管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 市民公開講座へ行ってきました(1) | Main | ホルモン療法、あなどれない! »

October 30, 2006

市民公開講座へ行ってきました(2)

専門医の先生方の話もよかったのですが、それ以上に深く感動したのが、同じ病気を経験した4人の方の話。

1人は前述の50個以上のリンパ節転移があったという方。「はじめ病気のことは全然知らなくて、主治医から病理の結果を聞かされて『あなたのリンパ節転移は50何個です』と言われて、そのときは(そうなんだー)と思ったけど、退院後に乳がん関連の本を買って、勉強を始めてびっくり。他の人はリンパ節転移がなし、1~3個、4~☆個、10個以上、という風に区切って、予後因子を推し計っているのに、自分の50何個というのは一体どういうこと~!?って思いました。」と話された瞬間、会場はドッと笑いが・・・。本来ならば笑うような箇所ではないのですが、今日の公開講座では、随所に笑いあり、涙あり、で、(やっぱりこういう風に、病気のことを真正面から受け止めようという気持ちを芽生えさせるための場も大切だな)と思いました。

また、再発を克服された方が体験談を話されたときは、会場中が水を打ったように静まりかえりました。9年前(1997年)に乳がんの手術、その1年後に突然右(?)半身に麻痺が起きて歩けなくなって病院に担ぎ込まれて、検査の結果脳転移が見つかったそうなのですが、その後脳に放射線をかけ、治療が功をなして現在に至るそうです。また、主治医いわく「担ぎ込まれてきたときのカルテを見たら、以前と名字が変わっていたので(あれ?)と思ったら、彼女は治療中にご結婚されたんですよ。」と話されたのを聞いて、とても勇気付けられました。

術後1年で転移が見つかって、当時大変落ち込んだけれども、まず本人が「まだまだやりたいことはたくさんある。今ここで死ぬわけにはいかない。何としてもガン細胞をたたき潰す。」という強い気持ちを常にもちながら、治療に臨まれたそうです。そしてご主人も、彼女に「きっと大丈夫」といつも励まし続けてくれたそうで、そのことも彼女にとって大きな支えとなったそうです。

そして今日の公開講座の最後に主治医が言った言葉。「病院では普段『死』という言葉はタブーになっているから、診察の際にもその言葉は使わないようにしている。でも命に関わる病気である以上、どうしても治らないこともある。でも(治らないとわかっても)その後をどうやって生きるかが大切なのです。落ち込みっぱなしてその状況から抜け出せない方もいらっしゃるけれど、再発しても別の楽しみや生き方を見つけて生きている方もたくさんいらっしゃるんです。乳がんになったから『終わり』なのではなく、乳がんになったことで『あなた』が日々をどうやって生きるか、ということをよ~く考えるので、輝き始めるんです。」他にもいろいろいいことをおっしゃっていたのですが、いざ文章にするとうまくまとまらないわ・・・(>_<)

P.S. 帰宅したら、友人から「子供(今年の3月に生まれた)のブログを作ったからよかったら見てね」とメールがきていました。母親の心理というのはやっぱり周囲に見てもらいものなんですねぇ。この友人は私の事情はかなり詳しく知っています。少し前までこの手の話題には全く余裕がなかったけど、今の自分の状況と友人の状況はもう全く別次元のことなんだと思うようになったら、少しは気が楽というものです。この友人の子供とは四ヶ月くらい前に一度会っているのですが、そのときは全く歩けなかったのに、もう今は「つかまり立ち」ができるほどまで成長していてびっくり。子供の成長って早いのですね。

« 市民公開講座へ行ってきました(1) | Main | ホルモン療法、あなどれない! »

「乳がん」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 市民公開講座へ行ってきました(1) | Main | ホルモン療法、あなどれない! »