管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« ムム、撃沈中です・・・ | Main | 同じ病気のお客様・・・ »

October 01, 2006

気持ちは変わらない

この1週間、今までにないくらい情緒不安定かつ落ち込んでいました。ただそういう状況に陥ったことで、かえって今後自分は一体どのように生きていったらいいのか、気持ちがはっきりと固まりました。長年勤めた今の職場を年内いっぱいで退職するつもりです。今までにも(もう辞めてやるー!)って思ったこと数知れず・・・。でもその都度その都度、気持ちを持ち直したり(辞めるったって、辞めたあとどうするのー?)という、もう1人の自分の声が聞こえてきたりで、どうしても辞める決心がつかずにいました。2年前に乳がんになったときでさえも。

発病後、退職はせずに休職の道を選んだことは自分でも意外ではありましたが、不思議なもので、あれほどストレスがたまって大変な仕事であったのにも関わらず、第一線から離れると(また戻りたい)という気持ちも嘘ではありませんでした。

今年の年明けからまたシフト制のフルタイム勤務に戻り、それでも他の人よりはシフト面で(あまり体の負担にならないように)融通を利かせてもらったりもしていましたが、今月から休職前と全く同様の過酷なシフトに入らざるを得ない状況に戻ってしまいました。

でも体の負担以上に、私を苦しめたのは、ホルモン療法による副作用でした。仕事中の突然のホットフラッシュももちろん大変でしたが、それ以上に、精神的な不安定さがひどくなる一方なのです。さらには術側の腕に明らかなむくみも出てきて、それもかなりの不安材料の1つです。(→手の甲なんてパンパンで、素人目でもむくんでいるとわかります。仕事中に感じるストレスも、以前ならば(何を~、これしき!)と我慢できたのに、今はそれができなくなってしまった。

職場の人間関係が良好なだけに、仕事を手放すことについては最後まで悩みましたが、でも今毎日出社してみて、違和感は増すばかり。(ああ、もうさすがに限界だなあ・・・)と思い、今までならば数日後には「持ち直していた気持ち」も、今回は(もう決めたこと。会社を辞めて、次の道を見つけよう。)という思いのままで、気持ちは変わりません。

退職後は、今よりももう少し通勤時間が短くて、仕事のペースももう少し落とせる環境で働きたいと思っています。年齢的にも、難しいかもしれないけれど、キャリアも収入も、今の私にはどうしても欲しいものではない。一番ほしいのは、今よりもゆったりした時間。そのことが自分の中ではっきりとわかってからは、今までどうしても決断できなかった「退職」も怖いものではなくなりました。近日中に、上司に退職の意向を伝える予定です。

« ムム、撃沈中です・・・ | Main | 同じ病気のお客様・・・ »

「乳がん」カテゴリの記事

「仕事」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ななこさん、こんにちは。

お仕事のこと、心が決まるまではいろいろ考えられたことでしょう。
とりあえず安定した収入源があってそれを手放すのって、とても決断力がいることですもの。

でも、今回の決断は、身体からの声を受け止められた上でのことではないかと思います。
病気になってしまったとき、身体は自分が想像している以上に悲鳴を上げているんだそうです。だから病気になるのですが。だから手術や治療をしたからってすぐに元に戻るはずはないんだそうです。
自分の身体と折り合いをつけて仕事はほどほどのパートナーに、と本で読んだことがあります。たしかにそうだなあ、と実感しました。
周りはもう治ったと思っていても、ホルモン療法での身体の負担は大きいですもの。ライフスタイルを思い切って見直すことで、体も心も楽になっていくのだと思います。

そういえば、私は勤めていた時に結局「病気前」より「病気後」のほうが勤続期間が長かったのですが、ずっと「違和感」を覚えながら仕事をしていました。安定した収入と正社員という地位を手放せずにずるずると続けていましたが、今のほうが心や身体に違和感を感じずに過ごしています。

ななこさんのこれまでの勤務実績は1つのキャリアとして誇れるものですよね!退職する時に自信をもって持ち帰ってくださいね。次のステップにつなげるために・・・

ふるぼうさんへ

おはようございます。
コメントありがとうございます。

仕事をどうするかは、以前からずっと悩んでいたことなので、決断するまでは本当に悩みっぱなしでした。

でも復職してからは、やはり以前と同じような気持ちでは働けなくなってしまい、会社にいてもなんだかいつも違和感を感じていました。

10月に入り、シフトが休職前と同様に戻ってしまい、ここ数日間、遅番→早番→早番→と続いていて、睡眠時間も平均4~5時間しかとれなくなってしまいました。

朝目覚めても、体が重いのです。
体だけならまだしも、頭もすっきりしないし
さすがに今回ばかりは(もう無理だわ~。)と
結論が出ました。

退職について、一昨日(木曜日)に上司に言うつもりでしたが、上司は突発的な会議に参加したり、私は私で終日接客が忙しくて、ずっとタイミングを見計らっていたのに、言えずじまいでした。

それでも、バタバタしているときに言って、変な雰囲気になるのも嫌なので、やはりベストな状態で伝えたいと思っています。
翌週繰越になってしまいましたが「ここぞ!」というときに、上司に伝えるつもりでいます。

来週こそ伝えられるといいのですけど…というか伝えます!(^^)v

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ムム、撃沈中です・・・ | Main | 同じ病気のお客様・・・ »