管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 重力の法則には勝てない!? | Main | 9・11の記憶 »

September 08, 2006

通院日、体のケアと心のケア

今日は乳腺外科の通院日でした。待ちそうだな~と予感はしていたのですが、2時間半くらい待ちました(^-^; 今回は先月「骨シンチ」の検査をしたので、その結果を聞きに行ったのですが、診察室へ入るなり「(骨シンチ検査は)大丈夫でしたよ」と言われて一安心。

ボードに私の全身骸骨写真が何枚か貼ってありました。この検査は去年もやりましたがそのときは画像は見なかったので、見たのは今年が初めてです。その画像を見つつ、かねてから気になっていたことを聞きました。「先生、私は親から『あなたは骨太だから・・・』ってよく言われてきたんですけど、実際に他の方と比べてどうですか?やはり骨太ですか?」と聞くと「えええ~、それは関係ないわよ。あなたの骨が特別他の人よりも太いとは思わない。」と言われました。

ここ最近、また術側の腕が痛みだし、少しむくみ始めていたので、そのことも主治医に伝えると「両腕を並べて見せてみて」と。言われたとおりに両腕を見せると「確かに左腕のほうが、やや太くなっているわね」と。またリンパ浮腫勃発ですか~(^^;; しばらく落ち着いていたんだけどなぁ・・・。手の甲も、右側よりもややプックリしていて、素人目にも「むくんでる」とわかります。これ以上ひどくならず、落ち着いてくれるといいのですが・・・。

前回の診察のときに「今年はどこか旅行へ行かれるの?」と聞かれて、タイへ行くと答えた記憶があるのですが、今回「タイ旅行はこれからだったっけ?」と聞かれて驚きました。患者さんがたくさんいるから、細かいところまでは覚えていられないんじゃないかと勝手に思っていましたが、違ったようです。主治医にもお土産を用意していけばよかった。S先生ごめんなさ~い!ちょっと失敗しました☆

ここで診察終了となるはずでしたが、私が「今日も患者さんが多くて先生も大変ですね~」としみじみした口調で言ったところ、どうもそれが「こんなに待ったのに診察時間が短すぎる」と聞こえてしまったのか「本当は1人1人もっと時間をかけて診察したいんだけどね~(泣)何か、言っておきたいこととか聞いておきたいことはある?」と言われました。

そこで、復職後9ヶ月が経ち、周囲はもう病気のことは忘れ始めていること、元気になったと思ってもらえるのは嬉しいことだけど、実際は仕事が終わるとドッと疲れが出てしまうこと。ホルモン療法の副作用がけっこう強く、オフィスに着いても勤務開始後30~40分くらいは毎日ホットフラッシュで、すごく発汗してしまうこと、気持ちの落ち込みが激しいこと、そして今月は大規模な人事異動があったため、私の部署も余波をくらってしまい、これまでは外してもらっていた早出のシフトに入らざるを得なくなり、休職前と同様の容赦ないシフトに戻ってしまったこと、などを淡々と話しました。

すると「加療中であることを理由に(早出勤務を外してもらえるように)診断書を書くこともできるから、仕事がしやすい環境になるように、そういうときは私を利用してもらっていいのよ」と言われました。同じようにフルタイム勤務をされている方の中には「主治医から無理をしないように言われています」とか、そのような診断書を書いてもらって会社に提出して、勤務時間帯に融通を利かせてもらっている人も何人かいるそうです。

「病気を抱えながら仕事をしている以上『特権』を利用しましょうよ」と。実は昨日、休職後初めての早番勤務(朝8時勤務スタートのため、家を6時に出て、7時半には出勤します)をやったのですが、気分的なものかもしれないけどかな~り疲れました。今月はこの早番勤務があと5回あるので、今から(大丈夫かな~。)と心配です☆

でも今回、診断書を書いてもらう、などの手があるとわかってちょっと気が楽になりました。どうしても無理だったら、今月、早番をやってみたけど、やっぱり無理なので他のシフトでお願いします、とわがまま言ってもいいよね・・・。9月いっぱい働いてみて、シフトのことをどうするか決めようと思っています。今日は主治医に心の問題を聞いてもらえて嬉しく思いました。

« 重力の法則には勝てない!? | Main | 9・11の記憶 »

「乳がん」カテゴリの記事

Comments

ななこさん、無事の帰国良かったです。
ななこさんの主治医は、
人の心を汲んでくださるいい方ですね。
私は太極拳を始め、ウォーキングを復活しました。
太極拳の男の先生に手を握ってもらい、
気を送っていただいたら、
その晩は日焼けした手の甲の皮が剥け、
次の日は腸の中のよからぬ物が、
驚くほど出てしまいました。
これって、不思議現象ですかね?
体を動かすのは、楽しいよ。
では、またね。

ななこさん、こんにちは。
別館の旅行の写真、楽しく拝見させていただきました!
まずは骨シンチ無事に終ってよかったですね~

復職してしばらくたつと、周りからも「もう治ったんだろう」と認識されてしまいすっかり元通りになってしまうんですよね。
私が以前に心療内科の先生に言われた言葉に「がんになってしまった時点で、身体は悲鳴をあげているんです。だから元に戻ろうとした時に無理が出てしまうのは当然なんです」と。
そうなのか、とすとんと納得しました。

いつもお忙しい先生から「心についてのケアの言葉」をいただけるとうれしく感じますよね。
特権、上手に利用してこれ以上無理を溜め込まないようにしてくださいね!

ななこサマ、はじめまして。
ふるぼうサンのHPでコメントいただいたナオです。
私は術後1ヶ月半で復職しました。でも、やっぱり思うように体は動かないし、何でもないことでも精神的に不安定になることもあるし(もちろん仕事上、迷惑はかけられないので必死です)副作用、あげたらキリがないです。
うまく気分転換などして、永い治療乗り切りたいと思います。
では、また遊びにきます。

ななこさん、こんばんは!
別館のサムイ島のお写真、拝見しました。とても海がキレイ! リゾート感たっぷりで、私も早くこういう所へ行きたくなりました。

お仕事のこと、私はまだ休職中なので頭で考えて不安だらけ。実際に働くということは、仕事そのものはもちろん心の面でも大変なんですよね。。ななこさんのブログを拝見して「仕事復帰のイメージ」をさせてもらっています。
心の問題も話せる先生、よかったですね。実際にどうするかは考えるとしても、聞いてもらえたことや提案してもらえたことが、ななこさんにとっても楽になったのでは? なんだかこの記事読んで、私も嬉しい気持ちになってしまいました^^

naonaoさんへ

こんばんは!
太極拳を始められたのですね。
「気」って強烈なパワーを秘めているみたいですごいですね。

ウォーキングを始めたことによって、腸の動きも活発になったのではないですか?
もちろん、先生の「気」のおかげもあると思いますけど…(^^)

私は最近「コントレックス」という水を飲み始めました。この水を飲むと、やはりお通じがよくなるので、おすすめです。

ふるぼうさんへ

別館の写真を見ていただいたそうでありがとうございます。まだほんの一部しかアップしていないので、残りはまたぼちぼちアップしていくつもりです。

周囲から「もう治ったんだ」と思われるのは嬉しい反面、「でもまだ治療中なんです」と言っても(え?そうなの?)と怪訝な顔をされるので、そのへんは少々面倒だなと思っています。

自分ではもう無理をしたくないと思っても、一旦仕事にシフト・インしてしまうと、そうも言っていられないのが現状です。

特に9月から年末にかけては年間を通じて一番忙しい時期なので、サービス残業までしている始末です(>_<)このままでは本当にまた体が悲鳴をあげてしまうかも・・・と感じているので、そろそろ仕事をどうするか本当に決断しないとまずいなと思っています。

主治医はいつも忙しそうなので、今回「心」の問題にも触れてもらえたことがとても嬉しかったんです♪

ナオさんへ

早速お立ち寄りいただきありがとうございます。

術後1ヶ月半で復職されたそうですごいですね!私はなんだかんだと言い訳をつけて、1年ちょっと仕事を休みました。

最初の頃は加減しながら仕事をしていましたが、あと4ヶ月で復職して1年が経つので、今は休職前と同じペースで仕事をせざるを得ない状況になっています。

でも体はやっぱりきついですねー。シフト制ということも関係していますが、睡眠時間が少ないのはつらいです。

気分転換をいかにうまく図れるかが、決め手になると思うので、お互い、ストレスを溜め込まないようにしつつ、仕事ができるといいですよね。

れひさんへ

こんばんは!
サムイの写真を見ていただいたそうでありがとうございます。
本当はもっとブログに載せたかったんですけど、少し日にちが経ってしまったので、残りは旅行記ブログにぼちぼちアップしていくつもりです。

れひさんも過去にいろいろ旅行されているようですね。私も写真を拝見しました(^^)
旅行は何よりの気晴らしになると思うので、治療(副作用)が落ち着いたら、また楽しみとして加わるかと思います。

仕事に関しては、休職中、私もいつもイメージングをしていました。1年ちょっとも休んでいたので、最初の2ヶ月間くらいはかなりしんどかったです。

慣れてきたと思ったのも束の間、周囲はもう病気が治ったと思っているし、ホルモン療法の副作用が意外とつらいのですが、それも周囲には話してあるものの、仕事量が軽減されるわけでもないので、大変さは変わりません。

正直、今のペースで仕事を続けていたら、またどこかでダウンしそうなので、今後どうしたら自分にとって一番いいのか、いろいろと考えている状況です。

でも、先日主治医に心の問題を聞いてもらえたことで、かなり気持ちが軽くなりました^^

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 重力の法則には勝てない!? | Main | 9・11の記憶 »