管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

June 27, 2006

ノドが弱くて困っちゃう

昨日あたりから、またノドが痛くなってきました。(やばいなー、ひどくならないといいけど・・・)と思っていたら、今日の午後になって痛みがひどくなってきたので、会社帰りに近くの耳鼻科へ寄って診てもらったところ、またまた扁桃炎の前触れのような症状になっているとのこと。風邪と違って咳は出ないけど、のどが真っ赤になって最悪の場合高熱が出るので、うがいなどして用心していましたが、だめなときはだめですね☆

このところ毎月のようにノドを腫らして、耳鼻科通いをしているので、自分の体に自信が持てずにいます。フルで仕事をしているのがいけないのか、確かにあまり体を休めている時間もないしな~・・・なんて思うと、免疫力が落ちているときになりやすい症状が出るのは怖く感じます。耳鼻科では「季節の変わり目には、ノドが腫れたり、炎症を起こす人は多いですよ」となぐさめられて(?)しまったけど、それでも毎月こういう状態になるのはやっぱりまずいと思う。

ノドが炎症を起こすと、病院では抗生物質を出されますが、この抗生物質を毎月飲むのもちょっと抵抗があります。飲まないと治らないのはわかっているんですけどね。あとは水でもいいからちょくちょくうがいをして、ノドを潤わせておくのがいいそうです。

※この頃は本サイトを更新する回数が激減していたので、これからは記事自体は短くても、何かしら綴っていきたいと思っています。今日はノドの話に終始してしまいましたが。

June 24, 2006

河口湖ハーブフェスタ

昨日は母と日帰りバスツアーで「河口湖」と「富士山五合目」へ行って来ました。前日ネットの天気予報で調べたところ、当日の降水確率は85%ということで、雨降りの中での旅行になってしまいそうだな・・・と思っていましたが、幸いにも当日は一度も雨に降られることなく無事に旅行を終えることができました。

日帰りバスツアーの宿命とも言うべきか、ワイン工場に連れて行かれたり、おみやげもの屋に連れて行かれたり、もっとよくわからないのは宝石工場にも寄る内容になっていましたが、誘惑に負けることもなく、それでいてもらうべきものはしっかり(?)もらって帰ってきました。20060623_1_1

ガスってますが、富士山五合目での写真です。写っているのは母です。
五合目に着いたとき、最初は頂上付近までよく見えていたのですが、あっという間にガスがやってきて、あたり一面濃霧に覆われてしまいました。この写真は霧が少し和らいできたときで、これでもマシな方なんです。晴れていたら五合目から日本アルプス(南アルプス?)方面も見えるらしいので、今回は見えなくて残念でした~。

20060623_2_1

こちらは河口湖の写真です。おだやかな水面でした。
                                                                                         

20060623_3_3

 

河口湖ハーブフェスタの会場にもなっている「八木下公園」。予想ではもっとラ ベンダーだらけなのかと思っていたのですが、実際はそうでもなくて、北海道のようなラベンダー畑っぽい写真を撮ることはできませんでした。

20060623_4_2

これはラベンダーではなく、紫サルビアというそうです。ラベンダーよりも色が鮮やかで人気があるそうです。

20060623_5_1 河口湖ハーブ館付近から撮影した富士山。頂上付近の雪もだいぶ解けてきて、7月1日の「山開き」まであとわずかです!!!

楽しかったけれど、日帰りで山梨は意外と遠かったです。ツアーではあちこち強行軍でまわってきたので、今日は疲労感があり、家でのんびり過ごしました。さあ、また明日から仕事なので気分を入れ替えなくちゃ!!!

June 18, 2006

免疫力が落ちてる?

先月は二回も風邪で体調を崩してしまったけれど、今月は今のところ大丈夫。でもこの病気になってからというもの、すぐ扁桃腺をやられてノドが痛くなったり、はたまた膀胱炎になったり、さらに抵抗力が落ちているとなりやすいと言われている婦人科系の病気になってみたりと、乳がんの治療以外でもちょくちょく病院に通っています。

例えば風邪はうがいをしたり、手洗いをすることである程度は予防ができます。でも例えば口唇ヘルペスだとか、膀胱炎については自分で気をつけていてもなかなか予防することができない。最近は口唇ヘルペスが出ることはなくなりましたが、乳がんを発病する3年くらい前、頻繁にできた時期がありました。

一見、体調が良さそうに思えても、体の抵抗力は(元気な頃に比べると)落ちっぱなしなのかな~?と思ったりしています。乳がんの治療で病院へ行くときは、休みを取っていますが、そうではない場合・・・風邪だったり他のちょっとした病気のときは、仕事へ行く前とか休憩時間中に病院へ行っていますが、遅れそうな場合は上司に言ってから通院しているので、先月みたいに何度も通院をしたときは(また病院?)と周囲の視線がちょっと痛かった気がします。

病院へ行くと「抵抗力が落ちているときに、なりやすい病気です」って言われることもしばしばで、なんだか嫌~な感じです。今は自分の体をだましだまし仕事をしているような状態で、このままフルタイムで働き続けることには相変わらず抵抗があります。

最近、(他部署ですが)職場の同僚2人が同業他社への転職を決めたこともあり、忙しいことで有名なポジションが2人分空いています。上司の話では、私の部署から誰か抜かれる可能性がある・・・ということで、そんなところに異動にでもなったらどうしよう・・・と思っています。どうか異動になりませんように・・・。

それはそうと、以前ここにもチラッと書いた私の従姉妹が、来月急に結婚式をすることになりました。お相手が職人さんで、平日しか休みを取れないので平日の式に決まったそうです。お台場のチャペルで挙式をして、その後は夕方過ぎから、船で東京湾クルーズしながらの結婚パーティーとなるそうで楽しみ!しばらくデジカメが壊れていたのですが、先日やっと新しいのを買ったので写真もたくさん撮ってこようと思っています。個人的にはお台場の夜景がとっても好きなんですよね~(^-^)

June 11, 2006

リベンジ☆富士五胡

先月、富士五湖へ行ったばかりですが、今月は日帰りバスツアーで母と河口湖のハーブフェスタへ行く予定です。うちの母は旅行社主催のバスツアーが好きで、しょっちゅう「どこどこに行きたいから付き合って」と言われていたのですが、なかなか行きたい場所が一致せず。河口湖は先月行ったばかりだから、いつもなら当分行かないところですが、毎年この時期に行われるハーブフェスタでは、富士山のすぐ近くに咲き誇るラベンダーも見ることができるので、前々から行ってみたいと思っていたのです。

そうと決まれば、河口湖ハーブフェスタの組み込まれたバスツアーを探すのが私の仕事。でもこれは意外と早く見つかりました。近畿日本ツーリストのクラブツーリズムから、毎月会報が送られてくるのですが、その中に「富士山五合目と河口湖ハーブフェスタ 旬の味覚・桃とスモモ食べ放題・ラベンダー摘み」というツアーを発見!!!早速申し込みました。

日帰りといえど、内容は盛りだくさんで

●ワイナリー(買い物/30分)
●ハーブ庭園旅日記(ラベンダー摘み・花観賞/約40分)
●山梨(桃・スモモ食べ放題/約30分)
●富士山五合目 (散策/約40分)
●八木崎公園・・・河口湖ハーブ館(ハーブフェスタ見学/約50分)

地元から出発するバスで行くので、朝も比較的ゆっくりで帰りも楽そうです。先日の山梨旅行では天気に恵まれなかったので、今回は晴れるといいんですけど・・・。梅雨の時期だから難しいかな~???

June 08, 2006

自毛デビュー☆ウラ話

昨日、別館にチラッと書きましたが、ついに自毛デビューしました。去年の年明けから「かつら」を被り始めたので、実に1年半に及ぶかつらこさん生活でした。抗がん剤治療を終えてもうじき1年が経つというのに、髪の毛の伸びが悪くて未だに前髪は短いままです。なので本当はもう少し伸びてから、デビューしようと思っていたのですが・・・。

おととい美容院へ行って、前髪にストレート・パーマをかけてもらおうとしたところ「そんなに(髪の毛が)うねっていたら、せっかくかけても効きが悪くて意味がないです」と言われてショック!前髪さえ何とかなれば、もう少し印象が変わるかもというのを期待していたのですが、ストレート・パーマをかけられないとなれば、仕方なく全体をそろえてもらう程度にしました。

ところがそれで家へ帰ると、家族は「あらっ!よくなったじゃない!もうそれで十分いけるわよ(>母)」「そーだ、そーだ、その髪型ならもう大丈夫だ(>父)」「ななこちゃん、髪の毛が伸びてきてよかったねぇ、もうかつらなしで過ごせるねぇ(>祖母)」と、みんな口をそろえて「もう大丈夫!」を連呼・・・。そこまで言われると、私も(うーん、そうか、短いけど、一応もう人前に出ても大丈夫な長さなのかもしれない・・・)と思うようになり、気持ちが揺れ始めました。

そして昨日の朝。でもやっぱりまだこの頭で会社へ行くのは無理・・・と、一度はいつものかつらを被ったのです。でもその姿を鏡に映したら、なんだかすごい違和感(-_-;) それでかつらを取ってみたら、急に(今日このタイミングを逃したら、またしばらくかつら生活が続いてしまう。よし、今日からかつらを外してみよう。)と思い立ちました。

でも、会社へ着いて万一気が変わったら・・・ということも想定して、お守り代わりにおかっぱ頭のかつらこさんも持参して、いざ出社しました。会社へ着くまでは帽子を被っていましたが、ロッカーでついに帽子を取りました。そしてオフィスへ着くと・・・。

上司、同僚が私を見るなり「あっ!」と絶叫。「すごい短い!」「よく思い切りましたね~」「でも短いのも似合ってるよ」などなど、いろいろな感想をいただきました。私の職場は(接客業なので)、社内規定で「頭髪の染色・脱色・パーマなどは一切禁止」と決められているのですが、新しく生えてきた私の髪の毛は、くせっ毛でクリンクリンなので
みんな私がパーマをかけたと思ったようです。ある人からは「意外と大胆だよね」と言われました。パーマ禁止なのにかけたから、と思っているのでしょう。

でも一番多かった反応は「誰かと思った!一瞬わからなかった!」です。今日は今日で、私のあまりに短い髪を見た男性社員が、こちらを見て目を見開いたまま固まっているのでびっくり。そのときは何も言われなかったのですが、夕方になって同じ人から「最初見たときはびっくりしたけど、見慣れたら、いいと思うようになったよ。」と言われてまたびっくり。最初に見たときは(なんだありゃ?)と思われたらしいです(笑)

会社ではシニヨンにしたり、髪をアップにしている女性が多いので、ここまで短い髪型は妙に目立ちます。そのせいか、この2日間いろいろな人から髪の毛ネタをふられましたが、意外にも誰もかつらだと気付いていなかったみたいで「何センチ切ったの?」とか「夏らしくていいですね」とか、言われることはあっても、かつらをほのめかすようなことは誰からも言われませんでした。かつらを被っているときは、本人はとても気になるけど、周囲の人は意外と気に留めていないものなんですね。

Nanako20060607 まだまだ短い前髪です^^;

« May 2006 | Main | July 2006 »