
何人か知った方はいるのに
あまり若年性乳がん自体については無知。【T__T】と
思い当たり、ネットで調べていると
ここに行き当たりました。
私たちの世代とはまた違う悩みがあるんだなぁ
とつくづく感じ入ります。
でもこんな患者会があるなんて、
素晴らしいと思います。
私は若年性に限らない患者会に入ったのですが
最初思っていたより元気がもらえましたよ。
出たい時だけ出ればいいんだし、
気が乗らなくても、行ってみると新鮮なものが
あるかもしれませんよ。
突然お邪魔して、長々とコメントして
すみませんでした。
良かったらうちのブログにも遊びに来て下さい♪

budda88(な~♪)さんへ

はじめまして、書き込みありがとうございます!

Mayuさんとは直接お会いしたことはないんですが
一時期ネットで交流させていただいておりました。
近々映画が封切られるのですね^^

こういう大きな病気をしてしまうと
どの年代であろうと、いろいろ悩みはあるかと思うんですが
それが若い年齢の発病であればあるほど「人生これからってときに・・・」と、治療面においても人間関係においても、様々な制約や悩みがのしかかってくるなというのを、実感しています。

私が入った患者会も、表向きは「若年性」とうたわれていますが、今のところ20代の患者さんはいないようです。

今回は幹事なので、事前の準備などがあってちょっと大変なのですが、パワフルな方が多いので、会って話すだけでも気持ちが楽になります。

健康/病気の人・・・と分けるつもりもありませんが
やはり健康な人ではどうしてもわかってもらえない、固有の悩みとかもありますしね。

あと同じ主治医の患者さん、というところも妙な安心感があって、みんなでいろいろ情報交換しています(笑)

budda88(な~♪)さんのブログにもお邪魔しますね♪

最近になって初めて日本の癌学界でも癌組織体の根源細胞である癌の幹細胞の存在が注目され始めました。癌の幹細胞に関する研究が進展すれば、将来の癌研究や癌治療に重大な転機を齎すものと期待されます。小生は1992年以来、癌の幹細胞に対処する治療概念、すなわち、今までにない全く新しい治療概念を記載した論文17篇を国際的な医学雑誌に掲載しています。それらの論文資料にご関心のある方には、個人的無料で郵送致しますので、郵送出来る宛先をお知らせ下さい。
780-0870 高知市 本町 5-4-23 平田病院 平田陽三
E-mail: hphirata@mb.inforyoma.or.jp

★平田陽三様

書き込みありがとうございます。
ここの読者の方にも論文に関心のある方は多いと思いますので、情報をどうもありがとうございました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ホルモン療法、あなどれない! | Main | ららぽーとをハシゴしました! »