管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 心の準備が必要だ | Main | ダブル・パンチ »

August 11, 2006

天然ちゃんには参るぜ

先日、帰宅したら1通のハガキが届いていました。どことなく見覚えのある字。これはもしや・・・と思い、裏返してみたらドーン!と赤ちゃんの顔写真付!かつての親友(今はただの知り合いに格下げ)からでした・・・。この知り合いについては、この2年間にブログにも何度か書いてきました。

化学療法中だったので、結婚式の招待は断り、その1年後、私の職場に突然現れて(→彼女も同じ職場だった)、妊娠してパンパンになったお腹を私にこれ見よがしに触らせ(ブチキレそうになったことは以前にも書きました)、その彼女が私の誕生日に子供を出産。その因縁めいたつながりにめまいがしそうになりつつも、その後きた「ママになりました♪メール(←これまた赤ちゃんの写真付)」に、答えようがなく返信せずにいたところ。

今回また送られてきたのです。葉書で。もう、1回送ればわかるよー、いちいち私に送ってこなくてもいいよー、確かに前回は返信しなかったけどさ、と思うのにどうして相手は気付かないのでしょう???

さらにもう1人、似たような知り合いがいて、少し前に結婚して、最近妊娠した人がいるのですが、執拗に私に会いたい、会いたい、と言ってくる人がいるのです。妊娠する前はそうでもなかったのに・・・。いずれも、私の病気のことも、治療をしたからもう今後は子供はできづらいこと、そしてこんな病状でこんな状況だけど、それでも子供を持つことを切望している、というのを向こうは知っているのです。理由をつけては誘いを断っているのですが、向こうは向こうで「もう少ししたら安定期に入るので、そうしたら会いましょう♪」という返事しかこなくて・・・。いや、気持ちはありがたいけど、どうして日本語が通じないんだろう?私の断り方が甘いのか?

そんなにそんなに、妊娠/出産した喜びを誰かに話したいのなら、それは私ではなく別の人にして。特に後者の知り合いには、その手の話題をされるのはつらい、って前にも伝えてあるのに、とっくに忘却の彼方っぽい・・・。一時期に比べたら、そこまでは落ち込まないけど、その部分だけクローズアップされるのはやっぱりまだ、落ち込みます。

ときどきブログにコメントをしてくれる、20数年来の幼なじみ「南国よりさん」も、もう出産間近で、状況は彼女達と同じはずなのに、嫌な思いをしたことがありません。彼女には私が病気になったことでいろいろ気を遣わせてしまっている部分もあると思いますが、どうしてこうも人によって対応が違うのか・・・。ただ、前半の2人の知り合いのように、こちらが付き合いを考えてしまうような人を引き寄せてしまうのは、私にも何か原因があるのかもしれないし、行動に「隙」があるのかもしれません。

« 心の準備が必要だ | Main | ダブル・パンチ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ななこさん、毎日暑いですね。

ついにハガキまで送ってきちゃったんですか・・・
シュレッダーにかけるのもなんだか気が引けるし、イヤじゃないですか、ねえ。暑さ倍増。
人の子供の顔なんて、だいたひかるじゃないけど「ど~でもいいですよ」の世界なのにね。
(私、なんだか過激かしら?!)
「友達が知り合いに格下げ」って言葉を私もよく使っていますが、そのご両人は、「かつての知り合い」に格下げですね・・・

思うのですが、妊娠・育児期の女性というのは「それしか生きてる世界がない」こともあるし、ホルモンバランスが通常とは異なるせいなのか、「ちょっとチガウ?」ってな行動をとりがちです。
某ベ○ッセなどの雑誌もそれらの行動を助長しているように思います。
「自分の幸せはみんなの幸せ、私のオーラを浴びてよ!」っていう状況に陥り、冷静な周囲がすこーしずつ距離をおいていることにも気づかず・・・後になると「なんであんなに1人盛り上がってたんだ?!」と恥ずかしくなることもあるそうです。

暑中見舞い、残暑見舞いシーズンでドアップ写真付きのハガキを連日目にしていますが、
「なんで毎年ハガキをくれるわけでもないのに『今年に限って』くれるんだろう?」と思います。
家族全員で写ってたりするのは、友人そのものの姿が垣間見えて嬉しいのですが・・・

私が術後の治療を受けていた時に、ななこさんにとっての「南国よりさん」のようなごく自然に友人関係が続けられてきた友達(そう、同じ経験なのに一線引きたくなる人とは何かが違いました)は、今では育児の先輩としていろいろ教えてもらっています。

天然ちゃんってハッキリ言っても通じるかどうか分からないし、逆切れされたり自分の悪口を言いふらされても困るので、対処に困りますよね・・・
ハガキは2度と見ないで、フェードアウトするしかないのかしら?

こんばんは! 先日はコメントありがとうございました。私もななこさんデビューです。これからもよろしくです^^

この方、コメントに出てきた方ですよね。強烈・・。「放置」してもしつこく訪れるのはきついですね。

会うと子育てとご主人のグチばかりだった友人から「幸せいっぱいファミリーと、こんなに大きくなりました報告」の年賀状が来たときには、今までグチを聞かされていた私はなんなんだ?って思いました。

>そんなにそんなに、妊娠/出産した喜びを誰かに話したいのなら、それは私ではなく別の人にして。

同感です!
その喜びを隠せとは言えないし、きっと本人はとてつもなく幸せなことだろうけど(私が出来たら幸せなことだと思うから)、言う人を考えて欲しいですよね。他人のことは考えられなくなってしまうものなのかなー。

実は妹が今まさに妊娠中なのですがクールな妊婦で、友達に会うのは面倒くさい、友達に妊娠を報告する必要は別にないし、大体人の妊娠話聞いても面白くないでしょ、年賀状に子供の写真だけなんて信じられないよねー、なんて感じです。
それより仕事(看護師)がギリギリまで入っていて、人と会ったり幸せを実感する時間なんてないって笑いながら言っていました。
と言いながらも「お姉ちゃんに子供は出来なくなっちゃったけど、私の子供にはお姉ちゃんの血もばっちり流れているんだよ。」と言ってくれる。
我が妹ながら、いいヤツって思っています(笑)。
人によるのかなー。

今回記事にしたことで、あまりにもみなさんが同じ体験や気持ちになっていることにびっくりしました。
そして、ななこさんがコメントしてくれたように、いつかは「他人の些細な言葉や行動に傷ついてしまったりしますが、そういうのに惑わされず、1本ビシッと筋の通った人になりたい」です。焦ることなくゆっくりと・・でいいですよね^^?

ふるぼうさんへ

こんにちは、今日も暑いですね~。
いつもコメントありがとうございます。

届いたハガキですが、なにせ顔写真付なので処理に困ります。当の本人も独身時代は「赤ちゃんの顔写真付写真だけ送る人の気が知れない」と言っていたのに、わからないものですね^^;

誰かに話したい嬉しい気持ちは、私にも痛いほどよくわかるのです。それは女性として普通の感情だと思いますし…。でもほぼ2年間、連絡もとらずに疎遠になっている間柄で、祝い事があるときだけ連絡してくる神経が私にはどうしてもわかりません。

ハガキには「お元気ですか?」と書いてあったけど「元気じゃないよ!」と言ってやりたくなりましよ。(と考えて次の瞬間には自己嫌悪です。)

彼女のおかしな言動は、今に始まったことではなく、彼氏ができた時に豹変したので、この豹変ぶりを予測しておくべきでしたが、まぁ今となってはもうどうでもいいことです。

とにかく、2年近く一度もこちらから連絡することもなく、気持ちも離れてしまっていることにいい加減気付いてもらえないかなと思っています。

ここのブログだけ読むと、妊娠/出産の話題に過剰に反応しすぎているように見えるかもしれませんが、この2人意外にも今年は友人が何人か出産して、その人たちとは以前と変わらぬ付き合いが続いています。
南国よりさんはもうすぐ出産ですが、私もとても楽しみにしているんですよ(^-^)

良くも悪くも、病気をしたことで「本当の友人」が見えるようになったわけですが、「放置」しておいても、時折忘れた頃に連絡がくるのは困ったな~という感じです。
あぁ今回のハガキどうしよう(-_-;)

れひさんへ

早速のご訪問&コメントありがとうございます。れひさんのサイトのお返事も拝見しました。私もきゃんべるさん経由でおじゃましていました。(>ありがとう、きゃんべるさん!)

>この方、コメントに出てきた方ですよね。
>強烈・・。「放置」してもしつこく訪れるのはきついですね。

はい、コメントに出てきた人です。
もう2年近く「放置」しているのですが、あきれた言動ばかりで本当に腹が立ちます。
今回のハガキも、最初は「受け取り拒否」しようかと思ったくらいなのですが、なにぶん元々は会社つながりの人で、今の会社に共通の知り合いも多いので、スパッと関係を絶つことができずにいるんです。私がいつか会社を辞めたら、切ってもいいと思っています。

>会うと子育てとご主人のグチばかりだった友人から「幸せいっぱいファミリーと、こんなに大きくなりました報告」の年賀状が来たときには

あ~・・・よくわかります。
私にもそういう知り合いがいました。
今回登場した後者の方です。

彼女もまた病気を抱えている人で「私は体が弱いから、医者から妊娠は止められているの」だとか「薬を常用しているから、もし妊娠するつもりなら、薬を減らさないといけないの」などという話題を、告知、手術、化学療法などでメタメタだった私に、いちいち手紙で知らせてきた人です。

それがいざ妊娠したら、今度は「体の弱い私がいかにして妊娠できたのか」とか「病気とは言っても、妊娠できたってことは私って健康だったんだわ♪」などとメールを送りつけてくるようになり、今は彼女からの連絡は一切無視しています。そういうメールを読むたびに、イライラしてしまうからです。

でもこういう人たちにつけいる「隙」を与えている私にも、きっと何か原因があるんだと思うんですよ。

>その喜びを隠せとは言えないし、きっと本人はとてつもなく幸せなことだろうけど
>(私が出来たら幸せなことだと思うから)、言う人を考えて欲しいですよね。

本当にそうなのです。母になる(なった)喜びを隠せとは言わないし、言いたくなる気持ちは痛いほどよくわかるのです。

でも、いつか子供が欲しいと思っていた人が、治療が原因で子供を持てる可能性が低くなった・・・と本人が告白しているのにも関わらず、その一点だけを付いた話題しか向こうが出してこないのは、私にはど~うしても理解できないのです。

また、後者の人からはさらなる暴言も言われました。「私はだんながいるから働かなくてもいいけど、ななこは病気なのに働かないとならないなんて、本当に大変だと思います」と。

もう、ピキッピキッ(怒)ときましたよ。
一時期、確かに仲良くしていた時期もあったけれど、上から物を見るような言い方をするような人とは、もう付き合いたいと思わないので、今はひたすら彼女の前から姿をくらましています(笑)

ところで、れひさんの妹さんも看護師さんなのですね。実は私の妹も看護師なんですよ!
入院中、治療後、と誰よりも心強くサポートしてくれたのが妹でした。

>それより仕事(看護師)がギリギリまで入っていて、
>人と会ったり幸せを実感する時間なんてないって笑いながら言っていました。
>と言いながらも「お姉ちゃんに子供は出来なくなっちゃったけど、私の子供にはお姉ちゃんの血もばっちり流れているんだよ。」と言ってくれる。

いい妹さんがいて幸せですね。
確かに、れひさんと血のつながったお子さんが生まれるわけですから、楽しみですね!

うちの妹は、昨年結婚して、だんなさんの転勤に伴って、地方へ行ってしまったのですが、最近そこで再就職を決めたので、あと1年くらいは2人だけの生活を楽しむことにしているようです。

私が人の妊娠・出産ネタで精神的にやられてしまうのを知っているので、妹にもかなり気を遣わせてしまっているかもしれませんが、いざ妹が妊娠したら、きっと私も親バカならぬ、伯母バカになりそうですよ(^^)

ななこさん

雷すごかったですね!

きっと病気が原因で落ち込んでいるだろう人へ「おめでたいニュースはがき」でも書いて元気を出してもらおうって感じなのかもしれませんね。でもそんな事では元気になれないって事に気がついてほしいです。
同情してなんて事はこれっぽっちも思ってはいないけど、もう少しこっち側に歩み寄って考えてくれれば、もう少し私の話している事をちゃんと聞いてくれていればサインは送っているのにと思います。
「あなたよりも不幸かもよ」ってばかりに会社での愚痴とかそれこそご主人との事を話されても疲れるだけだし。でも機関銃のように話だすから止めることができないんですよね。
事情を知らない人が痛いところをついてくるのは仕方ないし、こちらもさとられないように振る舞うから悪循環なのはわかるけど・・・思いを汲んでほしいからこそ病気のことを打ち明けたのに、わかってほしいですよね。

ななこさん、こんばんは。
友人のことですが、
私は病気関連で一人、
それとは関係なく二人、
きっぱり怒って縁を切ってしまったことがあります。別の友人に、せっかく出会った人なのにそんな別れはよくないと言われたこともあります。だけど、性格上フェイドアウトなんて無理でした。大人の行動ではないかもしれないけどね。
ななこさんの場合は仕事上まだつながっている彼女みたいだし、不愉快だって伝えてもわからない人みたいだから、困りますね。
だけど、付き合っていてもプラスにならない関係だったら、心の中だけでも無視というかさよならした方が精神衛生上いいですよね。
私も病気をしてから、心の中で「自分のせいじゃない。」ってすぐ責任転嫁したり、嫌なことはサッサと忘れるようになりました。身も心も守って長生きしたいと思うからです。
では、またね。

凸ですさんへ

こんにちは。
最近は変な天気が続きますね~。
私は雷が大の苦手で、先日の雷雨の時は気分が悪くなってしまいました。

>同情してなんて事はこれっぽっちも思ってはいないけど、
>もう少しこっち側に歩み寄って考えてくれれば、

同感です!
同情はされてもかえって困るだけなので
それについては何も求めていないのですけど
こちらがサインを出していることに気付いてもらえないのは何故なんだろう?と、ついつい考えてしまいます。

いずれの2人とも、こちらからは連絡とっていないのに、おめでたネタのときだけはしつこいくらい連絡がくるので、もう勘弁してほしいのです。

彼女達の誰かに言いたい、聞いてもらいたいという気持ちもよくわかるのですが、こちらの事情を何もしらないのならまだしも、知っているのにこれですから、対処のしようがないんですよね~。

naonaoさんへ

こんにちは。
naonaoさんもお友達といろいろあったのですね。
友人関係、良くも悪くも病気になってからは一部の人たちとの関係がすっかり変わりました。

長年友達だと思っていたのに、実はそうではなかった人、それまでそんなに仲良くなかったのに、休職中、何度も外に連れ出してくれて、一緒に食事やお出かけに付き合ってくれた友達などなど・・・。真の姿が見えたのはよかったことだと思っています。

ただ、女性の場合はそれでなくてもお互いの環境が変わると、付き合う面子も変わることが多いので、疎遠になってしまった人のことは致し方ないのかなとも思っています。

私がブログでよく「関係を切る」という表現を使うので、これを読んでいる人から「何様のつもりですか」的なことを言われたこともあるのですが、でも付き合っていても悪影響しか受けない人との関係は、切ったっていいよね?と自分に言い聞かせています。

精神衛生上よくないのが、今は一番応えるんですよね~。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 心の準備が必要だ | Main | ダブル・パンチ »